タグ:神戸市中央区 ( 66 ) タグの人気記事

2008年 05月 15日
旧国立神戸移民収容所(神戸移住センター)
神戸中央区の近代建築その46

諏訪山の麓に沿って山本通りを東へ向かいます。元町へ繋がる鯉川筋が交わるあたりに建つこの建物は、昭和3年に南米移住者の教習施設として建てられました。設計:兵庫県営繕課
f0116479_20471376.jpg

今年は最初のブラジル移民船笠戸丸が神戸港を出航してちょうど100年にあたります。神戸港は全体の4割にあたる南米移民を送り出した最大の拠点でした。この建物は移住者が渡航前の研修や準備を行う施設として設置されたものです。内部には宿泊施設の他に教習室、診療所、集会所等が設けられていました。
f0116479_21105396.jpg

f0116479_21113326.jpg

この建物は戦時中の中断期間を挟んで昭和46年まで使用され、その後は看護学校の校舎、看護学校が移転した後はアートスペースとして活用されました。
f0116479_21474061.jpg

施設の性質から華美な装飾はありません。玄関周りに控えめな装飾表現が見られますが全体的にはシンプルなモダン建築です。
f0116479_21185050.jpg

f0116479_21194166.jpg

f0116479_21202114.jpg

f0116479_21205155.jpg

f0116479_21211793.jpg

f0116479_21215150.jpg

f0116479_21245926.jpg

f0116479_2341357.jpg

(一時期使用していた看護婦学校の看板が残っていました)
f0116479_21222039.jpg

低い天井に剥き出しのダクトが連なる館内廊下。長い船旅に慣れる為にあえて船内に似せた造りにしているそうです。
f0116479_21295690.jpg

f0116479_21304455.jpg

f0116479_2132815.jpg

f0116479_21324173.jpg

f0116479_21331548.jpg

f0116479_21333321.jpg

f0116479_2134085.jpg

f0116479_21343477.jpg

f0116479_2135617.jpg

現在使われていない裏側。かなり朽ちた状態です。
f0116479_21381643.jpg

f0116479_21384940.jpg

f0116479_21391836.jpg

f0116479_21393454.jpg

本館が手狭になった為、その後裏手に建てられた別館。現在は草に埋もれた状態です。
f0116479_21415117.jpg

f0116479_21421160.jpg

この建物を管理する神戸市はこの建物をブラジル移民記念館として再生する事を決定し、現在改修工事を行っています。(2009年春完成予定)
深い歴史が刻まれたこの建物も一時は解体撤去の話もあったそうですが、記念施設として保存される事となりました。このような活用方法は建物にとって最も望ましい形ではないでしょうか。
f0116479_21132399.jpg


by sunshine-works | 2008-05-15 23:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2008年 05月 11日
神戸山手女子中学・高校本館(旧神戸山手高等女学校)
神戸中央区の近代建築その45

相楽園を抜けて北方向へ、坂を上っていくと斜面に沿って閑静な住宅街が続きます。この諏訪山地区の奥に80年以上の歴史を持つ神戸山手女子中学・高校が建っています。
神戸山手高等女学校時代の昭和11年に建てられた校舎が本館として現在も使用されています。*写真右手が本館
f0116479_10533483.jpg

明治以降、阪神間の山裾には多くの学校が建てられましたが、この学校も私立女子校として大正13年に創設され大正15年に当地に最初の校舎が竣工します。男女別学が一般的だった当時、神戸市内に女学校が少なかった事を憂いた地元の有志によって設立されたそうです。
f0116479_10513195.jpg

昭和初期の学校建築に多く見られるデザインです。アーチを模った枠型に縦長窓を整然と配列し、垂直柱に段を付けてアクセントとしています。
f0116479_1153042.jpg

f0116479_11513774.jpg

f0116479_11573653.jpg

アールデコ風の玄関部分。
f0116479_1156159.jpg

f0116479_1157535.jpg

本館の両側には戦後に増築された棟が繋がっています。
こちらは南館
f0116479_1292756.jpg

こちらが北館
f0116479_12105968.jpg

北館の前から見た本館
f0116479_12122737.jpg

神戸市内に現存する戦前の鉄筋コンクリート校舎はこの他にも幾つかありますが、老朽化により徐々にその数は少なくなってきています。とりわけ私学の場合は設備環境が生徒募集の重要なポイントとなるので、ある面仕方の無い事かも知れません。大学と異なって限られた校地の中では旧館を残して新館を建てる事にも限界があります。
とは言え、由緒ある校舎を壊してしまう事は残念な事です。部分保存であっても名残を残して欲しいものです。
f0116479_12454836.jpg


by sunshine-works | 2008-05-11 12:59 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 07日
旧ハッサム邸
神戸中央区の近代建築その44

相楽園の旧小寺家厩舎の隣には北野2丁目から移築された洋館が展示されています。この建物はインド系英国人貿易商ハッサム氏の自邸として明治35年に建てられました。当時の神戸で多くの洋館を手掛けたA.ハンセルの設計と言われています。昭和36年、重要文化財指定。
f0116479_0193310.jpg

典型的な英国コロニアルスタイルの洋館です。2階ベランダはガラスで仕切られていない開放式になっています。
f0116479_0203021.jpg

f0116479_0214049.jpg

この建物は最後の所有者であった神戸回教寺院から昭和36年に神戸市に寄贈されています。50年近く神戸市の保守管理を受けている事と重要文化財に指定されている事で余分な手が加えられる事無くほぼ原形が保たれています。(阪神淡路大震災で大きな被害を受けましたが修復されています)
f0116479_0221452.jpg

f0116479_0222892.jpg

前庭には、阪神淡路大震災で屋根を突き破った煙突が展示されています。
f0116479_030193.jpg

f0116479_0265742.jpg

この建物を建てたハッサム氏についての詳細は不明ですが、当時の神戸では欧米人以外にもインド系やイスラム系の貿易商が数多く活躍していたようです。横浜に比べてアジアとの貿易比率が高かった神戸港の特性が伺えます。
f0116479_0282582.jpg

f0116479_031747.jpg

コロニアルスタイルに特徴的な美しい鎧戸。
f0116479_0335095.jpg

f0116479_0344271.jpg

f0116479_0345860.jpg

f0116479_0354992.jpg

これもお馴染みのバルコニー。天井の仕上げは中央と両側で異なっています。
f0116479_036499.jpg

建物中央に設けられたアーチ型の入口
f0116479_0414459.jpg

f0116479_0421787.jpg

裏側の様子。付属建物(小屋)も重要文化財です。
f0116479_047427.jpg

f0116479_0473023.jpg

北野の異人館街から移築された他の建物(ハンター邸ヘイガー邸)と同様、手厚く管理されて原形がよく保たれています。放置されたり、過度に改修されてしまった北野地区の幾つかの洋館を見るにつけ、このような形での保存がもっと推進されるべきと実感させられます。
f0116479_0483274.jpg


by sunshine-works | 2008-05-07 01:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 30日
旧小寺家厩舎
神戸中央区の近代建築その43

県庁の北側、現在「相楽園」として公開されている庭園は明治初期に神戸一の資産家だった小寺泰次郎の邸宅があった場所です。この庭園の一角にレンガ造の厩舎(馬小屋)が保存されています。小寺家の屋敷跡で唯一残る当時の建物です。
f0116479_21423628.jpg

幕末期に三田藩は藩政再建を図るべく開港間もない神戸に藩の資金で貿易商社を設立し成功を収めます。
この時の中心人物の一人であった小寺泰次郎は独立後もそのまま神戸で事業を続け、当時まだ寒村だった神戸村一帯の土地を買い占めて行きます。(因みに、三田藩主だった九鬼隆義も同様に神戸で土地事業を進め、現在の主要な街区の大半はこの二人の所有となっていました。)土地取引で財を為し、大富豪となった小寺泰次郎は官庁が集まるこの場所に当時神戸で数々の建築を手掛けていた河合浩蔵の設計で壮大な邸宅を建てる事となります。
f0116479_2147575.jpg

邸宅が完成した明治44年、小寺泰次郎はすでに没し、息子謙吉が当主となっていました。小寺謙吉はその後衆議院議員を務め、戦後には神戸市長に就く事となります。また父祖の出身地である三田市に私学三田学院を創設します(このすばらしい校舎は改めて三田市編で紹介します)。
f0116479_23162586.jpg

建物についての説明板を抜粋すると「煉瓦造りの一階に木造の小屋組をのせたドイツ風の重厚な造りで、正面一階は馬車庫、二階は厩務員の宿舎、東側は吹き抜けの高い天井をもつ馬房」となっています。
こちらが馬車庫となっている正面側。円筒の塔は階段室です。
f0116479_21485341.jpg

f0116479_2158443.jpg

f0116479_220182.jpg

f0116479_2205196.jpg

屋根上のドーマ窓
f0116479_2159257.jpg

f0116479_23102462.jpg

f0116479_2310571.jpg

f0116479_23112390.jpg

f0116479_23115314.jpg

東側の馬房
f0116479_23133875.jpg

f0116479_2314478.jpg

f0116479_23143961.jpg

f0116479_23151211.jpg

馬車庫の裏側です
f0116479_23183158.jpg

f0116479_23191975.jpg

f0116479_23193722.jpg

f0116479_21581714.jpg

阪神間には明治以来数々の洋館が建てられましたが、その中でも小寺家邸宅は随一の規模に思えます。残念ながら主屋は戦災で失われ往時の姿を偲ぶことは出来ませんが厩舎にしてこのすばらしい造りですから、さぞかし豪奢な屋敷だったことでしょう。
f0116479_21571769.jpg


by sunshine-works | 2008-04-30 23:51 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 24日
旧兵庫県庁舎(兵庫県公館)
神戸中央区の近代建築その42

現在の兵庫県庁舎の南東には昭和58年まで使われていた旧庁舎が県公館として保存されています。この建物は山口半六の設計により、明治35年に建てられました。
f0116479_12224100.jpg

廃藩置県によって設けられた兵庫県の県庁舎は当初、現在の兵庫区に置かれていました。その後この近辺(地方裁判所のあたり)に移され、明治35年、4代目庁舎として当地に建てられたのがこの建物です。
f0116479_1232965.jpg

f0116479_1243413.jpg

設計者の山口半六は技官として多くの学校建築を手掛けました。留学先のフランスの影響を受けた優雅なデザインの作品を全国各地に残しています。一旦引退した後、兵庫県に請われてこの庁舎を設計しましたが残念ながら完成を見ることなく亡くなってしまいました。
フランスルネッサンス式の荘厳なデザインです。現存する県庁舎の中では数少ない明治期に建てられた煉瓦造の庁舎です。
f0116479_1252654.jpg

中庭を取り囲んだロの字型の大きな建物です。南面に正門が設けられています。
f0116479_1271942.jpg

f0116479_136449.jpg

f0116479_135114.jpg

f0116479_1353374.jpg

側面に整然と窓が並びます。
f0116479_1385510.jpg

f0116479_1403095.jpg

f0116479_140463.jpg

f0116479_1411554.jpg

f0116479_1414528.jpg

f0116479_1425493.jpg

f0116479_2323940.jpg

東面中央の入口
f0116479_1434881.jpg

通りに面した北側にも大きな玄関が設けられています。
f0116479_1454256.jpg

f0116479_2343858.jpg

f0116479_1471152.jpg

f0116479_1473279.jpg

こちらも同様に美しく窓が並びます。
f0116479_157017.jpg

f0116479_1572395.jpg

f0116479_1575482.jpg

f0116479_236218.jpg

f0116479_2333275.jpg

f0116479_1583898.jpg

f0116479_205130.jpg

f0116479_201035.jpg

各地を代表する近代建築として建てられた県庁舎も戦後に続々と建て替えが行われ、現役で使われている庁舎は僅かになってしまいました。この兵庫県庁舎は昭和58年に新庁舎が完成した後、修復工事を行って迎賓館や資料館として再利用されることとなりました。地方財政が厳しい中、旧施設を保存し活用していくことは難しくなっていますが、地域の歴史が刻まれた庁舎を後世に残していくことは大変有意義な事と思います。
f0116479_1464312.jpg


by sunshine-works | 2008-04-24 02:38 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 20日
神戸教会
神戸中央区の近代建築その41

JR線の北側を東へ向かいます。山手幹線沿いに聳える尖塔が見えてきます。この神戸教会は昭和7年に原科準平の設計で建てられました。
f0116479_0344843.jpg

現存する神戸のプロテスタント系の教会建物の中では旧ユニオン教会に次ぐ歴史を持っています。現役の教会としては神戸で最も古い教会です。
f0116479_074853.jpg

f0116479_06406.jpg

早くから欧米文化に接してきた神戸は関西のキリスト教普及の先進地でもありました。開港当初、外国人居留地内に建てられた教会は街の広がりと共に周辺地区に移り、地域に定着して行きます。特にこの山手地区には数多くの教会が建てられました。
f0116479_084783.jpg

f0116479_010418.jpg

設計者の原科準平は大蔵省の技官として多くの庁舎の建築を手がけた後、独立して設計事務所を興します。神戸にも多くの作品が建てられましたが失われたものが多く、現在ではこの教会が唯一残っています。
f0116479_0114644.jpg

階段を上った先に大きなアーチに囲まれた正面入口が設けられています。
f0116479_0172714.jpg

f0116479_0175195.jpg

f0116479_0182815.jpg

f0116479_019367.jpg

f0116479_0193428.jpg

一際高く聳える尖塔
f0116479_0215119.jpg

f0116479_0223996.jpg

f0116479_0225840.jpg

こちらは側面です。
f0116479_0251113.jpg

f0116479_0254513.jpg

f0116479_0262561.jpg

f0116479_0265359.jpg

裏側の様子
f0116479_0322082.jpg

西側の通用口から覗いた内部
f0116479_0281357.jpg

詳細ディティールをもう少し
f0116479_0295944.jpg

f0116479_0292227.jpg

f0116479_0304180.jpg

f0116479_0312775.jpg

多くの宗派によって神戸市内各所に建てられた教会は阪神淡路大震災によって大きな被害を受けます。ほとんどの教会が全壊、ないしは崩壊を免れたものの修復不能で取り壊しの憂き目を受ける中、唯一この教会だけが改修されて元の姿を取り戻します。戦災と震災を潜り抜けたこの教会は神戸の文化と歴史の欠かせない遺産となっています。
f0116479_0325153.jpg


by sunshine-works | 2008-04-20 00:40 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 16日
神戸地方裁判所
神戸中央区の近代建築その40

神戸駅から北方向、山手側へ探訪を進めます。オフィスや商業地区で賑わうJR線の南側に対し、北側は官庁や文教施設が集まる閑静な雰囲気漂う一帯となっています。この一角に置かれている神戸地方裁判所には旧建物の煉瓦壁が再生保存されています。元々の建物は明治37年に河合浩蔵の設計で建てられました。
f0116479_0112327.jpg

f0116479_0131613.jpg

古典様式で建てられた煉瓦造3階建の大きな建物でした。河合浩蔵が留学したドイツの影響を受けていると言われています。
f0116479_0134045.jpg

f0116479_0142366.jpg

f0116479_0145263.jpg

f0116479_0265424.jpg

河合浩蔵は技官として多くの官公庁の建物を手掛けた後、神戸で独立しました。置塩章や清水栄二、渡辺節等が大正・昭和初期に神戸で活躍しましたが、その前の時代を代表する設計者として創成期の神戸に様々な作品を残しました。ちなみに、この神戸地方裁判所は氏の独立前の最後の作品になります。
f0116479_0153495.jpg

f0116479_016345.jpg

f0116479_0165292.jpg

f0116479_0171194.jpg

f0116479_0184734.jpg

f0116479_018359.jpg

f0116479_0191787.jpg

f0116479_0424656.jpg

ほぼ全周に渡って旧建物の外壁が取り込まれています。建物の高層化に伴って屋根は撤去され、代わりに鏡面仕様のガラス壁で上層階が重ねられています。
f0116479_0212485.jpg

f0116479_020335.jpg

f0116479_0253684.jpg

f0116479_0215863.jpg

上層部を目立たせない配慮からガラス壁としています。空と同化させる効果を狙ったのでしょうが、やはり違和感は拭えません。
f0116479_0233991.jpg

保存された部分は明治の造りとは思えない良好な状態です。
f0116479_0244827.jpg

f0116479_0241683.jpg

f0116479_038247.jpg

f0116479_0485436.jpg

f0116479_039268.jpg

この建物の再生についてはその賛否が様々に論議されて来ました。外壁の保存方法としては他にも例のある手法なのですが、ガラス壁の新造部分との相性が想像以上に無理があったようです。そもそも、敷地に余裕があるこの施設を、あえて高層化する必要があったのでしょか。新館を建て、旧館は補強して別用途に転用したほうが良かった様な気がします。
f0116479_0272961.jpg


by sunshine-works | 2008-04-16 00:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 12日
旧神戸瓦斯本社(神戸ガスビル)
神戸中央区の近代建築その39

神戸駅の西側に位置する新開地は、かって神戸最大の歓楽街でした。この新開地の入口に美しいアールを描いて建つこのビルは神戸瓦斯株式会社の本社として昭和12年に建てられました。関西で数々の名建築を手掛けた渡辺節の設計です。
f0116479_2340235.jpg

新開地は湊川の付替えに伴って河川敷を埋め立てて開かれた街です。後背地に福原遊郭を控え、演芸場や飲食店が軒を並べる東京の浅草や大阪の新世界に相当する庶民の娯楽の中心地でした。
f0116479_23412066.jpg

f0116479_23414645.jpg

f0116479_23452965.jpg

神戸を中心とした兵庫県を供給エリアとした神戸瓦斯ですが、昭和20年に大阪ガスと合併します。現在は大阪ガスの事業所として使われています。
f0116479_23462259.jpg

現在は2階以上の外壁にパネルが貼られていますが、当初は化粧タイルが貼られていたようです。
f0116479_2344675.jpg

f0116479_23451057.jpg

歓楽街だった新開地の入口にはこの神戸瓦斯の本社と、ライバルにあたる神戸電燈の本社が並んで建てられていました。近代都市を支えるインフラ供給者である両社は神戸で最も賑やかだった場所に居を構える事となりました。需要拡大に利用者への啓発が欠かせない両社にとって、この場所は最良の場所だったのかも知れません。本社機能と併せて館内はショールーム機能や料理教室を開くPRスペースとなっていました。
f0116479_23553063.jpg

裏側は4階部分に張り出し窓がある以外は特徴の無い、あっさりしたデザインです。
f0116479_2351195.jpg

f0116479_23495194.jpg

f0116479_2350102.jpg

f0116479_23504981.jpg

f0116479_23514221.jpg

定礎には皇紀で竣工年が記されています。
f0116479_23543090.jpg

渡辺節の代表作である綿業会館、大ビル、大阪商船ビル等と比較すると、このビルはやや趣を異にします。外観はモダ二ズムのスタイルでまとめられ、館内はアールデコ風にデザインされています。
f0116479_23561050.jpg

市松模様に配色された床や当時では珍しいステンレスフレームのガラスドアが配された廊下は現在の感覚でも斬新なデザインです。
f0116479_23555386.jpg

f0116479_23565091.jpg

f0116479_23571266.jpg

f0116479_23573592.jpg

f0116479_2358599.jpg

f0116479_23582466.jpg

磨き上げたステンレスが美しいエレベータ扉。
f0116479_23592145.jpg

神戸一の歓楽街として栄えた新開地ですが、繁華街が三宮に移った今では街の様相はすっかり様変わりしてしまいました。演劇場や映画館はマンションに姿を変え、沿道の店舗も今は数える程になってしまいました。このビルはモダンな建物が立ち並んでいた往時を偲ばせる唯一残された遺構になっています。
f0116479_00315.jpg


by sunshine-works | 2008-04-12 01:44 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)
2008年 04月 08日
JR神戸駅
神戸中央区の近代建築その38

東海道本線の終着駅で山陽本線の始発駅でもあるJR神戸駅。昭和5年に建てられた駅舎が現在も使われています。設計:鉄道省
f0116479_22243338.jpg

神戸駅は明治7年、大阪-神戸間に鉄道が敷設された際に置かれた駅です。現在の駅舎は初代の煉瓦造駅舎から数えて3代目にあたり、東海道線の終着駅に相応しい風格を備えた造りとなっています。
f0116479_22462579.jpg

f0116479_062528.jpg

f0116479_2245346.jpg

f0116479_22464862.jpg

鉄道が敷かれた当時、三宮や元町はまだ市街化されておらず、この一帯が神戸の中心でした。駅周辺に官公庁や事業所が集まり、隣接する新開地や湊川地区は商業地区・歓楽街として大阪をしのぐ賑わいを呈していました。
東に市域が移ってしまった現在では、かっての繁盛ぶりを想像しづらいのですが、この立派な駅舎はその昔の栄えていた良き時代を偲ぶ事が出来ます。
f0116479_23233657.jpg

f0116479_09766.jpg

f0116479_23235226.jpg

f0116479_2325193.jpg

太い丸柱が並ぶコンコース内部。
f0116479_23274655.jpg

f0116479_23282319.jpg

f0116479_23284742.jpg

f0116479_23291046.jpg

f0116479_23294551.jpg

f0116479_23302232.jpg

f0116479_2331498.jpg

かっては多くの特急が発着した神戸駅も、やがて三宮駅にその座を奪われ、さらに新幹線開通によって中心駅としての役割を終えます。近代の神戸の街の基点となったこの駅は、各地の主要都市の駅舎の中では(東京駅を別格にすれば)現役で活躍する数少ない戦前に建てられた駅舎でもあります。
f0116479_23592623.jpg


by sunshine-works | 2008-04-08 00:15 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 04月 04日
旧神戸港第4突堤信号所
神戸中央区の近代建築その37

ハーバーランドの隣は岸壁にそった遊歩道となっています。ここにはかっての神戸港信号所が移築保存されています。大正10年、新港第4突堤に建てられました。
f0116479_21443925.jpg

この信号所は沖合いの船舶に海象や警報を流したり、入出港の管制をする為の施設です。信号旗や電光によって情報を伝えていました。当初は第4突堤に建てられ、その後第5突堤に移り平成2年まで使用されました。
f0116479_21454782.jpg

f0116479_21462488.jpg

f0116479_21493813.jpg

f0116479_21505643.jpg

石造の基礎の上に鉄骨のタワーが乗る構造になっています。高さ46メートル、上部の監視所とはエレベータで結ばれています。
f0116479_2147276.jpg

f0116479_2148157.jpg

f0116479_21473335.jpg

f0116479_2149979.jpg

f0116479_21483698.jpg

後方の神戸ポートタワーに引けを取らない美しいシルエットです。
f0116479_2241172.jpg

f0116479_2293451.jpg

ハーバーランドの東側の棟の屋上にはかっての望楼が移築されています。この塔は信号所ではありませんが港の船舶の入出航を監視する施設として使われていたようです。
f0116479_21573677.jpg

f0116479_215867.jpg

f0116479_21583977.jpg

f0116479_2159812.jpg

このような特殊な施設は転用が利かず、役割を終えた後は撤去されてしまう事が多いのですが、この信号所のように優れた観光施設として利用する事も可能です。
f0116479_21593340.jpg


by sunshine-works | 2008-04-04 01:52 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)