タグ:島根県 ( 40 ) タグの人気記事

2015年 09月 03日
千本堰堤/忌部浄水場
島根県松江市の近代建築その9

松江市中心部から南へ、山並みに向かう県道の傍らに松江市近代水道開設時に設けられた施設が配置されています。今尚現役で使われているこれらは大正7年から8年にかけて竣工しました。
f0116479_14552902.jpg

山陰の拠点として近代化が進められた松江市は、他の主要都市と同様に近代水道設置を検討します。明治中期、松江市は全国の近代水道を指導した技師バルトンを招聘し、当時の忌部村を水源とするプランを立てますが予算が折り合わず実現されませんでした。
その後の人口増と陸軍駐屯地の配置で再び必要に迫られた松江市はほぼ原案通りで水道開設を決定、5年の歳月を掛けて大正8年に全国37番目の近代水道の給水を開始します。
f0116479_14564545.jpg

県道から斜面を下ると見えて来る石積み堰堤。周辺施設を含めてほぼ当時の姿を留めます。
構造は重力式の礎石コンクリートダム。堰堤高16メートル、幅110メートル、貯水量は38万立方メートルで開設時は市域の5万人に給水しました。
f0116479_14572556.jpg
f0116479_14575083.jpg
f0116479_14584845.jpg
f0116479_14591527.jpg
f0116479_14595464.jpg

コンクリートで固めた礎石の表面に花崗岩を積んだ堰堤。左岸側が越流部、右岸側には取水塔を繋ぐ通路が設けられています。
f0116479_13214810.jpg
f0116479_13204848.jpg
f0116479_13224856.jpg


麓からの眺めです
f0116479_13231726.jpg
f0116479_13240913.jpg
f0116479_13234763.jpg


三連アーチの管理橋も当時のまま残ります。
f0116479_13245817.jpg
f0116479_13250941.jpg

ダムから少し離れた場所に設けられた忌部浄水場。開設時の4つの緩速濾過池や調整井、集合井の上屋が現役で使われています。
f0116479_13255243.jpg
f0116479_13264727.jpg
f0116479_13270432.jpg
f0116479_13271438.jpg


by sunshine-works | 2015-09-03 23:48 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 23日
松江大橋

島根県松江市の近代建築その8

松江市中心部を南北に分かつ大橋川には4つの橋が渡されています。これらの中で最も古い歴史を持つ松江大橋は代々架け替えられて現在で17代目。昭和12年に竣工しました。
f0116479_11120604.jpg

宍道湖へ注ぐ大橋川の河口近くに架けられた橋長134メートルの鉄筋コンクリート橋。橋上には擬宝珠や灯篭の和風意匠が施されていますが、下部構にはゲルバー桁やコンクリート橋脚をはじめ当時先進の近代土技術が用いられています。
f0116479_11141648.jpg
f0116479_11144115.jpg
f0116479_11213980.jpg
f0116479_11232239.jpg
f0116479_11164778.jpg
f0116479_11153362.jpg

橋上を飾る擬宝珠と灯篭。高欄には岡山産の花崗岩を用いています。
f0116479_11245560.jpg
f0116479_11335877.jpg
f0116479_11325611.jpg
f0116479_11303472.jpg
f0116479_11294931.jpg
f0116479_11321331.jpg
f0116479_11273933.jpg
f0116479_11261064.jpg


床版を支える鋼板製の主桁。当時の鉄道橋梁のものと同じような形状をしています。
f0116479_11194006.jpg
f0116479_11241419.jpg

中央に張り出したバルコニー。この時代の都市部の橋梁の多くはこのような展望台を備えていました。
f0116479_11263788.jpg
f0116479_11265965.jpg

西日に照らされて橋上に長く影を落とす灯篭。
近代橋梁として架け替えられた大橋の美しい意匠は景観に溶け込み、松江の銘橋として親しまれています。
f0116479_11341846.jpg




by sunshine-works | 2015-08-23 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日
興雲閣
島根県松江市の近代建築その7

松江城址の一角、松江神社の隣に木造洋風建築が残されています。
この建物は明治天皇御幸時の宿泊所として明治36年に設置されました。
f0116479_12572823.jpg
明治天皇は明治初期から積極的に全国巡幸を行いましたが、未訪となっていた山陰地方では天皇御幸を求める機運が高まっていました。松江市は将来実現される御幸の迎賓施設としてこの建物を企画し、明治36年に完成させます。
予定された天皇御幸は日露戦争の影響で果たされませんでしたが、皇太子時代の後の大正天皇が明治40年に宿泊所として使用し、その役目を務めました。
f0116479_12575643.jpg
市内を一望する松江城址の高台に建つ木造2階建の大きな建物。明治初期の庁舎に多用されたベランダコロニアル様式の儀洋風建築です。
建物の意匠については現地案内板にある以下の記述を紹介します。
「当時はロシア宮殿風といわれ、その名は広く近隣にとどろいた。木造白塗りの壁に入母屋の瓦屋根を乗せた儀洋風で、1・2階とも周囲に列柱廊を設け、廻廊をめぐらす。ポーチ上の部屋は応接室で拝謁所に使用された。‥」
f0116479_12584252.jpg
f0116479_12592433.jpg
f0116479_13001507.jpg
f0116479_13070543.jpg
玄関庇と廻廊を支える円柱が建物正面に並びます。
f0116479_13013172.jpg
f0116479_13024422.jpg
f0116479_13032410.jpg
f0116479_13092136.jpg
f0116479_13062855.jpg
f0116479_13053388.jpg
f0116479_13034620.jpg
f0116479_13040367.jpg
f0116479_13042523.jpg
f0116479_13083641.jpg
格天井仕上げの玄関ポーチ。
f0116479_13074050.jpg
f0116479_13080406.jpg

迎賓館を意図して豪奢壮麗な建物として建てられましたが、竣工時の実際の建物要目は松江市工芸品陳列所で、大正天皇の宿泊所として使われた以外は本来目的に長く使われました。その後、戦中の一時期を軍の施設として、戦後は県庁分室、松江市施設を経て昭和48年から平成23年までを郷土資料館として使われました。現在は修復工事を行っており、竣工当時により近い姿に復して公開される予定です。
f0116479_13050174.jpg


by sunshine-works | 2015-08-15 23:16 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 08日
愛隣会館(旧松江育児院礼拝堂)
島根県松江市の近代建築その6

松江市の中心街から北東方向、住宅街の一角に昭和初期に建てられた木造洋館が残されています。
当地一帯で営まれていた孤児院の施設として昭和6年に建てられました。
f0116479_13500105.jpg

明治26年の松江洪水の孤児救済として松江育児院を開設した福田平治はその後愛隣社を創設し、山陰を中心に福祉事業を展開します。
この建物周辺は市の中心部にあった育児園が明治36年に移築された場所で、愛隣社の礎となった場所でした。
f0116479_13505250.jpg
f0116479_13511612.jpg

当地の孤児院の施設は昭和20年代まで存続していましたが、その後敷地内の建物は取り壊され、この会館だけが市の施設として公共用途に利用されました。
現在はNPO法人に買い取られ、保存修復して活用を図る予定となっています。
f0116479_13513351.jpg
f0116479_13514766.jpg


後に講堂としても使われた階高の高い平屋建て、大きな切妻屋根が特徴で、妻面上部に縦長の換気窓を配します。
現在トタンで覆われている外壁の下半分は元々は木壁と思われ、上半分は前回紹介した旧制松江高等学校外国人宿舎と同じモルタル投げ塗りで仕上げます。
f0116479_13525166.jpg
f0116479_13530222.jpg
f0116479_13522050.jpg
f0116479_13523598.jpg
f0116479_13533230.jpg




by sunshine-works | 2015-08-08 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 31日
旧制松江高校外国人宿舎(島根大学旧奥谷宿舎)
島根県松江市の近代建築その5

松江城の北東、静かな住宅地の一角にモダンな洋風住宅が残されています。この建物は大正13年に島根大学の前身、松江高等学校の官舎として建てられました。
f0116479_13574847.jpg

木造2階建て、大きな勾配の中折れ屋根、玄関上部に張り出しを設けます。1階外壁を下見板貼り、2階をモルタル投げ塗り仕上げ。各面に並ぶ縦長窓、窓下に添えられた小さな手摺、玄関ポーチの柱飾り等、意匠に優れ見所の多い建物です。
f0116479_13591212.jpg
f0116479_13582380.jpg
f0116479_13594361.jpg

旧制松江高等学校開校の4年後に建てられたこの官舎は、外国人教師とその家族の住居として使われ、戦後島根大学へ移行された後も昭和30年代まで多くの外国人教師が居住しました。(当初は隣接してもう1棟が建てられていましたが、火災により失われています。)
その後も島根大学の施設として利用されましたが、平成21年に竣工当時の姿に復元し、資料館、観光案内所として公開されています。
f0116479_14002389.jpg
f0116479_14001071.jpg
f0116479_14005444.jpg
f0116479_14320119.jpg

側面から裏へ廻ります。
f0116479_14084466.jpg
f0116479_14094679.jpg
f0116479_14102107.jpg
f0116479_14103245.jpg

改装前の写真を見ると各部に改装された形跡がありましたが、竣工当時に近い姿に複されました。
館内の手摺や窓も当初のまま保たれています。
f0116479_14303551.jpg
f0116479_14310646.jpg
f0116479_14311992.jpg


by sunshine-works | 2015-07-31 14:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(2)
2015年 07月 18日
旧山陰道産業社屋
松江市の中心部、大橋川に面した古い街区の一角に目を惹く建物が残されています。
この建物は昭和初期に貿易会社の社屋として建てられました。
f0116479_14184777.jpg

大橋川縁から北に向かう通りに面してそれぞれに特徴的な意匠を持つ2つの建屋が並びます。
隔壁は繋げられている様に見えますが、後年に増築されたもの、あるいは当初別々だった建物を繋げたものとも思えます。
資料に拠れば、大陸との貿易を営む山陰道産業の本社として昭和7年に建てられたとあります。
f0116479_14300465.jpg
f0116479_14192548.jpg


大橋川に面した南側の棟。木造モルタル2階建て。
掻き落とし風に仕上げた壁面、入口を囲む刳型、コーニスと外壁に廻らせたラインによる水平方向の強調、幅丈を違えた縦長窓の配置等、当時流行のアールデコ様式の影響を受けた意匠です。
f0116479_14320014.jpg
f0116479_14201315.jpg
f0116479_14212976.jpg
f0116479_14214877.jpg
f0116479_14221919.jpg


コーナーに設けられた入口周り。
f0116479_14225743.jpg
f0116479_14280719.jpg

南面の窓。
f0116479_14273439.jpg
f0116479_14232860.jpg
f0116479_14255854.jpg
f0116479_14262727.jpg


こちらは東面。
f0116479_14283205.jpg


2階部分の質感が異なるのは後年の増床でしょうか。
f0116479_14285228.jpg


北側に並ぶ棟。こちらもアールデコ風ですが、切石風の外壁や窓間壁に貼られたスクラッチタイル、大きな庇の持ち送り、コーナーのガラス窓とテラコッタ飾り等、印象が大きく異なります。
f0116479_14594006.jpg
f0116479_14311956.jpg
f0116479_14251604.jpg

コーナー壁面のガラス窓とレリーフ。
f0116479_14505973.jpg
f0116479_14540254.jpg
f0116479_14513819.jpg
f0116479_14523741.jpg

縦に並ぶ不思議なレリーフ。童子(天使?)と共に動物や作物が描かれていますが、何を表しているのでしょうか。
f0116479_14521869.jpg
f0116479_14530475.jpg


by sunshine-works | 2015-07-18 23:58 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 06日
旧日本銀行松江支店(カラコロ工房)
島根県松江市の近代建築その3

前回紹介した旧八束銀行本店の近く、松江城の旧外堀に面して旧銀行店舗が残されています。昭和13年、日本銀行松江支店の2代目店舗として建てられました。設計:長野宇平冶。
f0116479_16221973.jpg
鉄筋コンクリート3階建て、外壁に切石を飾ります。
旧八束銀行本店と規模はほぼ等しく、ジャイアントオーダーを正面に据えた意匠も似通っています。
f0116479_16070900.jpg
f0116479_16082415.jpg
f0116479_16090962.jpg
明治期より数多くの日銀店舗や官民の銀行建築を手掛けた長野宇平治の晩年の作。
時代的にも戦時体制下で大規模建築が規制される直前の築となり、古典様式を用いた銀行店舗の最終期の姿を伝えます。
f0116479_16092601.jpg
正面に並ぶドリス式オーダー。
f0116479_16102134.jpg
f0116479_16110673.jpg
f0116479_16103978.jpg
f0116479_16095648.jpg
f0116479_16113349.jpg
f0116479_16131831.jpg
f0116479_16121081.jpg
正面側詳細。
f0116479_16140955.jpg
f0116479_16152947.jpg
f0116479_16154734.jpg
東側側面。中ほどに通用口が設けられています。
f0116479_16192209.jpg
f0116479_16171678.jpg

f0116479_16164155.jpg

f0116479_16162922.jpg
f0116479_16181121.jpg
f0116479_16174049.jpg
f0116479_16185693.jpg


by sunshine-works | 2015-07-06 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 27日
旧八束銀行本店(ごうぎんカラコロ美術館)
島根県松江市の近代建築その2

松江市の中心部、大橋川の北側の官公庁や企業ビルが並ぶ一角に大正期の銀行建物が残されています。
現在は美術館として使われているこの建物は、大正15年に旧八束銀行本店として建てられました。
f0116479_14444532.jpg

鉄筋コンクリート2階建、正面にジャイアントオーダーを並べ、軒蛇腹の上にパラペットを立ち上げます。古典様式を取り入れたスタイルですが、明治期の銀行建築に比べて厳粛さは薄れ、時代の流れに沿った意匠と思えます。
f0116479_11375828.jpg
f0116479_11404493.jpg
f0116479_11384878.jpg
f0116479_11392985.jpg

正面の入口は中央の1個所のみ。1階外周は腰周りの高さに花崗岩の基礎を積みます。
f0116479_11420440.jpg
f0116479_11412077.jpg
f0116479_11415052.jpg


正面に並ぶ6本のオーダー。柱頭に飾りが無く、柱にフルーティングを持たないトスカナ風。上部に格子状の筋を刻みます。
f0116479_11425586.jpg
f0116479_11441238.jpg
f0116479_11433216.jpg
f0116479_11435220.jpg




by sunshine-works | 2015-06-27 15:35 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 19日
美保関灯台
島根県米子市の近代建築その1

島根県の東端、日本海に突き出た岬の先端に石造の灯台が据えられています。
山陰で最も古いこの美保関灯台は明治31年に建てられました。
f0116479_17454711.jpg

展望台から続く遊歩道の終端、日本海を見下ろす高台に白く塗られた灯台と赤瓦を葺いた石造の建屋が並びます。
島根産の切岩を積み上げた灯台の高さは約14メートル、海面からの高さは83メートルに達します。
f0116479_17511072.jpg
f0116479_17540329.jpg
f0116479_17570127.jpg
f0116479_18012090.jpg
f0116479_13441557.jpg
f0116479_14343776.jpg


外周からの眺め。敷地を囲む石塀や門柱も開設当時のままで残されています。
f0116479_1347613.jpg
f0116479_1345133.jpg
f0116479_14272749.jpg
f0116479_14274188.jpg
f0116479_14275455.jpg
f0116479_13461832.jpg


敷地の東側に建つ灯台。明治期の灯台としては後期の築となりますが、基本的には明治初期に各地に建てられたブラントン設計の近代灯台を踏襲しており、同年に建てられた京丹後の経ケ崎灯台とは規模も構造も良く似た造りとなっています。
f0116479_13484785.jpg
f0116479_13492624.jpg
f0116479_14164662.jpg
f0116479_13514665.jpg
f0116479_13501944.jpg
f0116479_1352711.jpg
f0116479_14192367.jpg
f0116479_13531435.jpg
f0116479_14174189.jpg
f0116479_13533019.jpg
f0116479_13534643.jpg
f0116479_14225681.jpg


灯台の西側、フェンスを介して退息所として建てられた石造平屋の建屋が並びます。
f0116479_15155258.jpg
f0116479_15173402.jpg
f0116479_15144109.jpg
f0116479_15221156.jpg
f0116479_15163520.jpg
f0116479_15171559.jpg
f0116479_15182091.jpg
f0116479_15183834.jpg
f0116479_15224281.jpg
f0116479_15200960.jpg

f0116479_15192100.jpg
f0116479_15202474.jpg
f0116479_15205411.jpg
f0116479_15212348.jpg
f0116479_15234934.jpg
f0116479_15240248.jpg



by sunshine-works | 2015-06-19 21:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 10日
島根の近代建築
島根の近代建築

西日本の近代建築探訪、中国地方については岡山と鳥取を紹介しましたが、新たな探訪先に島根県を加えます。
中国地方の北西部、日本海に沿って東西に連なる島根は古代に始まる長い歴史を有し、各地方に豊かな文化を育みました。
明治以降、松江・出雲の主要都市にはいち早く近代建築が建てられ、各地方の町村にも様々な西洋建築や土木遺産が建てられていきます。

山陰の拠点として商工施設が数多く建てられた松江。旧日銀松江支店は観光スポットとして再生されました。
f0116479_14363095.jpg

県内各地に建てられた明治大正期の役場建物。現存数の多さは全国屈指と思えます。
津和野町の旧鹿足郡役所は大正8年の築。
f0116479_14374315.jpg

現存する島根県内の洋風建築として最古のこの建物は明治18年に周吉外三郡役所として建てられ、その後隠岐支庁舎として使われました。
現在は隠岐郷土館として公開されています。
f0116479_14381834.jpg


旧松江城址に建つ興雲閣は明治36年の築。天皇御幸の施設に使われました。
f0116479_14324939.jpg


地方都市にも数多くの洋風建築が現存します。
出雲横田に残るこの教会建物は大正12年に建てられています。
f0116479_14400533.jpg


小さな町に残された旧郵便局舎の数々。奥出雲町の旧八川郵便局。
f0116479_10584265.jpg

温泉街の奥手に佇む大正期のモダン建築。喫茶店として利用されています。
f0116479_14403596.jpg


木造の学校建築も数多く現存します。
元吉田村尋常高等小学校は大正12年築。
f0116479_15111511.jpg

出雲の古い町並みに並ぶ銀行建築。現在も現役の店舗として使われています。
f0116479_14413053.jpg

各地に残る木造駅舎や鉄道橋梁。
廃止された旧大社駅は当時の姿のまま保存されています。
f0116479_14420597.jpg


県内の幾つもの河川を横切る山陰本線には古い橋梁が数多く現存します。江津市の郷川橋梁は大正期のワーレントラス橋。
f0116479_14424100.jpg


松江のシンボル松江大橋は昭和12年の築。
f0116479_14433518.jpg

取水堰堤として昭和2年に設置された神戸堰。近代土木の貴重な資料として残されています。
f0116479_14441163.jpg


日本海側で最も高い日御碕灯台は明治36年の築。
f0116479_14445282.jpg


今尚現役の古い水力発電所の数々。島根県最古となる窪田発電所。
f0116479_14452738.jpg


by sunshine-works | 2015-06-10 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)