タグ:神戸市中央区 ( 66 ) タグの人気記事

2008年 06月 24日
旧トーマス邸(風見鶏の館)
神戸中央区の近代建築その56

萌黄の家の隣には北野地区で最も有名な異人館、旧トーマス邸が建っています。ドイツ人貿易商トーマス氏の自邸として明治42年に建てられました。設計は明治後期に日本で活躍したドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデです。
f0116479_22592197.jpg
煉瓦壁にハーフティンバーを組み合わせたドイツ古典様式の重厚な洋館です。多くの異人館がコロニアル様式で建てられている中でこの煉瓦造りの建物の存在感は際立っています。
f0116479_231274.jpg
f0116479_2323414.jpg

f0116479_0305746.jpg

急勾配の屋根の頂部に取り付けられた風見鶏から「風見鶏の館」の愛称で知られています。神戸の観光案内に必ず採り上げられる北野のシンボルとなっています。
f0116479_2342254.jpg

f0116479_2351520.jpg

f0116479_1395591.jpg

煉瓦壁の基本部分に木造で奥行き部分と上階を接いだ構造です。異なった素材が巧みに組み合わされ、それぞれの持ち味が引き出されています。
f0116479_23371485.jpg
f0116479_2337467.jpg

f0116479_23382570.jpg

f0116479_23401910.jpg

f0116479_23405254.jpg

がっしりした礎石の上に美しく積み上げられた煉瓦の壁。
f0116479_2339199.jpg

f0116479_023766.jpg

f0116479_23413020.jpg

f0116479_23561268.jpg

f0116479_2342117.jpg

f0116479_0113083.jpg

玄関とその周辺です
f0116479_062265.jpg
f0116479_065940.jpg

f0116479_073739.jpg
f0116479_08232.jpg
f0116479_083029.jpg
f0116479_084873.jpg
f0116479_092484.jpg

館内は木の質感が重厚な雰囲気を醸しています。
パンフレットによれば室内の意匠はドイツの伝統様式をベースにアールヌーボーの要素が加えられているそうです。
f0116479_0202017.jpg
f0116479_0205265.jpg
f0116479_0211495.jpg
f0116479_0215287.jpg

f0116479_0224413.jpg
f0116479_0233040.jpg
f0116479_0235262.jpg
f0116479_0242276.jpg
f0116479_0245566.jpg

f0116479_0261243.jpg
f0116479_0251298.jpg

観光名所として賑わう北野地区のシンボルとして大きな役割を果たした建物です。
現在の北野は賑わいと引き換えに俗化してしまったとの見方もありますが、無秩序な開発から町並みが守られて来た事を思えば、ある面仕方の無い事かもしれません。
f0116479_135689.jpg


by sunshine-works | 2008-06-24 01:49 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 20日
旧シャープ邸
神戸中央区の近代建築その55

更に北野坂を上って行くと北野通りと交差します。この一角の見晴らしの良い高台に旧アメリカ総領事ハンター・シャープ邸として建てられた洋館が見えてきます。明治36年築。設計はA.N.ハンセルです。
f0116479_2171477.jpg

この建物は昭和62年の修復工事の際にオリジナルの色・萌黄色に復され、以来「萌黄の館」の愛称で親しまれています。下見板の外壁が白色で塗られている洋館が多い北野地区の中では独特の色合いです。
f0116479_2184219.jpg

1階を開放式、2階をガラス張りとしたベランダコロニアル様式。東側と西側には、それぞれベイウインドウが設けられています。
f0116479_2113276.jpg

f0116479_21121610.jpg

f0116479_2110174.jpg

アメリカ総領事の自邸として建てられた後、数回所有者が変わり最後は神戸電鉄社長の小林秀雄氏の所有となります。現在は小林家の名義のまま神戸市が借り受け、観光施設として公開されています。
f0116479_21104013.jpg

f0116479_21112090.jpg

f0116479_21152390.jpg

f0116479_2114549.jpg

f0116479_2116398.jpg

f0116479_21264615.jpg

f0116479_2124081.jpg

f0116479_21284162.jpg

2階のガラス枠の幾何学模様はこの館のシンボルマークに使われています。
f0116479_21252357.jpg

f0116479_21133124.jpg

f0116479_21135730.jpg

f0116479_2114267.jpg

この窓だけが蜂の巣模様の窓枠になっています。
f0116479_21171187.jpg

テラス中央の入口上部にはステンドグラスが嵌められています。
f0116479_21174919.jpg

室内の壁も萌黄色がベース。
f0116479_2119017.jpg

f0116479_21191510.jpg

f0116479_21193899.jpg

f0116479_2120176.jpg

こちらは裏側です
f0116479_21255981.jpg

f0116479_21272076.jpg

細かな部分まで手入れが行き届き、原形が良く保たれています。明治中期に続々と建てられた北野の異人館の典型例として、見所の多い建物です。
f0116479_2129080.jpg


by sunshine-works | 2008-06-20 01:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 16日
旧シェー邸(北野物語館)
神戸中央区の近代建築その54

異人館通りと交わる北野坂を上っていく左手に旧シェー邸が見えて来ます。この館は幾度か持主が代わり現在は神戸市の管理物件となっています。明治40年築。
f0116479_05171.jpg

案内板によると、この建物は元々はこの場所から北東300メートル離れた場所に建っていたそうです。阪神淡路大震災で大きな被害を受けた後に神戸市が譲り受けてこの地に移設、北野物語館の名称でカフェ&資料館として公開されていましたが現在は閉館されています。
f0116479_082524.jpg

アメリカ人シェー氏の邸宅として建てられ、その後数度所有者が変わりましたが、NHKの朝のドラマのモデルとなったドイツ人パン職人が最後の所有者となりました。(旧神戸ユニオン教会に店舗を設けたフロインドリーブ氏の実家)
北野地区が観光名所となるきっかけとなったドラマ所縁の建物として、後ほど紹介するトーマス邸と並んでシンボル的な存在でした。
f0116479_074487.jpg

f0116479_0333872.jpg

寄席棟造、下見板張り、白いペイントの外壁と深緑に塗られた窓は北野に良く見られるパターンです。他の多くの異人館にあるガラスを張ったベランダはごく小さめとなっています。
f0116479_062034.jpg

f0116479_07311.jpg

移築された際に修復が施されており、各部の状態は悪くないのですが、閉館して数年経過しているのが気がかりです。通気や保守は行われているとは思いますが空家で放置すると建物の劣化が進むとは良く言われる事です。
f0116479_095731.jpg

f0116479_0101677.jpg

閉ざされたままの玄関と窓。
f0116479_0202532.jpg

f0116479_0183547.jpg

f0116479_019755.jpg

f0116479_0195998.jpg

網代組の天井。灯具は当時のものでしょうか?
f0116479_022368.jpg

震災でかなりのダメージを受けたそうですが、修復に際しては昔の資料に基づいてオリジナルに近い状態が再現されています。新旧の部材が使われていると思われますが違和感無く仕上がっています。
f0116479_023145.jpg

f0116479_024816.jpg

f0116479_0242628.jpg

f0116479_0271475.jpg

隣接する南側は空き地となって造成工事が進められています。今まで見れなかった南西側の様子が良くわかります。(隣地に何が出来るかも気になります)
f0116479_025166.jpg

f0116479_0253938.jpg

f0116479_026332.jpg

f0116479_0262681.jpg

f0116479_0265437.jpg

北野坂の目立つ場所に佇むこの建物がこの後どうなるのか、非常に気がかりです。
折角修復した建物をこのまま放置されたような状態で置いておくのは何とも勿体ない事です。
f0116479_0343483.jpg


by sunshine-works | 2008-06-16 01:18 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 12日
旧ゲンセン邸(神戸華僑総会)
神戸中央区の近代建築その53

異人館通りを更に東へ進みます。通りの北側は斜面を階段で上っていく家々が並んでいます。現在は華僑総会の施設となっているこの洋館も細い石段を上った先の眺めの良い高台に建っています。元々はゲンセン邸として建てられたこの建物は明治42年の築とされています。
f0116479_2241694.jpg

下見板の外壁、大きく巡らせたガラス貼りのテラス、鎧戸付のベイウインドウ等おなじみのコロニアル様式です。ガラス窓の範囲が大きく、前面の大部分は窓となっています。
f0116479_22421117.jpg

f0116479_23104670.jpg

f0116479_2338537.jpg

f0116479_23465965.jpg

f0116479_23462369.jpg

f0116479_23365955.jpg

窓の範囲は側面にも大きく回り込んでいます。
f0116479_23382215.jpg

この建物の旧名称であるゲンセン氏の来歴を探してみましたが詳しい情報は判りませんでした。名前からはドイツ系と思われますがどのような人物だったのかは不明です。
f0116479_22444868.jpg

f0116479_2244439.jpg

この建物は公開されていないのですが、運良く管理の方に許可を得て撮影が出来ました。観光施設や商業施設然としていない、自然な風合いが良い味を出しています。
f0116479_22453412.jpg

f0116479_22461149.jpg

石の基礎の間は格子が組まれて通気口になっています。
f0116479_23451591.jpg

側面の基礎は煉瓦を積み上げています。
f0116479_23481314.jpg

f0116479_23473772.jpg

側面に設けられた玄関。
f0116479_23494113.jpg

f0116479_23501465.jpg

f0116479_23504062.jpg

側面からの眺め。大きな切妻が特徴的です。
f0116479_23532313.jpg

f0116479_23534194.jpg

下の通りから見上げた眺め。下の車庫の妻屋根の形は意図的に本宅に合わせてあるように思えます。
f0116479_0185373.jpg

北野地区には今も住居として、あるいはこの旧ゲンセン邸のように団体の施設として、家屋本来の使われ方をしている建物が少数ながら残っています。建物として最も望ましいのは家として使い続ける事なのですが、維持・管理していくのはなかなか難しくなって来ているようです。
f0116479_04941100.jpg


by sunshine-works | 2008-06-12 00:55 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(1)
2008年 06月 08日
旧グラシアニ邸
神戸中央区の近代建築その52

旧ハンセル邸の斜め向かい側に建つ白く塗られたこの建物は、フランス人グラシアニ氏の邸宅として建てられました。現在はレストランとして使われています。明治41年築。
f0116479_9572584.jpg

道路から一段上がった場所に建ち、白く塗られた外壁が良く目立ちます。規模としてはやや小ぶりですが大きなガラス窓やアクセントのバラスターが美しい洋館です。
f0116479_10264689.jpg

f0116479_1039969.jpg

f0116479_10135494.jpg

f0116479_10114522.jpg

f0116479_1013662.jpg

前庭に貼られたデッキはオープンテラスになっています。
f0116479_10184413.jpg

f0116479_1019936.jpg

f0116479_1019463.jpg

石段を上る玄関へのアプローチ
f0116479_10395816.jpg

f0116479_10121344.jpg

f0116479_1023941.jpg

f0116479_10234280.jpg

左手には鎧戸を持つ張出し窓
f0116479_10254935.jpg

側面、裏手の様子。下見板仕上げではない壁面は増築された部分と思われます。
f0116479_10345635.jpg

f0116479_10351140.jpg

f0116479_1036471.jpg

東天閣の例もそうですが、洋館と高級レストランの組み合わせは良く似合います。立地に恵まれればこのようなすばらしい転用事例になるようです。
f0116479_10432360.jpg


by sunshine-works | 2008-06-08 11:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 04日
旧ハンセル邸(シュウエケ邸)
神戸中央区の近代建築その51

トアロードから右手に折れる山本通りは別名異人館通りと呼ばれています。この山本通りと北側に並行する北野通り沿いは40棟近くの洋館が並ぶ重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。神戸中央区探訪の最後は、この北野地区の洋風建築を廻ります。

異人館街の入口に位置するこの建物は明治初期に建築家として活躍したA.N.ハンセルの自邸として建てられました。明治29年築、設計はもちろんA.N.ハンセルです。
f0116479_20564490.jpg

イギリス人のアレクサンダー・ネルソン・ハンセルが手掛けた作品はこの北野に建てられた多くの外国人貿易商の邸宅の他に神戸塩屋のグッゲンハイム邸や京都の同志社大学、平安女学院などが知られています。特に北野地区には多くの作品を残し、当時の神戸を代表する建築家でした。
f0116479_21191181.jpg

中央にバルコニーを配し、左右対象に八角形のテラスを設けたベランダコロニアル様式の典型的なスタイルです。
f0116479_21411620.jpg

f0116479_21393542.jpg

f0116479_2139367.jpg

f0116479_21423937.jpg

f0116479_21433394.jpg

f0116479_22204614.jpg

f0116479_058110.jpg

f0116479_1265267.jpg

f0116479_1232233.jpg

f0116479_0565733.jpg

北野に現存する異人館で本来の住居として使われている例は数少ないのですが、この建物は一部を観光施設として公開しつつ住居として今も使われています。使い込まれた自然な状態が良い味を出しています。
f0116479_0505942.jpg

f0116479_0512142.jpg

f0116479_0514236.jpg

f0116479_05215100.jpg

f0116479_0531286.jpg

f0116479_056585.jpg

f0116479_1254239.jpg

両脇の窓上から軒下へ繋がる反り返ったラインが面白い表現です。
f0116479_115955.jpg

f0116479_115474.jpg

どういうわけか屋根にさりげなく鯱鉾が飾られています。
f0116479_055768.jpg

f0116479_0543868.jpg

こちらは山本通りに面した北側。隣に並ぶ旧ディスレッセン邸もハンセルの設計です。
f0116479_0591396.jpg

f0116479_0593987.jpg

f0116479_0595635.jpg

f0116479_101333.jpg

一部分ですが室内も公開されています
f0116479_111634.jpg

f0116479_113867.jpg

f0116479_115974.jpg

f0116479_121457.jpg

多くの異人館を手掛けたハンセルの自邸に相応しく端正な美しさを感じる建物です。
f0116479_1163791.jpg


by sunshine-works | 2008-06-04 23:51 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(3)
2008年 05月 31日
旧兵庫県信用組合連合会(神戸韓国領事館)
神戸中央区の近代建築その50

パールストリートから1本南側、中山手通りに面して建つこの建物は兵庫県信用組合連合会のビルとして昭和4年に建てられました。設計:置塩章。
f0116479_22273795.jpg

兵庫県営繕課長として多くの公共建築を手掛けた置塩章の独立間もない頃の作品です。比較的小さな建物ですが要所要所には様々な装飾表現が施されています。
f0116479_22452320.jpg

f0116479_22443563.jpg

f0116479_22441459.jpg

正面側は全面にスクラッチタイルが貼られています。タイルは均一で滑らかな貼り方ではなく、煉瓦壁のように凸凹した仕上げになっています。タイルではなく厚みのあるスクラッチ模様の石材かも知れません。
f0116479_2253672.jpg

f0116479_22534752.jpg

f0116479_22543181.jpg

f0116479_22545270.jpg

面格子も良い雰囲気です。
f0116479_2321633.jpg

f0116479_2335398.jpg

窓間は付柱で飾られ、軒には細密な蛇腹が廻らされています。
f0116479_23112981.jpg

f0116479_2365536.jpg

シンメトリーなデザインの中央に設けられた玄関。
f0116479_2302100.jpg

f0116479_2259418.jpg

f0116479_22593570.jpg

f0116479_2305762.jpg

f0116479_2304335.jpg

f0116479_231206.jpg

神戸を拠点に活躍した置塩章ですが、神戸市内に現存する作品はあまり多くはありません。(数で言えば地方の公共建築の方が多いかもしれません)
氏の代表作、旧国立生糸検査所建物の存続が微妙な立場なだけに、良好な状態で残されているこの建物の存在意義は高いと思われます。
f0116479_2313386.jpg


by sunshine-works | 2008-05-31 23:54 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 27日
神戸回教寺院(ムスリム・モスク)
神戸中央区の近代建築その49

トアロードと交わるパールストリートを東へ進み北野を目指します。右手に見えてくるイスラム風の建築物は昭和10年に建てられた現存する日本最古の回教寺院です。設計J.J.スワガー
f0116479_21502756.jpg

設計者のスワガーは横浜の山手教会の設計者として知られています。他にも多くのカトリック系の宗教施設を手掛けているのですが、その中でこのイスラム建築は異彩を放つ存在です。
f0116479_21563538.jpg

中央に大きなドームが置かれ、周囲に4つの尖塔が並びます。
南アジア系のイスラム教徒が多かった事もあってか、どこかインド風のデザインを感じます。
f0116479_2154518.jpg

f0116479_21534622.jpg

f0116479_2231419.jpg

国際貿易港として発展した神戸には南アジアやトルコ出身の貿易商も数多く居住していました。これらの人々によって日本で最初の本格的な礼拝施設として建てられたのがこのモスクです。信教の自由が認められた明治に始まる日本のイスラム教はイスラム圏の外国人コミューンが存在した神戸がその中心となりました。
f0116479_2202013.jpg

f0116479_21525530.jpg

普段なじみの無いイスラム寺院ですが、宗教施設ならではの厳かさな雰囲気が漂います。
f0116479_2262562.jpg

f0116479_2321630.jpg

f0116479_238498.jpg

f0116479_2392484.jpg

f0116479_2384915.jpg

f0116479_23135214.jpg

f0116479_2315493.jpg

*内部の見学も出来るそうです。gipsypapaさんのサイトに詳しい写真があります。
f0116479_23543047.jpg

各派のキリスト教会が市内各地に点在する神戸ですが、神戸の国際性を象徴するのがこのイスラム寺院をはじめユダヤ教やジャイナ教、関帝廟など種々様々な宗教施設です。世界各国の人々によって支えられてきた国際都市神戸ならではの光景でしょう。
f0116479_2324286.jpg


by sunshine-works | 2008-05-27 23:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 23日
旧ビショップ邸(東天閣)
神戸中央区の近代建築その48

トアロードをさらに北へ進みます。左手に見えて来るこの建物は北野地区で最も古い洋館と言われています。明治27年、ドイツ人ビショップ氏の邸宅として建てられました。
f0116479_2394564.jpg

開港当初、居留地に住んでいた外国人貿易商も、明治中期には周辺地区に居を移す様になります。特に高台で港が見下ろせる北野の丘陵地は多くの外国人が自邸を構え、いわゆる異人館地区として発展していきます。この建物が面しているトアロードは港と北野を結ぶ神戸の先進地区として栄え、流行・文化の発信地でもありました。
f0116479_2154497.jpg

f0116479_21554016.jpg

f0116479_23105938.jpg

その後立てられた多くの異人館と同じくベランダを配したコロニアル様式、下見板貼、寄棟造りです。当初開放式だった2階ベランダにガラスが嵌められているのも他の異人館と共通しています。
f0116479_21571059.jpg

f0116479_21563532.jpg

f0116479_21573481.jpg

f0116479_22312525.jpg

f0116479_2158575.jpg

この建物は昭和20年に高級中華料理の店舗に改装されました。現在は北野地区の多くの洋館が商業施設に転用されていますが、この建物は転用事例として先駆的な存在ではないでしょうか。
f0116479_2201985.jpg

f0116479_2215131.jpg

f0116479_2221291.jpg

各窓下にはこのようなレリーフ状の飾彫が配されています。
f0116479_225924.jpg

f0116479_2253985.jpg

もちろん窓には鎧戸が付けられています。
f0116479_2210128.jpg

f0116479_2210514.jpg

北面は少し異なった様相です。
f0116479_22133822.jpg

f0116479_22143797.jpg

f0116479_22151170.jpg

f0116479_22155773.jpg

f0116479_22162678.jpg

神戸でも高級中華料理店として良く知られた店です。トアロードに面し、比較的大きな構えの邸宅だったこの建物は飲食店に転用するには最適の条件だった様です。
f0116479_22395620.jpg


by sunshine-works | 2008-05-23 23:24 | 近代建築 | Trackback | Comments(8)
2008年 05月 19日
旧北野小学校(北野・工房のまち)
神戸中央区の近代建築その47

旧居留地と北野を結ぶトアロードの坂の中腹に廃校となった小学校を利用した観光施設が建っています。このモダンな校舎は昭和6年に神戸市営繕課の設計で建てられました。
f0116479_220559.jpg

市の中心部と洋館が立ち並ぶ山手の住宅街を結ぶトアロード沿いに位置するこの小学校は神戸の小学校の中でも都会の真中に建てられた代表的な小学校です。昭和初期には神戸市内に鉄筋コンクリートの校舎が続々と建てられて行きますが、この校舎は当時建てられた中でも随一のモダンなデザインが各所に表現されています。
f0116479_22105063.jpg

f0116479_228579.jpg

f0116479_2211729.jpg

f0116479_22132971.jpg

f0116479_22151081.jpg

f0116479_22135180.jpg

f0116479_2228739.jpg

都心に立地する他の多くの小学校と同様に、この北野小学校も生徒数の減少によって統合され廃校となってしまいます。残された校舎の再利用を模索した神戸市が出した結論は地元神戸の産品を紹介する商業・観光拠点とする事でした。かっての教室は物販施設に改装され多くの観光客が訪れる集客スポットとなりました。
f0116479_22161171.jpg

f0116479_22162741.jpg

f0116479_22164921.jpg

かって校庭だった裏側は観光バスの駐車場となっています。
f0116479_22294846.jpg

f0116479_2230549.jpg

f0116479_22562760.jpg

館内にも当時そのままの素晴らしい意匠が残っています。
f0116479_22202677.jpg

f0116479_22205412.jpg

f0116479_22211936.jpg

f0116479_22214556.jpg

小学校にしてステンドグラスが設けられています。
f0116479_22231144.jpg

この照明器具は後年の物でしょうか。
f0116479_2239899.jpg

f0116479_22244863.jpg

玄関周りをもう少し
f0116479_22254547.jpg

f0116479_2226335.jpg

f0116479_22264277.jpg

f0116479_2227166.jpg

f0116479_22581456.jpg

廃校となった校舎の再生方法として、条件に恵まれればこのように観光施設に転用が出来るのですが、むしろこれは稀有な例でしょう。観光地でも商業地区でもない、ごく普通の街中に残された廃校の多くは再開発の名の下で思い出が詰まった校舎の解体を余儀なくされているのが現実です。
f0116479_22303320.jpg


by sunshine-works | 2008-05-19 23:03 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)