タグ:愛媛県 ( 4 ) タグの人気記事

2017年 05月 27日
松風橋

愛媛県四国中央市の近代建築その3

予讃線伊予土居駅の南東、旧街道に沿った家並みの途中に小さな煉瓦橋が架けられています。
県下で唯一の道路煉瓦アーチ橋となるこの松風橋は明治30年代の築と伝わります。
f0116479_11312502.jpg

四国山地から北流する古子川を渡る小さな一連アーチの煉瓦橋。路上からは境目が判り難く、うっかり見落としてしまいますが、河原に下りて側面に周ると煉瓦アーチならではの美しい姿を現します。
f0116479_11295558.jpg
f0116479_11293391.jpg


渇水期には殆ど枯れ川となり、ごつごつした丸石が転がる河原。旧土居村松之木と旧小富士村風留を跨ぐ橋として松風橋と名付けられました。

f0116479_11321012.jpg


f0116479_11322855.jpg
f0116479_11334500.jpg
f0116479_11413498.jpg
f0116479_11342981.jpg

この時代の殆どの煉瓦構造物に用いられたイギリス積み。小規模なアーチ橋ですが4重に巻かれた迫石、上縁部の張り出し、切石を積んだ基礎等細部に拘った意匠が伺えます。
f0116479_11392747.jpg
f0116479_11394880.jpg
f0116479_11402070.jpg



by sunshine-works | 2017-05-27 19:41 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 20日
旧為山堂医院
愛媛県四国中央市の近代建築その2

前回紹介した旧和田医院から南へ。住宅地の一角に古い木造医院が残されています。
現在は大西内科医院として使われているこの建物は大正元年に建てられました。
f0116479_12462465.jpg

塀で囲まれた病院敷地の北側に建つ木造2階建て下見板貼、入母屋屋根に和瓦を葺いた儀洋風建築。大きな和屋根や同じく瓦葺きの入口庇が印象的で、旧和田医院と比べると和風要素が強く出ていますが、窓周りやコーニスに本格的な西洋意匠が施されています。
f0116479_12472215.jpg
f0116479_12475077.jpg



瓦葺きの門構え、その隣には車庫と思われる建屋が並びます。

f0116479_12503129.jpg
f0116479_12500726.jpg
f0116479_12510552.jpg

敷地内に隣接するグループホーム側から眺めた建物正面。
f0116479_12583179.jpg
f0116479_12584999.jpg
f0116479_12595548.jpg
f0116479_13002121.jpg
f0116479_13003828.jpg






by sunshine-works | 2017-05-20 16:46 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日
旧和田医院
愛媛県四国中央市の近代建築その1

愛媛県の東部、香川県堺に近い川之江の市街地の一角に明治期の木造洋館が残されています。この建物は明治43年に和田医院として建てられました。
f0116479_15061948.jpg

木造2階建て、下見板貼り。角地の敷地に沿ってL字型に建物が配置されています。
設計施工は地元の棟梁。各所に本格的な洋式建築の技法を取り入れた和洋折衷様式です。
f0116479_14584828.jpg
f0116479_14473601.jpg
f0116479_15002954.jpg


縦長窓が並ぶ南面。
f0116479_15014224.jpg
f0116479_15015621.jpg

妻面軒下には破風飾りを添え、丸窓の通風口を配します。
f0116479_15005806.jpg
f0116479_15025115.jpg

現在は医院の役目を終えていますが、建物は状態良く保存されており、明治期の地方医院建築の姿を今に伝えます。
f0116479_15030970.jpg
f0116479_15034122.jpg


by sunshine-works | 2017-05-13 20:03 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 06日
愛媛の近代建築

今回より、四国3県目となる愛媛県の探訪を始めます。
四国の北西部に位置する愛媛県は温暖な気候に恵まれ、豊かな風土と産物を利して各地域に産業・文化が栄えました。明治以降も愛媛県は四国の西の玄関として発展を遂げ、多くの近代建築が建てられます。
四国山地の山あいから瀬戸内の島嶼部に至る県内各地に残されたこれらの近代化遺産、建築物の数々を紹介して行きます。


愛媛県庁本館は昭和4年築。戦前に建てられた県庁舎の数少ない現役建物です。
f0116479_16413069.jpg

道を挟んで建つ松山市三津浜の二つの近代建築。どちらも大正末期に建てられた社屋。
f0116479_12583616.jpg

伊予銀行八幡浜支店は昭和11年に旧豫州銀行本店として建てられました。戦前の銀行建物としては愛媛県内唯一の現役店舗です。
f0116479_13162603.jpg

現在は宇和米博物館として利用されている旧宇和町高等尋常小学校校舎。大正期から昭和初期の校舎や講堂が移築保存されています。
f0116479_13233159.jpg

内子の古い町並みに建つ昭和11年築の旧警察署。現在は観光案内所として使われています。
f0116479_13363587.jpg

こちらも旧警察署。明治17年に建てられた旧宇和島警察署は全国的にも希少な明治初期の警察庁舎の現存例です。
f0116479_13430866.jpg

昭和14年に建てられた新居浜市武徳殿。堂々たる近代和風建築。
f0116479_14362515.jpg

日本を代表する銅山として栄えた別子銅山。新居浜市内には数多くの遺構が現存します。
山深い東平地区に残る明治時代の選鉱施設跡。
f0116479_14505559.jpg

クラレ西条の前身は昭和初期に操業開始した倉敷絹織西条工場。竣工当時の建物施設の幾つかが現在も使用されています。
f0116479_15042559.jpg

今治市の近代水道は昭和11年の開設。当時建てられた水源地ポンプ室が健在です。
f0116479_15124153.jpg

来島海峡の沖合いに浮かぶ小さな島に残る明治期の要塞跡。島内各所に煉瓦や石造りの砲台や兵舎、付属施設が残されています。
f0116479_15274254.jpg

四国山地を源とする大小の河川に架けられた近代橋梁の数々。県内各地に様々な種類構造の橋梁が数多く現存します。

昭和10年架橋の長浜大橋は道路可動橋として唯一のもの。
f0116479_15373540.jpg

大洲市の中央部で肱川を渡る予讃線。肱川橋梁は昭和11年に架けられたプレートガーダー橋。
f0116479_15451898.jpg

伊予土居駅近くの小川を渡る美しい煉瓦アーチ橋。松風橋は明治後期に架けられました。
f0116479_15570751.jpg

石鎚山近くの山里に架けられた鉄筋コンクリートアーチ橋。大宮橋は昭和2年の竣工。
f0116479_16233057.jpg



by sunshine-works | 2017-05-06 18:12 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)