2017年 12月 02日
旧河内村役場
広島県尾道市の近代建築その1

尾道市北部、御調地区の街道沿いに古い木造庁舎が残されています。
現在郷土資料館として使われているこの建物は、旧御調町の基となった町村の一つ、旧河内村の役場として建てられました。
f0116479_13511330.jpg

木造2階建て寄棟造、下見板貼りの和洋折衷様式。逐年は不明ですが、明治後期の築と推測されています。
f0116479_13545283.jpg
f0116479_13565267.jpg

周囲に田圃が広がる長閑な風景の中に建つ大きな木造2階建。1階を役場事務所、2階は議場に充てられていました。
この建物は昭和30年に村が御調町と合併した後は町役場支所として使われ、その後公民館を経て歴史民族資料館に転用され現在に至ります。
f0116479_13582390.jpg
f0116479_13584285.jpg
f0116479_13585742.jpg
f0116479_13574531.jpg

鉄板を貼った扉が備わる玄関。車寄せに瓦葺きの庇を張り出します。
f0116479_13593908.jpg
f0116479_14020725.jpg
f0116479_14022658.jpg
f0116479_14030198.jpg
f0116479_14032472.jpg


by sunshine-works | 2017-12-02 15:02 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/28791421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久山田水源地堰堤      京都府丹波の近代建築 補遺2 >>