2013年 08月 30日
脇町劇場(オデオン座)
徳島県美馬市の近代建築その1

町村合併によって徳島県美馬市の元となった旧脇町の中心部に昭和初期に建てられた劇場が残されています。
現役の芝居小屋として県内最古となる脇町劇場は昭和9年に建てられました。
f0116479_1721463.jpg

木造2階建下見板貼り。大きな妻面を正面に構え、一段奥に下げて入口を設ける意匠は同年代に建てられた貞光劇場と多くの共通点を持ちます。
f0116479_17243661.jpg

f0116479_1725476.jpg

f0116479_17254122.jpg

f0116479_17255783.jpg

f0116479_1729216.jpg

この劇場も貞光劇場と同様、晩期には映画館として使われていました。
平成7年に脇町に所有が移された後に改修工事を行い、現在は劇場時代の姿に復されています。
f0116479_17294890.jpg

f0116479_1730216.jpg

f0116479_17303030.jpg
f0116479_1730222.jpg

f0116479_17314074.jpg

正面の妻面を飾る大小3つの半円アーチ。
資料に拠ると、この部分には当初太鼓楼が据えられていたようです。
f0116479_17263419.jpg

f0116479_17264277.jpg

舞台の奥行きに沿って長く伸びる側壁。
f0116479_17305658.jpg

f0116479_1731317.jpg

川の対岸からの眺め。川沿いの小路に白壁とアクセントの水色が目を惹く建物です。
f0116479_17272027.jpg

f0116479_1727480.jpg

f0116479_17273573.jpg

地方の大衆文化を支えたこのような劇場の殆どは時代の趨勢に従って廃業を余儀なくされ、多くは解体され、一部は閉鎖されたまま放置されています。
豊岡の永楽館やこのオデオン座のように観光施設として活用された数例が貴重な資料として当時の姿を伝えています。
f0116479_1728857.jpg


by sunshine-works | 2013-08-30 21:45 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/20293928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 栄橋      貞光劇場 >>