タグ:橋梁・隧道 ( 123 ) タグの人気記事

2008年 11月 15日
天神橋
神戸須磨区の近代建築その2

須磨区の海岸線に沿って東西に伸びる主要幹線 国道2号線とJR山陽本線。基点の大阪市内からずっとJR線の南を併行していた国道2号線は須磨駅に差しかかる手前で一旦北側へ出ます。今回はこの地点に架けられた古い跨線橋を紹介します。竣工:昭和2年
f0116479_21442876.jpg

並行する路線を緩やかに跨ぐ道路橋です。路盤が広く、交差する角度が小さいので跨線橋としては大きな橋となっています。橋の名は麓にある天満宮に因んで付けられました。
f0116479_21494081.jpg

f0116479_21504959.jpg

f0116479_2151839.jpg

f0116479_21513146.jpg

f0116479_2152352.jpg

橋の構造としてはポニータイドアーチと呼ばれる一般的な形式ですが、斜めに路線を跨いだ為に左右のアーチ位置が大きくずれているのが特徴です。
f0116479_2158725.jpg

f0116479_21565790.jpg

f0116479_2224142.jpg

f0116479_2231272.jpg

f0116479_2235199.jpg

橋は中央の鉄骨のアーチ橋と前後のコンクリート橋、戦後線路幅を拡げた際に中間に接がれた鋼製の橋の3つの部位で構成されています。
f0116479_2153376.jpg

f0116479_0231444.jpg

道路取付部から中央アーチまでを結ぶRC部分。
f0116479_22373498.jpg

f0116479_2233197.jpg

f0116479_22333338.jpg

f0116479_2234371.jpg

側面からの眺め
f0116479_2235160.jpg

f0116479_2235281.jpg

f0116479_2239349.jpg

f0116479_2236657.jpg

f0116479_22363433.jpg

f0116479_22365361.jpg

f0116479_2239234.jpg

f0116479_2240143.jpg

f0116479_22413137.jpg

建築物に比べて耐用年数が長い橋梁には長い年月を経て今も現役で活躍する施設が数多く残っています。この橋も築80年以上経た現在も主要幹線の要としての勤めを果たし、地域に欠かせない景観の一部となっています。
f0116479_0171616.jpg


by sunshine-works | 2008-11-15 23:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 10日
大輪田橋
神戸兵庫区の近代建築その12

沿岸部の工場地帯とJR線沿いの市街地の間を縫うように日本最大の運河、兵庫運河が水路を巡らせています。今回はこの運河の河口近くに架けられた美しい橋を紹介します。
f0116479_2244030.jpg

兵庫港の南側に突き出た和田岬を経由せずに須磨方面と港を結ぶ経路として開削されたのが兵庫運河です。東側の新川運河、中央の兵庫運河、南西部の苅藻運河の3つの運河から成るこの運河の中で、最初に完成した新川運河は主に荒天時の退避港として利用されました。
大輪田橋はこの新川運河の中央を跨ぐコンクリート造の3連アーチ橋として大正13年に竣工しました。
f0116479_22425775.jpg

f0116479_2374273.jpg

f0116479_22453793.jpg

市街地を流れる大きな川が無い神戸市ですが、この運河が開かれた兵庫の町は市街の各所が川で別たれ、それぞれが橋で結ばれる町並みを形成しています。
運河の延伸に伴い岸と岸を結び水路を跨ぐ多くの橋が築かれていきました。
f0116479_2245341.jpg

f0116479_225457100.jpg

いかにも大正期に築かれた橋らしいどっしりとしたデザインです。
f0116479_22462072.jpg

f0116479_22481080.jpg

f0116479_22494898.jpg

f0116479_22483439.jpg

f0116479_22485698.jpg

f0116479_2254921.jpg

f0116479_2385178.jpg

f0116479_2323851.jpg

この橋は戦災と震災のそれぞれに大きな災禍を被った歴史を持っています。戦時中の神戸空襲の際にはこの橋に殺到した多くの避難民が炎に巻かれ亡くなりました。50年後の阪神淡路大震災では橋の4隅にあった親柱の3本が倒壊し破損する被害を受けました。以来この橋の親柱は1本だけが残り、傍らには折れた親柱がモニュメントとして置かれています。
f0116479_22504519.jpg

f0116479_2251227.jpg

f0116479_2301816.jpg

f0116479_22523549.jpg

f0116479_233338.jpg

f0116479_2253441.jpg

f0116479_22532016.jpg

f0116479_22534411.jpg

老朽化や再開発を理由に歴史的な建築物が失われて行くのと同様に、多くの橋も架け替えられていく運命にあります。多くの人々に親しまれた由緒ある橋を現用のまま維持していく事は確かに手間隙のかかる事ですが、街並みに溶け込んだ美しい景観は何物にも代え難いものです。
f0116479_1185147.jpg


by sunshine-works | 2008-10-10 23:45 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)
2007年 02月 01日
武庫大橋
尼崎の近代建築その15/西宮の近代建築その1
尼崎の近代建築シリーズ最後は西宮市との境、武庫川に架かる美しい橋を紹介します。
f0116479_23191492.jpg

f0116479_23192715.jpg

昭和2年築。設計は橋梁設計のスペシャリスト増田淳。
*神戸新聞のコラムに参考記事があります。
f0116479_1227843.jpg

阪神間の大動脈 国道2号線の橋です。専門用語ではRC開腹アーチ橋と言うそうです。
f0116479_12292189.jpg

f0116479_1243885.jpg

f0116479_0382747.jpg


f0116479_12304488.jpg

f0116479_12322966.jpg

f0116479_12401362.jpg

f0116479_1233344.jpg

f0116479_1233559.jpg

こちらは上流側からの眺め
f0116479_1235271.jpg

f0116479_123673.jpg

f0116479_12363396.jpg

両側にバルコニー(見晴らし台)が付けられています。
f0116479_1237943.jpg

f0116479_12373699.jpg

橋の東詰、尼崎側の親柱
f0116479_12384797.jpg

f0116479_1239435.jpg

f0116479_12391877.jpg

橋上の様子
f0116479_12461812.jpg

f0116479_12463843.jpg

f0116479_12471150.jpg

f0116479_12482778.jpg

f0116479_020135.jpg

f0116479_0204589.jpg

バルコニーは片面2箇所、計4箇所に設けられています。
f0116479_0235594.jpg

f0116479_0242256.jpg

f0116479_0244149.jpg

f0116479_0251151.jpg

欄干越しに見えるのは甲子園ホテル(設計:遠藤新)
f0116479_0264100.jpg

f0116479_0262757.jpg

f0116479_0265122.jpg

橋の西詰、西宮側です。
f0116479_031226.jpg

f0116479_03265.jpg

f0116479_0323121.jpg

f0116479_028413.jpg


尼崎の近代建築シリーズは今回で一先ず終了。次回より武庫大橋を渡って西宮の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-02-01 00:31 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)