2023年 01月 22日
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1
京都市東山区の近代建築その9/京都市伏見区の近代建築その1

琵琶湖疏水に関連した施設については以前に幾つかを紹介しましたが、この琵琶湖疏水は夷川発電所の先の鴨川合流地点で分岐し、鴨川沿いを南下して伏見区へ至ります。鴨川運河と呼ばれるこの流域には運河開設時から昭和初期に渡って架けられた古い橋梁が数多く残されています。
今回と次回はこれらの橋梁を紹介します。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_12420158.jpg

琵琶湖の水を京都市内に引く疏水事業は、用水、発電、舟運の三つの用途に充てられましたが、舟運については、江戸期から使われていた伏見から淀川で大阪まで結ぶ河川航路に接続し、琵琶湖から大阪湾まで繋ぐ事が完成形となっていました。
この為に建設されたのが鴨川運河で、琵琶湖第一疏水が開通した明治23年の2年後に起工、明治27年に約9キロメートルの全線が完成します。
住宅地区の中を流れるこの運河には、完成後に順次橋が渡され、現在30橋が架けられていますが、その半分が架橋当時の姿を留めて現存しています。
この運河に架けられた橋梁の探訪、前回紹介した東海道本線鴨川橋梁の南に架かる一之橋から始めて、南へ進んで行きます。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_12424498.jpg
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_12430869.jpg


街道沿いに架けられた一之橋は大正13年の築。石積みの橋台で高い位置にコンクリート橋桁を渡します。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_12485329.jpg

川の中ほどに据えられた円柱コンクリート橋脚が桁を支えます。この橋脚は当時架けられた鴨川運河の橋梁に共通して使われています。


一之橋とほぼ同型の三之橋。大正9年架橋。一之橋では鉄柵に換えられていた高欄もこの三之橋では当初の石造のものが残ります。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13022557.jpg


京阪電鉄鳥羽街道駅の傍、小さな公園の出入口に鴨川運河の親柱が移設保存されています。旧高松橋は大正11年に架けられ平成27年に架け替えられました。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13102543.jpg
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13122827.jpg

鴨川運河に架かる橋の多くは人道橋ですが、運河と平行する京阪電鉄もこの運河を数回渡ります。稲荷橋梁の桁下には設置当時の煉瓦壁が残されています。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13165006.jpg

京阪電鉄橋梁のすぐ傍を渡る相深橋。大正13年架橋。

次の横縄橋は大正12年架橋。相深橋とそっくりな造りです。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13451473.jpg
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13313390.jpg

これらの橋梁の多くは橋梁の梁に六芒星の紋が飾られています。これは当時京都市水利事務所で使われていた紋章で、運河に設置する橋を含めて水利事務所が手掛けていた事を現しています。

大正14年に架けられたススハキ橋。上記の橋梁と異なる高欄が使われています。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13505073.jpg
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_13525969.jpg

砂川橋は昭和3年の架橋。橋桁は後年に取り替えられたと思われますが、親柱と橋脚は当時のものが使われています。
琵琶湖疏水鴨川運河の橋梁群1_f0116479_19055059.jpg

※次週へ続きます。


# by sunshine-works | 2023-01-22 11:08 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2023年 01月 15日
東海道本線鴨川橋梁
京都の鉄道遺産

京都駅から山科方面へ向う東海道本線は京都駅の東側で鴨川の流れを渡ります。この場所に架けられた鴨川橋梁は大正10年に竣工しました。
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20370427.jpg

日本で二番目の鉄道路線となる東海道本線の西側区間、神戸~大阪間の開通は明治7年。3年後の明治10年には京都まで延伸され、明治13年には大津へと繋がれます。
現在は真直ぐ東へ引かれている京都駅から大津へ至るこの区間ですが、開業時は南へ迂回する別のルートで結ばれていました。この理由は当時の土木技術では険しい東山山系を貫くトンネルの設置が困難だった為で、路線は山科盆地の縁を北上して逢坂山トンネルに至る大回りとなり、現在の同区間に比べて6.6キロ余分にかかっていました。
この区間が現在のルートに改められたのは開通から40年後の大正10年で、新たに掘削された東山トンネルと新逢坂山トンネルにより京都~大津間が最短距離で結ばれます。
鴨川橋梁はこの新線が鴨川とその隣を流れる琵琶湖疏水運河を渡る箇所に設置されたもので、5基の煉瓦橋脚の上に上下各1線のプレートガーダー桁が渡されました。
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20375602.jpg
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20381895.jpg

上流側に使われている開通当時の煉瓦橋脚。イギリス積み煉瓦を花崗岩の縁石と笠石で補強します。
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20384095.jpg
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20420848.jpg
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20424210.jpg
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20425823.jpg

煉瓦橋脚の後方、下流側にはコンクリート製の橋脚が据えられています。この区間が3線化された昭和19年に設置されたものと推測されます。

大きさも形状もほぼ同じ造りの新旧二つの橋脚が並びます。

大正10年に架けられたこの鴨川橋梁は旧国鉄時代の路線で煉瓦橋脚が用いられた最後期のもので、石積み橋脚や煉瓦橋脚は大正12年の関東大震災を契機として強度に勝るコンクリート橋脚へ切り替わって行きます。
東海道本線鴨川橋梁_f0116479_20462311.jpg



# by sunshine-works | 2023-01-15 11:20 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2023年 01月 08日
旧京都市立美術工芸学校校舎
京都市東山区の近代建築その8

前回紹介した京都国立博物館の南東、東大路通りを挟んで三十三間堂と向き合う東側に、真言宗智山派総本山智積院の敷地が広がります。この境内の一角に1棟のモダンなコンクリート建物が残されています。
現在は智積院宗務庁として使われているこの建物は、京都市立芸術大学の前身となる京都市立美術工芸学校の校舎として大正15年に建てられました。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10343466.jpg

鉄筋コンクリート造3階建て、中央の玄関棟を中心に左右に長く建屋を伸ばし、両翼に接続する棟を前にせり出します。
南面し、窓がずらりと並ぶ一見して学校建築と判るソリッドな造りですが、面に凹凸が残り、部分部分には控えめな装飾表現が施されており、モダニズムの前段階の表現主義に近い意匠となっています。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10350928.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10354749.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10365707.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10371339.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10372877.jpg

現在は智積院の敷地の一部となっているこの一角は大正15年から昭和55年までの間、京都市立美術工芸学校(その後に京都市立芸術大学へ改称)のキャンパスとして使われていました。この京都市立美術工芸学校は、明治13年に設立された京都府立画学校を始まりとする芸術系の専門学校で、その後数度に渡る校名の改称と所在地の移転を経て、この地を新たな校地とします。新設された校舎には絵画の他に彫刻、図案、漆芸の各科が集い、西日本を代表する総合的な芸術学校として多くの美術工芸作家を輩出していきます。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10381421.jpg

車寄せを備えた玄関入口。分厚いコンクリートがポーチを囲みます。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10383272.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10385448.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10391440.jpg
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10392468.jpg

手前に伸びる東側の端部。角には小さなアールが取られています。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10395347.jpg


西側の翼部分を側面から。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10421303.jpg


側面にはアーチ窓が並びます。
旧京都市立美術工芸学校校舎_f0116479_10434269.jpg



# by sunshine-works | 2023-01-08 11:22 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2022年 12月 24日
京都国立博物館表門
京都市東山区の近代建築その7

前回は京都国立博物館旧館を紹介しましたが、ここには他にも重要文化財に指定される建造物が残されています。
今回は旧館と同時期に建てられた正門を紹介します。
京都国立博物館表門_f0116479_10144651.jpg

敷地の西側、大和大路に面して構える煉瓦造の正門。本館と同じく明治28年に建てられました。
本館と意匠を合わせた煉瓦造り。下部と上部は花崗岩仕上げ、門衛所の屋根には円形ドーム屋根を載せます。
門柱、門衛所、券売場、左右に伸びる袖塀が一繋がりに並びます。   
京都国立博物館表門_f0116479_10153772.jpg
京都国立博物館表門_f0116479_10155258.jpg
京都国立博物館表門_f0116479_10162444.jpg
京都国立博物館表門_f0116479_10164017.jpg


脇門の左右には銅板製の円形ドームを乗せます。
京都国立博物館表門_f0116479_09403473.jpg
京都国立博物館表門_f0116479_09405337.jpg


大きな鉄製の門扉。これも重要文化財に指定されています。



内側からの眺め。
京都国立博物館表門_f0116479_09423485.jpg

門から繋がる袖塀。西面から七条通りに面した南面へ、ぐるりと敷地を囲います。
京都国立博物館表門_f0116479_09443130.jpg
京都国立博物館表門_f0116479_09464963.jpg


旧本館の東隣に建つ化粧タイル貼りの3階建て建物。陳列品収納用倉庫として昭和5年に建てられました。
京都国立博物館表門_f0116479_09543680.jpg



# by sunshine-works | 2022-12-24 11:20 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)