2017年 12月 16日
長江浄水場

広島県尾道市の近代建築その3

前回は尾道の近代水道創設時に設けられた貯水ダム久山田水源地を紹介しましたが、同時期に開設された浄水場が現存施設として使われています。この長江浄水場は大正14年に竣工しました。
f0116479_13505537.jpg

久山田貯水池から南西へ約2キロメートル、市街地を望む高台に据えられた長江浄水施設は緩速濾過池4基を中心とする施設で、最大配水量4,500㎡の規模を備えます。
この長江浄水場には大正14年に設置された一連の施設の殆どが当時のまま残され、今も現役施設として使われています。
f0116479_13513891.jpg

敷地の中央、半扇状に並ぶ4つの濾過池。緩速濾過方法は水道創成期に各地の浄水施設に取り入れられましたが、広い敷地が必要な事、原水の品質が高くないと浄化できない事等で、その後は浄水効率に優れた急速濾過方法に置き換わっていきます。
f0116479_13520704.jpg
f0116479_13523484.jpg
f0116479_13525581.jpg
f0116479_13532763.jpg
f0116479_13570943.jpg

半円扇型に並ぶ濾過池の内側地下には半径14メートルの配水池が設けられ、その中央地上部に12角形の上屋が建てられています。
f0116479_13572896.jpg
f0116479_02260591.jpg
f0116479_14002043.jpg
f0116479_14005473.jpg
f0116479_14012216.jpg
f0116479_14031216.jpg
f0116479_14014507.jpg

この浄水場は非公開施設ですが、事前に申し込むと見学が可能。特別に配水池上屋内部を見せて頂きました。
f0116479_14022136.jpg
f0116479_14054573.jpg
f0116479_14082797.jpg
f0116479_14085095.jpg
f0116479_14090803.jpg
f0116479_14092456.jpg
f0116479_14094392.jpg
f0116479_14100843.jpg

敷地の隅にある着水井。久山田貯水池から送られた原水を受ける施設です。
f0116479_14264352.jpg
f0116479_14265688.jpg
f0116479_14271495.jpg

敷地入口近くに建つこの施設はベンチュリー上屋と呼ばれるもので、配水量を計測するメーターを収めています。
f0116479_14125525.jpg
f0116479_14122426.jpg
f0116479_14135840.jpg



by sunshine-works | 2017-12-16 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/28879374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧尾道警察署      久山田水源地堰堤 >>