タグ:鉄道施設 ( 146 ) タグの人気記事

2016年 04月 08日
舞鶴線伊佐津川橋梁
京都の鉄道遺産

綾部~東舞鶴間を結ぶ舞鶴線は途中区間を伊佐津川と並行して進んで行きます。
この舞鶴線が伊佐津川を幾度も渡る地点に架けられた橋梁には明治37年の同線開業時に設置された煉瓦造の橋脚が使われています。
f0116479_13424180.jpg


伊佐津川を渡る舞鶴線の橋梁は渕垣駅東の第一伊佐津川橋梁から西舞鶴駅東の第六伊佐津川橋梁までの6橋。すべてに開業時の煉瓦橋梁が残っています。
明治期の煉瓦橋脚が現役で使われている橋梁は全国各地に数多くありますが、このように連続して現存する事例は希少なものです。
f0116479_13400382.jpg

西舞鶴の市街地の東を渡る第六橋梁。伊佐津川はこの先で舞鶴湾に注ぎます。
f0116479_13571510.jpg
f0116479_13581509.jpg

伊佐津川橋梁にはどれもイギリス積の煉瓦橋脚が使われていますが、最下流のこの橋脚のみ形状が異なります。橋脚の両端が丸みを帯びた他の5橋と異なりこの第六橋梁は先端が尖り、補強の石積みの配置も異なります。川幅が広く増水時に水量が増える下流部に合わせたものと推測されます。
f0116479_14123811.jpg
f0116479_14105980.jpg
f0116479_14132951.jpg

橋台の煉瓦構造物も状態良く残されています。
f0116479_14150989.jpg

西舞鶴~梅迫間の第五橋梁。
f0116479_14173976.jpg
f0116479_14182956.jpg
f0116479_14192483.jpg
f0116479_14201204.jpg

真倉集落の中で佐津川を渡る第四橋梁。
f0116479_10122116.jpg
f0116479_10130158.jpg
f0116479_10140863.jpg
f0116479_10143415.jpg
f0116479_10151179.jpg
f0116479_10152291.jpg

真倉集落の入口の架道橋。ここも開業当時の煉瓦橋台が残されています。
f0116479_10173249.jpg

梅迫~渕垣間の山間いに架けられた第三橋梁から第一橋梁を順番に。
f0116479_10192011.jpg
f0116479_10194854.jpg
f0116479_10200725.jpg
f0116479_10202758.jpg
f0116479_10133982.jpg
f0116479_10243681.jpg
f0116479_10215592.jpg

橋脚は上が窄まった楕円形の断面。縁を切石で補強しています。この仕様は明治期の鉄道橋梁に多く使われました。
f0116479_10212546.jpg
f0116479_10232883.jpg
f0116479_10230468.jpg
f0116479_10223996.jpg







by sunshine-works | 2016-04-08 14:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 01日
小浜線松尾寺駅
京都の鉄道遺産

東舞鶴駅から東へ一駅、小浜線松尾寺(まつのおでら)駅は大正11年の同駅開設時に建てられた駅舎本屋が現在も使われています。
f0116479_14280993.jpg

松尾寺駅は敦賀と舞鶴を結ぶ小浜線の最終工区、若狭高浜~新舞鶴間が開通した大正11年に設置されました。
西国三十三霊場の第二十九番札所松尾寺の最寄駅として、その後は大戦中に設置された海軍火薬廠や戦後に開設した日本板硝子の工場を結ぶ引込線の基点としての役割を担いましたが、現在は長閑な無人駅としてその姿を留めます。
f0116479_14252518.jpg
f0116479_11235275.jpg
f0116479_14303435.jpg


中央右寄せに切妻屋根の庇を突出した木造平屋建、下見板貼。当時の地方駅舎の典型的な意匠です。
f0116479_14314841.jpg
f0116479_14331470.jpg
f0116479_14333176.jpg

屋根瓦や外壁は葺き替えられ窓枠は更新されていますが、基本構造は開業当時の状態が保たれています。
f0116479_11114177.jpg
f0116479_14334984.jpg
f0116479_14342685.jpg
f0116479_14351564.jpg
f0116479_14354578.jpg
f0116479_11202993.jpg


改札を抜けて駅舎裏側へ。
石段を上った先にホームが設置されています。
f0116479_11074034.jpg
f0116479_11092467.jpg
f0116479_11142993.jpg

ホームから眺めた駅舎裏側。
f0116479_11151540.jpg
f0116479_11155944.jpg


by sunshine-works | 2016-04-01 13:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 04日
北吸隧道
京都府舞鶴市の近代建築その14

舞鶴赤レンガパークから東舞鶴駅へ向けて敷石の遊歩道が通じています。この遊歩道が途中でくぐる煉瓦トンネルは、かつて東舞鶴駅から軍港の間に敷かれていた引込線の鉄道トンネルとして明治37年に設置されたものです。
f0116479_11305161.jpg

舞鶴軍港の造営と平行して進められた福知山~新舞鶴(現在の東舞鶴)間の鉄道開通は明治37年。同時に終点の新舞鶴から軍港の間に軍事輸送の為の引込線が敷かれました。
この路線は軍港が廃止された戦後も中舞鶴線として運用されますが、昭和47年に廃線となった後は長らく放置された状態でした。
平成に入って遊歩道として旧路線跡が整備されるのに併せて隧道も修復され、現在は舞鶴の観光スポットの一つとなっています。
f0116479_11321508.jpg


抗門部は福知山~新舞鶴に敷かれた舞鶴線の隧道に共通する意匠。総煉瓦で装飾豊かな造りは重要な軍事路線としての格を示すものとも思えます。
f0116479_11323699.jpg
f0116479_11330388.jpg
f0116479_11343837.jpg

トンネル内部。竣工時には壁面すべてに煉瓦が張られていました。
f0116479_11335875.jpg
f0116479_11354720.jpg
f0116479_11340934.jpg
f0116479_11351078.jpg
f0116479_11380536.jpg
f0116479_11383576.jpg

東舞鶴駅側の抗門部。
f0116479_11394597.jpg
f0116479_11362052.jpg
f0116479_11365683.jpg
f0116479_11363493.jpg
f0116479_11373716.jpg
f0116479_11371601.jpg

f0116479_11405292.jpg
f0116479_11411294.jpg
f0116479_11412327.jpg




by sunshine-works | 2016-03-04 21:17 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 24日
出雲横田駅
島根の鉄道遺産

松江市宍道から広島県庄原を結ぶ木次線は大正5年に簸上鉄道が開設した宍道~木次間を母体とし、国有化後の昭和12年に備後落合までの全区間が開通。以降戦前戦後の半世紀を瀬戸内海と日本海を繋ぐ陰陽連絡線の一つとして、重要な役割を果たしました。
現在の木次線は一日数本が往復する山間の生活路線として存続する中、殆どが無人駅となっていますが、沿線で数少ない有人駅として置かれている出雲横田駅には開業時に建てられた駅舎が今尚使われています。
f0116479_11384722.jpg

国有化された昭和9年に出雲三成から八川までが延伸された際に設けられた3駅の一つ。独特の意匠は近くの稲田神社を模したものとされています。
f0116479_11391080.jpg
f0116479_11394557.jpg

反り屋根、懸魚と呼ばれる妻飾り、細かい間隔で並ぶ垂木、向拝柱を支える礎盤。寺社建築が忠実に再現されています。
f0116479_11402617.jpg
f0116479_11405943.jpg
f0116479_11413602.jpg
f0116479_11420125.jpg
f0116479_11423538.jpg

駅舎内部の様子。ひっそりとした空間に鉄枠のベンチが置かれています。
f0116479_11433169.jpg
f0116479_11434282.jpg
f0116479_11435436.jpg


by sunshine-works | 2015-11-24 11:32 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 16日
京丹後鉄道 由良川橋梁
京都の鉄道遺産

舞鶴と豊岡を結ぶ京丹後鉄道宮津線は鉄道省によって敷かれた旧国鉄宮津線をその前身とします。
起点の西舞鶴から若狭湾を経て丹後半島を抜けた網野までの区間が大正13年に開通。その後西へ延伸を重ね、昭和7年に西舞鶴~豊岡間が全通します。
開通から90年を経たこの区間には開業当時の姿を留める多くの鉄道遺産が現存していますが、その中で最大のものが今回紹介する由良川橋梁です。
f0116479_13382117.jpg
宮津市と舞鶴市の境、若狭湾に注ぐ一級河川由良川の河口に架けられた長大橋。
25基のコンクリート橋脚の上をプレートガーダー桁が延々と渡ります。
鉄道橋梁として現在に至るまで京都府最長を誇る橋長552メートルの由良川橋梁は大正13年に竣工しています。
f0116479_13500928.jpg
河口の広い川幅を渡る橋桁。
架橋時の資料や写真に拠れば、軌道上の作業車からプレートガーダー桁を前方に繰り出して繋ぐ、最先端の工法が用いられました。
f0116479_13480184.jpg
f0116479_13492208.jpg
f0116479_13513638.jpg
f0116479_13523112.jpg
舞鶴側にあたる東詰。現在補修工事が行われています。
f0116479_13553819.jpg
f0116479_13560815.jpg
宮津方の西詰です。
f0116479_13532970.jpg
f0116479_13484805.jpg
橋桁を支える鉄筋コンクリート橋脚。一見切石積みに見えますが、コンクリートの表面に目地を刻んで石積風に仕上げたものです。
f0116479_13542173.jpg

f0116479_13550694.jpg
f0116479_13592242.jpg
f0116479_13571606.jpg
f0116479_14002110.jpg
f0116479_13582201.jpg
f0116479_14030504.jpg
f0116479_14012770.jpg
f0116479_14015538.jpg
f0116479_14023873.jpg



by sunshine-works | 2015-05-16 22:45 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 26日
旧加悦鉄道加悦駅舎
京都府与謝野町の近代建築その2

加悦町の中心部の一角に、この地で昭和60年まで営業を続けた地方鉄道の旧駅舎が保存されています。
加悦鉄道の資料館として利用されているこの建物は大正15年に建てられました。
f0116479_12353346.jpg
加悦鉄道の開通は大正15年。地場の主要産業丹後ちりめんの輸送と住民の生活路線として加悦町と丹後大宮間5.7キロに途中駅5駅が設置されました。
戦時には大江鉱山のニッケル輸送の為に支線が伸ばされ、60年の長きに渡り地域の基盤としての役割を担いました。
昭和60年に廃止された後は殆どの施設が取り壊されましたが、開業時に建てられたこの駅舎が加悦鉄道駅唯一の現存建物として残されています。
f0116479_12362988.jpg
f0116479_12443133.jpg
木造2階建て、寄棟造り。下見板貼りの儀洋風建築。規模は小さいものの、都市部の駅舎に引けをとらないモダンな意匠です。
f0116479_12461014.jpg
f0116479_12453438.jpg
f0116479_12483221.jpg
左側に設けられた入口。切妻の庇を張り出します。
f0116479_12450848.jpg
f0116479_12471462.jpg
f0116479_12474623.jpg
f0116479_13060996.jpg
f0116479_12520290.jpg
f0116479_13040168.jpg
f0116479_12513157.jpg
側面、裏側です。
f0116479_12491210.jpg
f0116479_12493128.jpg
駅舎内部は加悦鉄道の資料が展示されています。
f0116479_12501801.jpg
f0116479_12521845.jpg
f0116479_12523254.jpg
f0116479_12524506.jpg
f0116479_12532042.jpg
f0116479_12534668.jpg



by sunshine-works | 2015-02-26 21:37 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 19日
牟岐線那賀川橋梁
徳島の鉄道遺産その18

前回紹介した那賀川橋から河口へ約4km、阿波中島~阿南間で牟岐線が那賀川を渡ります。この那賀川橋梁は昭和11年に架けられました。
f0116479_14103183.jpg

橋長470メートル。緩やかな流れの上を10連のワーレントラス桁が渡ります。現存する戦前築の鉄道橋梁としては県内で3番目の長さ、牟岐線では最長となります。
f0116479_141053100.jpg

f0116479_14111067.jpg

f0116479_14112874.jpg

鉄道橋に併設されている人道橋を渡りながら各部を眺めます。
f0116479_1412381.jpg

f0116479_14121795.jpg

f0116479_14122533.jpg

f0116479_14123545.jpg

f0116479_14124863.jpg

f0116479_14132100.jpg

f0116479_14131663.jpg

f0116479_14133452.jpg

f0116479_14142285.jpg

f0116479_14134871.jpg

f0116479_1414193.jpg

f0116479_14205658.jpg

f0116479_14211770.jpg

f0116479_14213642.jpg

f0116479_14144867.jpg
f0116479_14215426.jpg

南詰めの踏切から捉えたトラスの奥部。
f0116479_14153635.jpg

f0116479_14173961.jpg

f0116479_14154830.jpg

前年に架けられた高徳線吉野川橋梁が先進的な3径間連続トラス方式で架けられたのに対し、この那賀川橋梁は従来通りの単径間トラス方式。桁の形式は吉野川橋梁と同じ平行弦トラスが用いられます。
現代のトラス桁に通じる洗練されたスタイルです。
f0116479_14175361.jpg

f0116479_1418348.jpg

f0116479_14182188.jpg

f0116479_14185047.jpg

f0116479_1419135.jpg

f0116479_14191369.jpg

f0116479_14184046.jpg

f0116479_14192146.jpg

上流側からの眺めです。
f0116479_1423514.jpg

f0116479_14231966.jpg

f0116479_14233154.jpg


by sunshine-works | 2014-11-19 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 20日
旧井笠軽便鉄道新山駅(井笠鉄道記念館)
備中の鉄道遺産

笠岡市中心部から北へ延びる県道48号線沿いに、40年以上前に廃線となった民営鉄道の駅舎が残されています。
現在、鉄道資料館として使われているこの建物は、大正2年に井笠軽便鉄道の駅舎として建てられました。
f0116479_0343542.jpg

この旧新山駅舎は、井笠軽便鉄道の最初の路線、笠岡~井原間が開通した大正2年に設置されました。
木造平屋、下見板貼り、一部を漆喰壁で仕上げます。規模としては小さな中間駅で、駅舎も簡素な造り。
当時どこにでも見られた典型的な地方駅舎の姿を伝えます。
f0116479_0352317.jpg

f0116479_0364048.jpg

f0116479_0383375.jpg

f0116479_0354373.jpg

f0116479_0362537.jpg

岡山県では、昭和10年代には既に国鉄路線が縦横に張り巡らされ、更にその空白域を軽便鉄道を前身とするこのような民営路線が補完する、全国屈指の鉄道王国となっていました。
これらの地方鉄道は、戦後の交通事情の変化に伴って縮小、やがて廃止の憂き目を迎える事となりましたが、地域の発展を支える重要な役割を担いました。
f0116479_0361676.jpg

f0116479_0473326.jpg

公開されている駅舎内部。当時の資料や写真が飾られています。
f0116479_0375165.jpg

f0116479_03815.jpg

f0116479_038917.jpg

駅舎の並びには、同線で使われた貴重な車両が展示されています。
f0116479_040984.jpg

f0116479_0403996.jpg

f0116479_0402542.jpg

f0116479_041537.jpg

f0116479_0394170.jpg

f0116479_041394.jpg

f0116479_0414985.jpg

f0116479_042055.jpg

f0116479_042966.jpg


by sunshine-works | 2014-07-20 23:49 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 15日
山陰本線 竹野~居組間の鉄道施設2
但馬の鉄道遺産9

前回に続いて但馬に残る山陰本線の鉄道遺産、今回は佐津から鳥取県境までの区間を紹介します。
f0116479_0133589.jpg

香住駅西方に架けられた矢田川橋梁。開業時の石積橋脚がプレートガーダーを支えます。
f0116479_0142771.jpg

f0116479_0144338.jpg

f0116479_0151739.jpg

前回紹介した佐津川橋梁と同様に切石積の橋脚。佐津川橋梁の橋脚と異なり、川中の橋脚は円柱形状となっています。
f0116479_0162451.jpg

f0116479_016365.jpg

河川敷部分の橋脚は佐津川橋梁と良く似た形状。上部は後年に嵩上げされているようです。
f0116479_019303.jpg

f0116479_0191996.jpg

f0116479_0201092.jpg

f0116479_020199.jpg

f0116479_0184099.jpg

f0116479_0195049.jpg

餘部~久谷駅間の山間に架かる西川橋梁。こちらには四角柱の煉瓦橋脚が用いられています。
f0116479_237445.jpg

f0116479_2372512.jpg

f0116479_0212884.jpg

開通時この区間で最長となった桃観トンネル。煉瓦積の入口坑門には、扁額を掲げています。
f0116479_2374163.jpg

f0116479_238698.jpg

県北西部の鉄道拠点、浜坂駅構内に残る煉瓦積の給水塔。明治末年に設置されています。
f0116479_0294939.jpg

f0116479_0245279.jpg

f0116479_0341252.jpg

この区間の蒸気機関車が退役した昭和45年以降は使われることも無く、蔦に覆われています。
f0116479_025255.jpg

f0116479_0262442.jpg

f0116479_0323249.jpg

f0116479_0264074.jpg

f0116479_0363087.jpg


f0116479_0272319.jpg

浜坂駅から西へ一駅。諸寄駅は昭和6年に停車場として建てられた駅舎が使われています。
f0116479_0371734.jpg

f0116479_0373913.jpg

ホームの景色。上屋壁面がトタンで塞がれています。
無人駅となった後に、不要となった駅舎の一部を取り壊したものと思われます。
f0116479_0392968.jpg

f0116479_0394111.jpg

諸寄駅傍の小さな橋梁。
f0116479_0413830.jpg

諸寄~居組駅間で渡る大栃川橋梁。前後を切石で補強した煉瓦橋脚が使われています。
f0116479_042233.jpg

f0116479_0423160.jpg

f0116479_0424884.jpg

f0116479_0431550.jpg

f0116479_0432475.jpg


by sunshine-works | 2014-07-15 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 10日
山陰本線 竹野~居組間の鉄道施設1
但馬の鉄道遺産その8

前回は、但馬に現存する大正期のラチスガーダー桁を2例紹介しましたが、但馬の山陰本線区間には、他にも多くの鉄道遺産が残されています。今回と次回はこれらの鉄道施設を紹介します。
f0116479_0154543.jpg

竹野駅~佐津駅の途中、山陰本線が日本海に出た先の築堤下を抜ける拱渠。小さな川と人道が通されています。
内壁も含めてすべて煉瓦積み。同区間開通時(明治末)の築と思われます。
f0116479_0173141.jpg

f0116479_0182042.jpg

f0116479_0183413.jpg

f0116479_0185159.jpg

f0116479_019649.jpg

f0116479_0192217.jpg

f0116479_0194099.jpg

西隣の濱須井集落にある拱渠。先程の切浜拱渠と同規模。仕様も良く似ています。
この様な煉瓦拱渠は明治大正期に敷設された路線に用いられましたが、その後の路線付け替えや改修によって大半が失われています。山陰本線には今尚この種の煉瓦拱渠が多く残されており、当時の姿を今に伝えています。
f0116479_0242185.jpg

f0116479_0243884.jpg

f0116479_0245336.jpg

f0116479_0251174.jpg

f0116479_0252726.jpg

f0116479_0254629.jpg

f0116479_026167.jpg

f0116479_0263122.jpg

f0116479_0264088.jpg

西へ進んで程なく、煉瓦の橋台が残る第一相谷川橋梁。橋桁は後年に架け替えられていますが、煉瓦構造物は開通当時のものです。
f0116479_0311276.jpg

f0116479_0315131.jpg

f0116479_0312427.jpg

f0116479_0321213.jpg

f0116479_03223100.jpg

香美町の安木川橋梁も開業当時の煉瓦橋脚、橋台が現存します。
f0116479_0424597.jpg

f0116479_0431265.jpg

f0116479_0432779.jpg

f0116479_043496.jpg

f0116479_044221.jpg

f0116479_04413100.jpg

訓谷集落の小さな橋梁。架け替えられたコンクリート橋桁を明治期の煉瓦橋台が支えます。
f0116479_057217.jpg

f0116479_0563595.jpg

f0116479_0565089.jpg

佐津駅手前に架けられた佐津川橋梁。煉瓦橋脚と並んで多用された当時の石積橋脚が現存します。
f0116479_131271.jpg

f0116479_132329.jpg

f0116479_133293.jpg

f0116479_135878.jpg

f0116479_141419.jpg

f0116479_142631.jpg

f0116479_143895.jpg


by sunshine-works | 2014-07-10 23:51 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)