2019年 11月 10日
立花橋
愛媛県松山市の近代建築その8

前回は石手川を渡る伊予鉄道石手川橋梁を紹介しましたが、石手川橋梁の一つ上流側にも古い歴史を持つトラス橋が架けられています。この立花橋は昭和3年に架けられました。
f0116479_11520928.jpg

旧久万街道に架けられた1連の鋼製ポニーワーレントラス。松山市内に現存する道路トラス橋の中で最古のものと思われます。
f0116479_11563595.jpg
f0116479_11570866.jpg
f0116479_11573435.jpg
f0116479_12152645.jpg
f0116479_11575020.jpg
f0116479_12020661.jpg
f0116479_12032233.jpg
f0116479_11581477.jpg
f0116479_12035462.jpg

側面からの眺め。歩道部分は後年に付け加えられたものです。
f0116479_11585208.jpg
f0116479_12184392.jpg
f0116479_12190315.jpg


上部の飾りは復元されていませんが、4基の親柱が現存しています。
f0116479_12051749.jpg
f0116479_12094426.jpg
f0116479_11592857.jpg


# by sunshine-works | 2019-11-10 10:59 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 03日
伊予鉄道石手川橋梁
愛媛の鉄道遺産

松山の市街地の南、石手川沿いに公園緑地が設けられています。細長く連なる敷地の中程には伊予鉄道石手川公園駅が置かれていますが、この駅のプラットホームの一部は明治期に架けられた橋梁上に置かれています。明治26年に架けられたこの石手川橋梁は現役の鉄道トラス橋梁として国内最古のものです。
f0116479_17200363.jpg

煉瓦橋脚の上を渡る橋長36メートルのピン結合式錬鉄製ポニープラットトラス。
明治中期、イギリスから全国各地の路線に同タイプの桁が多数導入されましたが、その後殆どが架け替えられており、この石手川橋梁は竣工当時のまま同一位置で使われている希少な事例となります。
f0116479_17203384.jpg
f0116479_17221795.jpg

桁を支えるイギリス積み煉瓦橋脚。左右の橋台も煉瓦が積まれています。
f0116479_17252139.jpg
f0116479_17254808.jpg
f0116479_17270429.jpg
f0116479_17261784.jpg
f0116479_17264015.jpg
f0116479_17272413.jpg
f0116479_17280093.jpg

日本で二番目に古い歴史を持つ伊予鉄道は、松山市中心部と臨海部の高浜港を結ぶ高浜線を明治25年に全通させます。高浜線に続く2番目の路線として翌明治26年に開業したのが横河原線で、軽便鉄道規格の軌間762mmで線路が敷かれました。この石手川橋梁も当初は軌間762mmに合わせた桁幅でしたが、昭和6年に標準軌に改軌された際に拡幅されています。
f0116479_17284499.jpg
f0116479_17291265.jpg
f0116479_17293198.jpg
f0116479_17302125.jpg
f0116479_17340823.jpg
f0116479_17342423.jpg
f0116479_17344747.jpg
f0116479_17300107.jpg
f0116479_17312467.jpg
f0116479_17310561.jpg
f0116479_17323017.jpg
f0116479_17325361.jpg
f0116479_17332809.jpg

石手川公園駅の北方、松山市駅へ向かう線路は煉瓦造りの小さな溝橋を渡ります。
この伊予鉄道第26号溝橋も同線開業当時の姿を伝える貴重な遺構です。
f0116479_17530186.jpg
f0116479_17531864.jpg
f0116479_17534832.jpg
f0116479_17542551.jpg
f0116479_17544414.jpg
f0116479_17562451.jpg
f0116479_17552512.jpg

下をくぐる道路と上を渡る線路はやや斜めに交差しています。相互の角度に合わせる為に、アーチ上部の煉瓦を一段毎にずらして調節を図る、凝った造りとなっています。
f0116479_17565124.jpg
f0116479_17571629.jpg


# by sunshine-works | 2019-11-03 11:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 27日
予讃線重信川橋梁
愛媛の鉄道遺産

四国最長の鉄道路線予讃線は、松山市南部で一級河川重信川を渡ります。この地点に架けられた重信川橋梁は昭和5年の開通当時の桁と橋脚が今尚使われています。
f0116479_15055503.jpg

重信川の河口から約5キロ、下流の広い川原を14基のプレートガーダーが渡ります。橋長277メートルは予讃線で最長の橋梁となります。
f0116479_15190363.jpg
f0116479_15193162.jpg
f0116479_15071827.jpg

予讃線は大正5年の観音寺~川之江間開業によって愛媛県に達し、昭和2年に県都松山までが結ばれます。この重信川橋梁は昭和5年に松山から南へ延伸された最初の工区に設置されたもので、同区間最大の工事となりました。
f0116479_15204258.jpg

香川県側から延伸を重ねた予讃線は、最初の開業区間からこの地点に到達するまで約30年を要しています。この期間に大きく変わったのが橋脚の造りで、香川県側には多く見られた煉瓦・石積み橋脚に代わって、このようなコンクリート製の楕円断面のものが用いられています。
f0116479_15303263.jpg
f0116479_15304607.jpg
f0116479_15312219.jpg
f0116479_15322098.jpg
f0116479_12373961.jpg

コンクリート橋脚の上を渡るプレートガーダー桁。大正中期以降の旧国鉄橋梁に用いられた形式のものです。銘板には「汽車製造株式会社」「昭和4年」「鉄道省」と刻まれています。
f0116479_15324192.jpg
f0116479_12335177.jpg
f0116479_12342634.jpg
f0116479_12344310.jpg
f0116479_12355681.jpg
f0116479_12362699.jpg


# by sunshine-works | 2019-10-27 11:28 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 20日
旧松山航空基地掩体壕
愛媛県松山市の近代建築その7

松山市の北西部、伊予灘に面して2500メートルの滑走路を持つ松山空港が置かれています。
この空港の近く、住宅街の一角に戦時中に築かれたコンクリート構造物が残されています。
これらは軍用機を守る為に旧軍の航空基地周辺に設置された掩体壕と呼ばれるもので、現在3基が現存しています。
f0116479_20540585.jpg

大戦の後半、米軍による空襲が激しくなる中、各地の航空基地に設置されたのが掩体壕で、機体を隠蔽すると共に爆撃や銃撃から守る役割を担いました。
松山航空基地には約60基の掩体壕が設置されましたが、戦後の宅地開発で殆どが取り残され、今回紹介する3基のみが残されています。
f0116479_20551243.jpg

3基の掩体壕の中で最も北側に位置する壕。正面側にトタンを貼って倉庫として使われています。
f0116479_20553116.jpg
f0116479_21044916.jpg
f0116479_21041776.jpg

全国に築かれた掩体壕に共通する大小二つの蒲鉾型を繋げた形状。以前に紹介した米子空港周辺に残る掩体壕もこの形式のものです。掩体壕はこの形状の他に土堤で囲む開放式のものもあり、60数基設置された松山基地掩体壕の半分以上は開放式のものでした。
f0116479_21153336.jpg
f0116479_21160072.jpg
f0116479_21165013.jpg
f0116479_21162109.jpg

使われているコンクリートは石を大量に混ぜ込んだ粗悪なもの。当時はこの上に土盛りをして補強と隠蔽を行いました。
f0116479_21200239.jpg

徒歩で5分ほどの地点にある同様の掩体壕。宅地の裏手、木々に埋もれた状態で残されています。
f0116479_21294728.jpg

住宅の間に挟まれた様な形で残る3基目の掩体壕。道路に接する部分が削られています。
f0116479_21321033.jpg
f0116479_21351997.jpg

表面のクローズアップ。縁は崩れて鉄筋が覗いています。
f0116479_21340093.jpg


# by sunshine-works | 2019-10-20 10:29 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)