タグ:庁舎 ( 69 ) タグの人気記事

2012年 06月 11日
旧総社警察署
岡山県総社市の近代建築その3


総社市の旧市街の一角に明治期に建てられた旧警察庁舎が残されています。この建物は江川三郎八の設計により明治43年に建てられました。
f0116479_1456638.jpg

総社駅から東へ約1.5キロ、古い家並みが続く旧道に沿って進むと、神社の隣に木造下見板貼りの洋風建築が見えてきます。
築100年を越え今尚健在のこの建物は、昭和34年までを警察署として使われ、公共施設として幾度か転用を重ねた後、昭和63年から現在の郷土資料館として利用されています。
f0116479_14563441.jpg

f0116479_15302113.jpg

煉瓦の基礎に花崗岩を重ね、下見板の外壁を廻らせます。道路に面して上げ下げ式窓を並べ、玄関は南東角に配置。玄関内部はそのまま階段に繋がり、階段室とその上の小部屋で多角形に張出した楼閣を構成します。
f0116479_15332890.jpg

f0116479_15344661.jpg

f0116479_15351673.jpg

f0116479_15362153.jpg

f0116479_15364068.jpg

設計者の江川三郎八は技師として県内各地の学校建築を手がけましたが、校舎以外にも数多くの公共建物の設計に携わります。明治後期から大正期に掛けての県内公共建物の殆どが江川三郎八あるいはその門下の技師が手掛けたものと言われています。
100以上とも言われる作品の多くが木造で建てられた事もあり、学校建築を除くと現存例は多くありませんが、県技師として最も多忙を極めた明治後期、円熟期の作となるこの旧総社警察署は、宮大工から設計技師に転じ、独自の作風を作り上げた氏の庁舎建築における代表例と言えます。
f0116479_15365558.jpg

多くの学校建築に共通する「江川式」と呼ばれる様式は、入口のアーチ形状や2階の軒に見られるハーフティンバー等に踏襲されます。
f0116479_15505065.jpg

f0116479_1551315.jpg

コーナーに入口を設ける手法や、階段室を多角形に張出す意匠は当時の木造庁舎建築に多く見られます。
同じく江川三郎八の作とされる旧倉敷町役場(大正5年)にもこの様式が用いられ、規模もほぼ同等の二つの建物には多くの類似点があります。
f0116479_15592397.jpg

f0116479_161499.jpg

入口周りと付近の足元周りをもう少々。
f0116479_1624755.jpg

f0116479_1625862.jpg

f0116479_1631454.jpg

f0116479_1653833.jpg

裏面と側面です。
f0116479_1683341.jpg
f0116479_1681293.jpg

物置きと思しき小さな小屋。同時期の物と思われます。
f0116479_1695013.jpg

f0116479_16101481.jpg
f0116479_1610336.jpg

側面を廻って再び正面へ
f0116479_1619123.jpg

f0116479_16192335.jpg

館内を見て行きます。まずは1階部分。受付業務に充てられていたと思われ、カウンターが設けられています。
f0116479_1732136.jpg

f0116479_17344769.jpg

f0116479_17341745.jpg

奥の部屋には古民具や郷土資料が展示されています。
f0116479_1736030.jpg

f0116479_17361177.jpg

階段を2階へ進みます。
f0116479_17364079.jpg

f0116479_1736528.jpg

f0116479_17412815.jpg

玄関の真上の部屋。展望に優れたこの部分は応接室に使われていたようです。
f0116479_17402414.jpg

f0116479_17432544.jpg

f0116479_1744502.jpg

f0116479_17411086.jpg

奥の部屋には伝統産業だった備中売薬に関する資料が並びます。
f0116479_17441067.jpg

f0116479_17451853.jpg

f0116479_17453087.jpg

警察庁舎の現存例は全国に数多くありますが、それらの中でもこの旧総社警察署は様式性に優れ、明治期の木造庁舎の傑作として極めて貴重といえます。
f0116479_1746445.jpg


by sunshine-works | 2012-06-11 20:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 07日
旧篠山町役場
篠山の近代建築その1

現在の篠山市の基となった多紀郡4町の一つ、旧篠山町の中心街に木造平屋の旧役場が残されています。
この建物は大正12年から平成4年まで篠山町役場として使われ、その後は観光施設として利用されています。
f0116479_14201480.jpg

篠山城址の北隣、交差する通りに沿ってL型に建てられた木造平屋建てのモダンな建物です。
コーナーに設けた正面玄関を起点に左右がシンメトリーに配置され、それぞれの面にも入口が設けられています。
複雑に重なる丸みを帯びた玄関屋根、ハーフティンバー式の破風、屋根上の望楼、両側の玄関に見られる個性的な庇形状、玄関周りを飾る切石等々、装飾性に豊み、庁舎らしい風格を備えた建物です。
f0116479_14212045.jpg

f0116479_14204136.jpg

f0116479_14215194.jpg

独特の外観を持つこの旧篠山町役場ですが、一説には同町に置かれていた陸軍歩兵70連隊建物の意匠を模したと言われています。ルネッサンス様式を思わせる意匠表現や羽目板の外壁、赤煉瓦の基礎等は確かに旧軍の施設で多く使われており、設計に際し何らかの意図があったとも思えます。
f0116479_14222293.jpg

f0116479_14224015.jpg

3か所に設けられた玄関とその周辺を順番に。まずは、コーナーに設けられた主玄関。
f0116479_14241555.jpg

f0116479_14252549.jpg

f0116479_14262439.jpg

両サイドの入口。三方を大きく蔽う庇が特徴的です。
f0116479_1429395.jpg

f0116479_14312720.jpg

f0116479_14291130.jpg

f0116479_14294082.jpg

当時のまま残る上げ下げ式の窓。
f0116479_1431395.jpg

城下町として栄えた篠山は地理的に京都と近く、その影響を受けて洗練された文化が根付きました。
大正期に建てられたモダン且つ独創的なこの庁舎は、この篠山のシンボルに相応しい存在として親しまれています。
f0116479_20192327.jpg


by sunshine-works | 2012-06-07 20:39 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 10日
旧手荘町役場
岡山県高梁市の近代建築その9

高梁市の西部、川上町の中心部に現在は高梁市川上地域局として使われている木造2階建ての建物があります。平成16年まで旧川上町役場が置かれていたこの建物は、川上町の基となった3町村の一つ、手荘町の役場として昭和4年に建てられました
f0116479_22391357.jpg

木造2階建て、下見板貼り、和瓦を葺いた寄棟屋根。この時代の公共建築の典型と言える取り合わせですが、随所に様々な意匠が凝らされ、豊かな個性を放ちます。
f0116479_224007.jpg

建物中央に立ち上がる切妻屋根を被せた三角破風、太い丸柱が支える分厚い玄関庇、部分的に用いられるドイツ壁、ハーフティンバーによる山荘風の意匠等々、従来の役場のイメージから踏み出した新しい試みを見て取れます。
f0116479_2241089.jpg

f0116479_20103243.jpg

建物正面に設けた二つの玄関。中心から逸れて不規則に並びます。
シンメトリーを旨とするこの種の建物は中央に入口を構えるのが本来です。
構造上あるいは用途上の何らかの理由で敢えてこの位置としたのでしょうか。
然程離れていない位置にこのような形で二つの入口が設けられているのも不思議な光景です。
f0116479_22432397.jpg

f0116479_22433350.jpg

f0116479_22465541.jpg

f0116479_22435438.jpg

主入口となる右側の玄関庇。上部の破風と角度を合わせた分厚い三角屋根を乗せます。
f0116479_22475191.jpg

f0116479_22473624.jpg

鋭角に組まれた三角屋根が建物中央に聳え立ちます。学校建築に良くある手法なので、当初この建物を見たときには旧校舎を転用したものかとも思いましたが、最初から役場庁舎として建てられたものでした。確かに、全体の雰囲気は築年も近いこちらの学校建築に似通っています。
f0116479_22482572.jpg

f0116479_22484010.jpg

隣接して並ぶ別棟。モルタル造のこの棟は後年の増築と思われます。
f0116479_233614.jpg

f0116479_22485764.jpg
f0116479_2249823.jpg

こちらは本館正面の見上げ。中間部にドイツ壁を用いています。
f0116479_22492784.jpg
f0116479_22494157.jpg
f0116479_22495181.jpg


by sunshine-works | 2012-04-10 22:27 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 06日
旧小川村役場
丹波の近代建築その6

丹波市の南部、旧山南町小川地区に資料館として使われていた古い役場建物が建っています。この建物は昭和30年に周辺町村と合併して山南町になるまで旧小川村役場として使われていたものです。築年は不明ですが、大正期のものと思われます。
f0116479_9594683.jpg

木造平屋建て、下見板貼、外壁上部をモルタル壁とし、寄棟屋根を葺きます。中央に折れ屋根の庇を持つ車寄せを構えますが、この部分以外には殆ど装飾要素を持たず、当時の地方村役場には珍しいモダンで垢抜けた造りとなっています。
f0116479_1005292.jpg
f0116479_101058.jpg

シンプルな意匠のこの建物に彩りを添える玄関部分。
庇の上には小さな棟飾りが乗せられ、三角破風には旧小川村の章が飾られます。
f0116479_1032397.jpg

f0116479_1012353.jpg

f0116479_10331727.jpg

f0116479_10341451.jpg

f0116479_10371538.jpg

f0116479_1038895.jpg

f0116479_10384013.jpg

側面から
f0116479_10392927.jpg

この旧小川村役場は資料館に改装する際にきちんと補修され、このような良好な状態が保たれていますが、地方に現存する役場建物には劣化老朽が進んで存続が危ういものが少なくありません。
資料館としての役目を終えたこの建物が今後どうなっていくのか気になる処です。
f0116479_10395367.jpg


by sunshine-works | 2012-04-06 20:40 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 02日
旧柏原町役場
丹波の近代建築その5

柏原の中心部に木造2階建ての古い庁舎が建っています。現在は丹波市役所柏原支所として使われているこの建物は、丹波市の基となった6町村の一つ、旧柏原町の町役場として建てられました。昭和10年築。設計:内籐克雄
f0116479_16581135.jpg

木造2階建、下見板貼、中央に車寄せを配し、建物両翼を一段前に張り出します。
両翼上部の折れ屋根、中央屋根を飾るドーマー窓や鴟尾、アーチを描く玄関ポーチの意匠、均等に並べられた上げ下げ窓等々、ルネサンス様式を基調とした当時の庁舎建築の姿を伝えます。
f0116479_16585467.jpg
設計者の内籐克雄は兵庫県技師を経て、出身地の小野市に設計事務所を構えました。学校や庁舎等の公共建築を得意とし、県の内陸部を中心に多くの作品を残しています。
*詳細はこちら
f0116479_16592983.jpg

f0116479_16593939.jpg

三方にアーチを配したコンクリート造の車寄せ。庇はフラットでシンプルな造りです。
f0116479_17411030.jpg

f0116479_17412073.jpg

f0116479_17415829.jpg

f0116479_17441511.jpg

近年に改修が施され、70年を超える建物にしては極めて良好に保たれています。部材の張替えや交換をしていると思われますが、原形を損なうことなく処理されています。
f0116479_17443230.jpg

複雑な形状の側面。この部分は後年に増築されていると思われます。
f0116479_1816835.jpg

f0116479_18162095.jpg

遠方からの眺望。
f0116479_18172317.jpg

f0116479_18173769.jpg

館内も当時の姿が良好に残されています。
f0116479_1819997.jpg

f0116479_18193770.jpg

f0116479_18192340.jpg

f0116479_18224120.jpg

代々織田家の領下だった柏原の町は、今も武家町の面影を留めます。
柏原のシンボルとも言えるこの庁舎は、違和感無く古い町並みに溶け込んでいます。
f0116479_1817977.jpg


by sunshine-works | 2012-04-02 22:08 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 25日
八頭町の近代建築
鳥取県八頭町の近代建築

平成17年に八東川流域の3町が合併して誕生した八頭町は、その町域の中央を従通する智頭街道沿いに古くから集落が発展していました。これらは若桜鉄道の開通によって更に地域の拠点としての立場を深め、数々の公共施設が開かれて行きました。
今月の鳥取県の近代建築探訪は八頭町に残るこれらの建物を紹介します。

***********************************************************
旧安井郵便局
f0116479_15503326.jpg

安井宿に残る旧郵便局。下見板貼り2階建、当時の地方郵便局によく見られる意匠ですが、中央入り口両脇に付柱を飾ります。
f0116479_15565312.jpg

f0116479_15574332.jpg

f0116479_15585175.jpg

f0116479_1611027.jpg

f0116479_1559352.jpg

f0116479_1603896.jpg

f0116479_16096.jpg


***********************************************************
旧八東法務局
少し離れた場所に建つ半ば朽ちかけた建物。八東法務局として使われていました。
f0116479_1645731.jpg

f0116479_1652596.jpg

f0116479_1665665.jpg

f0116479_1654741.jpg

f0116479_1661554.jpg

玄関庇のペディメントにはメダリオンが飾られています。
f0116479_16114485.jpg


***********************************************************
旧下私都郵便局
若桜街道からやや外れた大坪地区にも旧郵便局舎が残されていました。
f0116479_16171482.jpg

f0116479_16172615.jpg

f0116479_16174087.jpg


***********************************************************
JAいなば船岡支店
若桜鉄道因幡船岡駅の傍に建つJAの建物。来歴は不明ですが、昭和戦前あるいは昭和20年代の築と思われます。
(*JAいなば船岡支店より「70年程前に建てられた旧小学校校舎」との回答をいただきました。)
f0116479_1618643.jpg

f0116479_16183235.jpg

f0116479_16184873.jpg

f0116479_161972.jpg

f0116479_162068.jpg

f0116479_16203542.jpg

f0116479_16205225.jpg

f0116479_16213558.jpg

f0116479_16221763.jpg

f0116479_1621507.jpg


f0116479_16225494.jpg


by sunshine-works | 2011-12-25 23:57 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 21日
旧三豊郡農会農事試験所
香川県観音寺市の近代建築その1

観音寺市の北西、財田川沿いに開かれた名勝琴弾公園。この敷地の一角に観音寺市郷土資料館が置かれています。この建物は大正3年に旧三豊郡農会農事試験場として建てられたもので、その後は産業勧業館、市立博物館を経て昭和52年から現在の郷土資料館として使われています。
f0116479_18524047.jpg

明治中期から近代農法の研究開発機関として全国各地に農事試験場が設立されていきます。香川県西部の中心だった旧観音寺町にも大正3年、この建物を本館とする県立農事試験場が設置されました。
農事試験場として使用されたのは10年程の短い期間でしたが、その後は各種の公共施設に転用される事となります。竣工から90年を超える今日も創建当時の木造2階建・漆喰壁に和瓦を噴いた寄棟屋根を載せる本館と、その背後に建つ木造平屋建の展示館が現存し、郷土資料の収蔵及び展示施設として使われています。
f0116479_18525120.jpg

f0116479_18532838.jpg

規模としては小さな造りですが、大正時代の庁舎・役場建物に相応しい格式や風格を備えた、地方における優れた公共建築の一例です。大きな改装もなく、竣工当時の姿を良好に留めています。
f0116479_18553168.jpg

本館建物は完全な洋館建ではなく、骨組みに和風の小屋組を用い、屋根には和瓦を葺く等、伝統工法を基本にした和洋折衷のスタイルですが、セセッションの影響も感じさせるモダンな意匠となっています。中央に切妻屋根を持つ庇を大きく張り出し、建物上部には玄関庇に合わせた三角破風を設けます。
f0116479_18535617.jpg

f0116479_18565699.jpg

花崗岩の基礎の上に組んだ木桁で和風の庇を支える玄関ポーチ。
玄関の左右には縦長の大きな窓が並びます。
f0116479_18554840.jpg

f0116479_18561858.jpg

f0116479_18571752.jpg

f0116479_18573745.jpg

f0116479_18583491.jpg

f0116479_1859487.jpg

f0116479_18591587.jpg

f0116479_22394215.jpg

小さな石段を上って館内へ
f0116479_1931081.jpg

ほぼ当時の姿が保たれている館内。何度か用途が変更される度に改装を重ねましたが、現在は竣工時の姿に復されています。
f0116479_045244.jpg

f0116479_22153465.jpg

f0116479_2216923.jpg

2階の資料室に繋がる階段。
f0116479_22174130.jpg

f0116479_2218280.jpg

2階の窓からは裏手に並ぶ展示館の特徴的な越屋根を窺うことが出来ます。
f0116479_22211564.jpg

f0116479_22212949.jpg

本館の裏口。ここから裏手の展示館へ繋がります
f0116479_22253789.jpg

渡り廊下で展示館へ移ります。
f0116479_2225517.jpg

f0116479_22273375.jpg

展示館内部。天井に設けられた明り取り用の窓から日差しが差し込みます。
f0116479_2230987.jpg

f0116479_22295076.jpg

f0116479_2231052.jpg

各地に数多く建てられた農事試験場建物は現存例も多く、様々な時代の建築様式を見て取る事が出来ます。この旧三豊郡農会事務所も大正初期の地方公共建築の姿を今に伝える資料として貴重な建物と言えます。
f0116479_22423771.jpg


by sunshine-works | 2011-12-21 23:55 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 09日
旧新見郵便局
岡山県新見市の近代建築

高梁川に沿って連なる新見の旧市街の一角に郵便局舎として建てられた建物が残っています。現在は事務所ビルとなっているこの建物は、昭和6年に建てられ、昭和33年まで新見郵便局(上市郵便局)として使われました。
f0116479_15525354.jpg

新見駅の北側、高梁川に面した旧道に建つスクラッチタイル貼り、寄席棟造り、構造は木造モルタルと推測される2階建の建物です。そのレトロな外観は川を挟んだ対岸からも目を惹きます。
f0116479_13125570.jpg

f0116479_13144668.jpg

f0116479_1852295.jpg

f0116479_1312537.jpg

この時代、地方都市でも洋風建築の郵便局舎が数多く建てられましたが、流行の建築様式が随所に取り込まれたこの局舎は都会の建築物に劣らない凝った造りです。
f0116479_1342819.jpg

f0116479_16595811.jpg

f0116479_13422538.jpg

f0116479_13423733.jpg

f0116479_1215386.jpg

f0116479_1702958.jpg

f0116479_17173779.jpg

スクラッチタイル張りの外壁。岡山では珍しい現存例です。
f0116479_1216101.jpg

f0116479_1216332.jpg

郵便局時代の名残。何に使われていたのでしょうか。
f0116479_1217855.jpg

洋風意匠の前面とは大きく印象の異なる側面。劣化が進み、ちょっと心配な状態です。
f0116479_12239100.jpg

f0116479_12404884.jpg

f0116479_1241941.jpg

県北の交通の要衝として発展した当時の新見の様子が偲ばれる建物です。
古い郵便局舎が数多く残る岡山の中でも、この旧局舎は地方の建築技術の質の高さを示しています。
f0116479_13132884.jpg


by sunshine-works | 2011-12-09 23:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 11日
智頭宿の近代建築
鳥取県智頭町の近代建築その2

鳥取随一の宿場町だった智頭は明治以降も地域の経済・行政の中心として栄え、多くの近代建築が建てられていきました。今回は旧宿場町に残る三つの洋風建築を紹介します。

***********************************************************
旧智頭町役場(下町公民館)

因幡街道智頭宿の中心部に下見板貼り木造2階建ての洋風建築が建っています。
大正3年、旧智頭村が町制に移行した際に町役場として建てられました。
f0116479_1424769.jpg

下見板貼りの外壁に和風の桟瓦葺、装飾表現が殆ど無く、唯一中央入口の庇や三角ペディメントに施された意匠に庁舎らしさが窺えます。窓枠はサッシに変えられている以外は原型を良く留め、大正期の地方庁舎の現存例として貴重なものです。
f0116479_1411233.jpg

f0116479_1441192.jpg

f0116479_1454611.jpg

f0116479_146819.jpg

f0116479_147591.jpg

f0116479_144313.jpg

智頭町役場だったこの建物は当初別の場所に建てられていましたが、昭和3年に当地に移築されたそうです。昭和19年まで役場庁舎として使われ、その後は電報電話局を経て公民館となりました。
f0116479_1462931.jpg

f0116479_1473413.jpg


***********************************************************

中町公民館

旧智頭宿には現在公民館として使われている洋風建築物がもう一棟現存します。当初医院として建てられたこの建物の築年は不詳ですが、おそらく大正初期のものと思われます。
f0116479_14241655.jpg

木造下見板貼り、桟瓦葺。中央に切妻屋根の庇を設け、左右に縦長の上げ下げ窓を配します。旧智頭町役場と同時代の建物と思われ、共に良く似た造りとなっています。
f0116479_1425987.jpg

f0116479_14491211.jpg

f0116479_14423183.jpg

f0116479_14415622.jpg

f0116479_14434224.jpg

f0116479_14475730.jpg

f0116479_14441411.jpg

f0116479_14443870.jpg


***********************************************************

智頭消防団本町分団屯所

街道に面して火の見櫓を乗せた特長のある建物が建っています。智頭町の消防屯所として昭和16年に建てられ、今尚現役の施設として使われています。
f0116479_16415059.jpg

木造2階建て、下見板貼り。正面上部に切妻風の破風を立ち上げます。本来飾り気の無い建物ですが、屋根上の火の見櫓や建物正面中央に取り付けられた階段がこの建物を特徴付けています。
f0116479_1791713.jpg

f0116479_1793149.jpg

f0116479_1795095.jpg

f0116479_1710582.jpg

f0116479_17104187.jpg

f0116479_1711242.jpg

f0116479_17111494.jpg

古い町並みが続く旧智頭宿の中心部に建つ消防屯所。周囲の伝統家屋に違和感無く調和しています。
f0116479_17113543.jpg


by sunshine-works | 2011-09-11 17:33 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 23日
旧勝田郡役所
岡山県勝央町の近代建築その2

岡山県勝央町は昭和29年にこの地域の町村合併により誕生します。この時初代庁舎として使われた建物が町の中心部に現存しています。明治45年、旧勝間田郡役場として建てられました。
f0116479_2323471.jpg

木造下見板貼り2階建て、玄関部にアーチを設け、上部の塔屋には急勾配の方形屋根を2段重ねています。明治後期の地方の庁舎建物として洋風意匠が顕著で、非常にモダンな印象を受けます。
f0116479_233484.jpg

f0116479_2341341.jpg

勝田郡役所として建てられたこの建物ですが、大正15年に郡制は廃止され、郡役所として使われたのは僅か14年でした。その後は幾度か公共的な用途に利用されていきましたが、昭和29年の勝央町発足に際し再び庁舎の用に就く事となります。
f0116479_2343151.jpg

この建物を特徴付けている正面玄関と上部の塔屋。2段重ねの屋根は当初スレート葺きでしたがその後光沢のある金属素材に吹き替えられています。
f0116479_239505.jpg

f0116479_23451718.jpg

f0116479_23102327.jpg

f0116479_2349383.jpg

f0116479_2372986.jpg

f0116479_2374320.jpg

f0116479_2383272.jpg

f0116479_238294.jpg

f0116479_23415017.jpg

f0116479_2385567.jpg

f0116479_23402375.jpg

金属板を張った屋根が日差しを受けて黄金に煌きます。
f0116479_23131522.jpg

側面から背後へ。
f0116479_2344221.jpg

f0116479_23135574.jpg

f0116479_23141327.jpg

裏庭に面した建物南側。大きなガラス窓が並びます。
f0116479_23161321.jpg

f0116479_2317523.jpg

f0116479_23173172.jpg

f0116479_2318046.jpg

f0116479_23181630.jpg

この旧勝田郡役所建物は昭和58年までの約30年を勝央町役場として使われ、その後は郷土美術館に転用されました。平成16年に美術館が移転した後は空家の状態が続いています。
f0116479_23184569.jpg

f0116479_2319720.jpg

f0116479_2320162.jpg

f0116479_2320343.jpg

f0116479_23193943.jpg

f0116479_23215768.jpg

郡制が敷かれた期間が短かった事もあって、郡役所の現存例は市町村役場に比べると多くありません。この旧勝田郡役場も岡山県下の旧郡役所として唯一の現存例となっています。
f0116479_2320592.jpg


by sunshine-works | 2011-05-23 23:39 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)