タグ:庁舎 ( 69 ) タグの人気記事

2014年 10月 29日
旧徳島県庁舎
徳島県徳島市の近代建築その6

徳島市の中心市街から南へ約5キロメートル。
園瀬川の畔に、美術館や博物館、図書館が並ぶ徳島県文化の森総合公園が置かれています。
この公園の一角で県立文書館として使われている建物は、昭和5年に建てられた徳島県庁舎の中央部分を移築および再現したものです。設計:佐藤利器
f0116479_1348026.jpg

公園の東端、小高い丘の裾に西に正面を向けて建つ鉄筋コンクリート3階建。
昭和61年の新庁舎の竣工に伴い解体された旧徳島県庁舎の中央玄関部分と、短縮した両翼部分が移されています。
移築に伴って規模が減じられ、部材の一部は複製が使われていますが、往時の姿を良く伝えています。
f0116479_13485656.jpg

f0116479_1350241.jpg

正面入口へ続くアプローチからの眺め。庁舎に相応しい石造の豪奢な車寄せを中央に据えます。
f0116479_1351876.jpg

f0116479_13544985.jpg

f0116479_13514861.jpg

f0116479_13553066.jpg

f0116479_1356452.jpg



f0116479_13584169.jpg



f0116479_13592737.jpg

f0116479_140633.jpg


f0116479_1403450.jpg


f0116479_1411653.jpg

f0116479_1415810.jpg


f0116479_1357681.jpg

f0116479_135742100.jpg

f0116479_13581586.jpg


f0116479_142611.jpg

上層階の外壁はスクラッチタイル貼り、1階外壁には切石を廻らせます。
f0116479_1422571.jpg

f0116479_143219.jpg

f0116479_1432854.jpg

f0116479_1441100.jpg

f0116479_1444411.jpg

f0116479_1445843.jpg

f0116479_1473524.jpg

f0116479_1475046.jpg

背後の山の遊歩道を登って裏面を眺めます。
f0116479_1451883.jpg

f0116479_1453868.jpg

f0116479_1462319.jpg

f0116479_1465328.jpg

f0116479_1472085.jpg


by sunshine-works | 2014-10-29 23:55 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 05日
旧笠岡町役場(笠岡市議事堂)
岡山県笠岡市の近代建築その2

笠岡市役所に並んで、市議会の議場が建てられています。この建物は旧笠岡町役場として使われていたものです。
f0116479_0485572.jpg

通りに面して建つ木造モルタルと思われる2階建て。玄関を中心にシンメトリーに建物を配置、両翼を僅かに張り出します。
この建物については、明治32年に当時の笠岡町役場として建てられたと言われていますが、建築意匠は大正期から昭和初期に用いられた表現が見られ、正確な築年は不詳です。
距離を置いて眺めると、パラペットの後ろ側に寄棟屋根が隠れており、笠岡町役場として建てられた建物を基に、改修を加えたものとも思えます。
f0116479_048138.jpg

f0116479_0561393.jpg

角柱が支える庇を張り出した玄関ポーチ。この辺りの意匠も明治期のものとは異なります。
f0116479_0504177.jpg

f0116479_0501956.jpg
f0116479_0495314.jpg

玄関上部に掲げられた市章。
2階中央部の縦長窓は埋められています。
f0116479_0511322.jpg

玄関周り詳細。玄関扉はアルミ扉に更新され、両横の面格子も換えられていますが、概ね当時の様相を保ちます。
f0116479_0514767.jpg

f0116479_0515728.jpg

f0116479_0521334.jpg


f0116479_059263.jpg

f0116479_058520.jpg


by sunshine-works | 2014-08-05 23:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 26日
豊岡市役所旧本庁舎(旧豊岡町役場)
豊岡の近代建築その6

豊岡の中心街、大開通りに面して建つ豊岡市役所。平成25年に落成した新庁舎の前面には豊岡町役場として建てられ、新庁舎完成まで豊岡市役所として使われた旧庁舎が保存されています。設計:原科準平、昭和2年築。
f0116479_23929.jpg

鉄筋コンクリート3階建て。当初2階建てとして竣工しましたが、戦後に塔屋の両側を増築して3階建てに変更しています。
中央車寄せ上部に設けたバルコニー、上階のアーチ窓や壁面のレリーフ飾り、張り出したコーニス等、この時代の庁舎ならではの意匠が随所に表現されています。
f0116479_2310176.jpg

f0116479_235919100.jpg
f0116479_2311156.jpg

新庁舎の建設に際し当初は旧庁舎の取り壊し案も検討されましたが、移設保存が選ばれ、現在の場所に曳家によって移されました。耐震補強を加えた上で議場および市民交流スペースとして使われています。
f0116479_23113231.jpg

f0116479_23542375.jpg

f0116479_23114395.jpg

f0116479_011783.jpg

新庁舎の手前に移された旧庁舎の玄関は、そのまま新庁舎の入口として使われています。
f0116479_23131342.jpg

f0116479_23132363.jpg

f0116479_23133391.jpg

f0116479_23144885.jpg

正面、側面の見上げ。様々な装飾意匠が施されています。
f0116479_2316132.jpg
f0116479_23155142.jpg

f0116479_23165036.jpg


by sunshine-works | 2014-01-26 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 16日
旧出石郡役所
豊岡の近代建築その4

古い家並みが続く出石町の中心部に、明治期に建てられた郡役場が残されています。
現在資料館として公開されているこの建物は、明治25年に旧出石郡役場として建てられました。
f0116479_13324987.jpg

木造2階建て、下見板貼り。寄棟屋根には和風瓦を葺いた和洋折衷様式。
ギリシア風の円柱が支える庇に三角破風を立ち上げ、縦長窓の上部にも同型の破風を飾ります。
明治期に各地に建てられた地方役場の特徴的な姿を良く留めています。
f0116479_1333267.jpg

f0116479_13334478.jpg

郡制が敷かれていたのは明治中期から大正までのおよそ30年。期間が短かった事もあって郡役場の現存例は少数ですが、兵庫県内には他に3例(旧美方郡役所、旧神埼郡役所旧三原郡役所)と多くが残っています。
これらは築年に違いがあるものの、共通する意匠が多く、統一規格があったとも思われます。
f0116479_13335860.jpg

f0116479_13342625.jpg

庇を飾る破風の詳細。
f0116479_1335215.jpg

f0116479_13355733.jpg

f0116479_13352778.jpg

f0116479_13373332.jpg

玄関廻りを側面から。
フルーティングを施したコリント式円柱が並びます。
f0116479_13362188.jpg

f0116479_13364187.jpg

f0116479_1336503.jpg

f0116479_13371740.jpg

f0116479_13375286.jpg

f0116479_13382328.jpg

建物裏手。
正面の間口は然程広くは在りませんが、奥行きが長い建物です。
f0116479_13412641.jpg

f0116479_13413589.jpg

f0116479_13415010.jpg

f0116479_1342317.jpg


by sunshine-works | 2014-01-16 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 06日
旧日高町役場
豊岡の近代建築その2

平成17年に豊岡市と合併した旧日高町に、旧町役場の庁舎が残されています。
現在は商工会館として使われているこの建物は、昭和10年頃に建てられ、昭和57年まで日高町役場として使われました。
f0116479_114261.jpg

山陰本線江原駅の西、町の中心部に建つ木造2階建て、寄棟造り。
玄関を中心としたシンメトリー配置、1階、2階それぞれに縦長窓を廻らせ、中央上部に三角破風を立ち上げます。壁面はスクラッチタイル貼り、軒周りをモルタルで仕上げます。アールデコの要素を備え、地方役場の庁舎としては非常にモダンな意匠です。
f0116479_1151218.jpg
f0116479_11662.jpg

f0116479_1142120.jpg

玄関廻り。化粧タイルを貼った角柱で分厚い庇を支えます。
玄関扉は自動ドアに換えられ当時の趣はありません。分厚い庇も後年に改修されたものと思われます。
f0116479_1165136.jpg

f0116479_117398.jpg

f0116479_1174821.jpg

f0116479_118921.jpg

f0116479_1183139.jpg

当時流行のスクラッチタイルが貼られた壁面。
f0116479_12442230.jpg
f0116479_12441410.jpg

f0116479_12444464.jpg

f0116479_12445488.jpg


by sunshine-works | 2014-01-06 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 30日
旧三野町役場
徳島県三好市の近代建築その6

現在の三好市の母体の一つとなった旧三野町の中心部に、市役所支所として使われている旧町役場が現存しています。
この建物は昭和9年に建てられました。
f0116479_20452094.jpg

木造2階建て、中央にマンサード屋根を葺く玄関ポーチを据え、左右シンメトリーに両翼を張り出します。
腰周りに巡らせた切石、玄関ポーチや2階窓を飾るアーチ形、正面中央に添えられたイオニア式のピラスター等々、昭和初期の地方役場の中でも一際モダンで洗練された意匠の庁舎です。
f0116479_20482285.jpg

f0116479_2049142.jpg
f0116479_20481589.jpg
f0116479_2048428.jpg
f0116479_20475694.jpg

当時の庁舎建築の定番とも言える三方をアーチで囲んだ玄関ポーチ。
支柱や玄関両袖部分の腰廻りを切石が飾ります。
f0116479_20493784.jpg

f0116479_20502666.jpg

f0116479_20504626.jpg

f0116479_205133.jpg

f0116479_20511927.jpg

f0116479_20513214.jpg

f0116479_20515276.jpg

徳島県に現存する戦前築の町村役場の数は然程多くはありません。
県内で現役の施設として使われている町役場は、おそらくこの旧三野町役場だけと思われます。
庁舎建築として戦前晩期の築となるこの建物は当時の徳島の町村役場の秀例として今に伝わります。
f0116479_20522976.jpg


by sunshine-works | 2013-07-30 19:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(1)
2013年 07月 20日
旧米子市庁舎
鳥取県米子市の近代建築その7

現在の米子市庁舎の道を挟んだ向かい側に、昭和57年まで使われていた旧庁舎が残されています。
歴史資料館として公開されているこの建物は各地に公共建築や学校建築を数多く手掛けた佐藤功一の設計で建てられました。
昭和5年築。
f0116479_1793336.jpg

昭和初期の庁舎建築に多く取り入れられたネオゴシック系の意匠、シンメトリーな建物配置、1階部分にはアーチ窓を並べ上階壁面にスクラッチタイルを貼ります。
竣工以来改装や増築が殆ど加えられておらず、米子市内の近代建築の中でも最も著名な建物です。
f0116479_1795621.jpg

f0116479_17105189.jpg
f0116479_1714166.jpg

f0116479_17143528.jpg

f0116479_17145972.jpg

鮮やかな植栽に飾られた中央玄関周り。花崗岩のアーチが三方を囲みます。
f0116479_1713341.jpg

f0116479_17134313.jpg
f0116479_17131335.jpg
f0116479_1712694.jpg
f0116479_17123255.jpg

f0116479_17124545.jpg
f0116479_17121540.jpg

f0116479_17132227.jpg

f0116479_1713033.jpg

当時のビルディングに広く使われたスクラッチタイル。花崗岩との取り合わせが重厚感を高めています。
f0116479_1711533.jpg

f0116479_17114143.jpg
f0116479_1711257.jpg
f0116479_17111265.jpg

この市庁舎が建てられた当時の米子市の人口は3万人程の規模でしたが、県都鳥取市に劣らぬ活況を呈していました。
地方都市の市庁舎としては大きな構えで作りも立派なこの庁舎は、山陰の商工業の拠点として発展を遂げていた米子の隆盛を今に伝えます。
f0116479_17151493.jpg


by sunshine-works | 2013-07-20 23:49 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 15日
旧専売局味野収納所山田出張所
岡山県玉野市の近代建築その3

玉野市の海沿いの一角に木造下見板貼りの旧庁舎建物が残っています。
この建物は旧専売局の出張所として明治41年に建てられました。
f0116479_1724445.jpg

木造平屋建て下見板貼り、屋根の上には換気用の屋根窓を載せます。
窓枠や入口扉が更新されている以外は程良く当時の姿を留め、全国に建てられた一連の塩務局建物の特徴を今に伝えます。
f0116479_1734158.jpg

f0116479_17343933.jpg

f0116479_17352579.jpg

f0116479_17355199.jpg

f0116479_17363058.jpg

f0116479_1737474.jpg

江戸期より塩業が発展していた児島地区を管轄する味野収納所の支局として建てられました。
この建物が建てられた明治41年には塩務局は専売局に統合されていましたが、建築意匠は塩務局当時と変わらぬものです。
専売局出張所として使われた後は村役場、市役所支所に転用され、現在は地元の福祉施設となっています。
f0116479_1736554.jpg
f0116479_17361958.jpg

f0116479_17371654.jpg

側面から東面へ周ります。
f0116479_1738651.jpg

広い庭に面して建物がL型に繋がります。
f0116479_17393897.jpg

f0116479_17395664.jpg
f0116479_17404324.jpg

建物からやや離れた場所には煉瓦造の書庫が置かれています。
f0116479_1740239.jpg

f0116479_17405117.jpg

f0116479_17411047.jpg

渡り廊下から眺めた各方向。
f0116479_17414810.jpg

f0116479_17423495.jpg
f0116479_17421945.jpg
f0116479_1742588.jpg

f0116479_1743838.jpg

各地の塩務局は公文書を収蔵するために防火・防湿・防犯に優れた煉瓦造の書庫を備えていました。
庁舎と書庫が共に現存するのはこの山田出張所の他には赤穂塩務局のみとなります。
f0116479_17444055.jpg

f0116479_17441050.jpg

f0116479_17451167.jpg
f0116479_1745347.jpg

各地に建てられた塩務局・専売局建物の貴重な現存例です。100年を越えて使われている木造洋風建築としても岡山県内では数少ない事例となります。
f0116479_17454472.jpg


by sunshine-works | 2013-07-15 23:53 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 10日
門野公民館
養父の近代建築その2

養父市の中央部、大屋町門野の県道沿いに公民館として使われている木造平屋の古い建物が建っています。
詳しい来歴や逐年は不明ですが大正期から昭和初期頃の建物と思われます。
f0116479_21171965.jpg

木造平屋、下見板貼り、切妻屋根、中央に瓦葺きの庇を張り出します。
学校や地方役場等に代表される当時の木造公共建物の典型的な意匠です。
f0116479_21174580.jpg

f0116479_21183724.jpg

一段張り出した玄関ポーチ。引き戸式の玄関扉を設けます。
f0116479_21192797.jpg
f0116479_2120231.jpg
f0116479_21194620.jpg

各面に大きな窓が並びます。この辺りは地区の中心なので元々は学校建物だったのかもしれません。
f0116479_21201182.jpg

f0116479_21212834.jpg
f0116479_2121578.jpg
f0116479_21205794.jpg
f0116479_21204979.jpg
f0116479_21204068.jpg

地方には、このように古い建物が今も地区の施設として大切に使われている例が見られます。
当時の状態を良く保つこの公民館は、但馬の周辺部に残る近代建築の数少ない遺構として貴重な存在です。
f0116479_21233899.jpg


by sunshine-works | 2013-07-10 22:17 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 05日
旧山口村役場
朝来の近代建築その10

播但線新井駅の南、旧朝来町の拠点として栄えた旧山口村の中心部に大正期の鉄筋コンクリート建物が残っています。
現在は地区の公民館として使われているこの建物は大正14年に旧山口村役場として建てられました。
f0116479_19571916.jpg


鉄筋コンクリート2階建て、当時の地方役場としては先駆的なセッセションを取り入れた意匠です。
但馬地方では最も古い鉄筋コンクリート建物とされています。
f0116479_19575867.jpg

f0116479_19583733.jpg

三方にアーチを設けた玄関ポーチ。両側面のアーチが塞がれているのは後年の改築と思われます。
f0116479_19591329.jpg

f0116479_2011067.jpg

f0116479_202153.jpg

トタンで覆われた屋根も後年の改修に拠るものでしょう。
f0116479_2004121.jpg

玄関ポーチ付近の詳細です。
f0116479_201301.jpg
f0116479_2002692.jpg

f0116479_2015072.jpg
f0116479_201424.jpg

但馬にかつて存在した市町村役場で現在も姿を留めているものはわずかなものしかありません。
中でもこの旧山口村役場は大正期の現存庁舎として貴重な存在となります。
f0116479_2021531.jpg


by sunshine-works | 2013-07-05 23:46 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)