タグ:鳥取県 ( 47 ) タグの人気記事

2012年 01月 29日
若桜橋
鳥取県八頭町の近代建築その2

鳥取から播磨へ至る因幡街道は、若桜宿を越えた先で八東川を渡ります。この地点に架けられた若桜橋は、三連アーチの美しいコンクリート橋梁として昭和9年に竣工しています。
f0116479_10193241.jpg

若桜の古い町並みを抜けた先、町の東玄関にあたる場所をこの若桜橋が渡ります。鳥取南東部の中核として栄えた若桜の町の象徴として、70年余りを過ぎた今日も竣工当時の姿を湛えています。
f0116479_10195112.jpg

f0116479_10201780.jpg

f0116479_10205449.jpg

f0116479_1021840.jpg

大正期から昭和初期にかけて各地に数多く架けられた、鉄筋コンクリート上路アーチ橋の鳥取県に於ける先駆けとなった橋です。
この橋が架けられた昭和9年当時、鉄筋コンクリート上路橋は既存の技術として珍しい物ではありませんでしたが、この様な地方町村に於いては、初めて目にする近代橋梁として人々に大きな感銘を与えるものとなりました。
f0116479_10234627.jpg

橋長83メートル、3連のアーチが連なるこの橋は、当時のコンクリートアーチ橋としては規模が大きく、豊かな装飾表現と相まって、竣工時より当地の名所となりました。*詳細資料はこちら
f0116479_10265827.jpg

f0116479_1027121.jpg

f0116479_10243319.jpg

f0116479_1025659.jpg

f0116479_10253314.jpg
f0116479_1026893.jpg

f0116479_10255584.jpg

橋上のクローズアップ。親柱や高欄は竣工当時の姿が良好に残されています。
f0116479_1032515.jpg

f0116479_10332564.jpg

f0116479_1034559.jpg

f0116479_10353296.jpg

f0116479_10362879.jpg

f0116479_10361539.jpg

f0116479_10365726.jpg

f0116479_10223971.jpg

f0116479_1021375.jpg

f0116479_10372615.jpg

f0116479_10375619.jpg

f0116479_10384148.jpg

町の成り立ちに川が密接に関わっている事例は数多くありますが、若桜も八東川と街道が交わる交通の要衝として栄えた町でした。
竣工以来70年以上を経た今も、街道の要として重要な役割を果たすこの若桜橋は、川と共に栄えた若桜の町のランドマークに相応しい存在感を示しています。
f0116479_10294232.jpg


by sunshine-works | 2012-01-29 18:54 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 25日
八頭町の近代建築
鳥取県八頭町の近代建築

平成17年に八東川流域の3町が合併して誕生した八頭町は、その町域の中央を従通する智頭街道沿いに古くから集落が発展していました。これらは若桜鉄道の開通によって更に地域の拠点としての立場を深め、数々の公共施設が開かれて行きました。
今月の鳥取県の近代建築探訪は八頭町に残るこれらの建物を紹介します。

***********************************************************
旧安井郵便局
f0116479_15503326.jpg

安井宿に残る旧郵便局。下見板貼り2階建、当時の地方郵便局によく見られる意匠ですが、中央入り口両脇に付柱を飾ります。
f0116479_15565312.jpg

f0116479_15574332.jpg

f0116479_15585175.jpg

f0116479_1611027.jpg

f0116479_1559352.jpg

f0116479_1603896.jpg

f0116479_16096.jpg


***********************************************************
旧八東法務局
少し離れた場所に建つ半ば朽ちかけた建物。八東法務局として使われていました。
f0116479_1645731.jpg

f0116479_1652596.jpg

f0116479_1665665.jpg

f0116479_1654741.jpg

f0116479_1661554.jpg

玄関庇のペディメントにはメダリオンが飾られています。
f0116479_16114485.jpg


***********************************************************
旧下私都郵便局
若桜街道からやや外れた大坪地区にも旧郵便局舎が残されていました。
f0116479_16171482.jpg

f0116479_16172615.jpg

f0116479_16174087.jpg


***********************************************************
JAいなば船岡支店
若桜鉄道因幡船岡駅の傍に建つJAの建物。来歴は不明ですが、昭和戦前あるいは昭和20年代の築と思われます。
(*JAいなば船岡支店より「70年程前に建てられた旧小学校校舎」との回答をいただきました。)
f0116479_1618643.jpg

f0116479_16183235.jpg

f0116479_16184873.jpg

f0116479_161972.jpg

f0116479_162068.jpg

f0116479_16203542.jpg

f0116479_16205225.jpg

f0116479_16213558.jpg

f0116479_16221763.jpg

f0116479_1621507.jpg


f0116479_16225494.jpg


by sunshine-works | 2011-12-25 23:57 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 29日
若桜鉄道若桜駅
鳥取の鉄道遺産その8

若桜鉄道若桜駅は宿場町として発展した若桜の中心部に昭和5年に開設されました。
当初国鉄若桜線は若桜を経て兵庫県八鹿までを結ぶ路線として計画されましたが、若桜以東への延伸は実現されずに終わり、若桜駅は昭和5年開業以降今日まで終点駅として機能してきました。
若桜駅には開業当初からの駅舎本屋に加えて、同時期に設置された車両基地施設が構内に数多く現存しています。若桜鉄道シリーズの最後はこの若桜駅と駅構内に残る鉄道遺産を紹介します。
f0116479_2215495.jpg

駅舎本屋はこれまで紹介してきた若桜鉄道各駅の駅舎とほぼ共通した造りです。若干の手直しは施されていますが、開業当時の姿を良く留めています。
f0116479_2224222.jpg

f0116479_2232629.jpg

f0116479_224325.jpg

f0116479_2244934.jpg

f0116479_2252888.jpg

ホームは1面1線。ホーム奥側の広い敷地に様々な施設が置かれています。
f0116479_2275820.jpg

f0116479_2281942.jpg

f0116479_228449.jpg

f0116479_229626.jpg

f0116479_2293027.jpg

f0116479_2211935.jpg

f0116479_2295796.jpg

f0116479_22101880.jpg

駅窓口で専用の入場券を購入して構内の見学ルートへ進みます。
f0116479_22143532.jpg

緑色に塗られた円柱形の構造物は昭和5年築の給水塔。SLが展示されていますが給水塔自体は現在使用されていないようです。
f0116479_22264747.jpg

f0116479_22262738.jpg

f0116479_22273556.jpg

コンクリートの基礎の上に鉄製のタンクを載せ多角形の鉄製屋根を被せています。
f0116479_22291569.jpg

f0116479_22294218.jpg

f0116479_22295488.jpg

f0116479_22361629.jpg

給水塔の先に見える小屋は木造の車庫。その手前には手押し式の転車台が設置されています。
f0116479_22354825.jpg

f0116479_22364524.jpg

f0116479_22372882.jpg

f0116479_22374372.jpg

f0116479_22381644.jpg

ポイントを切り替える係員の待機所として設置された転轍手箱番所と呼ばれる小屋。
f0116479_22402143.jpg

単線・非電化、優等列車も無い典型的な地方ローカル線として存続してきたこの路線は、その後に設置された新駅を除けば、ほぼ全線で昭和初期の施設が使い続けられています。
80年を越えた今日まで化石のように開業当初の姿が保たれてきたのは、大量輸送や高速化といった近代化の要請に無縁だった事がその理由でしょうか。
f0116479_22405013.jpg


by sunshine-works | 2011-10-29 12:41 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 25日
若桜鉄道の橋梁2
鳥取の鉄道遺産その7

若桜鉄道開業時に架けられた鉄道橋梁の続編、丹比駅から終点若桜駅間の橋梁を紹介します。

丹比駅を出て間もなく、若桜行の車両は八東川の支流細見川を渡ります。この細見川橋梁にも他所から転用された明治期のポーナル桁が使われています。昭和5年築。
f0116479_23582141.jpg

f0116479_01534.jpg

f0116479_0302484.jpg

ポーナル桁の特徴であるJ字方に折れ曲がったステフナーが良く見て取れます。明治期に架けられた各地のポーナル桁はその後強度に優れた新しい規格に置き換わって行きますが、一部のローカル線区でそのまま使い続けられた物や、このように他所から転用された物が現存しています。
f0116479_001471.jpg

f0116479_04061.jpg

f0116479_0275986.jpg

逆円錐型の太いコンクリート橋脚。
f0116479_0383878.jpg

f0116479_0431035.jpg

f0116479_0402597.jpg

f0116479_0471798.jpg

細見川橋梁の東で本流の八東川を再度渡ります。7連のプレートガーダーが連なる第三八東川橋梁は橋長110メートルの大きな橋です。昭和5年築。
f0116479_16742.jpg

f0116479_165582.jpg

f0116479_175054.jpg

f0116479_181250.jpg

f0116479_1113931.jpg

f0116479_11296.jpg

f0116479_1122992.jpg

f0116479_112463.jpg

八東川を越えた線路はカーブに沿って北から南へ方向を変えて行きます。この途中の山に沿った一角には線路を落石から保護する構造物が儲けられています。昭和30年築。
f0116479_1264027.jpg

f0116479_1265671.jpg

f0116479_1271219.jpg

f0116479_1284741.jpg

f0116479_129272.jpg

終点若桜駅の手前で小さな橋を渡ります。この若桜川橋梁の桁も開業時に他所から移築された物です。
f0116479_1334243.jpg

f0116479_1341025.jpg

f0116479_1344335.jpg

竣工時からの石摘み橋台が状態良く残されています。
f0116479_1351677.jpg

f0116479_1353345.jpg

終点若桜駅はすぐそこです。次回は若桜駅とその構内施設を紹介します。
f0116479_1365433.jpg


by sunshine-works | 2011-10-25 01:53 | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 21日
若桜鉄道の駅舎2
鳥取の鉄道遺産その6

昭和5年1月に郡家~隼間で暫定開業した国鉄若桜線は同年12月に若桜駅までの全区間が開通します。若桜鉄道の駅舎その2は延伸開業時に設置された八東駅と丹比駅、昭和7年に新駅として設けられた安部駅を紹介します。

隼駅の東隣、安部駅は若桜線開通後の昭和7年に設置されました。
f0116479_23145525.jpg

木造平屋建、下見板貼の外壁・一部漆喰仕上げ、切妻屋根には和風の桟瓦を乗せています。
当時の一般的な地方駅舎の造りですが、敷地の関係から、主入口は妻側に配置されています。
f0116479_23284770.jpg

f0116479_23291424.jpg

f0116479_23313924.jpg

ホームは1面1線、ホーム上に大きな待合室が置かれています
f0116479_233611.jpg

f0116479_23353429.jpg

f0116479_23371782.jpg

おそらく竣工当時と殆ど変わっていないと思われるホームの景色。
f0116479_2352164.jpg

f0116479_23524480.jpg

f0116479_23533034.jpg

f0116479_23541446.jpg


f0116479_235562.jpg

f0116479_23552884.jpg

一駅隣の八東駅。正面側は隼駅とよく似た造りです。
f0116479_01840.jpg

f0116479_022573.jpg

f0116479_013857.jpg

f0116479_053973.jpg

f0116479_091892.jpg

f0116479_0101457.jpg

ホーム側から眺めた駅舎本屋
f0116479_011165.jpg

f0116479_23595141.jpg

f0116479_002530.jpg

ホームは駅舎本屋から一段上に設置されています。
f0116479_094571.jpg

f0116479_085031.jpg

f0116479_082851.jpg

f0116479_074878.jpg

ホームに置かれた待合室。これは昭和戦後の築の様です。
f0116479_022420.jpg

f0116479_0224597.jpg

f0116479_0231100.jpg

f0116479_0242373.jpg

f0116479_0235617.jpg

f0116479_025826.jpg

丹比駅は八東駅と同じ昭和5年12月の築。正面を北に向けている以外は他の若桜鉄道駅舎とほぼ同じ造りです。
f0116479_0375699.jpg

f0116479_0392865.jpg

f0116479_040376.jpg

f0116479_041040.jpg

f0116479_0414694.jpg

f0116479_0433263.jpg

f0116479_0445146.jpg

f0116479_0452788.jpg

f0116479_046086.jpg

f0116479_048392.jpg

ホーム上屋を支える古レール。様々な時代のレールが確認出来ます。
f0116479_0584581.jpg

f0116479_0591935.jpg

f0116479_1263566.jpg

f0116479_050380.jpg

f0116479_0504672.jpg

f0116479_0575748.jpg

若桜駅方面から気動車が入線して来ました。残る若桜駅は改めて紹介します。
f0116479_0521838.jpg

f0116479_0523036.jpg

f0116479_1222410.jpg


by sunshine-works | 2011-10-21 23:57 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(3)
2011年 10月 17日
若桜鉄道の橋梁1
鳥取の鉄道遺産その5

郡家から若桜までの19.2Kmを結ぶ若桜鉄道はその途中で千代川水系の八東川及びその支流の小さな川を何度も渡って行きます。これらの橋梁の多くは昭和5年の開業に合わせて竣工したもので、ほぼ当時のまま今も現用施設として使われています。
若桜鉄道編の2回目は昭和初期に架けられたこれらの鉄道橋梁を紹介します。
f0116479_22251155.jpg

稲葉船岡駅の西方に架けられた第一八東川橋梁。若桜鉄道の橋梁中で最長の橋です。
f0116479_22253456.jpg

f0116479_22255930.jpg

f0116479_22261316.jpg
f0116479_22262442.jpg

f0116479_2227269.jpg

切石を円柱状に組んだ太い石造橋脚。主要幹線は総コンクリート製の橋脚が主流となっていたこの時代でも地方線区ではまだこの種の古い橋脚が一部で使われていました。
f0116479_22275539.jpg
f0116479_2232679.jpg

f0116479_2233061.jpg

f0116479_2234074.jpg

f0116479_22341885.jpg

重厚な橋脚が深い茂みの中に埋もれるように立っています。
f0116479_22344548.jpg

f0116479_22504921.jpg

f0116479_22353463.jpg

f0116479_22354423.jpg

八東川の西で小さな支流を渡ります。この伊呂川橋梁にはポーナル桁が使われていますが、若桜鉄道のポーナル桁はどれも他所で使われていた明治期の桁を再利用したものです。
f0116479_231345.jpg

f0116479_2313291.jpg

f0116479_23135765.jpg

八東駅の東側にも支流を渡る小さな橋が架けられています。
この岩渕川橋梁にはJ字形の補鋼材と直線補鋼材が1本おきに配置されている珍しい橋桁が使われています。
f0116479_2318309.jpg

f0116479_23185433.jpg

f0116479_2319796.jpg

f0116479_23193822.jpg

f0116479_232011.jpg

若桜鉄道は八東駅と徳丸駅の間で再び八東川を渡ります。この区間に架けられた第二八東川橋梁は第一八東川橋梁に次ぐ橋長128mの長大な橋です。
f0116479_22575611.jpg

f0116479_225815100.jpg

f0116479_22582782.jpg

f0116479_22583810.jpg

先ほどの第一八東川橋梁とは異なり橋脚に石を貼らないコンクリート素地の仕様です。
f0116479_232170.jpg

f0116479_2321261.jpg

f0116479_2322438.jpg

f0116479_2324145.jpg

f0116479_233211.jpg

八東川は比較的小さな川ですが、この辺りは巨岩が転がる豪快な景観が広がっています。
f0116479_235983.jpg

f0116479_2353228.jpg

f0116479_2354152.jpg

f0116479_236478.jpg


by sunshine-works | 2011-10-17 23:47 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 13日
若桜鉄道の駅舎1
鳥取の鉄道遺産その4

因美線郡家から若桜までの約19キロを結ぶ若桜鉄道は国鉄若桜線として昭和5年に開業しました。第三セクターとして引き継がれた若桜鉄道には開業当時から使い続けられる駅舎や橋梁、鉄道施設が数多く残されています。鳥取南東部の鉄道遺産シリーズ後半はこの若桜鉄道の鉄道施設を紹介します。
f0116479_23284536.jpg

稲葉船岡駅と隣の隼駅の開業は昭和5年1月。郡家から隼までの4キロ区間が先行開業しました。
f0116479_23292569.jpg

木造平屋建下見板貼、小さな玄関庇を持つ昭和初期の地方ローカル駅の標準的な造りです。ホーム側や入口左手側は近年に張り替えられていますが、待合室側の壁面には当初からの下見板が残されています。
f0116479_23303743.jpg

f0116479_23311446.jpg

f0116479_0524335.jpg

大きなガラス窓に囲まれた待合室。広い空間にベンチがぽつんと置かれています。
f0116479_233239.jpg

f0116479_23325351.jpg

f0116479_23422873.jpg

f0116479_23331048.jpg

f0116479_2334823.jpg

待合室からホームへ
f0116479_23352516.jpg

f0116479_2336116.jpg

f0116479_2336426.jpg

f0116479_23374681.jpg

f0116479_23381272.jpg

f0116479_23401563.jpg

f0116479_23371177.jpg

f0116479_23385185.jpg

f0116479_233932.jpg

f0116479_23394165.jpg

隣駅の隼駅。先行開業区間の終点駅でした。
f0116479_23474575.jpg

因幡船岡に比べるとやや小ぶりな造り。入口は右に寄せて設けられています。
f0116479_2349332.jpg

f0116479_2350191.jpg

この隼駅を含め開業時の若桜鉄道の各駅舎には押さえ縁下見板の外壁が使われています。
f0116479_23511272.jpg

内壁も昔ながらの板張り。窓口や小荷物の受け渡し棚もそのまま残されています。
f0116479_0281947.jpg

f0116479_0293891.jpg

f0116479_02901.jpg

f0116479_0303334.jpg

f0116479_0315553.jpg

f0116479_0322863.jpg

ホームの先に美しい山裾の景色を望みます。待避線には一両の古い電気機関車が展示されていました。
f0116479_2134148.jpg

f0116479_0332316.jpg

f0116479_0334183.jpg

f0116479_0342547.jpg

f0116479_0362055.jpg

f0116479_0363661.jpg

f0116479_0365170.jpg


by sunshine-works | 2011-10-13 21:29 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 09日
因美線智頭~河原間の橋梁2
鳥取の鉄道遺産その3

大正期に架けられた因美線鳥取方の鉄道橋梁探訪の後編、今回は因幡社から北側の区間を紹介します。

千代川と並行して進む因美線は支流の小さな流れを幾度も鉄橋で渡ります。その中の一つ、因幡社~用瀬間の狐川を渡る狐川橋梁は大正10年に架けられています。
f0116479_22274749.jpg

f0116479_2247394.jpg

f0116479_2229566.jpg

狐川橋梁を越えて程なく、用瀬駅の手前で因美線は再度千代川の本流を渡ります。この第一智頭川橋梁も大正10年に架けられています。
f0116479_22394866.jpg

f0116479_22403134.jpg

f0116479_22444917.jpg

f0116479_22511636.jpg

f0116479_2243227.jpg

f0116479_2243330.jpg

f0116479_22551678.jpg

f0116479_2245363.jpg

鷹狩と国英間の赤波川に架けられた赤波川橋梁。
f0116479_23123.jpg

f0116479_2315181.jpg

f0116479_2312447.jpg

f0116479_2321234.jpg

f0116479_2324128.jpg

f0116479_233731.jpg

大正8年~12年に竣工したこれら一連の橋梁は、形状の違いはあるものの橋脚に切石が多用されています。昭和前期に起工された岡山方の因美線区間では殆どがコンクリート橋脚に移行しており、ローカル線区でも石積橋脚はこの時代が最終期となったようです。(煉瓦・石積橋脚からコンクリート橋脚への移行を決定付けたのは関東大震災の被災経験でした)
f0116479_233243.jpg

f0116479_2333824.jpg

f0116479_234123.jpg

f0116479_2375467.jpg

f0116479_2343183.jpg

f0116479_2362742.jpg


by sunshine-works | 2011-10-09 23:53 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 05日
因美線智頭~河原間の橋梁1
鳥取の鉄道遺産その2

津山-鳥取間を結ぶ因美線は大正8年にまず鳥取~用瀬間が開通、その4年後に智頭までの区間が延伸開業します。昭和10年に全通する因美線の初期の工区となるこの鳥取方区間には竣工当時に架けられた鉄道橋梁が数多く現用施設として使われています。今回と次回はこの区間に残る大正期の橋梁を紹介します。
f0116479_2030651.jpg

智頭と因幡社の中程、因美線はトンネルに差し掛かる手前で蛇行する智頭川(この辺りの千代川の別称)を渡ります。3基の石積橋脚が並ぶこの第三智頭川橋梁は大正12年に竣工しています。
f0116479_20343967.jpg

f0116479_20312425.jpg

f0116479_2032077.jpg

f0116479_20322793.jpg

コンクリート台座の上に太い石組橋脚を重ね、プレートガーダー桁を渡します。この区間の因美線橋梁の中でもこの第三智頭川橋梁と次の第二智頭川橋梁は規模が大きく、がっしりとした太い橋脚が用いられています。
f0116479_20325490.jpg

f0116479_20331037.jpg

f0116479_20333942.jpg

f0116479_203407.jpg

トンネルを抜けた因美線は山に沿って迂回してきた智頭川を再び跨ぎます。智頭川第二橋梁は先程の智頭川第三橋梁と同じ大正12年に架けられました。
f0116479_20355580.jpg

f0116479_20361665.jpg

f0116479_20365688.jpg

橋脚の高さが異なる以外は智頭川第三橋梁とほぼ同じ規模。造りも良く似ています。
f0116479_20373450.jpg

f0116479_20375019.jpg

f0116479_203827.jpg

f0116479_20382332.jpg

北へ進むに連れて次第に標高が低くなり川の流れも緩やかになっていきます。千代川と平行して北上していく因美線は因幡社駅の北側で千代川の支流に架けられた安蔵川橋梁を渡ります。大正10年築。
f0116479_23312294.jpg

f0116479_23324257.jpg

f0116479_23343771.jpg

f0116479_23383360.jpg

f0116479_2336588.jpg


次回へ続きます。

by sunshine-works | 2011-10-05 20:17 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 01日
因美線那岐駅
鳥取の鉄道遺産その1

鳥取方面へ向う因美線は美作河合駅を過ぎて県境の物見峠を抜けると鳥取側の最初の駅那岐駅に差し掛かります。
山あいの小さな集落に設置されたこの駅は昭和7年の開設当時の木造駅舎が今尚使われています。
f0116479_1040648.jpg

木造下見板貼、瓦葺き屋根、駅舎の左側に役務室・右に小さな待合室が並ぶ当時の地方駅舎の典型とも言える造りです。内装、外装共に改修が施され、屋根・壁は当初の物ではありませんが、骨組みや基礎部分に開設当時の姿を留めます。
f0116479_10403273.jpg

f0116479_10404152.jpg

f0116479_10411971.jpg

入口周りの下見板。風合いから推測するとこの部分は開設時のままかもしれません。
f0116479_10451792.jpg

f0116479_10441696.jpg

f0116479_10443917.jpg

無人駅となった現在は待合室にベンチが置かれているのみ。券売機もありません。
旧役務室は診療所として利用されています。
f0116479_10473411.jpg

この階段を登ってホームへ。線路は駅舎の裏手の一段高い位置に設置されています。
f0116479_1053563.jpg

f0116479_1052968.jpg

階段には雪覆いの屋根壁が付けられ、ホーム上屋を結びます。
f0116479_1055870.jpg

f0116479_1110812.jpg

f0116479_11145981.jpg

ホームから駅舎方向の景色。
f0116479_1114712.jpg

ホーム上屋。これも昭和7年の築です。
f0116479_10544631.jpg

f0116479_1058391.jpg

f0116479_10572097.jpg

山裾の長閑なホームの風景。
f0116479_11113768.jpg

f0116479_11114963.jpg

ホームの石積みも当時のままと思われます。
f0116479_11351671.jpg

山陽に比べると山陰の鉄道近代化は緩やかで、今も大半が単線、非電化区間が占めています。それ故この因美線那岐駅を始め鳥取県内には竣工当時の姿で今尚使われている鉄道施設が数多く現存します。
鳥取の近代建築探訪の続編は美しい山々の中に点在する鳥取東南部の鉄道遺産を紹介していきます。
f0116479_11532092.jpg


by sunshine-works | 2011-10-01 20:59 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)