2018年 02月 25日
中国電力山波変電所
広島県尾道市の近代建築その13

尾道市中心部から東へ、山陽本線と並行する国道に面した一角に古い煉瓦建物が残されています。現在中国電力の変電所となっているこの建物は中国電力の前身の一つ、広島電気が尾道火力発電所として大正12年に設置した際のものです。
中国電力山波変電所_f0116479_15331094.jpg
煉瓦造2階一部平屋建,壁面はイギリス積み煉瓦、鉄骨の小屋組に鉄板葺きの切妻屋根を乗せます。
現在は道路沿いのこの建物のみ現存していますが、かつては広大な敷地に煉瓦造の発電主屋と2本の大煙突、その他諸施設が建てられていたようです。こちらのサイトの写真 や外塀に貼られた案内看板を見ると現存するこの建物は付属建物の一つと思われます。
中国電力山波変電所_f0116479_11552001.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_11580883.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_11561186.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_13392979.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_13374844.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_12000736.jpg

建物側面。窓がサッシに替えられている以外はほぼ当時の姿。軒下の丸く抜かれた跡はケーブルを通した穴と思われます。
中国電力山波変電所_f0116479_12004135.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_12010250.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_12012411.jpg
中国電力山波変電所_f0116479_12025607.jpg






by sunshine-works | 2018-02-25 20:57 | 近代建築 広島県 | Comments(0)


<< 旧大浜埼船舶通行潮流観測所・大...      尾道市街地の近代建築2 >>