タグ:銀行 ( 47 ) タグの人気記事

2017年 03月 11日
旧簸川銀行本店
島根県出雲市の近代建築その9

出雲市の中心街の古い町並みに、大正期に建てられた銀行店舗が残されています。現在は地元のNPO法人の施設として使われているこの建物は簸川銀行の本店として大正9年に建てられました。設計:木小七郎。
f0116479_14071353.jpg


木造2階建て寄棟造。化粧煉瓦が貼られた外壁や前面に並ぶ縦長窓、コーニス等の洋風意匠を備えますが、全体の印象は日本の古い商家や土蔵を思わせる造り。軒先や入口庇に葺いた和瓦等も古い町並みに沿わしたものと思えます。
f0116479_11354449.jpg
f0116479_14045124.jpg
f0116479_14055314.jpg

玄関は当時の姿から改変されていますが、張り出した庇はそのまま活用されています。
f0116479_14103391.jpg
f0116479_14154071.jpg

和風の趣を印象付ける軒下の造作。
f0116479_14193286.jpg
f0116479_14202058.jpg
f0116479_14210156.jpg
f0116479_14225041.jpg


by sunshine-works | 2017-03-11 18:17 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日
旧広島農工銀行三次支店
広島県三次市の近代建築その3

前回紹介した旧三次銀行本店からほど近く、ここにも古い銀行店舗が残されています。
現在菓子店として使われているこの建物は広島農工銀行三次支店として大正12年に建てられました。
f0116479_11095919.jpg

農工銀行は農家や中小工業者への融資を目的に設立された政府系特殊銀行の一つで、各府県に設けられました。各地の農工銀行はその後段階的に勧業銀行に合併統合され、現在のみずほ銀行の母体の一つとなりました。
広島農工銀行は昭和12年に勧業銀行と合併、この三次支店も日本勧業銀行の支店として継承されますが戦後間もなく廃止となり、昭和25年から平成17年までは広島銀行三次支店として使われました。その後は地元の建設会社に所有が移り、正面区画に和菓子店が入居しています。
f0116479_11152987.jpg
f0116479_12495648.jpg
f0116479_12531403.jpg

石畳の街路に建つ復興ルネサンス様式のコンクリート造2階建。大正期から昭和初期の商業建物に多く用いられた建築意匠です。
f0116479_12482496.jpg
f0116479_12544120.jpg

腰周りは荒削りの花崗岩を貼ったルスティカ積み。壁面は旧三次銀行本店と同様にコンクリートに目地を刻んで石積み風に仕上げています。
f0116479_10124388.jpg
f0116479_10133558.jpg
f0116479_10143768.jpg
f0116479_10153729.jpg
f0116479_10162253.jpg
f0116479_10181002.jpg
f0116479_10172635.jpg


化粧タイルが貼られた玄関の床面。
f0116479_10192326.jpg
f0116479_10202461.jpg

側面から背面の景色。
f0116479_10220159.jpg
f0116479_10224794.jpg
f0116479_11294824.jpg
f0116479_11303884.jpg


by sunshine-works | 2016-11-05 11:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 29日
旧三次銀行本店
広島県三次市の近代建築その2

古い町並みが残る三次市本通の中程に旧銀行店舗が残されています。この建物は三次銀行本店として昭和2年に建てられました。
f0116479_12521490.jpg

鉄筋コンクリート造2階建。建物意匠については案内板に次の記述があります。
「洋風の石積み建築を模したシンプルで力強い建物である。正面の柱の上部には、楕円形を中心に曲線模様のレリーフ装飾が施されており、直線が強調され建物のアクセントになっている」
この店舗が建てられた昭和初期の銀行建築の流れを汲んだ建物で、明治大正期の重厚な建築意匠が薄らいで古典様式を留めつつ直線と平面を基調にした簡潔な表現となっています。
f0116479_13184063.jpg
f0116479_13151349.jpg
f0116479_13173044.jpg

三次銀行は県北部を営業拠点とした地域銀行として発足し、昭和20年に後の広島銀行となる芸備銀行と合併します。
三次銀行の本店だったこの建物は中町支店として継承されますが5年後に廃止され、翌年から昭和52年までを三次郵便局、その後は市に移管されて民俗資料館として使われています。
f0116479_13292877.jpg
f0116479_13310307.jpg
f0116479_13290182.jpg
f0116479_13294746.jpg
f0116479_15170148.jpg

玄関周り詳細。
f0116479_13385382.jpg
f0116479_13480219.jpg


外壁はコンクリート仕様、腰周りは切石積み。壁面は目地を切って石積風の表現としています。
f0116479_13434556.jpg
f0116479_13444439.jpg



石畳の通りの北側から眺めます。
f0116479_13332638.jpg
f0116479_13320475.jpg

駐車場からの南面の眺め。深い奥行きの壁面に縦長窓が連なります。
f0116479_13490409.jpg
f0116479_13494999.jpg
f0116479_13503503.jpg
f0116479_13513998.jpg


by sunshine-works | 2016-10-29 08:37 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 11日
しまなみ信用金庫鞆支店
広島県福山市の近代建築その1

古くから潮待ち港として栄えた福山市南端に位置する鞆の浦。町の中心部には江戸期から昭和初期に至る各時代に建てられた歴史ある建築物が並んでいます。
この鞆の浦の一角に現役で使われている昭和初期の銀行店舗が建っています。
福鞆信用金庫支店を経て平成15年にしまなみ信用金庫に引き継がれたこの建物は昭和13年に建てられました。
f0116479_00162284.jpg
f0116479_00235700.jpg
f0116479_00245825.jpg
f0116479_00261492.jpg

狭い街路に囲まれた角地に建つ鉄筋コンクリート2階建て、玄関を中心にシンメトリーな構造。
戦時体制に移行する直前の昭和13年に建てられたこの建物は、戦前の銀行建築の晩期のものとなります。
従来の重厚な様式から脱し、アールデコの要素を取り入れたモダンな意匠は戦後の銀行建築に受け継がれて行く流れとなりました。
f0116479_00424444.jpg
f0116479_00272377.jpg
f0116479_00340648.jpg

コーナーに設けられた玄関扉。頑丈な鉄扉も当時のままと思われます。
f0116479_00281639.jpg
f0116479_00292086.jpg


コンクリートの質感と程よい退色具合、隣接する建物に揃えた高さは伝統建築が並ぶ周囲の町並みと違和感無く調和します。
f0116479_00320997.jpg
f0116479_00312319.jpg
f0116479_00332492.jpg
f0116479_00325264.jpg
f0116479_00352229.jpg
f0116479_00344717.jpg
f0116479_00342753.jpg



by sunshine-works | 2016-06-11 00:59 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 07日
旧敦賀二五銀行舞鶴支店(元京都共栄銀行西舞鶴支店)
京都府舞鶴市の近代建築その2

西舞鶴の商店街に古い銀行建築が残されています。現在は民間企業の施設として使われているこの建物は昭和10年に建てられ、その後も長く銀行店舗に使われました。

f0116479_11451663.jpg

南北に長く続く商店街の一角に建つ鉄筋コンクリート2階建て。前面にオーダー柱を並べる当時の銀行建築に則った様式です。
f0116479_11454426.jpg
f0116479_11484877.jpg
f0116479_11503760.jpg

この建物の由来については詳しい資料がありませんが、昭和8年発行の地図には敦賀二五銀行として記されています。昭和10年と伝わる建物竣工年度が正しければ同行の新店舗として建て替えられた際のものと推測されます。
敦賀二五銀行はこの建物竣工間もない昭和11年に同じ福井の大和田銀行に吸収され、その大和田銀行も戦後すぐに破綻してしまいますが、その後もこの建物は金融機関の店舗として転用され、最後は京都共栄銀行西舞鶴支店として近年まで使われていました。
f0116479_12072969.jpg
f0116479_11510415.jpg

シンプルで小振りな玄関廻り。コンクリートの分厚い庇を張り出します。
f0116479_11541360.jpg
f0116479_11512828.jpg
f0116479_11525579.jpg
f0116479_12014478.jpg

入口両側に配した大きなガラス窓。壁面は目地を刻んでタイル風に仕上げています。
f0116479_11531734.jpg
f0116479_11552140.jpg
f0116479_11571612.jpg
f0116479_11565977.jpg


前面に並ぶ4本のオーダー。柱頭は独特の意匠。
f0116479_12004356.jpg
f0116479_11594058.jpg
f0116479_12020790.jpg


by sunshine-works | 2015-12-07 11:15 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 09日
旧山陰合同銀行横田支店
島根県奥出雲町の近代建築その1

出雲横田の古い町並みの一角に昭和初期の銀行建物が残されています。
現在は本町会館として使われているこの建物は昭和15年に建てられました。
f0116479_11061106.jpg

出雲横田駅から続く町の中心通りに建つモルタル2階建て建物。和瓦を葺いた寄棟屋根を乗せた儀洋風建物。正面入口両脇に小さなオーダー柱が添えられ、2階の窓間にはテラコッタを貼った付柱を飾ります。
因みに山陰合同銀行の設立は昭和16年とありますので、前身の松江銀行時代に建てられたと思われます。
f0116479_11062855.jpg
f0116479_11065570.jpg
f0116479_11070509.jpg

玄関廻り詳細。
f0116479_11075351.jpg
f0116479_11081383.jpg
f0116479_11090820.jpg
f0116479_11103340.jpg
f0116479_11093533.jpg
f0116479_11083977.jpg

ファサード上部を飾る3本の付柱。
f0116479_11095863.jpg
f0116479_11100924.jpg


by sunshine-works | 2015-11-09 11:26 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 06日
旧日本銀行松江支店(カラコロ工房)
島根県松江市の近代建築その3

前回紹介した旧八束銀行本店の近く、松江城の旧外堀に面して旧銀行店舗が残されています。昭和13年、日本銀行松江支店の2代目店舗として建てられました。設計:長野宇平冶。
f0116479_16221973.jpg
鉄筋コンクリート3階建て、外壁に切石を飾ります。
旧八束銀行本店と規模はほぼ等しく、ジャイアントオーダーを正面に据えた意匠も似通っています。
f0116479_16070900.jpg
f0116479_16082415.jpg
f0116479_16090962.jpg
明治期より数多くの日銀店舗や官民の銀行建築を手掛けた長野宇平治の晩年の作。
時代的にも戦時体制下で大規模建築が規制される直前の築となり、古典様式を用いた銀行店舗の最終期の姿を伝えます。
f0116479_16092601.jpg
正面に並ぶドリス式オーダー。
f0116479_16102134.jpg
f0116479_16110673.jpg
f0116479_16103978.jpg
f0116479_16095648.jpg
f0116479_16113349.jpg
f0116479_16131831.jpg
f0116479_16121081.jpg
正面側詳細。
f0116479_16140955.jpg
f0116479_16152947.jpg
f0116479_16154734.jpg
東側側面。中ほどに通用口が設けられています。
f0116479_16192209.jpg
f0116479_16171678.jpg

f0116479_16164155.jpg

f0116479_16162922.jpg
f0116479_16181121.jpg
f0116479_16174049.jpg
f0116479_16185693.jpg


by sunshine-works | 2015-07-06 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 27日
旧八束銀行本店(ごうぎんカラコロ美術館)
島根県松江市の近代建築その2

松江市の中心部、大橋川の北側の官公庁や企業ビルが並ぶ一角に大正期の銀行建物が残されています。
現在は美術館として使われているこの建物は、大正15年に旧八束銀行本店として建てられました。
f0116479_14444532.jpg

鉄筋コンクリート2階建、正面にジャイアントオーダーを並べ、軒蛇腹の上にパラペットを立ち上げます。古典様式を取り入れたスタイルですが、明治期の銀行建築に比べて厳粛さは薄れ、時代の流れに沿った意匠と思えます。
f0116479_11375828.jpg
f0116479_11404493.jpg
f0116479_11384878.jpg
f0116479_11392985.jpg

正面の入口は中央の1個所のみ。1階外周は腰周りの高さに花崗岩の基礎を積みます。
f0116479_11420440.jpg
f0116479_11412077.jpg
f0116479_11415052.jpg


正面に並ぶ6本のオーダー。柱頭に飾りが無く、柱にフルーティングを持たないトスカナ風。上部に格子状の筋を刻みます。
f0116479_11425586.jpg
f0116479_11441238.jpg
f0116479_11433216.jpg
f0116479_11435220.jpg




by sunshine-works | 2015-06-27 15:35 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 16日
旧阿波農工銀行本店(みずほ銀行徳島支店)
徳島県徳島市の近代建築その5

前回紹介した高原ビルの近くに、昭和初期に建てられた銀行建物が現存します。
みずほ銀行徳島支店として使われているこの建物は、阿波農工銀行本店として昭和4年に建てられました。設計:国枝博
f0116479_1022681.jpg

合併と統合を繰り返してメガバンクに成長した現在のみずほ銀行の前身、勧業銀行の下部銀行だった各地の農工銀行の一つとして設立されたのが旧阿波農工銀行です。
昭和4年に阿波農工銀行本店として建てられた後、昭和12年に同行を吸収した勧業銀行の徳島支店として使われ、その後は勧業銀行の変遷と共に名を変えながら現在も銀行店舗として使われています。
f0116479_1023982.jpg

f0116479_10243539.jpg

鉄筋コンクリート2階建。腰周りや窓枠に花崗岩の切石を貼ります。全面に6本のコリント式ジャイアントオーダーを並べ、柱間にアーチを連ねる当時の銀行建築の典型的な意匠です。
f0116479_10251466.jpg

f0116479_10254449.jpg

f0116479_1026572.jpg

f0116479_102776.jpg

建物の規模に比べると小さな主入口。この入口もアーチ型で飾られます。
f0116479_1029380.jpg

f0116479_103049.jpg

f0116479_10293137.jpg

f0116479_10295192.jpg

オーダー柱のクローズアップ。四国に現存する戦前の銀行建築の中で、コリント式の列柱が並ぶ銀行店舗として希少な例です。
f0116479_10282090.jpg

f0116479_10283585.jpg

f0116479_10302776.jpg


by sunshine-works | 2014-09-16 23:58 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 16日
矢掛町小田の近代建築
岡山県矢掛町の近代建築その3

井原鉄道小田駅の南西、旧西国街道に沿って古い町並みが残ります。この小田町には往時の賑わいを偲ぶ近代建築が数件点在しています。

旧道を西へ進んで町の中心部に建つ化粧タイル貼りの旧銀行建築。玉島銀行の支店として昭和初期に建てられ、その後は中国銀行小田支店として使われましたが、現在は空家となっています。
f0116479_12394888.jpg

f0116479_12401516.jpg

f0116479_12404598.jpg

f0116479_12411485.jpg

f0116479_12413079.jpg

f0116479_1242913.jpg

f0116479_12425148.jpg

更に西へ進むと2件の古い建物が隣り合って建っています。
東側の木造2階の建物は旧小田郵便局として建てられたもの。明治7年築との情報がありますが、正しければ岡山県内に現存する郵便局舎として再古級のものです。
f0116479_1257854.jpg

f0116479_12585268.jpg

f0116479_12594521.jpg

f0116479_12595344.jpg

西隣に建つ商業建築。コンクリート造に見えますが、実は看板建築。
1階正面は大きく改装されていますが、2階は竣工時の姿を留めます。昭和初期の築と思われます。
f0116479_1353558.jpg

f0116479_1354815.jpg

f0116479_1363414.jpg

f0116479_136022.jpg

側面側。建物全体が鉄骨で覆われています。補修工事中かと思いましたが、ここ数年ずっとこの状態です。
f0116479_13112899.jpg

f0116479_13122737.jpg

小高い丘から眺めた2棟。
f0116479_1313293.jpg

西へ進んでもう1軒。緩やかな坂の途中に建つ看板建築です。
f0116479_13203654.jpg

f0116479_13205729.jpg

f0116479_1321520.jpg


by sunshine-works | 2014-04-16 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)