2019年 04月 21日
陸軍造兵廠忠海兵器製造所遺構
広島県竹原市の近代建築その4

明治中期、大久野島に設置された三つの砲台は豊予要塞の完成によって大正13年に役割を終えますが、程なくこの島には陸軍の機密兵器を製造する軍需工場が設置され、終戦まで軍の管轄化に置かれました。今回は昭和初期から終戦に至る時期に大久野島に存在した軍施設の遺構を紹介します
f0116479_01591400.jpg

この島に残るもう一つの戦争遺構は旧陸軍が秘密裏に設営した化学兵器工場で、国際法で使用を禁止されていた毒ガスの製造を行う国内唯一の施設でした。
これらは芸予要塞が廃止された6年後の昭和4年に設営が始められ、昭和20年の終戦まで各種毒ガスの研究、製造、貯蔵が行われました。
f0116479_12103982.jpg

島の東岸に残る火力発電所跡。最盛期にはディーゼル発電機8基が設置されていました。戦争後期には「ふ号兵器」、いわゆる風船爆弾の製造所としても使われました。
f0116479_12170618.jpg
f0116479_12171988.jpg
f0116479_12161462.jpg
f0116479_12180011.jpg
f0116479_12185573.jpg


内部は機材が撤去され吹き抜けの広大な空間が残ります。この島の軍事施設の多くは戦後暫らくは米軍の管理下に置かれ、朝鮮戦争の際には弾薬庫として使われていました。
f0116479_12193993.jpg
f0116479_12211555.jpg
f0116479_12205664.jpg


製造された毒ガスは島内数箇所に分散して貯蔵されました。その中で最大規模の貯蔵施設となるのがこの長浦貯蔵庫跡です。
f0116479_12311888.jpg
f0116479_12300247.jpg

壁面には戦後米軍によって焼却処分された際のこげ跡が残っています。
f0116479_12320568.jpg
f0116479_12322825.jpg


こちらはイペリットガスを貯蔵した三軒家貯蔵庫跡。アーチトンネルの奥にタンクを据えた台座が残されています。
f0116479_12343920.jpg
f0116479_12335643.jpg


島内には露天の貯蔵施設跡も各所に残っています。
f0116479_12431405.jpg


この形式の露天貯蔵施設は前回紹介した砲台施設跡の幾つかにも設けられていました。
f0116479_13462340.jpg
f0116479_13464030.jpg

毒ガスの研究・開発を行った建物も残されています。
f0116479_12510947.jpg

本土との間の通信に使われた施設跡。
f0116479_12531361.jpg

基礎のコンクリートのみ残る施設。当時使われた便所跡と思われます。
f0116479_12562320.jpg


# by sunshine-works | 2019-04-21 11:09 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 14日
芸予要塞大久野島砲台2
広島県竹原市の近代建築その3

大久野島には前回紹介した北部砲台、中部砲台の他に島の南部にも砲台がありました。
大三島との間の海峡を受け持つこの南部砲台には8基の砲台が設置されていましたが、現在は4基のみ残されています。
f0116479_13200204.jpg

この島には3箇所合計22基の砲が据えられ、大三島の南側を受け持つ愛媛県今治の小島砲台と対となって瀬戸内海を遮断する役割を担いましたが、本来は瀬戸内海への外敵侵入は入口で食い止めるべきで、当初は豊予海峡に砲台を据える案がありました。この計画は当時の主力火砲の射程の制約で見送られますが、その後長射程の砲が実用化された事で大正末から昭和初期にかけて豊予海峡砲台が実現されます。これによって芸予要塞は不要のものとなり、この島は軍事施設としての勤めを一旦は終える事となります。
昭和に入ってからのこの島のその後については次回紹介致します。
f0116479_13213944.jpg
f0116479_13244620.jpg
f0116479_13255328.jpg
f0116479_13264668.jpg
f0116479_13270716.jpg
f0116479_13273471.jpg
f0116479_13281133.jpg
f0116479_13282664.jpg
f0116479_13284821.jpg
f0116479_13290239.jpg
f0116479_13292107.jpg
f0116479_13294297.jpg
f0116479_13295945.jpg
f0116479_13301502.jpg


他の砲台にもあった煉瓦貼りの地下兵舎跡。半分埋もれた状態で残っています。
f0116479_13331537.jpg

周辺の林の中には何らかの施設跡と思われる構造物が残っています。
f0116479_13360791.jpg


島内には三つの砲台の他にも芸予要塞関連施設の幾つかが残されています。まずは島の中部、西岸近くに設置された弾薬庫跡。
f0116479_13432797.jpg
f0116479_13465828.jpg


島の南北の海峡に面した位置には、それぞれ一基の探照灯(サーチライト)が設けられていました。こちらは南部砲台近くに設置された探照灯施設跡です。
f0116479_13525222.jpg

島の高台の中腹に残るコンクリート製の構造物。雨水を溜めた貯水タンク跡です。
f0116479_13564726.jpg


島の西岸には当時築かれた石造の桟橋が残されています。
f0116479_13592887.jpg


# by sunshine-works | 2019-04-14 20:53 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 07日
芸予要塞大久野島砲台1
広島県竹原市の近代建築その2

竹原市の沖合いに浮かぶ周囲4キロ程の小さな島に明治期に築かれた砲台跡が残されています。
この島には当時全国の要所に設置された沿岸砲台の一つ芸予要塞大久野島砲台の遺構が良好な状態で保たれており、石積みや煉瓦造の砲座や兵営跡を百年以上を経た今日に伝えています。
今回と次回の2回に分けてこの大久野島に残る砲台跡を紹介します。
f0116479_12572611.jpg

この大久野島は以前紹介した芸予要塞来島砲台と対を成す砲台で、来島砲台は愛媛県今治から大三島南岸までを射程とし、この大久野島砲台が大三島北岸から広島県沿岸までを射程に治めます。
この二つの砲台で四国今治から広島県竹原の間に防衛ラインを敷き、瀬戸内海深部への外敵の侵入を阻む為に設置されたのが芸予要塞で、北部を担うこの大久野島砲台は明治30年から明治34年にかけて設置されました。
f0116479_12585270.jpg

この大久野島には北部、中部、南部の3箇所に砲台が設置されました。
この北部砲台は大久野最多8基を備えた砲台で、12CM加濃砲と24CM加濃砲が据えられていました
f0116479_13050211.jpg
f0116479_13060121.jpg


一段上がった位置に据えられた砲座。石積みの擁壁、中央には砲を支えた鉄筋が環状に並んでいます。
f0116479_13092112.jpg

砲座と砲座の間に石積みと煉瓦の構造物が連なります。
f0116479_13111908.jpg

砲台跡に並ぶコンクリートの台座。これらは第二次世界大戦中にこの島が再び重用された際の遺構です。この事項については後掲する記事を参照願います。
f0116479_13132463.jpg

通路に沿って石積みの砲側庫が並びます。
f0116479_13173206.jpg

隣の砲台。擁壁には煉瓦が用いられています。
f0116479_13195979.jpg
f0116479_13204988.jpg

北部砲台から坂道を進んで程なく、中部砲台に至ります。この中部砲台には主力となる六門の28センチ榴弾砲が設置されました。
f0116479_13273003.jpg

煉瓦積みの兵舎跡。
f0116479_13375980.jpg
f0116479_13433556.jpg


円形の砲座跡。ここにも砲を固定した鉄筋が残されています。
f0116479_13441875.jpg


この砲台にも後年にタンクを据えた台座が残されています。
f0116479_13482087.jpg

道沿いに砲座や砲側庫が連なります。
f0116479_13500788.jpg
f0116479_13504685.jpg




# by sunshine-works | 2019-04-07 12:31 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 31日
旧竹原書院図書館
広島県竹原市の近代建築その1

古い町並みが連なる竹原の旧市街の一角に昭和初期に建てられた木造洋館が残されています。
現在は郷土資料館として使われているこの建物は旧竹原町立図書館として昭和4年に建てられました。
f0116479_14404555.jpg

石畳の街路沿いに木造の商家が並ぶ本町通りの中程に建つ木造2階建て。
下見板貼りの壁面、マンサード屋根、建物中央に立ち上げた三角破風、上げ下げ窓、瓦葺きの庇等々、昭和初期の洋風建築の意匠が各所に表現されています。
f0116479_14414369.jpg
f0116479_14425916.jpg
f0116479_14440114.jpg
f0116479_14500292.jpg

玄関周りの詳細。
f0116479_14443309.jpg
f0116479_14453891.jpg
f0116479_14455245.jpg
f0116479_14555416.jpg
f0116479_14503111.jpg
f0116479_14473308.jpg
f0116479_14471547.jpg
f0116479_14475304.jpg
f0116479_14483588.jpg

館内は資料館に改修された際に一部改修されていますが、窓や扉は当時の状態が保たれています。
f0116479_14514169.jpg
f0116479_14515560.jpg
f0116479_14520629.jpg
f0116479_14521854.jpg

側面からの眺め。上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_14551723.jpg
f0116479_14525216.jpg
f0116479_14530488.jpg
f0116479_14531528.jpg
f0116479_14534432.jpg
f0116479_14540441.jpg


# by sunshine-works | 2019-03-31 11:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)