2019年 02月 17日
駒井家住宅2
京都市左京区の近代建築その4

前回に続いて北白川の駒井家住宅を紹介します。
2階には廊下を挟んで寝室、サンルーム、書斎が配置されています。

寝室の壁面。
f0116479_13065004.jpg
f0116479_11023518.jpg

南側の区画はサンルームに充てられています。ここは竣工当時吹き抜けのバルコニーでしたが、程なくガラス窓で囲まれたサンルームに改修されています。
f0116479_13104937.jpg

ベッドルームの隣には小さな洗面所が設けられています。



建物南側から前庭へ。


f0116479_14072806.jpg
f0116479_14133529.jpg


建物正面の眺め。ヴォーリズの住宅建築の特色が良く見て取れます。
f0116479_14154319.jpg
f0116479_11233913.jpg

庭の一角に設置された温室。


# by sunshine-works | 2019-02-17 12:37 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 10日
駒井家住宅1
京都市左京区の近代建築その3

京都大学の北方、北白川の静かな住宅街の一角に昭和初期に建てられた洋風住宅が残されています。
この建物は京都帝大教授で遺伝学者の駒井卓博士の自邸として昭和2年に建てられました。設計:ヴォーリズ設計事務所
f0116479_02391189.jpg

白川疎水に面して建つ木造2階建て。ヴォーリズの得意とするスパニッシュ様式が用いられています。
外壁はモルタルのスタッコ仕上げ、切妻屋根には赤瓦を葺きますがスパニッシュ瓦ではなく和風の桟瓦を用いています。
f0116479_02382201.jpg
f0116479_02383631.jpg


比叡山を望む長閑な田園地帯だった北白川地区は大正後期から郊外住宅地として開発され、京都大学から近い事もあって学者や文化人が多く暮らす区域となりました。
留学時代に親しんだアメリカの住宅に理想を求めたこの家の設計施工に際しては、博士の妻とヴォーリズ婦人の一柳満喜子が神戸女学院の同窓だった縁もあってヴォーリズ設計事務所が手掛ける事となりました。
f0116479_13123324.jpg

石畳が敷かれた玄関へのアプローチ。玄関先は煉瓦を敷きます。
f0116479_10372682.jpg
f0116479_10375740.jpg
f0116479_10383050.jpg
f0116479_10391128.jpg
f0116479_13463260.jpg


小ぶりなアーチ型の玄関入口をくぐって内部へ進みます。
f0116479_10392861.jpg
f0116479_10413560.jpg

1階中央の広々とした居間
f0116479_10465716.jpg

居間に隣接するサンルーム。三連のアーチが並びます。
f0116479_10535299.jpg
f0116479_10463559.jpg


和室も一部屋設けられています。
f0116479_10484046.jpg


キッチン内部。水周りは改修されていますが、作り付けの収納棚は当時のものです。
f0116479_10512939.jpg

廊下から階段へ
f0116479_10432374.jpg

2階の廊下部分。2階は寝室、書斎、サンルームが割り当てられています。
この続きは次回に紹介します。
f0116479_11005568.jpg



# by sunshine-works | 2019-02-10 12:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 03日
旧鐘淵紡績京都工場ボイラー室(東大路高野第三住宅管理棟)
京都市左京区の近代建築その2

下鴨神社の東、北大路と東大路が交わる四つ角の南側に1980年代に開発された住宅団地が広がります。
この敷地の一角に古い煉瓦構造物が残されています。現在集会所として使われているこの建物はかつてこの地で操業していた鐘淵紡績京都工場のボイラー室として建てられました。
f0116479_18420343.jpg


現在東大路高野住宅として多くの中高層棟が建ち並ぶこの一帯は、明治40年に創業し昭和50年に閉鎖された鐘淵紡績京都工場の跡地を開発したものです。
当時生産量東洋一を誇ったこの紡績工場の5万坪を超える敷地には煉瓦造の工場施設が幾つも建てられていましたが、殆どの建物は住宅団地造成時に取り壊されました。
唯一ボイラー室として使われていたこの建物のみがこの地の由来を伝えるモニュメントとして残され、管理棟・集会所として使われています。
f0116479_18425164.jpg


煉瓦造2階建て。アーチ窓が配されたモダンな意匠。
妻面側には白色の切石でアクセントを入れ、地味な用途のボイラー室とは思えない凝った造りです。
f0116479_18434223.jpg
f0116479_18442512.jpg
f0116479_18444416.jpg
f0116479_18460981.jpg
f0116479_18464290.jpg
f0116479_18481586.jpg
f0116479_18485569.jpg
f0116479_18471443.jpg
f0116479_18501267.jpg

旧ボイラー室に繋げられた煉瓦壁。上部を三角形に尖らせた形状は工場建物特有の鋸屋根の名残りです。
f0116479_18521493.jpg
f0116479_18524260.jpg
f0116479_18532180.jpg

長く延びる煉瓦壁の北端には裏側に抜けるアーチ門が設置されています。
f0116479_18502793.jpg
f0116479_18512037.jpg

裏に周って北側からの眺め。
f0116479_18543366.jpg
f0116479_18551064.jpg
f0116479_18552909.jpg
f0116479_18560559.jpg
f0116479_18563587.jpg



# by sunshine-works | 2019-02-03 11:54 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 27日
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)
京都市左京区の近代建築その1

北山通りを南へ折れ、静かな住宅街を進んで程なく、京都工芸繊維大学のキャンパスが広がります。
ここには前身の京都高等工芸学校時代に建てられた昭和初期の校舎が現存し、現用施設として使われています。
f0116479_20191867.jpg

京都高等工芸学校は日本で三番目の官立工業学校として明治35年に現在の左京区吉田泉殿町に開設されます。
その後同校は手狭になった校地から新たな移転先として松ヶ崎村に新校舎を建て、昭和5年に移転開校します。
この際に建てられたのが現在3号館として使われている旧本館で、戦後に新制大学として設立された京都工芸繊維大学に引き継がれます。
この校舎を含め松ヶ崎に新設された一連の建物施設は当時同校の図案課教授を勤めていた本野精吾が設計を担当しています。
f0116479_20291869.jpg

壁面にスクラッチタイルを貼った鉄筋コンクリート3階建て。
玄関を設けた東面の北側と南側に棟を繋げ、裏面の講堂にも通路を結んだ大きな校舎。上から見るとヨの字型の構造になっています。
f0116479_20230733.jpg

中央の玄関部分を手前に張り出した東面。
f0116479_20324746.jpg

f0116479_20330543.jpg
f0116479_20332802.jpg
f0116479_20351832.jpg
f0116479_20353624.jpg
f0116479_20570699.jpg

幾何学的な装飾を施した玄関扉を抜けて館内へ。
f0116479_20355145.jpg
f0116479_20360782.jpg
f0116479_20364628.jpg

当時の姿を良く保つエントランスホール。要所に石を用いた重厚な造りです。
f0116479_20372369.jpg
f0116479_20374938.jpg
f0116479_20381311.jpg

階段窓から見える別棟の講堂。
f0116479_20391960.jpg

東面の角から直角に南面が繋がります。日当たりの良いこの面に設けられた大きな連続窓は当時まだ珍しいものでした。
f0116479_20430274.jpg
f0116479_20501308.jpg
f0116479_20461109.jpg
f0116479_20470112.jpg



日本のモダニズム建築創成期を代表する建築家として知られる本野精呉の作ですが、スクラッチタイルや凹凸を多用した壁面の仕様等は同時期の氏の作品と比べ先鋭的な意匠が抑えらたものとなっています。
当初案では壁面はコンクリート打ち放し、連続窓も各面に配置される予定でしたが最終的には現在の姿に落ち着きました。この辺は学校建築を所管する文部省の意向があったものと言われています。

玄関棟の裏側の眺め。
f0116479_20590356.jpg

このキャンパス内には旧本館と同時期に建てられた建物が他にも現存します。旧本館の南に建つこの小さな建物は倉庫として使われました。
f0116479_21115642.jpg

東南角の正門脇に設けられた門衛所。
f0116479_21205168.jpg
f0116479_21200757.jpg
f0116479_21193870.jpg

西南角にも古い木造モルタル造の門衛所が残されています。
f0116479_21283896.jpg

現在の正門脇に建つ建物。大きく改装されていますが、かつて車庫として建てられたものです。
f0116479_21330894.jpg


# by sunshine-works | 2019-01-27 12:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)