タグ:設楽貞雄 ( 5 ) タグの人気記事

2009年 05月 31日
ダイセル化学工業網干工場
姫路の近代建築その13

現在は工業用化成品を製造しているダイセル化学工業網干工場ですが、その始まりは日本セルロイド人造絹糸として設立された、日本のセルロイド製造の草分けとなる工場でした。今回は明治42年に操業開始したこの工場敷地内に残る工場開設当時の建物を紹介します。設計:設楽貞雄
f0116479_1321667.jpg

今日一般的にプラスチックと総称される合成樹脂は石油由来の製品が大多数を占めていますが、大正から昭和の半ば頃まではその役割の殆どをセルロイドが担っていました。
原料である樟脳の主生産地台湾を領土としていた日本はその優位性のもとにセルロイド製造業が発達し、最盛期には世界シェアの40%を占める大生産国となります。
f0116479_12505620.jpg

揖保川の河口の広大な敷地に建てられたこの工場内には創建当時の物と思われる工場建物、倉庫、汽罐室や事務館が多数確認できます。これらの殆どは耐火性を考慮して煉瓦で造られています。セルロイドはその製造過程のみならず製品自体も発火し易い特性がある為に厳重に防火対策が取られていましたが、それでも火事や爆発事故が多発したようです。
f0116479_1257387.jpg

f0116479_1258289.jpg

f0116479_12582972.jpg

f0116479_1259375.jpg

此等の古い建物の幾つかは閉鎖されています。窓は破れ、鉄部も腐食し今にも朽ちてしまいそうです。
f0116479_1315838.jpg

この工場を設計した設楽貞雄は独立して神戸に設計事務所を興し、関西中心に数々の作品を残しました。代表作の初代通天閣や神戸新開地の劇場「聚楽館」、多くの個人住宅、商業施設、事務所ビル、工場施設に至るまで非常に幅広いジャンルの建築設計を手掛けています。
f0116479_12594572.jpg

敷地の外縁部、煉瓦の高い煙突を持つ大きな建物が一際目に付きます。汽罐室(ボイラー室)、あるいは発電施設と思われます。同じく設楽貞雄が設計した日本毛織加古川工場にも良く似た建物が残っています。
f0116479_14272338.jpg

f0116479_13244350.jpg

f0116479_1325690.jpg

f0116479_13252656.jpg

f0116479_13255098.jpg

f0116479_13261198.jpg

大正8年、国内のセルロイド製造8社が合併し大日本セルロイド株式会社が発足します。日本セルロイド人造絹糸網干工場は新会社の大日本セルロイドの主力工場として、戦前戦後を通じて日本を代表する輸出品であったセルロイド加工品の根幹を支えて行きました。
f0116479_1429634.jpg

f0116479_14293152.jpg

かつて、様々な生活の場面に使われていたセルロイドはその後開発された様々な新素材に取って変わられ、今日使われているセルロイド製品は極僅かな物となってしまいました。隆盛を極めた各地のセルロイド工場もその後はプラスチックや他の化製品の製造ラインに転換されたり、廃止されて行きました。
この網干工場に残る創設時の建物の数々は、今日の化学工業の基礎を築いたセルロイド製造業の貴重な産業遺産となっています。
f0116479_1551399.jpg


by sunshine-works | 2009-05-31 15:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 27日
ダイセル異人館(旧日本セルロイド人造絹糸 技師住宅)2
姫路の近代建築その12

ダイセル化学網干工場敷地には前回紹介した建物の他に、もう1棟の旧外国人技師住宅が現存しています。
現在は衣掛クラブの名称で社員施設として使われているこの建物も工場設立時に建てられたものです。
f0116479_23514097.jpg

前回の建物と同様、深い軒を持つコロニアル風の洋館です。鮮やかなピンクで塗られている為に異なった印象に感じますが、基本的には共通したデザインの建物です。
f0116479_0114780.jpg

f0116479_0125611.jpg

f0116479_0253728.jpg

この建物も南面にピロティが設けられています。
f0116479_0175495.jpg

f0116479_0181128.jpg

f0116479_0182597.jpg

f0116479_0184145.jpg

広々とした芝生の庭からの眺め。日本とは思えない景色です。
f0116479_0214988.jpg

f0116479_0221045.jpg

f0116479_0222753.jpg

こちらは裏側の景色
f0116479_0232424.jpg

f0116479_0235288.jpg

f0116479_0422315.jpg

前回と今回にダイセル異人館として現存する2棟の洋館を紹介しましたが、この2棟に隣接して同じようなコロニアルスタイルの建物が1棟建っています。こちらについては案内板もなく詳細は不明です。同時期に建てられた住居あるいは事務館だったのでしょうか。
f0116479_0492680.jpg

f0116479_050624.jpg

f0116479_0505572.jpg

平屋建てで、屋根が和瓦で葺かれているのが他の2棟と異なりますが、南側に大きな庇を伸ばしたコロニアルスタイルは共通しています。
f0116479_0542859.jpg

f0116479_0545773.jpg

f0116479_0552130.jpg

f0116479_0555171.jpg

f0116479_057248.jpg

f0116479_0562477.jpg

f0116479_19382.jpg

f0116479_0573636.jpg

裏側には別棟が繋がっています。
f0116479_0584672.jpg

明治後期に開かれたこの工場により、それまで小さな漁港だった網干は工業都市として発展していきます。のどかな海辺に現れた最新式の工場建物や洋館群は網干の景色を一変させ、周辺の海岸部にはその後多くの企業が進出する事となります。次回は網干を大きく変えるきっかけとなったこの日本セルロイド人造絹糸の工場建物本体について紹介します。
f0116479_1494570.jpg


by sunshine-works | 2009-05-27 23:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 23日
ダイセル異人館(旧日本セルロイド人造絹糸 技師住宅)1
姫路の近代建築その11

揖保川の豊富な工業用水が得られる網干の臨海部は、明治以降工業地帯として開発されて行きました。中でも明治42年に操業を開始した日本セルロイド人造絹糸は網干地区最大の工場として地元の経済発展に大きく寄与しました。現在のダイセル化学工業網干工場(日本セルロイド人造絹糸の後身)の広大な敷地の一角には工場創設時に建てられた2棟の洋館が残されています。今回と次回の2回に亘りこの美しい建物を紹介していきます。
f0116479_17162355.jpg

明治期に創業した他の近代産業と同様、日本セルロイドは工場開設に際してヨーロッパから数人の技師を招いて技術指導にあたらせました。これら技師達の宿舎として建てられたのがこの建物です。当時数棟が建てられたと思われますが、その内の2棟が現存しています。今回は現在同社の資料館として使われているこちらの建物を紹介します。
f0116479_17182997.jpg

f0116479_17185559.jpg

説明板に拠れば「・・・19世紀のイギリスのコテージに類似している建物で、コロニアルスタイルと共通点がある・・・」との事です。軒を深く取り通風に配慮した亜熱帯地域に多く見られるベランダコロニアル風の建物です。同社の工場も手掛けた設楽貞雄が設計しています。
f0116479_17201623.jpg

f0116479_17203652.jpg

f0116479_17205126.jpg

神戸北野の異人館も同様なコロニアルスタイルの建物が多いのですが、この建物は南側に長く伸びた庇に特徴があります。神戸の異人館の多くがピロティをガラス窓で囲っているのと異なり、本来の開放式のままなのでトロピカルな雰囲気があります。
f0116479_1723529.jpg

f0116479_17232040.jpg

f0116479_17233368.jpg

f0116479_17234670.jpg

下見板と羽目板貼の組み合わせの外壁、スレート葺きの折屋根、窓の上と切妻のペディメント部分にそれぞれ装飾を施すなど各部も凝った意匠です。
f0116479_17391589.jpg

f0116479_17393133.jpg

f0116479_17394423.jpg

f0116479_1740364.jpg
f0116479_17403818.jpg

f0116479_1740534.jpg

建物裏側です。北面の2階に小さなベランダがあります。
f0116479_17492235.jpg

f0116479_17495131.jpg

f0116479_1750984.jpg

緑豊かで広々とした敷地に建つこの洋館は、町中で目にする洋館とはまた違った趣があります。当時は周辺に数棟が並び、異国情緒豊かな景色が広がっていました。
遥か遠い東洋の地方都市で暮らす外国人技師達にとって、故国と変わらぬ住環境を得る事は、なによりも大事な事だったと思います。
f0116479_18343765.jpg


by sunshine-works | 2009-05-23 18:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2009年 02月 25日
日本毛織加古川工場・印南工場
加古川の近代建築その4

JR加古川駅の南西に煉瓦塀で囲まれた広大な工場敷地が広がります。明治32年に操業を開始したこの日本毛織加古川工場は、後年に川の対岸に建てられた印南工場と共に加古川が近代工業都市として大きく発展するきっかけとなりました。
f0116479_19222732.jpg

日本毛織は明治29年に大阪で創設され、創業者の川西清兵衛はこの会社を土台として川西財閥を築きあげます。今日ほど洋服が普及していなかった当時 日本毛織は軍需によってシェアを伸ばし、やがて日本一の毛織物製造会社に成長していきます。加古川に造られた二つの工場は同社の中でも規模が大きく、主力工場として位置付けられていました。
f0116479_1923058.jpg

線路の南側、加古川の土手に沿って敷地が続いています。いかにも明治期に造られた工場と言った風情の煉瓦建物が並んでいます。
f0116479_19265347.jpg

f0116479_1925065.jpg

f0116479_19235333.jpg

f0116479_192943100.jpg

工場を取り囲む煉瓦の壁。複雑に屈曲しながら延々と伸びています。
f0116479_19323955.jpg

f0116479_1933086.jpg

f0116479_19331623.jpg

f0116479_19334421.jpg

敷地内には煉瓦建物に混ざってコンクリートの建物も見えます。大正または昭和初期の築でしょうか。
f0116479_19431260.jpg

この門衛所も相当古い建物です。
f0116479_19442616.jpg

敷地の北側にある大きな建物。汽缶室(ボイラー室)と思われます。(旧鐘渕紡績洲本工場にも良く似た建物がありました)
f0116479_19404534.jpg

f0116479_19393018.jpg

f0116479_20275144.jpg

f0116479_20285190.jpg

この加古川工場の生産体制は時代と共に隣の印南工場へとシフトされ、工場規模も段階的に縮小されて来ました。かつて北側に広がっていた敷地は商業施設に再開発されています。この建物の手前も整地が進んでおり、やがて何らかの施設が建つと思われます。
f0116479_1939012.jpg

加古川を挟んで西岸に位置する印南工場です。印南工場は大正8年に操業を開始しています。
f0116479_2071666.jpg

f0116479_20312714.jpg

f0116479_20321143.jpg

こちらの工場も同じように鋸屋根を持つ煉瓦の建物が並びます。
f0116479_20335238.jpg

f0116479_20341620.jpg

f0116479_20343938.jpg

毛織物が主要な輸出品に成長し、生産高が順調に伸びていく中、二つの工場は加古川の町を大きく潤して行きます。
産業構造の変化で往時の勢いを失ってしまった繊維産業ですが、日本の近代産業の牽引役として全国各地にこのような企業城下町を育み、地域を発展させた功績は多大なものがありました。
f0116479_20544038.jpg


by sunshine-works | 2009-02-25 21:12 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)
2008年 11月 11日
旧西尾類蔵邸
神戸須磨区の近代建築その1

近代建築Watch 今回から神戸市須磨区を巡ります。兵庫区・長田区は工業を中心に発展を遂げた区ですが、須磨区に入ると臨海部の工場は姿を消し、阪神間随一の海水浴場である須磨浦海岸や海浜公園に代表される自然の海岸線が残る風向明媚な景色が現れます。
須磨区南部は平安時代に開かれた須磨寺を中心に古くから栄えた地でしたが、明治21年に山陽鉄道が開通すると美しい風景と良好な交通アクセスを背景に神戸の郊外住宅地として整備されて行きます。更に大正3年に武庫離宮が造営されると、この地は高級住宅地としての地位を高め、多くの神戸財界人が移り住むようになります。国鉄須磨駅から武庫離宮へと続く離宮道沿いには多くの邸宅が建ち並んで行きました。
須磨区の近代建築探訪その1は離宮跡のすぐ脇に建つ美しい洋館を紹介します。
f0116479_2143020.jpg

木立に囲まれた広大な敷地に建つこの洋館は神戸の貿易商 西尾類蔵氏の邸宅として大正8年に建てられました。設計は関西を中心に活躍した設楽貞雄です。

これまで多くの洋館を見てきましたが、これ程広大な敷地を持ち、且つ大規模な建物は他に類を見ません。緑豊かで起伏のある敷地に建つこの館は西洋のシャトーを彷彿とさせます。
f0116479_2165743.jpg

煉瓦造地下1階地上2階建(一部3階建)、2階建てとは言え階高が高く大きな屋根を特徴とする個人邸としてはかなりの規模の館です。
f0116479_2191147.jpg

f0116479_2194941.jpg

f0116479_2110224.jpg

当時の先端デザインであるセセッション(分離派)に分類される様式です。様々な建築スタイルを手がけた設楽貞雄の作品の中でも群を抜く美しいデザインです。
f0116479_21103549.jpg

f0116479_21113190.jpg

f0116479_21273674.jpg

f0116479_21282839.jpg

f0116479_21284654.jpg

がっしりした石造アーチの玄関アプローチです。
f0116479_21172439.jpg

f0116479_2118547.jpg

f0116479_21183235.jpg

f0116479_2119331.jpg

f0116479_21195395.jpg

f0116479_21201462.jpg

大理石の質感が素晴らしい玄関ホール
f0116479_21302949.jpg

f0116479_21305165.jpg

f0116479_21311277.jpg

f0116479_21313830.jpg

玄関ホールの床タイルです
f0116479_21322045.jpg

この建物は戦後進駐軍に接収された後しばらくは荒れた状態となっていましたが、現在は高級レストランとして再生され館内も美しく復元されています。
f0116479_21372368.jpg

f0116479_2138271.jpg

f0116479_21384926.jpg

f0116479_21393028.jpg

f0116479_21395159.jpg

f0116479_2140665.jpg

f0116479_21404470.jpg

f0116479_21411977.jpg

f0116479_21415342.jpg

f0116479_21504120.jpg

半地下式になっている勝手や納戸の窓からは庭が望めます
f0116479_21523970.jpg

f0116479_2153297.jpg

かって座敷だった2階の広間。現在はテーブル式のレセプションルームとなっています。
f0116479_2145436.jpg

f0116479_21443772.jpg

このような手の込んだ繊細な細工にもこの館の質の高さが窺えます。
f0116479_21492789.jpg

大きな鉄扉の先は玄関の上に設けられたバルコニー。
f0116479_2155322.jpg

f0116479_21555962.jpg

f0116479_21562249.jpg

f0116479_21565287.jpg

f0116479_21571584.jpg

多くの邸宅が並んでいた離宮道沿いですが、現在はその数も随分少なくなってしまいました。この建物も一時は行く末が危ぶまれていましたが素晴らしいレストランとウエディングホールとして再生されています。やはりこの種の建物にはこの用途が最適な様です。
f0116479_2242195.jpg


by sunshine-works | 2008-11-11 23:09 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(3)