2017年 10月 28日
旧須知小学校
京都府京丹波町の近代建築

京丹波町の中央部、かつて宿場町として賑わった須知宿の高台に古い木造校舎が残されています。現在は児童施設として使われているこの建物は旧須知小学校の校舎として昭和10年頃に建てられました。
f0116479_14331367.jpg

古い町並みに沿った街路から石段を登った先に正面入口が見えてきます。
太い角柱が支える玄関庇、その上部に立ち上がる三角破風、大きな窓が並ぶ2階の壁面等、当時の学校建築の意匠を良く留めています。
f0116479_14333549.jpg
f0116479_14340501.jpg
f0116479_14351198.jpg

須知小学校は明治5年に遡る古い歴史を持つ学校で、明治23年に現在の校地へ移転、数度の建替えを経て、昭和8年から昭和10年までの間に現存する校舎が竣工します。玄関を構える本館とそれに繋がる複数の棟からなる大きな校舎は、一部に改修を加えながら平成12年の閉校までの65年間に亘って使われ、現在もほぼ当時の姿が残されています。
戦前に建てられた学校建築が数多く残る京都府ですが、これだけの規模の木造校舎が状態良く現存する例は他に無く、建築資料として非常に貴重なものと思えます。
f0116479_14361497.jpg
f0116479_14374623.jpg
f0116479_14381468.jpg

庇の奥に構える玄関扉。
踏み段の磨り減り具合がこの校舎の長い年月を語ります。
f0116479_14394960.jpg
f0116479_14400847.jpg

敷地南側に広がる校庭から眺めた校舎。
f0116479_14460903.jpg
f0116479_14471087.jpg
f0116479_14475771.jpg
f0116479_14504369.jpg
f0116479_14513913.jpg
f0116479_23251164.jpg


校舎裏側の様子。本館から後方に各棟が伸びます。
f0116479_01224735.jpg
f0116479_01233068.jpg
f0116479_01241185.jpg
f0116479_01243300.jpg
f0116479_01251467.jpg
f0116479_01254436.jpg


年月を経た遊具や下駄箱が廃校当時の状態のまま残されています。
f0116479_01263197.jpg
f0116479_01270264.jpg
f0116479_10431865.jpg
f0116479_10424508.jpg




by sunshine-works | 2017-10-28 23:55 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/28338454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大堰橋(八木大橋)      両橋 >>