タグ:岡山県備中地区 ( 65 ) タグの人気記事

2012年 10月 17日
中国銀行倉敷支店本町出張所(旧第一合同銀行倉敷支店)
岡山県倉敷市の近代建築その7

倉敷の観光名所美観地区の中央部、大原美術館から鶴形山へ抜ける道の途中に、大正期に建てられた銀行が建っています。
旧第一合同銀行倉敷支店として建てられ、現在は中国銀行倉敷支店本町出張所として使われているこの建物は、岡山県内の現役銀行店舗として最古のものです。
設計:薬師寺主計、施工:藤木工務店。
f0116479_13383198.jpg

現在の中国銀行の前身となる第一合同銀行は、大正8年に岡山地域6行の合併によって誕生、母体となった倉敷銀行頭取の大原孫三郎が頭取を務めます。この倉敷支店は同行の中核店舗として大正11年に旧倉敷銀行本店から建て換えられました。
全体の意匠としては当時の銀行建築に多用されたルネッサンス様式が基調。
ドーマー屋根を乗せた大きな寄棟屋根は当初はスレート葺き、その後に銅板葺きに替えられています。
北面と西面を飾るドーリア式のオーダー柱、1階のアーチ窓、御影石を組んだ玄関ポーチ等、定番とも言える構成ですが、それまでの銀行建築に比べると重厚感や荘厳さが薄まり、広く大衆に向けられた銀行を指向した意匠とも取れます。
f0116479_1339111.jpg

f0116479_13421673.jpg

f0116479_13394934.jpg

全体の構造は鉄筋コンクリート、石造、煉瓦造、木造が組み合わさった混構造と呼ばれる形式。部位によってこれらを使い分けています。
f0116479_13464746.jpg

基礎は笠岡諸島産の御影石。岩肌そのままで仕上げたルスティカ積みと呼ばれる手法を用いています。
その上の外壁表面は切石積みに見えますが、これは塗布したモルタルに筋を引いて石組みを表現したものです。
f0116479_13492929.jpg

f0116479_13485711.jpg
f0116479_13461995.jpg

正面側となる北面。2階の軒まで延ばされた6本のジャイアントオーダーを等間隔に並べ、中央にやや小ぶりな玄関を設けます。
f0116479_13423747.jpg
f0116479_13474195.jpg

f0116479_13474932.jpg

f0116479_13475741.jpg

f0116479_1348565.jpg

f0116479_13501880.jpg

アーチのファンライトを飾る美しいステンドグラス。
f0116479_14222079.jpg

f0116479_1473681.jpg

南隣に大原家住宅、その奥手に大原美術館を望む西側面。
この西面にもほぼ同規格の玄関が設けられています。
f0116479_13521073.jpg

f0116479_13545380.jpg

f0116479_13514965.jpg

第一合同銀行倉敷支店の建設にあたっては、前年に建てられた日銀岡山支店が大きな刺激となりました。
大原家の建築顧問を務めていた薬師寺主計は、日銀岡山支店を施工した藤木工務店の技術を高く評価、この第一合同銀行倉敷支店の施工を任せます。以降この3者は深い繋がりを持ち、多くの大原家関連施設を手掛ける事となります。
f0116479_13522346.jpg

倉敷の中心部には大原孫三郎と薬師寺主計・藤木工務店の手になる優れた近代建築が数多く残されています。これらは古い町並みに良く融け込み、優れた観光資源として貴重な役割を果たしています。
f0116479_1353795.jpg


by sunshine-works | 2012-10-17 20:24 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 13日
倉敷中央病院
岡山県倉敷市の近代建築その6

倉敷教会の東方へ約300メートル、赤い屋根が印象的な総合病院の建物群が見えます。この倉敷中央病院には、前身となった倉紡中央病院時代に建てられた病院施設が現存します。これらの建物は大正12年の開業時に建てられました。
f0116479_14533244.jpg

倉敷紡績の企業城下町として発展した倉敷には、社員の厚生施設として様々な組織、施設が建てられます。倉敷紡績も、この時代の大くの大会社の例に漏れず地域一番の規模となるこの近代的な総合病院を設立します。
設計は倉敷紡績社長大原孫三郎との繋がりで倉敷に多くの作品を残した薬師寺主計、施工も大原孫三郎や薬師寺主計と所縁の深い藤木工務店が担当しています。
f0116479_14552963.jpg

f0116479_14545978.jpg

現存する倉紡中央病院時代の建物は全部で3棟。
南から順に旧看護婦養成所、旧事務棟、旧外来棟が敷地の西側の道路に面して並びます。
現在の主要な病院施設は背後に建てられた鉄筋コンクリート造の近代病棟が担っていますが、これらの建物も用途を変えて現役施設として使われています。
f0116479_14572076.jpg

敷地の南端に建つ3階建ての建物。かつて看護婦養成所として建てられ、現在は倉敷中央看護専門学校として使われています。
f0116479_15105356.jpg

f0116479_159593.jpg

f0116479_15114462.jpg

f0116479_1512139.jpg

f0116479_15345884.jpg

鉄筋コンクリート3階建て。
直線と平面を基調とした外観、装飾意匠を最小限に止め、均等に並ぶ縦長窓の配置で垂直・水平方向のラインを強調します。
反面、1階の腰周りには煉瓦タイルを飾り、玄関ポーチにはアーチが組まれる等、古典様式からモダニズム様式へ移行する過渡期の建築様式が見て取れます。
f0116479_153609.jpg

f0116479_15354188.jpg

f0116479_153633100.jpg

f0116479_15362351.jpg

f0116479_15364617.jpg

旧事務棟として使われていた建物。現在はリハビリ施設となっています。竣工時は、この建物の入口が病院の主玄関になっていました。
f0116479_16193485.jpg
f0116479_214285.jpg

f0116479_16203252.jpg

f0116479_16221667.jpg

f0116479_11342622.jpg

f0116479_1622436.jpg

f0116479_1623957.jpg

f0116479_16233143.jpg

f0116479_16235482.jpg

f0116479_16242258.jpg

旧外来棟。事務棟と意匠を合わせた造りです。現在は幼稚園として使われています。
f0116479_2164560.jpg

f0116479_2112730.jpg

f0116479_2172282.jpg

f0116479_2153337.jpg

旧事務棟と旧外来棟の意匠はゼセッションやアールヌーボの様式を取り入れた薬師寺主計が得意とするスタイル。当時の病院建築にはこの様式が数多く使われています。
f0116479_2175676.jpg

f0116479_2161747.jpg

f0116479_2183311.jpg

f0116479_2191023.jpg

f0116479_2193415.jpg

f0116479_211022.jpg

83床、医師24名の規模で開業した倉紡中央病院は、翌年には200床を超える大きな総合病院に発展、京都大学から多くの医師を招き、海外の最新医療機材を導入する等、県内では岡山医科大学と並ぶ先端の医療機関となりました。
また、この倉紡中央病院は、東洋一の病院を目指した大原孫三郎の理念が様々に体現され、斬新な施設や制度が導入されていました。*詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_2111729.jpg

f0116479_21113570.jpg

f0116479_21215696.jpg

f0116479_21103727.jpg

f0116479_21123259.jpg

この病院が建てられた当時の倉敷の人口は1万5千人程。人口規模と比較すると相当に大きく立派な病院だった様です。
広く市民にも開放されていたこの倉紡病院は、従業員や地域に対する利益還元や社会貢献を重視した大原孫三郎の哲学を示す象徴の一つとなっています。
f0116479_11353189.jpg


by sunshine-works | 2012-10-13 14:12 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 09日
倉敷教会
岡山県倉敷市の近代建築その5

倉敷駅を東へ程なく、住宅やマンションが並ぶ一角に、3階建ての目を惹く教会建物が見えてきます。
西村伊作の設計となるこの日本基督教団倉敷教会は大正12年に建てられました。
f0116479_16362197.jpg

木造3階建て、1階部分と塔屋の外壁を石組みとし、礼拝堂、塔屋、各面の張出部それぞれに切妻屋根を葺きます。
左右非対称の建物配置、あえて2階に設けた玄関、複雑に組み合う屋根、石材と木造の取り合わせ等々。当時の教会建築の流れと一線を画した斬新な意匠です。
f0116479_1645090.jpg

f0116479_16452759.jpg

設計者の西村伊作は文化学園の創設者としても知られますが、多岐に亘る活動の中の建築設計に於いては、従来の常識に捉われない実用本位の建築様式を提案し、自ら多くの住宅を手掛けます。
厳格な様式性を旨としていた当時の教会建築の枠を超えて強い個性を放つこの教会も、同様な発想に基づいて設計されたものと思われます。
f0116479_16463196.jpg

f0116479_16461237.jpg

三角形の妻面を意匠表現に用いる手法や石組みの外壁。西村伊作の手掛けた多くの住宅に見られる特徴です。
f0116479_17144296.jpg

f0116479_1649910.jpg

スロープの側壁が敷地前面に立ちあがります。
f0116479_17271115.jpg

f0116479_17284139.jpg

斜面を上って2階の玄関へ。
f0116479_1795383.jpg

f0116479_16483041.jpg

f0116479_16543197.jpg

f0116479_16544440.jpg

f0116479_16574376.jpg

f0116479_17194818.jpg

f0116479_1773165.jpg

f0116479_1775031.jpg

f0116479_178891.jpg

f0116479_1763592.jpg

スロープの下部には小さなアーチを構えます。
f0116479_1792652.jpg

f0116479_1710692.jpg

f0116479_17101672.jpg

西村伊作と倉敷は、この教会の設立者の一人、倉敷紡績社長の大原孫三郎を介して深い繋がりを持ちます。
互いの思想に共鳴した両者は、若竹の園保育所や倉敷北部に開発した近郊住宅を手掛け、優れた建築遺産を倉敷に残します。
f0116479_20304455.jpg

f0116479_20323389.jpg

築後90年を迎える事となる建物ですが、程良く管理され状態は極めて良好と思えます。
信仰の拠所となったと共に倉敷の文化発展を支えた存在としても重要なこの建物は、中心街の景観に資する貴重な役割も担っています。
f0116479_2034921.jpg


by sunshine-works | 2012-10-09 21:26 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 15日
旧倉敷町役場
岡山県倉敷市の近代建築その4


倉敷駅から南へ約1キロ、倉敷川に沿って古い白壁の蔵が並ぶ観光名所の一角に、白塗の木造洋風建築が建っています。
現在は観光案内所兼休憩所として使われているこの建物は、倉敷市の基となった旧倉敷町の役場として大正6年に建てられました。
設計は不詳とされていますが、県内各地で多くの公共建物を手掛けた江川三郎八とする資料もあります。年代的にも整合し、意匠表現の類似性も数多い事から、江川三郎八またはその弟子が直接または間接的に関わったものと思われます。
f0116479_115604.jpg

幕府天領として交易が栄え、多くの蔵や商家が建ち並んだ倉敷川沿いの一帯は、明治以降も地域の経済や行政の拠点として更なる発展を遂げます。倉敷村の役場も中心部となるこの地に置かれ、町制が布かれた後の大正6年に現存するこの建物に建てかえられます。
木造2階建て、下見板貼り、寄棟造り、北東角に銅板製の方形屋根を持つ塔屋を設ける洋風建物として建てられたモダンなこの庁舎は、周囲の古い町並みにも良く馴染み、美しい景観の一部として今日まで長く親しまれています。
f0116479_13125146.jpg

蔵や商家が密接して並ぶ町中に建てられた事もあり、建物の規模としては然程大きなものではありませんが、この時代の木造庁舎に特徴的な装飾表現が各所に盛り込まれ、意匠性に優れた建物です。
街区の中心部の角地、且、一帯の景観の要となる橋(中橋)の南詰に位置する事から、当初より意匠性を意識した建物だったと思えます。
f0116479_11561377.jpg
f0116479_11564433.jpg

f0116479_11584317.jpg

f0116479_1159247.jpg

f0116479_125171.jpg

f0116479_11581614.jpg

f0116479_11573136.jpg

f0116479_11593212.jpg

町役場として建てられたこの庁舎ですが、小さな建物は程なく手狭となり、昭和3年に新庁舎へ移転。
町役場としては竣工後僅か12年でその使命を終えてしまいます。
その後は様々な公共用途に充てられますが、最終的には空家として放置される状態が続きその存続が危ぶまれました。
保存を望む声を受けて昭和46年に保存修復工事、昭和63年には解体修理を施し現在に至っています。
f0116479_1312834.jpg

f0116479_13122357.jpg

北側角の正面入口。敷地の制限からか、玄関は小さく、庇の突き出しも僅かです。
f0116479_12504486.jpg

f0116479_12514413.jpg

f0116479_12541540.jpg

f0116479_12542451.jpg

東面の入口は更に小さな造りです。
f0116479_12511447.jpg

f0116479_1256428.jpg

f0116479_12535541.jpg

f0116479_12555386.jpg

f0116479_12553847.jpg

県内に残る木造の町村役場としては2番目に古く、大正期の役場建物の数少ない現存例となります。
地域のランドマークとして永くその姿を湛えてきたこの美しい建物は、観光資源として現在も重要な役割を果たしています。
f0116479_13131715.jpg


by sunshine-works | 2012-09-15 18:17 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 11日
高梁川東西用水組合事務所
岡山県倉敷市の近代建築その3

倉敷駅の北西、高梁川に沿って開かれた親水公園の一角にモダンな木造建物が建っています。
この建物は高梁川流域の水利を管理する高梁川東西用水組合の事務所として大正15年に建てられ、現在も現役施設として使われています。
f0116479_19291298.jpg

流域の治水と利水を目的に国家事業として明治末年より進められた高梁川の河川改修は、15年に及ぶ大工事の末、大正14年に完成に至ります。
この過程で設立された東西用水組合の施設として、高梁川改修事業中で最大規模の工事となった酒津取水堰の傍らに建てられたのがこの建物です。
木造2階建、寄棟造。2階中央上部に三角破風を立ち上げ、左右に小さなドーマー屋根を設けます。
アールデコやセセションスタイルを取り入れ、大正モダンの雰囲気を良く伝えます。
f0116479_1931456.jpg

f0116479_19302949.jpg

北に面して設けられた玄関。入口庇にはスパニッシュ風の瓦が葺かれていますが、これは後年に葺き替えられたものとの事です。
f0116479_19323757.jpg

f0116479_19325327.jpg

庇を支える支柱。柱と建物の基部には縦方向に目地を刻んだセメントを盛ってアクセントとしています。
f0116479_1940342.jpg

f0116479_19404869.jpg

f0116479_19411331.jpg

f0116479_19413251.jpg

1階と2階の窓の中間に設置されるドイツ壁風の飾り。この時代の庁舎や学校建築に良く見られる意匠です。
f0116479_19445488.jpg

f0116479_19513225.jpg

建物側面から裏側へ廻ります。
f0116479_19461751.jpg

f0116479_19463687.jpg

f0116479_1951287.jpg

現在は裏手に短い張り出し部分が伸びていますが、現存する当時の図面を見ると1階部分はこの後方に別棟が繋がり、上から見て工の字形の建物配置となっていました。
f0116479_19491443.jpg

f0116479_19544170.jpg

f0116479_19501930.jpg

f0116479_19504359.jpg

用途としては然程目に付く事のない地味な施設ですが、先進の流行を取り入れたモダンな意匠からは、この治水事業を象徴するシンボルとしての強い存在感を感じます。
f0116479_2022316.jpg


by sunshine-works | 2012-09-11 23:15 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 21日
旧倉敷幼稚園舎
岡山県倉敷市の近代建築その2

白壁の蔵が並ぶ倉敷の美観地区の南東、市庁舎の一角に現在資料館として使われている古い木造建物が建っています。この建物は旧倉敷幼稚園舎として大正4年に建てられ、昭和51年まで使われていました。設計は県内で多くの学校建築を手掛けた江川三郎八とされています。
f0116479_19321550.jpg

元々の園舎はここから1キロほど北の倉敷市の中心部に建てられていました。当初、取り壊される予定だったこの園舎については保存を求める声が強く、一旦解体された後の昭和56年に当地へ移築されています。(移築に際しては建物の一部が省かれ、左右両翼が短縮されています)
f0116479_1931876.jpg

f0116479_1933115.jpg

玄関の両脇に応接室と保育室を並べ、その奥に八角形の遊戯室を設けます。八角形の遊戯室は、同じく江川三郎八の作となる岡山旭東幼稚園舎や同時期に県内数箇所に建てられた幼稚園に見られ、他県ではあまり見かけない独特のものです。また、この園舎の八角屋根は中央に支柱を持たず、壁と屋根組で支える工法が採り入れられています。
詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_19335942.jpg

f0116479_19424254.jpg
f0116479_19345295.jpg

大きなアーチで飾られた正面玄関。これ以外にも随所に江川三郎八の作品に共通する建築意匠が見て取れます。
f0116479_19342183.jpg

f0116479_19352229.jpg

f0116479_19354611.jpg

開放式の廊下から館内を伺います。
明治41年に建てられた岡山旭東幼稚園は遊戯室を中心に4方向に棟が繋がるユニークな形状でしたが、7年後に建てられたこの園舎は至ってシンプル且つオーソドックスな構造です。
敷地効率や使い勝手に配慮してこの配列へ進化していったようです。
f0116479_19433356.jpg

f0116479_19435428.jpg
f0116479_19442083.jpg

遊戯室の側面です。向って右が玄関側、その裏手に遊戯室が繋がります。
f0116479_12485477.jpg
f0116479_20285054.jpg
f0116479_1250275.jpg

f0116479_19484866.jpg
f0116479_1947737.jpg

遊戯室の背部です。
f0116479_12501514.jpg

f0116479_12493868.jpg

f0116479_19475521.jpg

義務教育機関だった小学校に比べると、戦前に設置された幼稚園の数は少なく、その現存例となるとさらに限られたものとなります。
これらの中でもこの旧倉敷幼稚園舎の優れた機能性と豊かな装飾表現は、学校建築史の上で極めて貴重で価値の高いものとして平成12年に有形登録文化財の指定を受けています。
f0116479_12531854.jpg


by sunshine-works | 2012-08-21 20:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 17日
倉敷西中学校校舎
岡山県倉敷市の近代建築その1


倉敷駅の北西、静かな住宅地の一角に倉敷市立西中学校の校舎が並んでいます。同校では前身の倉敷実業学校時代に建てられた木造校舎や体育館、特別教室棟、図書室棟等の多くの建物が現在も使われています。昭和12年築。
f0116479_20255343.jpg

昭和12年に倉敷実業学校と倉敷高等小学校、倉敷青年学校の3つの学校が同居する校舎として設置されました。このため都市部の学校としては広大な敷地を持っており、同校は現在の倉敷市で最も大きな中学校となっています。また、実業学校時代は農業科が設けられていた事も広い校地を有している理由の一つと思われます。
詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_20263612.jpg

f0116479_20264882.jpg

2棟が並ぶ校舎、校庭に面して建つ特別教室棟や体育館、正門等、学校の主要な施設の殆どが当時のまま使われており、その多くは良好に竣工時の姿を留めます。岡山県内に数多く残る木造校舎の中でもこれだけの規模で現存している例は他にありません。
f0116479_2027073.jpg

f0116479_20275037.jpg

築年が昭和12年と戦前の校舎として晩期、立地も都市近郊とあって、全体的に洗練され垢抜けたモダンな意匠です。装飾表現を玄関部分に集め、壁面は付け柱や窓枠で水平・垂直にアクセントを付ける手法は先日紹介した篠山の八上小学校と共通するものがあります。
f0116479_20284384.jpg

f0116479_2365558.jpg

長く突き出した玄関庇。大きなアーチが側面を支えます。
f0116479_20352495.jpg
f0116479_2343837.jpg

f0116479_20361188.jpg

f0116479_20363050.jpg

f0116479_2037963.jpg

f0116479_20372553.jpg

f0116479_20385627.jpg

北側の校舎から順に廻っていきます。
f0116479_20382660.jpg

f0116479_20392087.jpg

中庭を挟んで南側の校舎が並びます。
f0116479_2040199.jpg

f0116479_20404453.jpg

f0116479_20412953.jpg

f0116479_20475015.jpg

補修はされているものと思われますが、各窓には当時と同様な木製の窓枠が保たれています。
f0116479_20472786.jpg
f0116479_20491262.jpg

f0116479_20484761.jpg

f0116479_20481699.jpg

f0116479_20493583.jpg

f0116479_204954100.jpg
f0116479_2050314.jpg

更に進んで校庭側に出ます。左手に見えるのは同時期に建てられた雨天体操場(体育館)です。
f0116479_20515871.jpg

反対側からの眺め。
f0116479_20551435.jpg

f0116479_20561140.jpg

f0116479_20572588.jpg
f0116479_2057727.jpg

体育館の手前には特別教室棟が並びます。
f0116479_2304742.jpg

f0116479_20583520.jpg

この二つの棟を繋ぐ渡り廊下。
f0116479_20593666.jpg

f0116479_20595817.jpg

f0116479_2102335.jpg

f0116479_2105355.jpg

f0116479_2111279.jpg

校庭から眺めた南側の校舎です。
f0116479_2123260.jpg

f0116479_20523458.jpg

f0116479_212832.jpg

f0116479_213432.jpg

f0116479_2132585.jpg

南側には小さな棟が2棟並びます。
f0116479_2142021.jpg
f0116479_2144411.jpg

f0116479_2151478.jpg

f0116479_2154427.jpg

f0116479_22573930.jpg

本校舎と繋ぐ渡り廊下です。
f0116479_217131.jpg

築70年を越える校舎ですが、程良く手入れされ、素晴らしい状態で保たれています。
これだけの規模で現存する戦前の中学校校舎は全国的にも珍しく、数多く残る岡山の木造校舎の中でも昭和初期の学校建築を代表する良例として重要な資料となっています。
f0116479_2173917.jpg


by sunshine-works | 2012-08-17 22:44 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 09日
旧岡山農学校堆肥舎
岡山県岡山市の近代建築その26

岡山市の郊外、備中高松駅の南に岡山県立高松農業高校の広大な敷地が広がります。
この一角に同校の資料館として使われている茅葺屋根の洋風建造物が残されています。
前身となった岡山農学校時代に堆肥舎として建てられました。明治42年築。
f0116479_2054202.jpg

演習農場や温室が並ぶ校舎南側の一角に建てられています。
煉瓦造平屋建、外壁上部を漆喰で仕上げ、茅葺屋根を葺きます。
欧州の農業建物に倣ったものと思われますが、和風要素も入り混じった独特な意匠となっています。
f0116479_2055114.jpg

f0116479_20555291.jpg

f0116479_20565394.jpg

f0116479_20571566.jpg

煉瓦壁はフランス積。2か所に設けたバットレスで支えます。
f0116479_12132336.jpg

美しく整えられた茅葺屋根。上部には小さな破風が付けられています。
f0116479_1294547.jpg

f0116479_1291313.jpg

特殊な用途の建物なので装飾表現は殆どありません。窓枠に虫籠窓と呼ばれる日本建築の様式が使われていますが、これは後年に付け加えられたものです。
f0116479_1248010.jpg

f0116479_12105123.jpg

入口は表と裏に2か所。窓が少ないのは建物用途からと思われます。
f0116479_12101934.jpg

f0116479_12122390.jpg

f0116479_12124586.jpg

f0116479_1213375.jpg

2か所の入口はほぼ同じ造り。こちらは南面。
f0116479_12443170.jpg

建物西側から北側です。
f0116479_1214761.jpg

f0116479_12134616.jpg

農村部の茅葺家屋の多くは、材料である茅の入手難や職人の減少によって急速にその数を減じています。
茅葺屋根をこのように美しく維持していく労苦は並大抵な事ではありません。
f0116479_12451316.jpg

f0116479_12143092.jpg

f0116479_12144311.jpg

各地に旧農学校の建物が現存していますが、この種の施設が残されている例は僅かです。
茅葺屋根を持つ洋風建築として極めて珍しく、資料的価値の高い建物です。
f0116479_1215117.jpg


by sunshine-works | 2012-08-09 20:52 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 06日
旧若原眼科医院(清澄家住宅)
岡山県早島町の近代建築その1


旗本領の陣屋を中心に発展した早島町は、町域の中央を縦断する金比羅往来沿いに古い町並みが今尚残り、交易の中継点として栄えた往時の姿を偲ばせます。
この旧道から宇野線早島駅に続く狭い道を進んで行くと、住宅街の一角に古い木造2階建ての洋館が見えてきます。
眼科医院兼住居として明治41年に建てられたこの建物は、早島町に残る唯一の明治期の洋風建築であり、岡山県内では数少ない戦前築の木造医院建築の現存例でもあります。
f0116479_1452750.jpg

資料によると明治41年に眼科医院兼住居として建てられ、昭和4年に歯科医院を併設、昭和26年に眼科医院が廃止された後は平成2年までを歯科医院として開業していたそうです。建てられた当時は現在の建物の他に入院用の病棟が併設されていたとの事で、明治期の地方の単科医院としては本格的な概要を備えていたものと思われます。
f0116479_1443997.jpg

f0116479_145525.jpg

木造下見板貼、寄棟屋根に桟瓦を葺き、屋根の頂部には棟飾りを飾ります。建物正面側は洋風意匠で設え、側面・背面には縁側を備えた純和風の棟を繋ぐ和洋折衷様式。正面側のコの字型に張り出した両翼とその奥の区画が医院と応接室、奥の和室が住居となっています。
f0116479_18321561.jpg

f0116479_1463550.jpg

f0116479_1461360.jpg

f0116479_1494063.jpg

f0116479_1503773.jpg

f0116479_293455.jpg

小さな庇を備えた玄関。引戸式の玄関扉や上げ下げ窓が竣工当時のまま残ります。
f0116479_213438.jpg

f0116479_203360.jpg

f0116479_205084.jpg

f0116479_21595.jpg

裏手に設えられた日本式の庭園。その奥に縁側を備えた和室が繋がります。
f0116479_1543430.jpg

f0116479_154588.jpg

明治に入って各地に広まっていった西洋医学は、それまで対処できなかった様々な疾病を癒し、多くの人々に文明の恩恵をもたらします。
各町に建てられたこのようなモダンな洋館造りの医院は、地域の近代化を象徴する存在として人々に親しまれていきました。
f0116479_222453.jpg


by sunshine-works | 2012-07-06 20:45 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 15日
旧吉川村役場
岡山県吉備中央町の近代建築その2

平成16年に発足した吉備中央町は、旧備中に属する賀陽町と旧備前に属する加茂川町がその基となりました。この吉備中央町の西部、旧賀陽町の中心だった吉川地区の一角に古い庁舎が残されています。現在は郷土資料館として使われているこの建物は、旧吉川村の役場として明治27年に建てられました。
f0116479_12282364.jpg

県内に残る古い町村役場の中でも明治中期に建てられた物は少なく、おそらく県内に現存する役場庁舎としては最古、また県内の近代建築全体の中でも幾つかの教会堂に次いで築年が古い建物となります。
f0116479_1229012.jpg

三方にアーチを配した庇上部にバルコニーを設けた玄関ポーチ、この玄関を中心に据えたシンメトリー構造の建物両側には等間隔で2つの上げ下げ窓が並べられ、分厚いコーニスの上に瓦を葺いた軒を張出します。
おそらくは地元の棟梁によって建てられた和洋折衷技法のものと思われますが、地方の村役場とは思えない優れた造作が各所に見られます。
f0116479_12301064.jpg

f0116479_12382865.jpg

f0116479_12293963.jpg

f0116479_12302746.jpg

基礎に積まれた大きな花崗岩の切石。コーナーの隅石にも花崗岩が飾られます。
f0116479_12324860.jpg

f0116479_1233588.jpg

f0116479_12312724.jpg

建物裏側。正面側と一変して和風の趣ですが、一部には縦長の上げ下げ窓が使われ、折衷様式の側面を留めます。
f0116479_12334092.jpg
f0116479_12332661.jpg

f0116479_12335117.jpg

f0116479_1234076.jpg

f0116479_1234157.jpg

築130年に近いこの旧役場庁舎ですが、程良く手入れが為され、良好に当時の姿を留めます。全国的にもこの時期の町村役場の現存例は数少なく、極めて貴重な資料と言えます。
f0116479_12362543.jpg


by sunshine-works | 2012-06-15 20:44 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)