2014年 05月 05日
四国電力吉良発電所・切越発電所
徳島県つるぎ町の近代建築その3

四国の電力を支えた吉野川水系の水力発電所は明治末期に祖谷川を始めとする県西部から開発されていきますが、やがて吉野川中流域でも水力発電所の設置が行われていきます。
つるぎ市を流れる貞光川には大正15年に吉良発電所、その上流に切越発電所が昭和5年に設置されます。
今回は現役で使われているこの二つの水力発電所を紹介します。
f0116479_11284971.jpg

貞光の市街から川に沿って南へ。程なく進むと川の対岸に切妻屋根のRC建物が見えてきます。
大正15年、貞光川最初の水力発電所として美馬水力電気が設置しました。
f0116479_11404431.jpg

f0116479_1140264.jpg

f0116479_11402031.jpg

出力2,700kwの水路式発電所。当時としては中規模なものです。
ここで作られた電力の殆どは、既に実用化されていた長距離送電技術によって香川県へ送られていました。
f0116479_11504374.jpg

f0116479_11511579.jpg

斜面を下る水圧鉄管。
f0116479_11522280.jpg

f0116479_11523864.jpg

上からの眺め。
f0116479_11563492.jpg

反対側の妻面です。
f0116479_11573398.jpg

f0116479_1158984.jpg

f0116479_11585321.jpg

この時代の地方の発電所の倣いで装飾要素は概ね控えめですが、中間部の壁面にはドイツ壁風の装飾が施されています。
f0116479_1295532.jpg

f0116479_1210779.jpg

吉良発電所から更に上流へ。狭い山道の途中に切越発電所が設置されています。
昭和5年、貞光電力が設置したダム水路式。出力4,000kw。
f0116479_12175392.jpg

f0116479_12221777.jpg

陸屋根2階建て。吉良発電所に比べるとあっさりした建物ですが、こちらも2階窓下をドイツ壁風に仕上げています。
f0116479_12203961.jpg

f0116479_1221310.jpg

f0116479_12212468.jpg

f0116479_12215351.jpg


by sunshine-works | 2014-05-05 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/21967569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧山瀬郵便局      金光教教学研究所 >>