2013年 01月 06日
徳島の近代建築
徳島の近代建築

前回で香川の近代建築巡りを一先ず終了しましたが、今回より四国の近代建築探訪の第二段として徳島編をお送りします。
四国東部に位置する徳島は面積・人口共に四国で3番目、規模としては全国的にも小さな県の一つですが、徳島の魅力として挙げられるのが四国山地の険しい山々や吉野川や那珂川が織り成すダイナミックな自然地形です。
この険しい地形を制するかのように築かれた土木遺産、川に寄り添う町村の発展を支えた近代建築、山や川を縫って連なる鉄道施設。
豊かな自然と一体になった美しい景観は、香川とはまた違った魅力を放ちます。


徳島の近代建築として最も有名な洋館、旧三河家住宅。
本年にも一般公開される予定です。
f0116479_16405967.jpg

吉野川市の旧山瀬郵便局。
県内各地に趣のある古い郵便局舎が数多く残されています。
f0116479_16413389.jpg

吉野川沿いの町々に残る各種の近代建築。
貞光劇場は昭和7年の築となります。
f0116479_16432023.jpg

学校建築の現存例は他県に比べれば少数となりますが、優れた学校建築として残るのがこの建物です。
板野東小学校講堂
f0116479_16434736.jpg

他県の例に漏れず、徳島の各地にも古い医院建築が数多く残されています。
旧北室医院
f0116479_165057.jpg

鉄道遺産の数は四国随一かもしれません。
徳島線蔵元駅
f0116479_16515332.jpg

鉄道橋、道路橋、人道橋。橋を抜きには徳島の土木遺産を語れません。
那珂川橋
f0116479_16545943.jpg

大川橋
f0116479_1655264.jpg

川田川橋梁
f0116479_1655552.jpg

徳島は四国の中で最も山地面積の多い県でもあります。
山々の中に優れた土木遺産の数々が点在します。
猪之鼻隋道
f0116479_16591329.jpg

若宮谷ダム堰堤
f0116479_16595411.jpg

旧三縄水力発電所
f0116479_1702230.jpg


by sunshine-works | 2013-01-06 16:47 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/18302959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 土讃線坪尻駅      香川の近代建築補遺3 >>