2017年 09月 30日
旧松村家住宅洋館
京都府福知山市の近代建築その2

福知山の中心部、福知山城跡から程近い場所に大正期に建てられた洋館が残されています。現在は洋菓子店舗の施設として使われているこの建物は地元の実業家松村雄吉氏の邸宅の一部として大正元年に建てられました。
f0116479_12193970.jpg

道路に面した商家風の主屋の裏手、斜面を登った丘の上に建つ白塗りの木造2階建て寄棟造り。
バルコニーを載せた玄関入口、各面に並ぶ上げ下げ式の縦長窓、屋根上のドーマー、コーニスやピラスター等、装飾豊かな本格的な洋館造の意匠です。
f0116479_12202494.jpg
f0116479_12221260.jpg
f0116479_12254398.jpg
f0116479_12265341.jpg

松村雄吉は建設会社松村組の創業者で、同社は関西の陸軍施設や公共建築の施工に多くの実績を残し、戦後も中堅ゼネコンとして発展を遂げます。この建物は同社が大きく飛躍する時期に建てられたもので、当時最新の建築意匠が随所に盛り込まれています。
f0116479_12302507.jpg
f0116479_12275622.jpg
f0116479_12284101.jpg
f0116479_12291335.jpg
f0116479_12293865.jpg


上部に三角破風を構える南面の入口。

f0116479_12331374.jpg
f0116479_12333578.jpg
f0116479_12340828.jpg

敷地内には隣接してもう一軒の洋館が建てられています。撞球場として使われていたこの建物の逐年は不明ですが、同年代の築と思われます。

f0116479_12442435.jpg
f0116479_12451190.jpg
f0116479_12452676.jpg
f0116479_12464299.jpg
f0116479_12471283.jpg


by sunshine-works | 2017-09-30 23:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/28185838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧陸軍歩兵二十連隊施設      旧福知山信用組合本店 >>