タグ:橋梁・隧道 ( 126 ) タグの人気記事

2009年 01月 31日
旧小久保跨線橋
明石の近代建築その2

JR西明石駅北西の上ヶ池公園の片隅に一連のアーチ橋が置かれています。この橋は西明石駅の跨線橋だったものを当地に移設したものですが、元々は明治中期に架けられた九州鉄道の鉄道橋でした。
f0116479_1755312.jpg

昭和2年に九州から移設し跨線橋として平成6年まで使用され、新しい橋の架設に伴いこの公園に移されました。
f0116479_175754.jpg

橋の種類としてはボーストリングトラスと呼ばれる鋼橋で明治期に多く架けられた古いタイプの橋です。
九州鉄道(九州に最初に鉄道を敷設した私鉄で後に国営化)は明治20年代から30年代初期にドイツからこのタイプの橋を多数輸入し自社の路線に架設して行きました。この時に架けられた同社のボーストリングトラス橋の多くは九州鉄道での使命を終えた後も他所に移設され、様々な用途の橋として転用されます。100年以上を経た今日もこの橋の姉妹(兄弟)が各地に現存しています。
*詳細はこちらのサイトをご覧ください。
ドイツ ハーコート社製のこのタイプの橋は後進国でも技術的に対応出来る様に工法が工夫され、日本以外にも当時の発展途上国に数多く輸出されていたそうです。
f0116479_180389.jpg

f0116479_1801956.jpg

2連あった橋の1連が公園内の散策路の一部となっています。平地に設置され、もはや橋としては使われていません。
f0116479_182176.jpg

保護の為なのか安全の為なのか両サイドに手摺が付けられているのが目障りなところですが、鉄骨の質感とトラスの造形美に魅了されます。橋の細部をこれほど真近で観察出来る所はそうはありません。
f0116479_1832417.jpg

f0116479_1841321.jpg

f0116479_1845540.jpg

f0116479_1851777.jpg

f0116479_188918.jpg
f0116479_1883169.jpg

f0116479_188598.jpg

補修を施されているとは思いますが、明治中期の橋とは思えない良好な状態です。
f0116479_18558100.jpg

f0116479_187324.jpg

各部の接合にボルトとピンを多様しているのが特徴です。足元などは橋と言うより機械装置の様です。
f0116479_18101736.jpg

f0116479_18104259.jpg

f0116479_18111340.jpg

近代土木技術の発展によってこの形式の橋は廃れてしまいましたが、黎明期の地方鉄道を支え、その後も各地で生活に密接に結びついた橋として100年以上も現役を勤めた功績は多大なものがあります。
f0116479_1813357.jpg


by sunshine-works | 2009-01-31 18:52 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 13日
塩屋橋
淡路島の近代建築その2

県立淡路島公園内の昭和池に架けられているこの3連アーチのトラス橋は元々は淡路島の洲本市を流れる洲本川に架けられた橋でした。竣工:大正7年、兵庫県で最初の鋼橋と言われています。
f0116479_17533161.jpg

洲本川の下流、洲本の中心街に近い塩屋に架けらた橋でしたが、昭和33年に上流側に新しい橋が架けられた際に兵庫県美方郡に移設され戸田橋として昭和57年まで使用されました。その後再び淡路島に戻りこの公園で人道橋として利用されています。
f0116479_18182710.jpg

f0116479_18185335.jpg

緑豊かな公園の人造湖を渡る橋です。人道橋に改装された際に木の路床と手すりが加えられています。移設されたのはトラス部分なので橋脚は後年のものです。竣工時は6連のトラス橋でしたが移設時に分割され、現在は3連のみ現存しています。

橋の南詰から北へ渡ってみます。
f0116479_1829650.jpg

f0116479_18294616.jpg

f0116479_18321126.jpg

f0116479_18313734.jpg

f0116479_1835038.jpg

f0116479_1833239.jpg

f0116479_18334943.jpg

f0116479_1834178.jpg

L字鋼をリベットで接合したこの時代の一般的な工法です。
f0116479_1838024.jpg

橋の北詰から南側の眺めです
f0116479_18403325.jpg

f0116479_18394650.jpg

建築物と異なり、このような鋼製の橋は他の場所へ移設されその後も使い続けられる例が多くありました。分解や移送が容易で組み立ても比較的楽である事や構造や強度に応じて用途を軽減して行けば相応に転用出来る事がその理由でしょうか。架け替えに際しこのように移設・流用される橋が近年少なくなっているのは些か残念な事です。
f0116479_1921899.jpg


by sunshine-works | 2008-12-13 19:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 27日
福田橋
神戸垂水区の近代建築その2

塩屋から西へ1駅、垂水区の中心街JR垂水駅の傍を流れる福田川に2連アーチの橋が掛けられています。国道2号線の道路橋として大正15年に竣工し80年以上経た今も現役の橋です。
f0116479_226502.jpg

中心街を南北に流れる福田川の河口近くに掛けられた橋です。福田川は他の神戸の川と同様にさほど大きな川ではありませんが、それでも河口に近いこの辺りは川幅も広く、豊かに水を湛えています。
f0116479_22221137.jpg

f0116479_22224051.jpg

この時代に各地の都心に掛けられたコンクリート橋に多く見られるデザインです。緩やかに弧を描くアーチは貼石で飾られ、石の欄干の四隅には親柱と呼ばれる飾柱が添えられています。
f0116479_22475913.jpg

f0116479_22482399.jpg

f0116479_22484522.jpg

f0116479_2249598.jpg

f0116479_22495649.jpg

f0116479_22503241.jpg

f0116479_2251482.jpg

f0116479_22513251.jpg

f0116479_22515512.jpg

f0116479_22543011.jpg

二つのアーチを繋ぐ橋脚部分にはこのような飾りが付けられています。
f0116479_22593448.jpg

f0116479_230746.jpg

それまで唯一の交通路だった国鉄山陽線に加え大正期に私鉄の山陽電鉄が開通、更に国道2号線が整備された事で垂水は急速に神戸都市圏に組み組まれていきます。主要国道に掛かる橋として今日も多くの車が行きかうこの橋は垂水の発展の礎となりました。
f0116479_22234287.jpg

f0116479_0133190.jpg


by sunshine-works | 2008-11-27 23:55 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 15日
天神橋
神戸須磨区の近代建築その2

須磨区の海岸線に沿って東西に伸びる主要幹線 国道2号線とJR山陽本線。基点の大阪市内からずっとJR線の南を併行していた国道2号線は須磨駅に差しかかる手前で一旦北側へ出ます。今回はこの地点に架けられた古い跨線橋を紹介します。竣工:昭和2年
f0116479_21442876.jpg

並行する路線を緩やかに跨ぐ道路橋です。路盤が広く、交差する角度が小さいので跨線橋としては大きな橋となっています。橋の名は麓にある天満宮に因んで付けられました。
f0116479_21494081.jpg

f0116479_21504959.jpg

f0116479_2151839.jpg

f0116479_21513146.jpg

f0116479_2152352.jpg

橋の構造としてはポニータイドアーチと呼ばれる一般的な形式ですが、斜めに路線を跨いだ為に左右のアーチ位置が大きくずれているのが特徴です。
f0116479_2158725.jpg

f0116479_21565790.jpg

f0116479_2224142.jpg

f0116479_2231272.jpg

f0116479_2235199.jpg

橋は中央の鉄骨のアーチ橋と前後のコンクリート橋、戦後線路幅を拡げた際に中間に接がれた鋼製の橋の3つの部位で構成されています。
f0116479_2153376.jpg

f0116479_0231444.jpg

道路取付部から中央アーチまでを結ぶRC部分。
f0116479_22373498.jpg

f0116479_2233197.jpg

f0116479_22333338.jpg

f0116479_2234371.jpg

側面からの眺め
f0116479_2235160.jpg

f0116479_2235281.jpg

f0116479_2239349.jpg

f0116479_2236657.jpg

f0116479_22363433.jpg

f0116479_22365361.jpg

f0116479_2239234.jpg

f0116479_2240143.jpg

f0116479_22413137.jpg

建築物に比べて耐用年数が長い橋梁には長い年月を経て今も現役で活躍する施設が数多く残っています。この橋も築80年以上経た現在も主要幹線の要としての勤めを果たし、地域に欠かせない景観の一部となっています。
f0116479_0171616.jpg


by sunshine-works | 2008-11-15 23:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 10日
大輪田橋
神戸兵庫区の近代建築その12

沿岸部の工場地帯とJR線沿いの市街地の間を縫うように日本最大の運河、兵庫運河が水路を巡らせています。今回はこの運河の河口近くに架けられた美しい橋を紹介します。
f0116479_2244030.jpg

兵庫港の南側に突き出た和田岬を経由せずに須磨方面と港を結ぶ経路として開削されたのが兵庫運河です。東側の新川運河、中央の兵庫運河、南西部の苅藻運河の3つの運河から成るこの運河の中で、最初に完成した新川運河は主に荒天時の退避港として利用されました。
大輪田橋はこの新川運河の中央を跨ぐコンクリート造の3連アーチ橋として大正13年に竣工しました。
f0116479_22425775.jpg

f0116479_2374273.jpg

f0116479_22453793.jpg

市街地を流れる大きな川が無い神戸市ですが、この運河が開かれた兵庫の町は市街の各所が川で別たれ、それぞれが橋で結ばれる町並みを形成しています。
運河の延伸に伴い岸と岸を結び水路を跨ぐ多くの橋が築かれていきました。
f0116479_2245341.jpg

f0116479_225457100.jpg

いかにも大正期に築かれた橋らしいどっしりとしたデザインです。
f0116479_22462072.jpg

f0116479_22481080.jpg

f0116479_22494898.jpg

f0116479_22483439.jpg

f0116479_22485698.jpg

f0116479_2254921.jpg

f0116479_2385178.jpg

f0116479_2323851.jpg

この橋は戦災と震災のそれぞれに大きな災禍を被った歴史を持っています。戦時中の神戸空襲の際にはこの橋に殺到した多くの避難民が炎に巻かれ亡くなりました。50年後の阪神淡路大震災では橋の4隅にあった親柱の3本が倒壊し破損する被害を受けました。以来この橋の親柱は1本だけが残り、傍らには折れた親柱がモニュメントとして置かれています。
f0116479_22504519.jpg

f0116479_2251227.jpg

f0116479_2301816.jpg

f0116479_22523549.jpg

f0116479_233338.jpg

f0116479_2253441.jpg

f0116479_22532016.jpg

f0116479_22534411.jpg

老朽化や再開発を理由に歴史的な建築物が失われて行くのと同様に、多くの橋も架け替えられていく運命にあります。多くの人々に親しまれた由緒ある橋を現用のまま維持していく事は確かに手間隙のかかる事ですが、街並みに溶け込んだ美しい景観は何物にも代え難いものです。
f0116479_1185147.jpg


by sunshine-works | 2008-10-10 23:45 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)
2007年 02月 01日
武庫大橋
尼崎の近代建築その15/西宮の近代建築その1
尼崎の近代建築シリーズ最後は西宮市との境、武庫川に架かる美しい橋を紹介します。
f0116479_23191492.jpg

f0116479_23192715.jpg

昭和2年築。設計は橋梁設計のスペシャリスト増田淳。
*神戸新聞のコラムに参考記事があります。
f0116479_1227843.jpg

阪神間の大動脈 国道2号線の橋です。専門用語ではRC開腹アーチ橋と言うそうです。
f0116479_12292189.jpg

f0116479_1243885.jpg

f0116479_0382747.jpg


f0116479_12304488.jpg

f0116479_12322966.jpg

f0116479_12401362.jpg

f0116479_1233344.jpg

f0116479_1233559.jpg

こちらは上流側からの眺め
f0116479_1235271.jpg

f0116479_123673.jpg

f0116479_12363396.jpg

両側にバルコニー(見晴らし台)が付けられています。
f0116479_1237943.jpg

f0116479_12373699.jpg

橋の東詰、尼崎側の親柱
f0116479_12384797.jpg

f0116479_1239435.jpg

f0116479_12391877.jpg

橋上の様子
f0116479_12461812.jpg

f0116479_12463843.jpg

f0116479_12471150.jpg

f0116479_12482778.jpg

f0116479_020135.jpg

f0116479_0204589.jpg

バルコニーは片面2箇所、計4箇所に設けられています。
f0116479_0235594.jpg

f0116479_0242256.jpg

f0116479_0244149.jpg

f0116479_0251151.jpg

欄干越しに見えるのは甲子園ホテル(設計:遠藤新)
f0116479_0264100.jpg

f0116479_0262757.jpg

f0116479_0265122.jpg

橋の西詰、西宮側です。
f0116479_031226.jpg

f0116479_03265.jpg

f0116479_0323121.jpg

f0116479_028413.jpg


尼崎の近代建築シリーズは今回で一先ず終了。次回より武庫大橋を渡って西宮の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-02-01 00:31 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)