タグ:岡山県備中地区 ( 65 ) タグの人気記事

2014年 04月 06日
日本綿布工場事務所
岡山県井原市の近代建築その3

児島と並ぶ岡山の綿織物業の中心として栄えた井原地区。この井原に本社・工場を構える日本綿布株式会社では大正期から昭和初期にかけて建てられた工場施設が現在も使われています。
f0116479_14533315.jpg

敷地の南西、道路に面して建てられた事務所棟。木造2階建て下見板貼、寄棟造り。
切石を廻らせた腰周り、玄関脇の付柱、側面の丸窓、四方に張り出した軒等、控えめながら意匠を凝らした建物です。築年は昭和9年ごろと言われています。
f0116479_14535860.jpg

f0116479_14543271.jpg

f0116479_14553033.jpg

f0116479_14544437.jpg

f0116479_145815100.jpg

正面側詳細。
f0116479_14585282.jpg
f0116479_14584226.jpg

f0116479_15291488.jpg

f0116479_1501212.jpg
f0116479_14591676.jpg
f0116479_14593197.jpg

側面の丸窓。
f0116479_1459475.jpg
f0116479_1503195.jpg

西面から裏面にかけての眺め。
f0116479_1512231.jpg

f0116479_151091.jpg
f0116479_1511422.jpg

f0116479_1513668.jpg

煉瓦屋根の工場建物が並びます。これらは大正6年の工場創業時に建てられています。
f0116479_151376.jpg

f0116479_15132427.jpg

f0116479_1514588.jpg

f0116479_15141819.jpg

f0116479_1514307.jpg

現在は使われていない煉瓦製の煙突。先端の一部は欠け落ちています。
f0116479_15144494.jpg

f0116479_15145490.jpg

鉄製の古い望楼。
f0116479_1515821.jpg

f0116479_15151720.jpg


by sunshine-works | 2014-04-06 23:16 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 31日
金光学園講堂
岡山県浅口市の近代建築その1

前回、前々回に引き続いて江川三郎八の手掛けた学校建築の紹介。
浅口市の私立金光学園には明治37年に建てられた小さな講堂が現存しています。
f0116479_100142.jpg

木造平屋・寄棟造。下部を羽目板、中間に下見板、上部の漆喰壁は筋交いを露出させたハーフティンバー式。
屋根上に大きなドーマー屋根を乗せています。
前回紹介した矢掛高校明治記念館と同規模の小ぶりな建物ですが、こちらも江川式建築の特徴を随所に表しています。
f0116479_1004214.jpg

当初この建物は金光学園の前身、金光教会学問所内に建てられていました。
昭和29年に金光学園が現在の校地へ移転。講堂は2年後の昭和31年に移築されています。
f0116479_10195929.jpg

f0116479_10202251.jpg

f0116479_1021476.jpg

f0116479_10225025.jpg

f0116479_10232100.jpg

こちらは裏面。玄関が無い以外は正面とほぼ同じ造りです。
f0116479_10222046.jpg

f0116479_10223772.jpg

f0116479_95957.jpg

裏面を敷地の外側から眺めます。
f0116479_10233462.jpg

f0116479_10235786.jpg


by sunshine-works | 2014-03-31 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 26日
矢掛高校明治記念館
岡山県矢掛町の近代建築その2

前回は岡山県井原市の興譲館高校旧講堂を紹介しましたが、隣の矢掛町にも同じ江川三郎八が手掛けた学校建築が現存しています。
現在は部室として使われているこの建物は、旧制矢掛中学時代の大正4年に建てられました。
f0116479_13134079.jpg

木造平屋寄棟造、下見板貼りの上部を漆喰壁で仕上げた小さな建物。
南面入口に切妻屋根の庇を張り出し、東西両面には上げ下げ式の縦長窓を等間隔に並べます。
小規模な建物ですが、一連の江川作品に共通する意匠が随所に見られます。
f0116479_13135976.jpg

f0116479_13141213.jpg

f0116479_13225035.jpg

f0116479_13142622.jpg

f0116479_13214711.jpg

玄関廻り。
f0116479_131888.jpg

f0116479_13182582.jpg

f0116479_13184710.jpg

f0116479_1319585.jpg

f0116479_13191775.jpg

f0116479_13192878.jpg

窓の上下には凝った装飾が添えられています。
f0116479_132022.jpg

f0116479_1320145.jpg

f0116479_13203135.jpg


by sunshine-works | 2014-03-26 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 21日
興譲館高等学校旧講堂
岡山県井原市の近代建築その2

前回は井原市の興譲館高等学校武徳殿を紹介しましたが、同校には昨年まで大正5年に建てられた木造校舎が現存していました。
老朽化と耐震強度不足を理由に取り壊されてしまいましたが、旧講堂として建てられた校舎は江川三郎八の手掛けた学校建築の一つとして長くその姿を留めました。
f0116479_14381575.jpg

木造2階建て、下見板貼り、寄棟造り。屋根上に換気用のドーマー窓を乗せ、中央の三角破風には校章を飾ります。
ルネッサンス様式を基調とした和洋折衷の意匠は、現存する江川三郎八設計の旧遷喬小学校旧閑谷中学校校舎と多くの共通点を持ちます。
f0116479_13525433.jpg

f0116479_14343577.jpg

f0116479_14385265.jpg

講堂として建てられたとありますが、当時の木造校舎では1階を教室や職員室とし、2階を講堂とした例が多く、おそらくこの建物も2階に講堂が充てられていたものと思われます。
f0116479_14463092.jpg

広い窓が並ぶ正面側。斜めに交差する筋交いや三角形の壁面飾りがアクセントとなります。
f0116479_14503254.jpg

f0116479_14504297.jpg

f0116479_1451244.jpg

f0116479_14512424.jpg

f0116479_14514992.jpg

側面、裏側の眺め。不思議な事に、玄関らしきものがどこにも見当たりません。後年に塞がれてしまったのでしょうか。
f0116479_14533967.jpg

f0116479_14535031.jpg

f0116479_1454265.jpg

敷地の西側には昭和5年に建てられた書庫が現存しています。モルタル2階建て、和風の桟瓦を葺いた和洋折衷様式。
f0116479_1455218.jpg

f0116479_14555018.jpg

f0116479_14551662.jpg

f0116479_14552649.jpg

f0116479_14553780.jpg


by sunshine-works | 2014-03-21 22:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 16日
興譲館高等学校武徳殿
岡山県井原市の近代建築その1

井原の中心部から小田川を越えて北東へ。
緩やかな坂の途中に開学160年の歴史を持つ私立興譲館高校が建てられています。同校の敷地内には昭和15年に建てられた武道場が今も現役で使われています。
f0116479_11242560.jpg

本館と道路を挟んだ南側に建つ木造平屋、下見板張り。中央に入母屋屋根の庇を張り出します。
f0116479_11243899.jpg

f0116479_11261091.jpg

f0116479_11254314.jpg

f0116479_11282420.jpg

f0116479_1127132.jpg

f0116479_11271621.jpg

建物全景。左右の妻面を二段の入母屋とする凝った造り。
f0116479_11342138.jpg

f0116479_11275586.jpg

f0116479_11283692.jpg

f0116479_11285430.jpg


by sunshine-works | 2014-03-16 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 20日
宇野線の橋梁
備中の鉄道遺産

岡山駅と宇野駅を結ぶ宇野線の開業は明治43年。
瀬戸大橋の開通までの約80年に渡って本州と四国を結ぶ重要路としての役割を果たしました。
岡山で4番目に古い歴史を持つこの宇野線には開業時に設置された橋梁の多くが現存し、煉瓦や石積みの構造物が当時の姿を伝えています。
今回と次回に亘ってこの宇野線沿線に残る橋梁を紹介します。
f0116479_1434161.jpg

岡山市の南西部、備前・備中境界の笹ヶ瀬川を渡る橋梁。
幾つかの橋脚はコンクリートに代えられていますが、橋桁は鉄道省時代のもの、橋台は開業時からの煉瓦構造物が現存します。
f0116479_1445422.jpg

f0116479_14444785.jpg

煉瓦を積んだ橋台。コーナー部分には、角を丸めた煉瓦が使われています。
この弧状煉瓦は、宇野線開業時に設置された構造物の多くに使われました。
f0116479_14452387.jpg

f0116479_1446850.jpg

橋の北詰には開業当時の煉瓦・石積橋脚が現存します。
f0116479_1021573.jpg

f0116479_1022734.jpg

f0116479_1023359.jpg

f0116479_10232256.jpg

弧状煉瓦が使われた橋台。
f0116479_10293323.jpg

橋銘板には川崎造船株式会社兵庫工場製の文字。製造年度は読み取れず。
f0116479_10224929.jpg

煉瓦の橋台は笹ヶ瀬川橋梁の前後に連なる橋梁にも確認出来ます。
f0116479_14504778.jpg

f0116479_14505689.jpg

f0116479_10313539.jpg

f0116479_10304782.jpg

f0116479_1031068.jpg

f0116479_10311610.jpg

笹ヶ瀬川橋梁から宇野方向へ。水路を渡る小さな橋梁が点在します。
f0116479_1038069.jpg

f0116479_10381050.jpg

f0116479_10385354.jpg

f0116479_10382928.jpg

f0116479_10374267.jpg

f0116479_10393344.jpg

f0116479_10394878.jpg

f0116479_1040420.jpg

茶屋町駅近くの水田地帯にも煉瓦の橋梁群が続きます。
瀬戸大橋開通に合わせて新線が敷き直されたこの区間、旧橋梁は路線が取り外された状態で残されています。
f0116479_10481075.jpg

f0116479_1049411.jpg

f0116479_1048338.jpg

f0116479_10495696.jpg

f0116479_10501411.jpg

f0116479_10503096.jpg

f0116479_10505477.jpg

f0116479_10511311.jpg

f0116479_1052647.jpg

f0116479_10513147.jpg

架け代えられたコンクリート橋桁に並ぶ旧橋桁の基部。
f0116479_105507.jpg

f0116479_10551362.jpg

道路と水路を跨ぐ橋梁が並ぶ第二藤戸川橋梁。
f0116479_10572383.jpg

f0116479_10581026.jpg

f0116479_10585788.jpg

f0116479_1058378.jpg

こちらの橋梁は桁が外され、橋台のみが残されています。
f0116479_1102929.jpg
f0116479_1102238.jpg

f0116479_1104274.jpg


by sunshine-works | 2013-12-20 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 15日
旧江木歯科医院
岡山県倉敷市の近代建築その19

玉島の旧市街の一角、伝統家屋が並ぶ中に、モダンな洋館造りの医院兼住宅が残されています。
詳細は不明ですが、昭和初期の築と思われます。
(歯科医院の看板が掲げられていますが、閉院したようです。)
f0116479_9385513.jpg

木造モルタル造、玄関を構える建物左手が2階建て、右半分に平屋の診療室が繋がります。
上げ下げ式の縦長窓や側面の丸窓、大きく張り出した玄関庇、入口周りや門柱を飾る切石、屋根は洋瓦葺き。
昭和初期のモダンな都市型住宅の姿を伝ます。
f0116479_9443888.jpg
f0116479_953177.jpg

f0116479_9453694.jpg

門から玄関のアプローチ。ほぼ直線のみのシンプルな構成です。
f0116479_940426.jpg

f0116479_941197.jpg

f0116479_9411291.jpg

f0116479_9415884.jpg

側面から奥手。一部の窓以外は木製枠が保たれています。
f0116479_952295.jpg

f0116479_943167.jpg

f0116479_943559.jpg

使われなくなった診察室には機材がそのまま残されていました。
f0116479_942574.jpg

f0116479_9475488.jpg


by sunshine-works | 2013-10-15 17:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 10日
日芳橋
岡山県井原市の近代建築その1

矢掛宿から栄橋を渡り、山陽道を西へ。国道486号線となった旧街道は井原市の中心部の手前で小田川を渡ります。
この地点には大正15年に掛けられたトラス橋が今も現役で使われています。
f0116479_17213292.jpg

川幅約100メートルを渡る3連のダブルワーレントラス。
半円を描く上弦部分のボウ(弓)とストリング(弦)にあたる下弦が結合されたボウストリングと呼ばれるトラス橋で、初期の橋梁に多く使われました。
f0116479_17214818.jpg

f0116479_17221798.jpg

f0116479_17225058.jpg

トラスの両側には竣工当時の親柱が残っています。
f0116479_1750583.jpg
f0116479_17492920.jpg

f0116479_18111194.jpg

f0116479_17501710.jpg

外側・内側両面から眺めたトラス桁。
錆や塗装の剥がれはありますが、築80年を超えて健在です。
f0116479_17235492.jpg

f0116479_17242520.jpg

f0116479_17532580.jpg

f0116479_1725944.jpg

f0116479_17262873.jpg

f0116479_1732173.jpg

f0116479_1882767.jpg

f0116479_17313364.jpg

f0116479_17571370.jpg

f0116479_1747376.jpg

f0116479_17353958.jpg

複雑に組み合う上弦材と横桁。
f0116479_17331290.jpg

f0116479_17332258.jpg

f0116479_17333642.jpg

f0116479_17342631.jpg

側面の眺め。曲弦と下弦が描く弓形が良くわかります。
f0116479_1735080.jpg

f0116479_17351354.jpg

f0116479_17514251.jpg

f0116479_1752974.jpg

この日芳橋は近くに新道が開かれた後に主要幹線の橋としての役割を終えますが、地域の橋として残され、岡山県内の多連式鋼橋としては大正11年の京橋に次ぐ古い橋としてその姿を留めています。
f0116479_1813592.jpg


by sunshine-works | 2013-09-10 20:15 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 05日
栄橋
岡山県矢掛町の近代建築その1

古くからの宿場町矢掛の西方に朱色も鮮やかな古いトラス橋が渡ります。
この栄橋も岡山各地に掛けられた室戸台風からの復興橋の一つとして、昭和14年に掛けられました。
f0116479_1632989.jpg

矢掛宿を西へ進んで程なくの地点、旧山陽道が小田川の支流を渡る地点に掛けられます。
橋長約70メートル、2連のワーレントラスには櫻田機械製作所製の橋銘が確認出来ます。
f0116479_16345677.jpg
f0116479_16373178.jpg
f0116479_16341668.jpg

f0116479_16351644.jpg
f0116479_16342368.jpg
f0116479_16352715.jpg
f0116479_16354382.jpg

f0116479_16355864.jpg

橋床と高欄は鉄筋コンクリート造。鉄骨トラス橋がコンクリート橋を抱えているようにも見えます。
f0116479_16335345.jpg

f0116479_16334479.jpg

同年代に高梁川水系に掛けられたワーレントラス橋としては、他に中井橋広石橋が現存します。
この3つの橋はどれも中規模の2連式トラスで、極めて似通った外観をしています。
f0116479_16331657.jpg

川原から橋の裏側を眺めます。
f0116479_1636549.jpg
f0116479_16364893.jpg
f0116479_16363487.jpg
f0116479_16362114.jpg

f0116479_1637548.jpg

かつては主要幹線として賑わった旧山陽道ですが、交通量の増大に伴って各地に新道が築かれ、現在は生活道路に転じて往時の姿を留めます。
築80年を越えて現用橋として使われるこの栄橋は、旧街道に残る数少ない近代化遺産として貴重な存在となっています。
f0116479_16353638.jpg


by sunshine-works | 2013-09-05 19:53 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 20日
みなと湯
岡山県倉敷市の近代建築その18

倉敷市玉島の古い街区の一角に、昭和初期に建てられた銭湯が残されています。
銭湯らしからぬ洋風ファサードを持つこの建物は昭和2年に建てられました。
f0116479_18525542.jpg

町の中心部、商店街の間に鎮座する神社の階段脇に建つ赤茶色のモダンな建物。
入口のみサッシに換えられていますが、その他は殆ど昭和初期の竣工当時の姿を留めます。
f0116479_18532476.jpg

f0116479_18535076.jpg

正面の壁を飾る白塗りの丸や四角の浮彫。看板を嵌め込んだコーニスの下には鋸刃状の飾りを添えます。
破風に記された紋は屋号でしょうか。
f0116479_1854744.jpg

f0116479_18541965.jpg

f0116479_18543491.jpg

f0116479_18552658.jpg

平成10年まで営業を続けていましたが、その後は閉ざされたまま。
然程年数が経っていないので状態は良好のようです。
f0116479_1857765.jpg

f0116479_18572921.jpg

f0116479_18544945.jpg

神社の石段から側面を伺います。2階側面の窓は三角のファンライトを持つ縦長窓。
f0116479_1858453.jpg

石段の上方から見ると、内側に和風の切妻屋根が現れます。
正面と側面を洋風に仕上げた「看板建築」に分類される建物です。
f0116479_18583329.jpg

f0116479_18584997.jpg

f0116479_1859691.jpg

f0116479_18595823.jpg

年々その数を減らして行く町中の銭湯の中でもこのような洋風意匠の建物は希少なものです。
伝統文化の上にモダンな文化が根付いた当時の玉島の先進性を今に伝えます。
f0116479_18592261.jpg


by sunshine-works | 2013-08-20 23:14 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)