2018年 10月 21日
旧愛宕山鋼索鉄道2
京都の鉄道遺産

愛宕山鋼索鉄道の山上駅として設置された愛宕駅の築年は昭和4年。
この愛宕山鋼索鉄道は僅か15年の運行の後、戦時体制下で不要不急路線に指定され昭和19年に歴史を終えます。
今回は、廃止後74年を経て今尚現存する旧愛宕山鋼索鉄道の山上駅、愛宕駅を紹介します。
f0116479_19045558.jpg

廃線後70年以上を経て今尚残る旧駅舎。
藪を掻き分けた先の開けた空間に、上部を半ば蔦に覆われた状態で立っています。。
f0116479_20485707.jpg
f0116479_19054342.jpg

鉄筋コンクリート2階建て、直線を基調としたシンメトリーな構成で、壁面に縦長窓を並べます。
失われた部分が多く、元の姿がわかりづらいのですが、当時の鋼索鉄道の駅舎はアールデコ風の意匠が主流となっており、この愛宕駅もその影響を受けていたと思われます。
f0116479_21213204.jpg
f0116479_19061769.jpg
f0116479_19065008.jpg
f0116479_19102903.jpg
f0116479_20272349.jpg


表面が剥落して鉄筋が剥き出しの柱。いつ崩れてもおかしくない状態です。
f0116479_20262492.jpg
f0116479_20250809.jpg
f0116479_19104116.jpg
f0116479_19111537.jpg
f0116479_20315727.jpg

f0116479_20442195.jpg
f0116479_20305288.jpg
f0116479_19115637.jpg

荒れ果てた入口から内部へ進みます。乗降客で賑わった1階ホームは壁が剥がれ落ち、床天井も剥き出しの状態。
f0116479_19125693.jpg
f0116479_20282252.jpg
f0116479_20444539.jpg
f0116479_20451297.jpg
f0116479_10362001.jpg


階段を登って2階へ。2階には待合室や貴賓室が設けられていたと思われます。
f0116479_20523143.jpg
f0116479_10430538.jpg
f0116479_21145166.jpg
f0116479_20580656.jpg
f0116479_20582579.jpg

半地下になっている1階の奥に乗降ホームが繋がります。



# by sunshine-works | 2018-10-21 12:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日
旧愛宕山鋼索鉄道1
京都の鉄道遺産

京都市右京区の北西、亀岡市に跨る愛宕山は古くから山岳信仰の地として知られ、山頂に祭られる愛宕神社の起源は700年代に遡ると言われています。
標高900メートル程の山頂へは登山道が通じ、多くのハイカーや参拝者が行きかっていますが、この愛宕山には麓から山上を結ぶ登山鉄道が運営されていた時期がありました。
僅か15年で営業を終えてしまったこの愛宕山鉄道ですが、山の東斜面には当時の軌道跡が残り、山上には朽ちかけた旧駅舎が廃止後70年以上を経た今も立ち続けています。
今回と次回に分けてこれら愛宕山鋼索鉄道の遺構について紹介していきます。
f0116479_02145427.jpg

愛宕神社参拝者の送客を目的に京阪電鉄と京都電燈によって設立された愛宕山鉄道は嵐山から清滝川までの平坦線と清滝川から山頂までを繋ぐ鋼索鉄道の2路線の免許を取得、双方共に昭和4年に開業します。
この愛宕山鉄道は参詣鉄道としてだけではなく、山麓、山上に開発した遊園地やホテル、スキー場等の施設で構成される高原リゾートを支える根幹として運用されますが、僅か15年後の昭和19年、戦局の悪化の煽りを受けて廃止となってしまいます。
今回紹介する鋼索線は愛宕山の東斜面の標高差639メートルを登る路線長2.1キロメートルのケーブル鉄道で、麓の清滝川駅と山上の愛宕駅の間を11分で結んでいました。


麓に設置されていた清滝川駅の跡地。嵐山からの鉄道線の終点に接続し、愛宕山リゾートの起点となっていました。現在清滝川周辺の一連の施設はすべて取り壊され、足元に残された敷石のみが当時の痕跡を留めています。
f0116479_02250642.jpg

清滝川駅跡地から登っていく登山道に並行して鋼索線の路盤が敷かれています。レールやケーブルは昭和19年に不要不急路線とされて休止した際に供出されてしまい、コンクリートや切石の基礎だけが残されています。
f0116479_02273562.jpg
f0116479_02265272.jpg
f0116479_02280435.jpg
f0116479_02282689.jpg
f0116479_02293674.jpg
f0116479_02315438.jpg
f0116479_02300753.jpg

f0116479_02304867.jpg
f0116479_02311238.jpg

軌道跡の険しい斜面を登って行くと最初のトンネルが見えてきます。トンネルは頂上までに合計6個が設置されています。
f0116479_02323945.jpg
f0116479_02330541.jpg
f0116479_02331940.jpg


トンネルは抗口、内壁共にコンクリート製。馬蹄形断面の小さなもの。
f0116479_02333170.jpg
f0116479_02334359.jpg
f0116479_02335311.jpg

どのトンネルも内部に土砂や石が転がり、一部は埋没や水に漬かった箇所もあります。
f0116479_02340846.jpg
f0116479_02342072.jpg
f0116479_10310032.jpg
f0116479_10314341.jpg
f0116479_10320808.jpg

山上へ向けて更に勾配を進んで行きます。
f0116479_10330820.jpg
f0116479_10341001.jpg
f0116479_10342887.jpg
f0116479_10345750.jpg
f0116479_10351390.jpg
f0116479_10353602.jpg
f0116479_10360473.jpg

小さな谷間を渡る橋梁の跡。
f0116479_10362653.jpg
f0116479_10364717.jpg


山頂に近づくにつれて登山道と鋼索線の路線跡は間隔が隔たり、上部の遺構の多くは視認できませんでした。
登山道を登る事約2時間強。目指す愛宕駅に到着。次回はこの愛宕駅舎跡について紹介します。
f0116479_11281756.jpg






















# by sunshine-works | 2018-10-14 12:15 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 07日
嵯峨野観光鉄道保津川橋梁(旧山陰本線保津川橋梁)
京都の鉄道遺産

亀岡市東部から京都市右京区の嵐山を結ぶ嵯峨野観光鉄道(嵯峨野トロッコ列車)は、JR山陰本線の複線化工事により廃線となった嵯峨~馬堀間の路線を観光鉄道に転用して平成2年に開業しました。
渓谷に沿って進むこのトロッコ列車の路線の中程、保津川を跨ぐ地点には昭和3年に架けられたトラス橋が現役で使われています。
f0116479_14172277.jpg

この区間は明治32年に京都~園部間で開業した民営の京都鉄道が開設した路線で、同社は明治40年に国有化され現在の山陰本線へと引き継がれます。
明治32年に竣工した保津川橋梁は同区間最大の橋梁で、保津川の急流を避ける為に川中に橋脚を設けず、80メートルを越える川幅を一跨ぎするトラス桁が用いられました。
現存するこの保津川橋梁は昭和3年に架け替えられた二代目のもので、旧橋の煉瓦橋台の上に支間長85メートルの下路式ワーレントラスが渡されました。
f0116479_14184177.jpg
f0116479_14194609.jpg
f0116479_14204665.jpg

桁を支える煉瓦造の橋台。
f0116479_14214660.jpg
f0116479_14231358.jpg
f0116479_14234337.jpg
f0116479_14252480.jpg


対岸にも同様の煉瓦造の橋台が据えられています。
f0116479_14271114.jpg
f0116479_01442000.jpg


80メートルを超える桁長は当時の鉄道橋梁としては長大なもの。戦前に架橋された山陰本線のトラス橋としては最長スパンのものとなります。
f0116479_14280854.jpg
f0116479_14292228.jpg
f0116479_14294032.jpg
f0116479_14302537.jpg
f0116479_14315804.jpg
f0116479_14323666.jpg

保津川に沿って整備されたハイキングコースから見下ろす橋の眺め。
f0116479_14362055.jpg

一段下がって橋の間際から細部を伺います。


橋の背後には煉瓦造のトンネルの抗口が迫ります。この清滝隧道は初代の保津川橋梁と同年の明治32年に竣工しました。
f0116479_14390942.jpg
f0116479_14392233.jpg





# by sunshine-works | 2018-10-07 11:51 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 30日
湊川隧道
神戸市兵庫区の近代建築その16

神戸電鉄湊川駅の北西、市街地を見下ろす小高い丘に緑豊かな公園が開かれています。
この会下山公園の地下には明治期に築かれた煉瓦造のトンネルが保存されています。日本初の近代河川トンネルとして掘られたこの湊川隧道は明治34年に竣工しました。
f0116479_20532726.jpg

旧湊川はたびたび氾濫を起す暴れ川で、洪水対策は長年の課題となっていました。また、流れ込む土砂による神戸港の埋没問題と流路による市街地の分断は近代化が進む神戸の発展の妨げにもなっていました。
これらの対策として計画されたのは、それまで南流して神戸港に注いでいた川の流れを会下山の手前で西へ曲げ、山の下に通した隧道を経由して別の川へ繋げる工事で、付け替えられた川の流れは神戸港外の和田岬の西に注ぐというものでした。
f0116479_20542442.jpg
f0116479_20551323.jpg
f0116479_20555808.jpg
f0116479_21032040.jpg

標高80メートル程の会下山の地下を東西に貫く隧道の長さは後年の増築部を含めて680メートル。直径は7メートル強の円形断面。
明治30年から4年の工期を掛けて完成します。
f0116479_20565380.jpg
f0116479_20581483.jpg
f0116479_20584463.jpg
f0116479_20595364.jpg
f0116479_21003974.jpg
f0116479_21012495.jpg

側壁と天井に積み上げられた煉瓦の総数は450万個以上。流路となる底面には切石を敷き詰めています。
f0116479_21043155.jpg

この湊川隧道は平成12年に新しいトンネルの完成で100年に及ぶ役目を終えますが、修復の後に保存されました。
現在は定期的な見学会やイベント会場として公開されています。
f0116479_21262693.jpg

こちらは水路の出口側の坑門。どちらの抗門も阪神淡路大震災で崩れた後に再建されたものですが、元の姿が忠実に保たれています。
f0116479_21281501.jpg
f0116479_21284514.jpg
f0116479_21294426.jpg
f0116479_21323204.jpg

傍らに設置されたベンチには竣工当時に使用されていた煉瓦が使われています。
f0116479_21330364.jpg

こちらは再建前の抗門に掲げられていた扁額の写し。
f0116479_09015120.jpg


# by sunshine-works | 2018-09-30 10:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)