タグ:鉄道施設 ( 145 ) タグの人気記事

2017年 04月 08日
山陰本線島根県内区間の木造駅舎1

島根の鉄道遺産

京都から下関へ至る山陰本線は総長673キロメートル、在来線として日本一の長さを誇ります。この内の約300キロメートルが通過する島根県内区間には現在46駅が置かれています。
明治41年の米子~安来間の開通に始まるこの山陰本線島根県内区間には古い歴史を留める木造駅舎が数多く現存し、往時の姿を今に伝えています。今回は出雲地区に残る戦前築の木造駅舎を紹介します。
f0116479_14431139.jpg

松江市の西部、宍道駅は明治42年の開業。幾度か改修を重ねながら開業時の駅舎が使われています。
f0116479_14533301.jpg
f0116479_14540183.jpg
f0116479_14544456.jpg
f0116479_14561643.jpg

現在のホームは2面3線。3番線には木次線が接続します。各線のホームには昭和17年に設置された木造の上屋が残っています。
f0116479_15023748.jpg
f0116479_15002374.jpg
f0116479_15020497.jpg
f0116479_15022606.jpg

一駅西へ進んだ荘原駅は明治43年の延伸時の開業。昭和9年に建てられた駅舎とホーム上屋が今も使われています。
f0116479_15165649.jpg
f0116479_15153544.jpg
f0116479_15203824.jpg
f0116479_15162612.jpg
f0116479_15181331.jpg

この小さなホーム待合室も昭和9年築。
f0116479_15193725.jpg
f0116479_15200185.jpg

北側に設けられた入口。
f0116479_15221225.jpg
f0116479_15222444.jpg

更に西へ一駅。現在の直江駅は橋上駅となっていますが、その下には昭和17年に建てられた旧駅舎が残されています。
f0116479_15491802.jpg
f0116479_15451425.jpg
f0116479_15455512.jpg
f0116479_15462353.jpg
f0116479_15464949.jpg
f0116479_15513586.jpg
f0116479_15521480.jpg
f0116479_15505192.jpg
f0116479_15530053.jpg
f0116479_15533783.jpg
f0116479_15554927.jpg

今は閉鎖されている駅舎入口。
f0116479_15474774.jpg
f0116479_15480512.jpg
f0116479_15482373.jpg
f0116479_15484572.jpg

出雲市西部の江南駅は大正2年の出雲今市~小田間の延伸時に開設されました。現在も開業時の駅舎本屋が使われています。
f0116479_16202317.jpg
f0116479_16211194.jpg
f0116479_16215931.jpg
f0116479_16225206.jpg
f0116479_16235210.jpg

待合室からホーム側へ。羽目板と漆喰壁の外壁は竣工当時の仕様を保ちます。
f0116479_16255026.jpg
f0116479_16264476.jpg
f0116479_16274102.jpg
f0116479_16283146.jpg




by sunshine-works | 2017-04-08 20:06 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 01日
一畑電車出雲大社前駅

島根県出雲市の近代建築その12

前回紹介した旧大社駅から出雲大社方面へ進んで暫らく、出雲大社の参道入口に洋風のモダンな駅舎が建てられています。一畑電車大社線の終着駅、出雲大社前駅は昭和5年に出雲神前駅として建てられました。
f0116479_14270888.jpg


鉄筋コンクリート平屋建。緑色の洋瓦を葺いた半円形のドーム屋根を乗せたモダンな意匠。門前に並ぶ商店の中でも抜きん出た個性を放ちます。

f0116479_14320817.jpg
f0116479_14323097.jpg

f0116479_14335400.jpg


建物中央に縦長の採光窓、上部にステンドグラスを飾り、その左右に出入口を設けます。
f0116479_14351389.jpg
f0116479_14352652.jpg
f0116479_14354837.jpg
f0116479_14362445.jpg
f0116479_14364338.jpg


ホームは1面2線。ホームに沿って大きな鉄庇が掛けられています。

f0116479_14521563.jpg
f0116479_14530141.jpg


f0116479_14534059.jpg
f0116479_14540276.jpg
f0116479_14544022.jpg
f0116479_14545796.jpg
f0116479_17363716.jpg
f0116479_14551486.jpg
f0116479_14553487.jpg
f0116479_14555883.jpg

駅舎内部も外観同様のアールデコ風のモダンな造り。各面の壁面それぞれに異なる意匠の色ガラスが嵌められています。
f0116479_15043215.jpg
f0116479_15052211.jpg
f0116479_15062858.jpg
f0116479_15081002.jpg
f0116479_00502494.jpg
f0116479_15092688.jpg


by sunshine-works | 2017-04-01 23:55 | 近代建築 島根県
2017年 03月 25日
旧大社駅
島根県出雲市の近代建築その11 

全国から参拝客が集まる出雲大社には、明治45年から約80年に亘って旧国鉄~JRが運行した参詣路線の大社線が敷かれていました。平成2年の廃線後、旧大社線の殆どの鉄道施設は撤去されてしまいましたが、門前駅として建てられた終点の大社駅が保存施設として残されました。
f0116479_11232163.jpg

伝統的な寺社建築を思わせる木造平屋建ての大きな建物。
大正13年に2代目駅舎として建てられました。設計は鉄道管理局の技官丹羽三雄です。
f0116479_11355638.jpg
f0116479_11380501.jpg

中央の大きな区画にコンコースと三等待合室、前方に突出した左右両翼は事務室と一等二等客の待合室に使われました。
f0116479_11382173.jpg

f0116479_11384076.jpg
f0116479_11394679.jpg

風格を備えた玄関周り。
f0116479_11420113.jpg
f0116479_11451469.jpg
f0116479_11453433.jpg

高い天井の下、広い空間に往時のままの姿を保つ構内の造作。
f0116479_11505801.jpg
f0116479_11501443.jpg
f0116479_11520901.jpg
f0116479_11530246.jpg
f0116479_11531919.jpg
f0116479_11543075.jpg

駅舎の横に並ぶ改札口。団体客や臨時改札に使われたものでしょうか。
f0116479_11561485.jpg
f0116479_11562867.jpg

ホームは2面3線。錆付いたレールがそのまま残されています。
f0116479_12085514.jpg
f0116479_12122241.jpg
f0116479_12093809.jpg
f0116479_12095553.jpg

裏側から駅舎上屋を眺めます。
f0116479_12103188.jpg
f0116479_12110906.jpg
f0116479_12112459.jpg

長いホームに沿ってガラス窓が並びます。
f0116479_12133556.jpg
f0116479_12165391.jpg
f0116479_12210506.jpg
f0116479_12172526.jpg
f0116479_12143352.jpg
f0116479_12140425.jpg
f0116479_12151113.jpg
f0116479_12152828.jpg



by sunshine-works | 2017-03-25 21:13 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日
一畑電鉄布崎変電所
島根県出雲市の近代建築その2

松江市と出雲市間を宍道湖の北岸に沿って東西に結ぶ一畑電車北松江線。途中駅の布崎駅の隣に鉄筋コンクリート造の古い変電所が建っています。今尚現役で使われているこの変電所は昭和2年に建てられました。
f0116479_146856.jpg

布崎駅から川を挟んだ西側、線路沿いに建つ鉄筋コンクリート2階建て。
中央に入口を構えたシンメトリー配置。正面に上げ下げ式の縦長窓が並び、入口両脇には付柱の装飾。中央上部に立ち上げたパラペットに社章を掲げます。
正面から右手に繋がる建物は戦後の増築、左側の木造部分も後年に付け加えられたものと推測されます。
f0116479_1474748.jpg
f0116479_1454869.jpg
f0116479_1413885.jpg
f0116479_1481046.jpg

入口周りとその上部。地味な用途の裏方施設ですが、当時の鉄道各社はこの種の建物にも様々な意匠を凝らしていました。
f0116479_1483436.jpg
f0116479_1485096.jpg
f0116479_149444.jpg


側面から裏手。現在は変電設備の殆どが裏手の屋外に設置されいます。
f0116479_14102279.jpg
f0116479_1492822.jpg
f0116479_1493945.jpg
f0116479_1495099.jpg


by sunshine-works | 2016-12-24 19:30 | 近代建築 島根県 | Comments(0)
2016年 12月 03日
木次線の駅舎

島根の鉄道遺産

松江市と広島県庄原市を結ぶ木次線は大正5年に宍道~木次間で開業した民営の簸上鉄道をその前身とし、昭和7年に木次~出雲三成間の旧国鉄木次線と接続、国有化後の昭和12年に備後落合まで延伸されて現在の区間が全通します。
備後落合で芸備線と結ばれた木次線は戦前戦後の一時期に広島~松江を結ぶ陰陽連絡線としての役目を担いましたが、その後の交通環境の変化に伴って衰退し、現在は内陸と山間部を繋ぐ生活路線として運用されています。
奥出雲の山間いを走るこの木次線の沿線にも開業時の姿を留める古い駅舎が幾つも残されています。今回は木次線に現存する戦前築の木造駅舎を紹介します。


広島方の起点備後落合駅から4駅、八川駅は昭和9年の開業。出雲三成から延伸された木次線の終着駅として設置されました。
f0116479_14471502.jpg
f0116479_14480604.jpg
f0116479_14490789.jpg
f0116479_14523931.jpg


当時の姿が良く保たれた待合室。
f0116479_14514337.jpg
f0116479_14533788.jpg
f0116479_14542239.jpg
f0116479_14550710.jpg
f0116479_14553714.jpg
f0116479_10105513.jpg
f0116479_14572224.jpg

駅舎の正面。近年の改修で壁面の下見板や上部の漆喰壁、屋根瓦が更新され、窓枠もサッシに入れ替えられていますが、基本構造は創建時の姿を留めます。
f0116479_14575808.jpg
f0116479_14582806.jpg


1駅先の出雲横田駅も同じく昭和9年の開業。この出雲横田駅については以前に紹介したこちら を参照して下さい。
f0116479_20375947.jpg

出雲八代駅の開業は昭和7年。国鉄木次線の木次~出雲三成の延伸時に設置された駅舎が現存します。
f0116479_19492384.jpg
f0116479_20041115.jpg
f0116479_19515040.jpg
f0116479_19523637.jpg
f0116479_19532143.jpg
f0116479_20002417.jpg
f0116479_20072038.jpg

現在のホームは1面1線。向い側には、かつて使われていたホームが残されています。
f0116479_20090182.jpg
f0116479_21020508.jpg
f0116479_19584595.jpg
f0116479_20015316.jpg

1駅隣の下久野駅も昭和7年築。開業時に建てられた南京下見板張り、木造切妻屋根の駅舎本屋が今も使われています。
f0116479_20420251.jpg
f0116479_20422421.jpg
f0116479_20430331.jpg

ホームから駅舎裏側の眺め。
f0116479_20435113.jpg
f0116479_20443936.jpg
f0116479_20451585.jpg
f0116479_20454917.jpg

ホームへ抜ける改札ゲートは今では珍しい木造の物が残されています。
f0116479_20461569.jpg
f0116479_20464381.jpg
f0116479_20470950.jpg

昭和7年開業の日登駅。鉄道省によって木次から延伸された最初の工区に設置されました。
f0116479_21121501.jpg
f0116479_21125986.jpg

小さな待合室が当時のまま残されています。
f0116479_21135726.jpg
f0116479_21152582.jpg
f0116479_21155304.jpg
f0116479_21162631.jpg
f0116479_21172763.jpg
f0116479_21190512.jpg
f0116479_21192210.jpg
f0116479_21200699.jpg
f0116479_21184100.jpg
f0116479_21180603.jpg

山陰本線と接続する宍道駅から2駅目、加茂中駅は木次線の前身となった簸上鉄道が開設した4駅の一つです。昭和15年に建替えられた際の木造駅舎が今も使われています。
f0116479_01265723.jpg
f0116479_01273029.jpg
f0116479_01282562.jpg

簡素な待合室内部。
f0116479_01313350.jpg
f0116479_01315586.jpg

駅舎裏側。
f0116479_01293999.jpg
f0116479_01325249.jpg

駅舎から離れて一段上がった場所に設けられた島型のホーム。木造のホーム上屋は昭和30年の築です。
f0116479_01383012.jpg
f0116479_01385742.jpg
f0116479_01391229.jpg



by sunshine-works | 2016-12-03 10:19 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 26日
芸備線の駅舎①
広島の鉄道遺産

広島市から岡山県新見市を結ぶ芸備線は旧芸備鉄道時代に開通した広島~備後庄原間の路線をその前身とし、国有化後の昭和11年に現在の区間が全通します。中国山地の麓から急峻な山間部を抜けて東西160kmを結ぶこの路線にも古い木造駅舎が数多く残されています。
今回は備後に残る芸備線の古い駅舎を紹介します。

庄原市の中心駅備後庄原駅。芸備鉄道が塩町から延伸された大正12年に時に終着駅として設置されました。昭和8年に建てられた駅舎本屋が今も使われています。
f0116479_13192072.jpg
f0116479_13201275.jpg
f0116479_13210260.jpg
f0116479_13215206.jpg

2面3線のホームを備え、芸備線の途中駅では最大規模の駅です。各ホームに掛けられた大きな木造上屋は昭和17年築。
f0116479_13331272.jpg
f0116479_13335747.jpg
f0116479_13373705.jpg
f0116479_13382091.jpg

備後庄原から1駅先の高駅。昭和9年開業当時の駅舎が残ります。
f0116479_13444367.jpg
f0116479_13451351.jpg
f0116479_13464532.jpg
f0116479_13473317.jpg
f0116479_13482053.jpg

現在のホームは1面1線。かつて使われていた対向ホームが残っています。
f0116479_13530324.jpg
f0116479_13534851.jpg

比婆山駅の開業は国鉄庄原線時代の昭和10年。備後熊野駅として建てられました。
開設時の駅舎が使われています。
f0116479_14042192.jpg
f0116479_14052333.jpg


芸備線に現存する開業当時の駅舎の中でこの比婆山駅は独特の意匠をしています。
駅舎屋根と入口庇は朱色の反り屋根、庇の破風には懸魚が飾られ、寺社建築風の造りとなっています。
f0116479_14061683.jpg
f0116479_14064677.jpg
f0116479_14072191.jpg
f0116479_14074784.jpg
f0116479_14084501.jpg
f0116479_14091329.jpg

現在の芸備線の基となった芸備鉄道の岡山側からの延伸は国鉄三神線時代の昭和5年に備中神代~矢神間が開通、同年中に東城まで延伸され、5年後の昭和10年に小奴可まで開通します。
備後八幡駅はこの昭和10年の延伸時に設置された駅。ここにも当時の駅舎が現存しています。
f0116479_14385731.jpg

元々は駅務室を備えた駅舎でしたが、半分を取り壊して待合室部分のみ残されています。
f0116479_14391759.jpg
f0116479_14393674.jpg
f0116479_14395631.jpg
f0116479_14402481.jpg

昭和10年の延伸時に終着駅として設置された小奴可駅。この駅舎も開業当時の姿を留めています。
f0116479_14452036.jpg
f0116479_14454045.jpg

使われなくなった対向ホーム。石積みも当時のままです。
f0116479_14473162.jpg
f0116479_14475121.jpg
f0116479_14480984.jpg
f0116479_14484363.jpg

山深い里に設置された道後山駅。現在の芸備線区間が全通した昭和11年に開設されました。
f0116479_14561472.jpg
f0116479_14564872.jpg
f0116479_14570662.jpg
f0116479_14573075.jpg
f0116479_14581389.jpg
f0116479_14583412.jpg
f0116479_15001528.jpg
f0116479_14585624.jpg
f0116479_14554918.jpg
f0116479_14593877.jpg

広島、新見両方向から延伸を重ねた芸備線は昭和11年に全通。合流点となった備後落合駅は機関庫や転車台を備えた拠点として整備されました。この備後落合駅のホームには古レールを使用した上屋が当時のまま残されています。
f0116479_17145072.jpg
f0116479_17150822.jpg
f0116479_17152113.jpg
f0116479_17164435.jpg
f0116479_17160358.jpg

芸備線は昭和12年にこの備後落合駅に木次線が接続され、陰陽連絡路線の一つとなります。
同駅は多くの乗換客が行きかうターミナル駅として、また周辺の山々で伐採された木材の積出し駅として賑わいますが、戦後の交通導線の変化と林業の衰退でその役目を失い、現在では秘境駅とも呼ばれる程に寂れてしまいました。
f0116479_17381356.jpg
f0116479_17400748.jpg
f0116479_17404396.jpg

木次線ホームからの遠景。線路は県境を越えて出雲方面へ向かいます。
f0116479_17360200.jpg


by sunshine-works | 2016-11-26 18:30 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日
福塩線の駅舎
広島の鉄道遺産

福山市と三次市を結ぶ福塩線は大正期に開設された両備軽便鉄道をその前身とし、国有化後の昭和13年に現在の区間が全通します。
総長78kmの路線は全線単線で優等列車も無く、過半は非電化のローカル線ですが、県北部と南部を結ぶ路線として長くその務めを果たしています。
今回はこの福塩線に残る開業時の姿を留める木造駅舎の幾つかを紹介します。


福山市西部の駅家駅。軽便鉄道時代の大正3年に建てられた駅舎が使われています。
f0116479_14593158.jpg
f0116479_15002529.jpg
f0116479_15012264.jpg
f0116479_15021633.jpg


ホームに設置された旅客上屋。柱には昭和13年の建物資産標が貼られています。
f0116479_15030240.jpg
f0116479_15034852.jpg
f0116479_15043668.jpg
f0116479_15051333.jpg
f0116479_15061109.jpg

府中市との堺に位置する新市駅。この駅も両備軽便鉄道開設時の大正3年に建てられた駅舎が現存しています。
f0116479_15120758.jpg
f0116479_15131183.jpg
f0116479_15135653.jpg


この駅にも駅家駅と同様のホーム上屋が設置されています。こちらは昭和11年設置。
f0116479_15142366.jpg
f0116479_15143375.jpg


府中駅から北は非電化のローカル区間。長閑な景色の中を走ります。府中市北部の山間いに設置された備後矢野駅。
福塩線の最終工区が開通した昭和13年築の駅舎が残ります。
f0116479_15240695.jpg
f0116479_15244513.jpg
f0116479_15250047.jpg
f0116479_15251832.jpg
f0116479_15290093.jpg
f0116479_15254351.jpg
f0116479_15255539.jpg
f0116479_15260874.jpg
f0116479_15262976.jpg


三次市の古い宿場町に残る吉舎駅。昭和8年に塩町側から延伸された際の終着駅でした。
f0116479_15364886.jpg
f0116479_15371188.jpg
f0116479_15372844.jpg
f0116479_15374594.jpg
f0116479_15381585.jpg
f0116479_15375664.jpg
f0116479_15384067.jpg
f0116479_15385012.jpg

福塩線は終点の塩町駅で芸備線と接続します。この駅舎は芸備鉄道時代の昭和5年に田幸駅として建てられました。
f0116479_15442982.jpg
f0116479_15450977.jpg
f0116479_15452918.jpg
f0116479_15455242.jpg
f0116479_15461880.jpg
f0116479_15463747.jpg
f0116479_15470096.jpg
f0116479_15470991.jpg




by sunshine-works | 2016-11-19 12:36 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 28日
兵庫県丹波・但馬の近代建築 補遺3
兵庫県丹波・但馬の近代建築補遺

丹波・但馬の未紹介物件、最後は鉄道、橋梁、工場その他です。
f0116479_12474255.jpg

出石城近くの旧ちりめん工場建物。飲食・物販施設「出石城山ガーデン」として再生されています。
昭和初期築。
f0116479_13095409.jpg
f0116479_13100771.jpg
f0116479_13102547.jpg
f0116479_13103699.jpg


レストランとして使われている元工場内部。木製のトラスや三角屋根が当時のまま残されています。
f0116479_13121402.jpg
f0116479_13122103.jpg
 
隣接する別棟。特徴的なタイルが貼られています。
f0116479_13135608.jpg
f0116479_13140780.jpg

f0116479_13143049.jpg
f0116479_13141998.jpg
f0116479_13150082.jpg

山陰本線梁瀬駅は明治44年の開業。一部改装されていますが、駅舎本屋は開業当時のものです。
f0116479_13241765.jpg
f0116479_13243164.jpg
f0116479_13244577.jpg
f0116479_13245731.jpg
f0116479_13250796.jpg

同駅近くにある煉瓦拱渠。線路の下を潜る小さな人道トンネルです。
f0116479_13290451.jpg
f0116479_13291633.jpg
f0116479_13293220.jpg

同じく山陰本線の城崎温泉駅。大正15年築のモダンな駅舎が現存します。
f0116479_13295735.jpg
f0116479_13301439.jpg
f0116479_13302345.jpg

新温泉町にある和田口めがねトンネル。山陰本線開通時に設置されました。
道路と水路のトンネル2本が並びます。
f0116479_14103317.jpg
f0116479_14120067.jpg
f0116479_14124542.jpg
f0116479_14133125.jpg
f0116479_14143067.jpg
f0116479_14151546.jpg
f0116479_14160092.jpg

丹波市山南町井原の消防団屯所。昭和初期。
f0116479_01114670.jpg
f0116479_01205215.jpg
f0116479_01213534.jpg
f0116479_01222130.jpg


by sunshine-works | 2016-05-28 01:30 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 29日
京都府丹後の近代建築 補遺3
京都府丹後の近代建築補遺3回目は鉄道橋梁、道路橋です。

f0116479_13570869.jpg

京都丹後鉄道の野田川橋梁。中央の桁は後年に架け替えられましたが、両脇の下路プレートガーダー部分は鉄道省時代のものです。
f0116479_14022791.jpg
f0116479_14030324.jpg
f0116479_20573835.jpg
f0116479_14033233.jpg
f0116479_14034712.jpg

同じく京都丹後鉄道の水戸谷川橋梁。竣工時の巨大な石積み橋脚が今尚使われています。
f0116479_14102750.jpg
f0116479_14095312.jpg
f0116479_14105643.jpg
f0116479_14112183.jpg
f0116479_14113415.jpg
f0116479_21060957.jpg
f0116479_14114810.jpg

第一五十河橋梁。
f0116479_14133283.jpg
f0116479_14134505.jpg

京丹後市久美浜の中心部の新橋。昭和2年の丹後地震の復興橋の一つです。
f0116479_14193922.jpg
f0116479_14180064.jpg
f0116479_14173725.jpg
f0116479_14183901.jpg
f0116479_14191889.jpg

与謝野町加悦の旧役場近くの天神橋。昭和9年架橋。
f0116479_14225011.jpg
f0116479_14231638.jpg
f0116479_14232763.jpg
f0116479_14234628.jpg
f0116479_14222162.jpg
f0116479_14214462.jpg





by sunshine-works | 2016-04-29 21:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 08日
舞鶴線伊佐津川橋梁
京都の鉄道遺産

綾部~東舞鶴間を結ぶ舞鶴線は途中区間を伊佐津川と並行して進んで行きます。
この舞鶴線が伊佐津川を幾度も渡る地点に架けられた橋梁には明治37年の同線開業時に設置された煉瓦造の橋脚が使われています。
f0116479_13424180.jpg


伊佐津川を渡る舞鶴線の橋梁は渕垣駅東の第一伊佐津川橋梁から西舞鶴駅東の第六伊佐津川橋梁までの6橋。すべてに開業時の煉瓦橋梁が残っています。
明治期の煉瓦橋脚が現役で使われている橋梁は全国各地に数多くありますが、このように連続して現存する事例は希少なものです。
f0116479_13400382.jpg

西舞鶴の市街地の東を渡る第六橋梁。伊佐津川はこの先で舞鶴湾に注ぎます。
f0116479_13571510.jpg
f0116479_13581509.jpg

伊佐津川橋梁にはどれもイギリス積の煉瓦橋脚が使われていますが、最下流のこの橋脚のみ形状が異なります。橋脚の両端が丸みを帯びた他の5橋と異なりこの第六橋梁は先端が尖り、補強の石積みの配置も異なります。川幅が広く増水時に水量が増える下流部に合わせたものと推測されます。
f0116479_14123811.jpg
f0116479_14105980.jpg
f0116479_14132951.jpg

橋台の煉瓦構造物も状態良く残されています。
f0116479_14150989.jpg

西舞鶴~梅迫間の第五橋梁。
f0116479_14173976.jpg
f0116479_14182956.jpg
f0116479_14192483.jpg
f0116479_14201204.jpg

真倉集落の中で佐津川を渡る第四橋梁。
f0116479_10122116.jpg
f0116479_10130158.jpg
f0116479_10140863.jpg
f0116479_10143415.jpg
f0116479_10151179.jpg
f0116479_10152291.jpg

真倉集落の入口の架道橋。ここも開業当時の煉瓦橋台が残されています。
f0116479_10173249.jpg

梅迫~渕垣間の山間いに架けられた第三橋梁から第一橋梁を順番に。
f0116479_10192011.jpg
f0116479_10194854.jpg
f0116479_10200725.jpg
f0116479_10202758.jpg
f0116479_10133982.jpg
f0116479_10243681.jpg
f0116479_10215592.jpg

橋脚は上が窄まった楕円形の断面。縁を切石で補強しています。この仕様は明治期の鉄道橋梁に多く使われました。
f0116479_10212546.jpg
f0116479_10232883.jpg
f0116479_10230468.jpg
f0116479_10223996.jpg







by sunshine-works | 2016-04-08 14:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)