タグ:神戸市中央区 ( 66 ) タグの人気記事

2008年 02月 20日
旧神戸海上火災保険ビル(ニッセイ同和損害保険ビル)
神戸中央区の近代建築その26

旧居留地の中心部、明石町に建つこのオフィスビルは昭和10年、旧神戸海上火災保険会社の本社として建てられました。旧居留地のオフィスビルの中で竣工時から入居者が変わらず(会社名はその後数回変わっています)同一の用途で使われている数少ないビルです。設計:長谷部竹腰建築事務所
f0116479_23362988.jpg

現在はニッセイ同和損保の社名となっていますが、元々は神戸港で海上保険を扱う神戸海上火災保険会社の社屋でした。港湾都市の神戸には海上保険会社が数多くありましたが、戦前に建てられ現存している保険会社の建物はこの建物だけとなりました。
f0116479_23364511.jpg

階を貫いて続く大きなアーチ型、軒に付けられたコーニスが特徴となっていますが全体的には装飾要素は控えめです。
f0116479_0183138.jpg

それほど大きな建物ではありませんがアーチによって縦方向に伸びやかさが強調されます。大きなアーチを使うデザイン技法は住友系の建築によく見られる特徴ですが、この建物が住友の工務部から独立した長谷部竹腰建築事務所の作品である事をよく表しています。
f0116479_23423579.jpg

f0116479_2343257.jpg

大きなアーチが描く曲線と窓を繋ぐ付柱の繰り返しパターンが美しいリズムとなっています。派手さはありませんが端正な印象です。
f0116479_0392638.jpg

さりげない部分ですが味わいのある細部。
f0116479_0404628.jpg

f0116479_0482862.jpg

f0116479_049816.jpg

f0116479_0434751.jpg

端に設けられた小ぶりな玄関
f0116479_0421390.jpg

f0116479_0422853.jpg

f0116479_0441468.jpg

f0116479_0582831.jpg

神戸海上保険会社は戦時中に4つの損保会社の合併となる同和火災として統合され、その後ニッセイ同和損保へと変遷を遂げます。経済の一極集中によって神戸で設立された会社のほとんどは本社を東京へ移したり合併して東京資本の企業の支社に変わってしまいます。多くの会社が本社を置いたこのあたりも地元資本の会社は数える程となってしまいました。会社名は変わっても今なお現役で使われているこの建物はかってこの街で生まれた会社であることを偲ぶ貴重な存在でもあります。
f0116479_19724.jpg


by sunshine-works | 2008-02-20 02:43 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)
2008年 02月 16日
旧ニューヨークナショナルシティ銀行神戸支店(旧居留地38番館)
神戸中央区の近代建築その25

旧居留地の元町駅寄りに大丸百貨店神戸店が建っています。本館は近年に建て替えられましたが、隣接するこの別館は元々は昭和4年にニューヨークナショナルシティ銀行神戸支店として建てられたものです。
設計:W.Mヴォーリズ
f0116479_17573397.jpg

戦前に日本に進出していた海外銀行の中で唯一のアメリカ系銀行がこのニューヨークナショナルシティ銀行です。(他にも数行ありましたが統合や撤退により消滅しています)
積極的に海外進出を果たした同行は日本国内に東京、大阪、横浜、神戸の4支店を有し、外国系銀行中最大の規模を誇っていました。
昭和4年に建てられたこの神戸支店は旧インターナショナル銀行の日本国内店舗を承継した同行が竣工させたものです。
f0116479_1757236.jpg

大正期から昭和初期に流行したアメリカンルネッサンス様式のデザインです。前面に並ぶ4本のイオニア式オーダーや目地の大きな壁面の貼石、入口上部のペディメント飾り等、ニューヨークやシカゴに建てられたオフィスビルを彷彿させます。同時期に建てられた同じく外資銀行であるチャータード銀行神戸支店も同じ様式に分類されますが、石材の素材感が違う事で印象も随分変わって見えます。
f0116479_17582951.jpg
f0116479_17594792.jpg
f0116479_180145.jpg

f0116479_182996.jpg

f0116479_1824588.jpg

昭和4年に新築された神戸支店ですが、米国資本の同行は日米関係の険悪化に伴って徐々に業務が制限されていきます。日米開戦の年である昭和16年には閉鎖となってしまい、銀行として使われたのは築後僅か10年足らずの短い期間に終わりました。
戦後も同行の店舗に復される事は無く、しばらく倉庫として使われていましたが、やがて隣の大丸百貨店の別館として再生される事となり現在に至っています。
f0116479_1835724.jpg

f0116479_1804946.jpg

エントランスは南面と東面にそれぞれ設けられています。メイン入口の南側エントランス。
f0116479_1881629.jpg
f0116479_188561.jpg

重厚な玄関扉
f0116479_18105633.jpg

東面の入口
f0116479_18121130.jpg
f0116479_18123029.jpg

東面に並ぶ窓。窓枠は当時のままのようです。
f0116479_1815894.jpg
f0116479_18152468.jpg

こちらは西面の窓
f0116479_18173894.jpg

大丸の別館としてはこの建物の西に二つの大正時代の建物が存在していました。この二つの建物は取り壊されてしまいましたが、外壁のみ残されています。*かっての独逸染料合名会社と帝国酸素株式会社の社屋だったとの記録があります。
f0116479_1819112.jpg

f0116479_18192821.jpg

内側の景色。
f0116479_18202923.jpg

このような建物が商業施設として再利用される例は数多く見受けられます。天井が高く開放感がある事や豪華な石を使った内装は商業空間として申し分の無い環境と言えます。神戸大丸は他にも大阪商船ビルの1階をインテリア売場として使用していたり、この建物の隣にあった別館を壁面保存し景観を守ったりと、古い建物の再利用に積極的な姿勢を示しています。街全体で演出効果を高めて行く同社の手法はさすが一流企業だけのことはあります。
f0116479_1821589.jpg

f0116479_1818720.jpg


by sunshine-works | 2008-02-16 19:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 12日
旧神戸証券取引所(神戸朝日ビル)
神戸中央区の近代建築その24

旧居留地の北端、三宮に程近い浪花町の一角に大きく弧を描く印象的な建物が建っています。この建物は昭和9年に渡辺節の設計で建てられた旧神戸証券取引所の外観部分を再生利用した物です。(平成6年改修)
f0116479_202348.jpg

f0116479_20195562.jpg

神戸証券取引所は東京、大阪に次ぐ全国3番目の証券市場として明治16年に創設されています。地域的には大阪に近接している神戸ですが、昭和42年に廃止されるまで独自に証券取引所が置かれていました。国際貿易港として発展を遂げた神戸とは言え、証券市場は東証や大証に比べて小規模な物でした。しかし、この取引所は東京や大阪の証券取引所を凌ぐ程大きくかつ豪華な建物に思えます。竣工した当時の神戸経済界には相応の勢いや先行き期待があったのかも知れません。
f0116479_20244473.jpg

f0116479_21143871.jpg

f0116479_20254782.jpg

昭和9年に建てられたこの建物ですが僅か10年程で取引所としての使命を終えてしまいます。昭和20年の終戦と同時に進駐軍に接収され、昭和28年に返還された後は映画館として使用される事となります(証券取引所は近くの別の建物で再開されていました)。その後再開発によって高層オフィスビルに建替えられる事となったのですが、元の建物を低層部として残し、内側に高層棟を組み込む形で保存される事となりました。海岸ビルの再建と同じような手法ですが年代的にはこちらが先になります。
f0116479_20264158.jpg

低層部として保存された旧建物は扇型に広がる前面部分がL型に組み合った基部に繋がった形で構成されています。現在の前面部分は角柱がオブジェの様に並んでいますが、かってはこの柱の間に外壁が廻らされていました。後方部分は当時の建物をそのまま活かして商業棟として使用されています。
f0116479_20295164.jpg

f0116479_2111548.jpg

f0116479_20314971.jpg

f0116479_20344843.jpg

f0116479_20353230.jpg

f0116479_20362624.jpg
f0116479_20381134.jpg
f0116479_20384648.jpg
f0116479_20391395.jpg
f0116479_20393520.jpg

側面に設けられている玄関
f0116479_2041552.jpg
f0116479_20424667.jpg
f0116479_20431744.jpg
f0116479_20434152.jpg

玄関部分の内側
f0116479_20444074.jpg

f0116479_2046597.jpg
f0116479_20473193.jpg

海岸ビルに比べると新旧建物の取り合わせに違和感が少なく自然な感じがします。低層部の面積が大きくデザインも特徴的な為に高層棟とのコントラストが際立って別個の建物の様に見えるのが一因でしょうか。高層棟がかなりセットバックしているので下から見上げた時にも然程気になりません。
f0116479_20523791.jpg

f0116479_202913.jpg

旧建物を残して建替える場合はオリジナルの形を残して再生する手法が常道なのでしょうが、この建物は思い切って印象的な部分(列柱)だけを利用した例です。建物保存の趣旨からは全体保存が望ましいとは思いますが、特徴的な部分を抜き出した事でより印象が強く出て面白い効果となっています。
f0116479_20404986.jpg


by sunshine-works | 2008-02-12 21:18 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 08日
旧居留地15番館
神戸中央区の近代建築その23

横浜正金銀行神戸支店と筋を隔ててコロニアル式の建物が建っています。15番館と呼ばれていたこの洋館は旧居留地時代の姿を偲ばせる唯一の建物です。明治13年に建てられた後にアメリカ領事館が置かれ、その後は商館として使われました。
f0116479_21102980.jpg

現在はビルが立ち並ぶオフィス街となっている旧外国人居留地区ですが、元々は海岸沿いの寂れた荒地の様な場所でした。地元民の集落から距離を置くためにあえて辺鄙な場所が選ばれました。開発が進められた居留地は整然と区分された区画毎に分譲されていきます。この建物に付けられた15番館という呼び名の様に、全ての建物には番号が付けられていました。
f0116479_21142568.jpg

f0116479_2137869.jpg

f0116479_21144426.jpg

幕末から旧ピッチで造成された居留地区にはその後商館や商業施設、住居が続々と建てられていきます。明治初年にはこの15番館と同様な木造コロニアル様式の建物が並ぶ当時の東洋の居留地の中でも最大規模の外国人居留地が完成します。
f0116479_21151441.jpg

f0116479_2126870.jpg

南面にベランダが設けられています。北野の異人館に見られる様なガラスのサンルームは付けられず、本来のコロニアルスタイルのままとなっています。
f0116479_21162118.jpg

f0116479_21401063.jpg

f0116479_21172555.jpg

f0116479_21301352.jpg

外国人居留地はわずか30年あまりでその使命を終え、民間に払い下げらた一帯はオフィス街へ変貌を遂げていきます。この過程で旧居留地時代の建物の多くが取り壊されてしまいます。(一部の建物は北野の高台へ移設された物もありました)
残った建物もその後の戦災と戦後の開発で失われてしまい、唯一この建物が当時の姿を伝える物となってしまいました。
f0116479_21464649.jpg

f0116479_21353516.jpg

f0116479_21331232.jpg

戦災を生き抜いたこの建物ですが阪神淡路大震災では全壊の被害を受けます。被災当時の写真を見ると完全に倒壊・崩落し、まるで廃材置場のような惨状となっていました。
今ある姿は被災後に再建された物ですが、崩れ落ちた木片を繫ぎ合わせ、実にその7割を元の部材により修復するという信じられない様な緻密な作業が行なわれました。再建というよりは復元あるいは修復と呼ぶべき物でした。
f0116479_21223486.jpg

f0116479_21185869.jpg

f0116479_21194977.jpg

壊滅的被害を受けたこの建物の修復に際しては、新造するよりもはるかに多額のコストと時間が費やされています。しかし神戸の原点とも言える貴重な歴史遺産をこのような形で甦らせた事は何物にも代え難い事であり、文化を伝えていく者として誇るべきすばらしい功績であったと思います。
f0116479_21285912.jpg


by sunshine-works | 2008-02-08 22:08 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 04日
旧横浜正金銀行神戸支店(神戸市立博物館)
神戸中央区の近代建築その22

海岸通りに並ぶビルをひと通り廻ってきましたが、東へ戻って旧居留地の内側地区へ探訪を進めていきます。
チャータードビルから1本北側の通り(京町筋)に面して一際大きな建物が建っています。現在は神戸市博物館となっているこの建物は旧横浜正金銀行神戸支店として昭和10年に建てられました。設計:桜井小太郎
f0116479_2172755.jpg

国際貿易港である神戸にとって不可欠の外国為替を扱う銀行として置かれたのがこの横浜正金銀行の神戸支店です。ドーリア式のジャイアントオーダーを廻らした古典様式の重厚なデザインは体外的な威厳と信頼を示すかの様な迫力と存在感があります。
f0116479_2111097.jpg

f0116479_2191544.jpg

先に紹介したチャータード銀行とこの横浜正金銀行、そして香港上海銀行の3行は共に外為銀行としてアジア各地で覇を競い合う関係でした。横浜正金銀行は後発ではありましたが政府や財界の庇護の下で積極的に海外に支店を設け、日本企業の海外進出を支えて行きました。
f0116479_219442.jpg

設計者の桜井小太郎は海軍建築技官から三菱地所を経て独立し大手企業の社屋を中心に各地に作品を残しました。
有名なところでは丸の内ビルディングの設計者として知られています。
三菱地所時代に数多くの銀行を手掛けただけあって晩年のこの建物も手馴れた銀行建築の基本を堅実に守ったオーソドックスな造りに見えます。新しい建築様式の波が広がりつつあった昭和10年の築ですが、しっかり古典主義の孤塁を守っているような印象です。
f0116479_21174841.jpg

オーダーを廻らした銀行建築独特のスタイルは博物館に良く似合います。
f0116479_2116492.jpg

f0116479_21183096.jpg

簡素ながら力強い印象のドーリア式オーダー
f0116479_21201223.jpg
f0116479_21212183.jpg

f0116479_2122345.jpg

f0116479_21222092.jpg

長く突き出した庇が特徴的な玄関エントランス
f0116479_21243964.jpg

f0116479_21251384.jpg

f0116479_21253425.jpg

f0116479_21262982.jpg

建物側面は装飾要素をあまり置かずにあっさりした仕様です。1階の窓のグリルが整然と連なります。
f0116479_21311127.jpg

f0116479_21322680.jpg

f0116479_21315131.jpg

f0116479_21341437.jpg

f0116479_21331128.jpg

このような典型的な銀行建物はギリシア建築に範を取ったデザインだけあって美術館には最適の器となります。頑丈で厳かなイメージから様々に転用される銀行建物の中でも最も理に適った使われ方ではないでしょうか。各地で統合や廃止によって失われていく銀行も街のギャラリーやアートスペースとして再生する道は無いものでしょうか。
f0116479_21345429.jpg


by sunshine-works | 2008-02-04 21:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 31日
旧兼松商店本社(海岸ビルヂング)
神戸市中央区の近代建築その21

税関前から海岸通り沿いに並ぶビル群も旧居留地から離れるこの辺りで一区切りとなります。この海岸ビルヂングは旧兼松商店の本社として明治43年に建てられました。設計は旧三井物産神戸支店(海岸ビル)と同じ河合浩蔵です。
f0116479_19491716.jpg

海岸通りに並ぶ建物の中では最も古い建物です。神戸市内でも数少ない明治期に建てられ現存する非木造建築物でもあります。
f0116479_19535266.jpg

f0116479_19553650.jpg

同じ設計者による旧三井物産神戸支店と良く似た印象ですが、約10年時代を遡るこのビルは当然ながらより古典様式の色合いが強く現れています。ちなみに旧三井物産神戸支店はコンクリート建築ですが明治に建てられたこの建物はレンガ構造となっています。
f0116479_2012236.jpg

f0116479_19594548.jpg

f0116479_2062138.jpg

f0116479_2084741.jpg

f0116479_2011157.jpg

この建物はかって日豪会館とも呼ばれていました。兼松商店は後に総合商社へと発展していきますが、元々は豪州の羊毛を扱う貿易会社がその始まりでした。
事業の拡大に伴い本社は東京へ移り、その後は貸事務所ビルとなりました。現在はブティックやデザイン事務所等が多数入居しています。レトロな雰囲気がおしゃれなショップに良く似合います。
f0116479_20142224.jpg

f0116479_2016648.jpg

f0116479_20183774.jpg

正面側は全面石を貼ってありますが裏面はこのようにレンガ壁のままです。
f0116479_20211710.jpg

f0116479_20242929.jpg

f0116479_2026792.jpg

f0116479_202825.jpg

隣のビルとの間の建物側面。窓の面格子は木製です。
f0116479_20322391.jpg

f0116479_2035553.jpg

f0116479_20383593.jpg

f0116479_20412458.jpg

裏側の入口です。
f0116479_20443230.jpg

建物中央をまっすぐに最上階まで貫く階段。
f0116479_20471818.jpg

f0116479_2050699.jpg

f0116479_20534474.jpg

f0116479_20563492.jpg

館内は狭い間隔で柱が並びます。
f0116479_20585951.jpg

f0116479_2113178.jpg

建物奥にも小階段が設けられています。現在のビルの非常階段には鉄製のものがありますがこの時代の屋内階段が鉄製なのは珍しいのではないでしょうか。まるで船のタラップのような印象です。後年につけられた物かも知れません。
f0116479_215888.jpg

f0116479_2183042.jpg

明治時代に建てられたビルが今も現役として使われているのはそれだけでもすばらしい事ですが、この建物は商業利用によってその魅力をさらに高めています。
古いながらも寂れた風でなく、雰囲気を活かした上手な再生方法の見本の様に思えます。
f0116479_21111491.jpg


by sunshine-works | 2008-01-31 21:47 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 28日
旧オール商会ビル(丸亀ビル)
神戸中央区の近代建築その20

海岸通りを挟んで郵船ビルの向かい側に小さなビルがあります。以前はオール商会(Aall & Company)という外資系海運会社の社屋でした。現在は丸亀組という海運会社のビルとなっています。築年度、建築データ不詳。デザイン的特徴からは大正末から昭和初期のものと思われます。
f0116479_051427.jpg

鉄筋コンクリート3階建、最上階の窓の一部がアーチ窓、軒と胴に控えめなコーニス(蛇腹)が付けられています。
f0116479_0541564.jpg

f0116479_0572312.jpg

f0116479_0565427.jpg

f0116479_0592776.jpg

海岸通りの南側(海側)は現在では埋め立てられて多くの建物が建っていますが、以前は海岸線となっており、整然とビルが並ぶ北側に対して南側は建物はほとんど無い状態でした。但しメリケン波止場の付根にあたるこの場所には建物が建てられていたようです。現在のこの建物かどうかは不明ですが昭和9年の地図でもこの場所に建物が表示されています。
f0116479_058583.jpg

f0116479_0582328.jpg

このビルの以前の所有者だったオール商会もノルウェイ資本の海運会社でしたが、海岸通りは鉄道駅のある三宮や元町から距離があり、神戸港を活動拠点とする業種以外には不向きな場所だったようです。殆どのビルは何らかの形で貿易や海運に関わる事業者の社屋でした。
f0116479_101350.jpg

玄関扉は付け替えられていますが、段々になっている枠が面白い表現です。
f0116479_104617.jpg

f0116479_13944.jpg

海岸通りの北側に並ぶ大会社のビルに比べるととても小さな建物ですが、大きなビルとはまた違った味わいのある建物です。
f0116479_182130.jpg


by sunshine-works | 2008-01-28 01:21 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 24日
旧日本郵船神戸支店(神戸郵船ビル)
神戸中央区の近代建築その19

海岸ビルから1ブロック西に建つこのビルは日本郵船の神戸支店として建てられました。大正7年築、設計は曾禰・中条設計事務所です。
f0116479_0535015.jpg

日本を代表する海運会社であり、三菱の基礎を築いた日本郵船の旧神戸支店です。世界に名の知れた大企業の社屋らしい風格を感じさせる堂々たる造りです。
f0116479_23504659.jpg

この建物を設計した曾禰・中条設計事務所はもともと三菱で建築設計技師を務めた曾禰達蔵が独立して開業した事務所です。大手企業の建物や官公庁を中心に全国に多くの作品を残し、戦前の日本を代表する設計事務所でした。
f0116479_2352119.jpg

建物正面を遠景から。竣工時にはこの上にドーム屋根があったのですが戦災で失われてしまいました。
f0116479_0185026.jpg

この建物は現在テナントビルとなっていますが、日本郵船の名はビル名に留められており、屋上のポールには社旗が掲げられています。
f0116479_0263370.jpg

f0116479_004868.jpg

正面側詳細。
f0116479_0201422.jpg

f0116479_0225393.jpg

f0116479_0232322.jpg

f0116479_0235290.jpg

f0116479_0242748.jpg

f0116479_0251141.jpg

美しい窓の面格子
f0116479_0285918.jpg

f0116479_0302819.jpg

海岸通りに面して奥行きが長く伸びます。
f0116479_0352999.jpg

f0116479_0361239.jpg

f0116479_0371014.jpg

海岸通り側の入口
f0116479_0383859.jpg

いかにも裏側といった趣の北面。
f0116479_0405994.jpg

f0116479_0415781.jpg

f0116479_0412156.jpg

こちらは西面。2階の一部だけがアーチ窓です。
f0116479_0435530.jpg

日本郵船をはじめとして、当時の海運会社の社屋はどれもさまざまに意匠を凝らした存在感のある建物となっています。海外航路の豪華客船に代表されるように当時の船内の内装や調度品は常に欧米の最先端のデザインが取り入れられ、海運会社は建築やインテリアに最も敏感な業種でもありました。
当時非常に贅沢品であった海外渡航を取り扱う海運会社には、夢や憧れを演出する装置としてこれら豪華な建物が必要だったのかも知れません。
f0116479_0364314.jpg


by sunshine-works | 2008-01-24 23:26 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 20日
旧三井物産神戸支店(海岸ビル)
神戸市中央区の近代建築その18

大阪商船神戸支店ビルと通りを隔てて建っているこのビルは旧三井物産神戸支店として建てられました。大正7年築、設計は河合浩蔵です。
f0116479_23212041.jpg

設計者の河合浩蔵は司法省技官として各地の庁舎の設計に携わった後、神戸で独立し兵庫県を中心に多くの建築を手がけました。ドイツ留学の経験を活かした重厚な古典様式の建築を得意としていましたが、この建物は当時の新しい流れであった、いわゆる表現派建築の影響を受けていると言われています。
f0116479_23265058.jpg

f0116479_23274916.jpg

f0116479_2329742.jpg

国際貿易港であった神戸には早くから貿易商社の事務所が置かれていました。海岸通りにも、かっての貿易商社跡としてこの旧三井物産や兼松商店のビルが残っています。海岸通りに現存する建物が、かっての海運会社、商社、外資銀行のビルであった事は、この一帯が海外との交易と密接に結びついていた歴史を物語っています。
f0116479_2330274.jpg

f0116479_23313368.jpg

この海岸ビルについては建物の再生事例として、その手法に対する賛否や好き嫌いが様々に言われて来ました。震災によって崩れ落ちたビルを回収した部材で再建するところまでは他にも例のあることですが、この建物は跡地に新造された高層ビルの下層部を取り巻く飾り壁のような形に旧外壁を利用しています。高層階部分とは空間を設けて繋ぎ、デザイン的に旨く処理を施しているので違和感をある程度軽減していますが、奇抜な感じは拭えません。
f0116479_23344036.jpg

f0116479_23383922.jpg

f0116479_23395438.jpg

旧建物を貫いて聳える高層部。
f0116479_23354143.jpg

f0116479_23373968.jpg

内部の様子。本来の床面は抜かれ、柱は新規の物です。
f0116479_2340345.jpg

使える部材はそのまま利用されています。入口扉も当時の物と思われます。
f0116479_23481316.jpg

f0116479_23484347.jpg

f0116479_0105018.jpg

このような手法で再生される建物は各地に増えています。土地に余裕が無く地価が高い都心で建替えを行う場合、高層化と既存建物の保存を両立させるにはおそらくこれ以外の手段しか無いのでしょう。曳家や移築は大規模なビルには限界があります。後はそもそもの建替え自体の是非を考えるしか無いのですが、補強や補修で対応出来ない老朽化の進んだ建物ではすべて壊すか、このような形であっても何らかの形として残すかの二者択一しかありません。無くしてしまうよりは幾分ましなだけかも知れませんが、それでも残す事には価値があると思います。後は建築技術やデザインの工夫でより自然な手法が考案される事を期待したいものです。
f0116479_23544868.jpg


by sunshine-works | 2008-01-20 23:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 17日
旧大阪商船神戸支店(商船三井ビル)
神戸中央区の近代建築その17

海岸通りのほぼ真ん中に建つ優美な姿のこのビルは旧大阪商船神戸支店として大正11年に建てられました。設計は関西の名建築を数多く手がけた渡辺節です。
f0116479_20223418.jpg

海岸通りに並ぶ近代建築の中でも一際目を惹く建物です。当時アメリカで流行していたアメリカンルネッサンススタイルを取り入れ、重厚な様式美と洗練された合理性を併せ持つ美しい姿形となっています。曲線と直線が織り成す流麗なフォルムに魅了されます。
f0116479_20235486.jpg

f0116479_2049193.jpg

f0116479_20265663.jpg

大阪商船は現在は商船三井の名が知られている為に三井財閥系の印象が強いのですが、住友系の大阪商船と三井物産の船舶部門が戦後に統合して出来た会社が大阪商船三井船舶です。戦前の大阪商船は東の日本郵船(三菱財閥の基幹会社)に対する西の大阪商船として日本の海運業界を2分していました。
関西を基盤とした大阪商船だけにこの建物は支社とは思えない豪奢な社屋となっています。
f0116479_20533146.jpg

f0116479_20284481.jpg

1階外壁はルスティカ積みと呼ばれる手法で大きな石を積み上げています。あえて粗い岩を使い石の素材感を活かした仕上げとしています。
f0116479_20311098.jpg
f0116479_20314895.jpg

f0116479_2032689.jpg

この建物も神港ビルヂングに劣らず大きな建物です。随所に施されたメダリオンやテラコッタの装飾、バランス良く整えられた各階の窓の配列は大きな壁面空間を効果的に彩り、単調さを感じさせません。
f0116479_20372281.jpg

f0116479_20364411.jpg

f0116479_203899.jpg

入口は数箇所設けられています。現在塞がれている南西角の入口はかっての主玄関だったと思われます。
f0116479_20404525.jpg
f0116479_20412244.jpg
f0116479_20413394.jpg

こちらは西面の入口
f0116479_20442854.jpg
f0116479_2044543.jpg

f0116479_2045468.jpg

f0116479_20452057.jpg

f0116479_20455266.jpg

北側にも入口があります。
f0116479_20465985.jpg

北側の玄関内部
f0116479_2047472.jpg

おそらく当時から使われていると思われるエレベーター。
f0116479_20482537.jpg

増築・改築を加えられることなく、今もほぼ竣工時の姿のまま現役で使用されています。当時としては高層の7階建ての建物に最新のエレベータや暖房設備を採用し、今日のオフィスビルの概要をほぼ備えた近代オフィスの奔りとも言える建物です。
f0116479_2051482.jpg

海岸通りのシンボルであるこの建物は大正期の事務所ビルの傑作として、また設計者の渡辺節の名を高めた代表作として神戸の誇る歴史遺産・文化遺産です。大正期に建てられたオフィスビルの多くが失われていく中、日本の建築史を語る上でも欠かせない貴重な存在となっています。
f0116479_20501411.jpg


by sunshine-works | 2008-01-17 21:38 | 近代建築 | Trackback | Comments(11)