2013年 06月 25日
旧三縄郵便局
徳島県三好市の近代建築その4

土讃線三縄駅の東側、吉野川沿いに広がる三縄の町に木造2階建ての洋風建築が残されています。
当地の郵便局として建てられ、新局舎に移転するまで半世紀以上使われました。
f0116479_7395746.jpg

中心通りから枝道を曲がって程なく、民家が並ぶ静かな一角に目を惹く洋風意匠の建物が姿を現します。
現在は住居として使われているこの建物は昭和7年に建てられました。
f0116479_7424543.jpg

f0116479_758399.jpg

f0116479_7443440.jpg

木造2階建て下見板貼り。中央に立ち上げた三角破風に紋を飾り、上下階の窓間にもオーナメントを配します。
その他にも、縦長窓の上部を飾る採光窓、アーチを構えた玄関ポーチ、玄関庇の軒蛇腹、マンサード屋根等、各所に意匠表現が凝らされた見所の多い建物です。
f0116479_7441262.jpg

f0116479_7445926.jpg

f0116479_7412569.jpg

f0116479_744506.jpg

前に張り出した玄関ポーチ。地方の郵便局舎には珍しい意匠です。
f0116479_7454431.jpg
f0116479_7431451.jpg

f0116479_7433266.jpg

側面の様子。奥行きは深く、後方は住居として使われたと思われます。
f0116479_752457.jpg
f0116479_751624.jpg
f0116479_7512040.jpg
f0116479_7504661.jpg
f0116479_7522073.jpg

マンサード屋根の勾配に合わせて階段状に下見板を貼る細かな拘り。
f0116479_7515363.jpg

正面側からは目に付かない側面にもオーナメントを飾ります。
f0116479_7514259.jpg

古い木造郵便局舎が数多く残る徳島の中でも特に意匠性に優れ、また当時の状態が良く保たれた建物として重要な存在です。
f0116479_7465592.jpg


by sunshine-works | 2013-06-25 20:29 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/19891793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧川口郵便局      旧角盤郵便局 >>