タグ:鉄道施設 ( 148 ) タグの人気記事

2008年 09月 20日
神戸電鉄湊川駅
神戸兵庫区の近代建築その7

湊川の付け替えによって河川敷跡を埋め立てて造られた湊川公園は、元々が天井川だった為に小高い台地になっています。この台地の1階部分、公園の真下に神戸電鉄の湊川駅が置かれています。この駅舎は神戸と有馬・三田を結ぶ神戸有馬電気鉄道が開通した昭和3年に始発駅として建てられたものです。
f0116479_16315121.jpg

この駅は現在地下駅となっていますが昭和43年までは地上駅(半地下駅)でした。路面を地下に移した後は玄関口として駅舎外壁が残され、それまでホームが敷かれていた部分は店舗スペースやコンコースとして使用されています。
f0116479_16344095.jpg

f0116479_16361348.jpg

大正時代までは神戸市街から有馬温泉へ行くには徒歩で六甲山を超えるか、尼崎経由で一旦三田へ出てそこから有馬鉄道(当時は三田~有馬間を結ぶ鉄道が敷かれていました)で行く方法のどちらかでした。六甲山を最短ルートで南北に結ぶ鉄道路線は長年に亘って構想されていたのですが、当時の技術では難工事が予測され、莫大な事業費がネックとなって実現が阻まれていました。

長年の夢だった神戸と有馬を結ぶ鉄道は、有馬鉄道の創設者だった山脇延吉が起こした神戸有馬電気鉄道によって達成されます。予想通りの難工事の連続となりましたが昭和3年に湊川~有馬温泉、さらに三田までの20キロ余が開通します。
f0116479_16382820.jpg

入口上部の半円形の部分にはかって時計が取り付けられていました。
f0116479_1641323.jpg

同時代に建てられた国鉄神戸駅や三宮駅、阪急三宮駅等に比べると規模が小さく色合いも地味な建物ですが、当時の写真を見ると大きな庇と正面の時計が印象的なモダンな駅舎でした。
(現在の庇は後年付け替えられた物のようです)
f0116479_1653561.jpg

f0116479_16373183.jpg

f0116479_17281197.jpg
f0116479_1654233.jpg

f0116479_170135.jpg

f0116479_16353749.jpg

f0116479_16553912.jpg

開業以来始発駅となっていた湊川駅ですが、国鉄や他の私鉄との接続が無く(市電のみ)、さらにホームが短い為に輸送力増強もできない状況で、神戸電鉄にとっては大きな課題となっていました。
この問題を解決したのが神戸に乗り入れる私鉄各社と神戸市の合弁で発足した神戸高速鉄道の開業でした。神戸高速鉄道の基点として設けられた新開地駅まで路線を地下で延伸し新開地駅を実質的な始発駅に変更、湊川駅は長編成車両の発着が可能なホームを備えた地下駅に生まれ変わりました。

現在この湊川駅はターミナルとしての役割を終えていますが、神戸電鉄開業時の足跡を留めるモニュメントとして象徴的な存在となっています。
f0116479_16331341.jpg


by sunshine-works | 2008-09-20 17:55 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 04日
旧神戸市電気局有馬道変電所(関西電力有馬道変電所)
神戸兵庫区の近代建築その3

奥平野から住宅街を抜けて西へ進みます。神戸から有馬へ抜ける国道428号線(有馬道)が山並に接する平野周辺には古い町並みが今も残っています。このあたりは市街地の北の終端で、かって敷かれていた神戸市電はこの平野が折り返し地点となっていました。
この有馬道が平野交差点に差し掛かる手前に無骨なコンクリート造の大きな建造物が建っています。この変電所は現在の神戸市交通局の前身、神戸市電気局の時代に建てられ、その後関西電力に引き継がれました。
f0116479_20352430.jpg

神戸の電力事業は日本で2番目の電力会社である神戸電燈株式会社によって明治22年に始まります。電力事業はその後神戸市の市営事業に移管され、配電と路面電車(神戸市電)を管轄する神戸市電気局に発展します。この変電所は神戸市電気局が大正7年に設置した有馬道変電所を昭和5年に建て代えた際の建物です。
f0116479_20363012.jpg

f0116479_2037263.jpg

当時の神戸市では路面電車と配電が同一事業者によって営まれていた関係から、神戸市電気局の変電所は民生用、鉄道用、更に両者兼用の施設が存在していました。この変電所は市電平野線の終点近くに位置し、軌道敷のすぐ脇に設けられている事から、路面電車用の変電施設、または民生用との共用施設として設けられたものと思われます。
配電事業は昭和17年に神戸市電気局から関西配電(後の関西電力)に移管されますが、この変電所は引き続き神戸市交通局によって昭和34年まで使用され、その後は関西電力の変電所となりました。
f0116479_20395012.jpg

f0116479_20483528.jpg

明治・大正期に建てられた水道施設の多くは威厳を誇示するかの様に古典様式の重厚な意匠を纏っていましたが、同様の傾向は電力施設にも伺えます。とりわけ街中に置かれる事が多い変電所には凝ったデザインを施した例が多く見られますが、この有馬道変電所はその最たる物と言えるでしょう。
f0116479_20403384.jpg

f0116479_20414931.jpg

f0116479_2043469.jpg

f0116479_20421145.jpg

f0116479_2042331.jpg

f0116479_20434054.jpg

f0116479_20442023.jpg

f0116479_20411794.jpg

軒高がある大きな建物です。窓や入り口が無く、色合いが地味な事もあって独特の雰囲気が漂います。
f0116479_20472746.jpg

f0116479_20462339.jpg

f0116479_21225286.jpg

同じ神戸市電気局の施設である旭変電所に似たデザインですが、こちらの方が装飾性に豊むのは築年の差(6年前)かもしれません。
f0116479_2038394.jpg

最上部の壁面は外に向かって反りが付けられ軒へ繋がります。
f0116479_20492377.jpg

f0116479_2046187.jpg

f0116479_20464775.jpg

他の大都市がそうであった様に、神戸市電もモータリゼーションの波に呑まれて昭和46年に廃止されてしまいます。先進的な車両や高い利用率を誇り、「東洋一」とまで言われた神戸市電を偲ぶ物の中で、最大の遺構はこの変電所かも知れません。
f0116479_20502344.jpg


by sunshine-works | 2008-09-04 21:40 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 07月 30日
三宮駅
神戸中央区の近代建築その65

神戸中央区の探訪も今回で最終回。最後は現在の神戸の中心駅である三宮駅を紹介します。
f0116479_20541673.jpg

三宮にはJR、阪神、阪急、神戸市営地下鉄そして新交通システムのポートライナーの各駅が置かれています。JR、阪神、阪急の各駅は戦前に建てられた駅舎ですが、それぞれに改装や修復が重ねられ、竣工当時の姿が完全な形で残されている訳ではありません。しかし、現代の駅舎と共存して垣間見る事ができるかっての駅舎の名残りは、さすが時代を経た風格や貫禄を感じさせます。


JR三宮駅中央口のコンコースです。太い柱と華麗な柱頭の装飾は神戸駅や兵庫駅と共通する物があります。昭和6年に高架駅となった時に設置されました。
f0116479_2147017.jpg

f0116479_21473217.jpg

f0116479_21475967.jpg

f0116479_21535392.jpg

f0116479_22311953.jpg

東口コンコースにも同様な柱があります。こちらはやや小ぶりな造りです。
f0116479_215913.jpg

f0116479_220114.jpg

f0116479_2203260.jpg

ホームの屋根も当時のままと思われます。
f0116479_21555964.jpg

f0116479_21563268.jpg

線路の向こう側に見える構造物はかっての駅舎の一部です。
f0116479_2253957.jpg

ホームの西端からは阪急三宮駅が望めます。
f0116479_2224873.jpg

昭和11年の阪急電鉄乗り入れから阪神淡路大震災まで、阪急三宮駅には大きなターミナルビルが建っていました。ビルの2階部分に設けられた大きなアーチ状の開口部から電車が出入りする様子は、さながら未来都市を思わせる三宮の名所となっていました。
震災により東口にあったターミナルビルは失われてしまいましたが、西側の駅舎は現在も当時の姿のまま現役で使われています。
f0116479_2221036.jpg

f0116479_22214631.jpg

f0116479_22235127.jpg

f0116479_2222179.jpg

f0116479_22232394.jpg

阪神三宮駅は阪神電鉄の延伸にともなって昭和8年に地下駅として開設されました。同年に元町から移転開業したそごう百貨店と一体となってターミナルビルを構成し、三宮が商業の中心地区となるきっかけとなりました。
f0116479_22491818.jpg

f0116479_22494753.jpg

ホームの柱にはスクラッチタイルが貼られています。
f0116479_2250153.jpg

そごう百貨店から地上へ繋がる通路。
f0116479_22534666.jpg

f0116479_2254211.jpg

f0116479_2255137.jpg

f0116479_22553063.jpg

f0116479_22561445.jpg

f0116479_2257652.jpg

f0116479_22573452.jpg

f0116479_22564029.jpg

神戸の街は最初に西の神戸駅や元町駅周辺が中心地区として栄え、当時の三宮は市街地の外縁に位置する場所でした。その後、阪神電鉄、阪急電鉄が大阪方面から路線を延ばした際に神戸市の拠点となり、JR(当時は国鉄)も現在の元町にあった駅をこの地に移したことで交通の要衝として発展し、更に戦後の神戸市役所移転を契機として急速に神戸の中心地となっていきました。
国鉄、阪急、阪神のそれぞれが設けた駅舎は新市街として発展を遂げた三宮の歴史を偲ぶ貴重な遺構となっています。
f0116479_065517.jpg


***********************************************************
神戸中央区は今回でひとまず終了。次回からは六甲を越えて神戸北区を廻ります。

by sunshine-works | 2008-07-30 23:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 08日
JR神戸駅
神戸中央区の近代建築その38

東海道本線の終着駅で山陽本線の始発駅でもあるJR神戸駅。昭和5年に建てられた駅舎が現在も使われています。設計:鉄道省
f0116479_22243338.jpg

神戸駅は明治7年、大阪-神戸間に鉄道が敷設された際に置かれた駅です。現在の駅舎は初代の煉瓦造駅舎から数えて3代目にあたり、東海道線の終着駅に相応しい風格を備えた造りとなっています。
f0116479_22462579.jpg

f0116479_062528.jpg

f0116479_2245346.jpg

f0116479_22464862.jpg

鉄道が敷かれた当時、三宮や元町はまだ市街化されておらず、この一帯が神戸の中心でした。駅周辺に官公庁や事業所が集まり、隣接する新開地や湊川地区は商業地区・歓楽街として大阪をしのぐ賑わいを呈していました。
東に市域が移ってしまった現在では、かっての繁盛ぶりを想像しづらいのですが、この立派な駅舎はその昔の栄えていた良き時代を偲ぶ事が出来ます。
f0116479_23233657.jpg

f0116479_09766.jpg

f0116479_23235226.jpg

f0116479_2325193.jpg

太い丸柱が並ぶコンコース内部。
f0116479_23274655.jpg

f0116479_23282319.jpg

f0116479_23284742.jpg

f0116479_23291046.jpg

f0116479_23294551.jpg

f0116479_23302232.jpg

f0116479_2331498.jpg

かっては多くの特急が発着した神戸駅も、やがて三宮駅にその座を奪われ、さらに新幹線開通によって中心駅としての役割を終えます。近代の神戸の街の基点となったこの駅は、各地の主要都市の駅舎の中では(東京駅を別格にすれば)現役で活躍する数少ない戦前に建てられた駅舎でもあります。
f0116479_23592623.jpg


by sunshine-works | 2008-04-08 00:15 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 09月 26日
六甲ケーブル山上駅
神戸灘区の近代建築その10

神戸大学のキャンパスを過ぎてさらに山を登っていくと六甲山頂行きケーブルカーの乗り場に行き着きます。ここからケーブルカーに乗って山頂へ向かいます。
眼下に広がる神戸の市街地や港を眺めながら約10分で愈々六甲山の山上駅に到着します。この駅舎は昭和7年の六甲ケーブル開通時に建てられたものです。
f0116479_23322935.jpg

ケーブルカーやロープウエイの駅舎には山小屋風意匠が多いのですがこの駅舎はアールデコ様式でデザインされています。当時としては奇抜にも思える大胆なデザインですがリゾート地の開放的な雰囲気に良く似合っています。
f0116479_23332546.jpg

六甲山は明治中頃から別荘地やリゾート地帯として開発されていきましたが当初は外国人や一部の裕福な人達を対象としたエリアであって一般庶民には縁の無い所でした。さほど標高の高い山ではない(900米程)のですが徒歩以外に交通手段の無い当時は気軽に出かけるリゾート地と言う訳には行かなかったようです。
山頂への交通アクセスが整備され誰もが行くことが出来る様になるのはもう少し時代が経ってからになります。昭和初期に自動車道、ロープウェイ、ケーブルカーが相次いで開通すると大阪・神戸から一時間程度で行ける高原リゾート地として一機に発展していきました。
f0116479_2349297.jpg

大きく突き出た三角形の庇が特徴的です。
f0116479_2334447.jpg

美しくデザインされた建物各部。
f0116479_23453152.jpg
f0116479_23455513.jpg
f0116479_23462716.jpg
f0116479_23465146.jpg
f0116479_23472742.jpg

玄関部分です
f0116479_23501754.jpg

f0116479_23505715.jpg

コンコース内部。
f0116479_2354517.jpg

f0116479_23563973.jpg
f0116479_23571416.jpg
f0116479_23574358.jpg

照明具も当然アールデコ調です。
f0116479_015275.jpg
f0116479_022356.jpg

この扉からホームへ向かいます。
f0116479_0195215.jpg

f0116479_03854.jpg
f0116479_034369.jpg

六甲山頂への主要な交通機関の一つであったロープウェイは戦時中に廃止されてしまいましたがケーブルカーは運良く生き残りました。創業時の姿を留めるこの駅舎は六甲山の発展を支えた貴重な歴史遺産でもあります。
f0116479_019914.jpg


by sunshine-works | 2007-09-26 23:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 06日
阪急電鉄六甲変電所
神戸灘区の近代建築その5

阪急電鉄の線路に沿って東へ少し戻ります。阪急六甲駅のバス乗り場の隣にレンガ造りの変電所が建っています。大正9年の大阪(十三)~神戸(上筒井)間開通当時から残る建物です。
f0116479_20233258.jpg


デザインとしては特に凝った部分はありません。イギリス積のレンガ壁、アーチ窓、切妻屋根スタイルの一般的な倉庫や工場の形態です。レンガの色合いが年月を感じさせて良い感じです。
f0116479_20242262.jpg
f0116479_20244123.jpg

f0116479_20283917.jpg

f0116479_20335398.jpg

f0116479_20251021.jpg

レンガ壁と比べるとスレート葺の屋根は異質な感じがします。後年に葺き替えられたものと思われます。
f0116479_20253124.jpg

隣接してコンクリート造の建物が増築されています。こちらの建物も最近のものではなさそうです。
f0116479_202685.jpg

数年前まで残っていた大阪市淀川区の変電所もよく似た建物でした。阪急電鉄に限らずレンガで同規模の施設を造れば大概このようなつくりになるのでしょう。
f0116479_20275152.jpg

f0116479_20281468.jpg

沿線の市街化が進んでいく中で主要駅の駅前をこのような大きな施設が占有している事は企業の収益視点からも都市開発の観点からも難しくなっています。技術が進んだ今日、装置の小型化や地中設置によって変電所や送電所が街中から姿を消しつつあるのも仕方のないことかも知れません。
f0116479_20262880.jpg

*阪急六甲駅は六甲山方面行きバスのターミナルとなっています。次回から数回に亘り六甲山麓の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-09-06 20:48 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 24日
阪神電鉄鳴尾変電所
西宮の近代建築その23

甲子園球場から1駅隣が阪神鳴尾駅です。鳴尾は西宮市の東南部に位置し甲子園周辺から繋がる近郊住宅地として戦前に開発されました。鳴尾の駅前にあるこの変電所は一帯が宅地化されていった昭和初期に輸送力増強の目的で建てられた様です。
f0116479_0231830.jpg

鉄筋コンクリート2階建、変電所としては大きな建物です。
f0116479_0194639.jpg

1階壁面に巡らせたアーチがデザイン上の特色となっています。
f0116479_0245859.jpg

現在変電所としては使われていません。資材置き場になっている様です。
f0116479_0353511.jpg

かって送電鉄塔から引き込まれていた電線も外されており、碍子がその名残りを示しています。
f0116479_0252256.jpg

北面。この手の建物はどちらが正面か判りづらいのですが裏面と思われます。
f0116479_0392493.jpg

f0116479_04001.jpg

大きな窓です。
f0116479_0405987.jpg

窓が塞がれた跡でしょうか?
f0116479_0472918.jpg

北東からの眺め
f0116479_052425.jpg

東面。こちらにも明かり取り窓があります。
f0116479_0542493.jpg

f0116479_0544652.jpg

同じ面を遠景から。
f0116479_0553311.jpg


変電所としての機能を止めたこの建物ですが鳴尾駅前の再開発事業が計画されており近年中に取り壊されてしまう様です。駅前の1等地に休眠施設を残しておく事はままならないのでしょうが、再生利用して残してほしいものです。(規模は異なりますが奈良の近鉄富雄駅の変電所など素晴らしい事例もあります。)

by sunshine-works | 2007-05-24 01:30 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 24日
旧阪神電鉄尼崎発電所
今回も地元尼崎の近代建築。

明治37年築、阪神電鉄の発電所として建てられました。設計は関西の工場建築を数多く手掛けた茂庄五郎らしいとの事です。現在は倉庫として使われています。
f0116479_1595067.jpg


近くから見上げると大きさが実感できます。
f0116479_1264341.jpg


側面からの見上げ
f0116479_1274257.jpg


残念ながら窓は塞がれてしまっています。
f0116479_1354895.jpg


元発電所だけあって背が高い?
f0116479_1281189.jpg


上部の明かり取り窓
f0116479_1283785.jpg


なだらかな坂の向こうが阪神尼崎駅
f0116479_129570.jpg


レンガ壁とピンクの花のコントラスト
f0116479_1293482.jpg
f0116479_1302366.jpg


実は奥にも別棟があります。
f0116479_1311690.jpg


by sunshine-works | 2006-11-24 02:23 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)