タグ:置塩 章 ( 2 ) タグの人気記事

2012年 06月 27日
旧鳥取県立図書館
鳥取県鳥取市の近代建築その5

鳥取市の中心市街の一角に、かつての鳥取県立図書館が残されています。現在は展示施設に利用されているこの建物は、昭和5年に置塩章の設計で建てられました。
f0116479_12195724.jpg

鉄筋コンクリート2階建て、公共施設らしく古典様式を基調とした建築意匠。この種の建物を得意とする置塩章ならではの手腕が存分に発揮されています。
f0116479_1221422.jpg

鳥取市の官庁街の近く、県都鳥取の中枢にあたるこの地に県の中央図書館として建てられました。この図書館が建てられた当時の鳥取市の人口は4万人に満たないものでしたが、同程度の地方都市の図書館の中では規模が大きく、豪奢な施設だったと思います。
f0116479_12221357.jpg

f0116479_12252892.jpg

陸軍技官から兵庫県の営繕課長に転じた置塩章は、在任中の8年間に県内各地で数多くの公共建築を手掛けます。昭和3年に独立した後は活動範囲を全国に広げ、培った公共建築の設計技法を駆使して各地に優れた庁舎を残します。
この旧鳥取県立図書館は独立後に置塩章が手掛けた兵庫県外の公共建築として、宮崎・茨城県の両県庁舎と並ぶ数少ない現存例です。
f0116479_12232558.jpg
f0116479_12224925.jpg

f0116479_1223529.jpg

f0116479_12233727.jpg

f0116479_12234971.jpg

f0116479_1257583.jpg

昭和5年から長く図書館として使われたこの建物は、老朽化により一時期取り壊しの計画が立てられましたが、保存活用を求める要望が尊重され、耐震補強を加えて外観部を保存する工事が行われました。
補修を終えた平成7年から現在の展示施設「わらべ館」として再活用されています。
この建物について「復元建物」や「外壁保存」と記している資料がありますが、建物躯体は当時の姿が保たれています。「旧建物の外郭を残し、後方に新造部分を繋いだ建物」とするのが正しい記述と思えます。
f0116479_12275944.jpg

f0116479_1228931.jpg

f0116479_12281979.jpg

屋上の塔屋部分。一連の置塩章の作品に共通するゴシック調の意匠で飾られています。
f0116479_12285545.jpg

f0116479_12291169.jpg

鳥取城の大手前にあたるこの一角は、古くから文教地区として栄えました。現在も多くの文化施設が並ぶ中で、風格を湛えるこの建物はランドマークとして優れた景観を為しています。
f0116479_12293035.jpg


by sunshine-works | 2012-06-27 20:14 | 近代建築 鳥取県 | Trackback(1) | Comments(2)
2010年 03月 19日
玉野三井病院
岡山県玉野市の近代建築その2

三井造船発祥の地、玉野市玉地区は造船所を中心に発展を遂げた町です。玉造船所が操業を開始した大正期以降、工場設備と共に社宅や厚生施設等の関連施設が次々と建てられて行きます。昭和12年、造船所の隣に企業立病院としてこの三井病院が建てられます。設計:置塩建築事務所
f0116479_22272442.jpg

この時代の病院建築らしく、装飾要素が控えられ直線的でスッキリした外観です。後年の改修で外壁の一部にパネルが貼られた為、全体の印象は当初と若干異なっていますが、主要な部分は竣工時の状態を良く残しています。
f0116479_22284463.jpg

f0116479_22291031.jpg

鉄筋コンクリート3階建て(後年に4階部分が増床されています)、地方都市の病院としてはかなり大きな建物です。造船所の従業員だけでなく、地域の住民に開かれた総合病院として当時の最新医療施設を備えていました。
f0116479_22301846.jpg

f0116479_22303760.jpg

f0116479_22305322.jpg

f0116479_22293621.jpg

f0116479_2229528.jpg

f0116479_22312296.jpg

長く突き出た庇が特徴的な玄関。
f0116479_23105946.jpg

f0116479_2312937.jpg

f0116479_23123829.jpg

三井の紋章入りの通風口格子。
f0116479_23154444.jpg

全面にタイルが貼られた外壁。茶褐色に塗られた庇が水平方向に長く伸びます。
f0116479_2253088.jpg

f0116479_2374814.jpg

f0116479_2323810.jpg

f0116479_23397.jpg

f0116479_2333251.jpg

f0116479_234169.jpg

f0116479_2341571.jpg

裏手の造船所施設がすぐそこに見えています。
f0116479_236227.jpg

現在程には医療施設が整っていなかった当時、企業立病院は地域の中核医療施設として大きな役割を果たしていました。
合理化やラインの縮小で従業員が減り、企業城下町と言う呼称は過去の物となりつつありますが、各地に残るこれらの企業立病院は、町の基礎を築いた企業の貢献を後世に伝える貴重な産業遺産となっています。
f0116479_23183425.jpg


by sunshine-works | 2010-03-19 23:48 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)