タグ:学校建築 ( 95 ) タグの人気記事

2011年 04月 13日
津山高等学校本館(旧津山中学校本館)
岡山県津山市の近代建築その16

美作で最も長い歴史を持つ岡山県立津山高等学校は明治28年に旧制中学校として開設されました。同校には明治33年に建てられた校舎が現用施設として使われています。
f0116479_235595.jpg

津山尋常中学校時代の明治33年、現在地に移転した際に新校舎として建てられたのが現存する旧本館です。その後に新校舎が敷地内に増築されていきますが、この旧本館は現在も同校の中心建物として使われています。
f0116479_23174589.jpg

f0116479_2318821.jpg

下見板貼の木造2階建て、寄棟造。和風の桟瓦を葺いたこの時代に典型的な学校建築です。地方都市の中等学校校舎としては規模が大きく、風格を備えた建物となっています。
f0116479_2371785.jpg

f0116479_237347.jpg

正門から真っ直ぐ進んだ所に車寄せを備えた玄関を構えます。手の込んだ細工が施された庇を4本の角柱で支え、床には切石が敷かれています。
f0116479_2322923.jpg

f0116479_23215376.jpg

f0116479_2323025.jpg

f0116479_23233539.jpg

f0116479_23241280.jpg

f0116479_23242757.jpg

f0116479_23275299.jpg

f0116479_23273149.jpg

f0116479_23281278.jpg

f0116479_23283916.jpg


f0116479_23244888.jpg

f0116479_2325998.jpg

f0116479_23252657.jpg

玄関の左右に上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_2326430.jpg

f0116479_23264289.jpg

f0116479_2327895.jpg

f0116479_23291593.jpg

f0116479_23293039.jpg


f0116479_23373269.jpg

中央の屋根頂部に小さな時計塔、その後ろに鉄板葺の塔屋が乗せられています。
f0116479_23433910.jpg

f0116479_2344211.jpg

側面から裏側の景色。背後に延ばされた増築部は昭和10年の築です。
f0116479_2341549.jpg

f0116479_23461696.jpg

f0116479_23471741.jpg

f0116479_23475136.jpg

f0116479_23481289.jpg

f0116479_23491315.jpg

f0116479_23493434.jpg

f0116479_2350998.jpg

岡山県内に数多く残る木造校舎の中でも明治期に起源を持つ旧制県立中等学校で最古の校舎です。
城下町として学問が栄えた津山の伝統を受け継ぐ校舎であり、岡山の学校建築史の上でも極めて貴重な存在となっています。
f0116479_23504893.jpg


by sunshine-works | 2011-04-13 23:54 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 04日
旧武庫川高等女学校本館(武庫川女子大記念館)
西宮の近代建築その31

西宮市の東南部にある武庫川女子大学は日本最大規模の女子大として知られています。このキャンパスの一角に前身の武庫川高等女学校の旧校舎が残されています。昭和14年、この地に建学された時に本館として建てられました。
f0116479_21425633.jpg

木造2階建て、正面入口に大きな切妻屋根のファサードを構え、三角ペディメントに校章を象ったオーナメントを飾ります。時局が切迫していた時期の建物ですが、風格を備えた堂々たる意匠です。
f0116479_21434534.jpg

記念館として保存されているのは旧校舎の中央部分です。この地域は近くに軍需工場があった事で戦時に激しい空襲を受けました。武庫川高等女学校の校舎も空襲により多くの被害を受けた様ですが、奇跡的に焼け残った中央部が残されたと思われます。
f0116479_21443645.jpg

f0116479_2145122.jpg

正面玄関。両脇に石柱が添えられ、床にも石が張られています。この時期の建物としては相当に贅を尽くした意匠と思えます。
f0116479_21525060.jpg

f0116479_2153534.jpg

f0116479_21534775.jpg

側面は途中で切られているようで、断面は違和感の無い様に下見板で仕切られています。
f0116479_21572360.jpg

この校舎は表と裏が殆ど同じ造りになっています。南側が裏面と思われますが、玄関上部にバルコニーがあるのとペディメントのオーナメントが異なる以外はほぼ同じでしょうか。
f0116479_22532921.jpg

f0116479_2254265.jpg

南面からの眺め。玄関はやや小さめとなっていますが、基本的な造りはほぼ共通の仕様に見えます。
f0116479_2303470.jpg

f0116479_2305420.jpg

f0116479_2312359.jpg

f0116479_231448.jpg

f0116479_232590.jpg

f0116479_2322917.jpg

f0116479_233011.jpg

f0116479_2345182.jpg

f0116479_2335282.jpg

広いキャンパスの中に残る小さな建物ですが、周囲に並び建つ現代建築の校舎に引けを取らない存在感を示しています。この武庫川女子大記念館は兵庫県内に残る数少ない旧制女学校の校舎として極めて貴重な現存例と言えるでしょう。
f0116479_2351596.jpg


by sunshine-works | 2011-03-04 23:42 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 20日
旧湯本小学校校舎
岡山県真庭市の近代建築その7

真庭市を更に北へ、湯原温泉郷へ向かう旧道の途中に大きな木造建物が見えてきます。現在は真庭市湯原支局として使われているこの建物は、元々は旧湯原町立湯本小学校の校舎でした。
f0116479_20402723.jpg

小学校の敷地のほぼそのままを現在の用途に充てています。校庭は舗装され駐車場に変わっていますが、南北に長く続く2階建て校舎と数棟の付属棟が現存しています。
f0116479_20422837.jpg

昭和初期頃の築と推測されるこの建物は、当時の地方木造校舎の標準的な造りと思えます。明治期の校舎に顕著な偽洋風表現は薄れ、実用を旨として細部の装飾も控えられていますが、瓦を葺いた寄棟の玄関庇や上部に配した折屋根が独特の趣を添えています。
f0116479_2043302.jpg

ほぼ小学校時代の姿が保たれていますが、玄関周りには若干の改修の跡も見られます。
正面には近代的なガラス扉が新たに取り付けられ、庇を支える柱と壁面の間には壁が張られています。
f0116479_20453446.jpg

f0116479_20522289.jpg

f0116479_20524049.jpg

この湯本小学校は昭和43年に廃校となっています。その後40年以上の年月を経た事になるのですが、極めて良好な状態が保たれています。
f0116479_2053385.jpg

f0116479_20541536.jpg

校舎裏側に並ぶ付属棟
f0116479_20554375.jpg

f0116479_20561245.jpg

f0116479_20563213.jpg

f0116479_20573123.jpg

旧校舎が自治体の施設として使われる例は数多くありますが、これだけ大きな木造校舎がそっくり使われているのは珍しい例かも知れません。元々小学校は地区の中心部に建てられているだけに、地域の拠点施設としての用途は最も相応しい利用法だと思います。
f0116479_20565847.jpg


by sunshine-works | 2010-08-20 23:13 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 08日
旧黒川小学校校舎
川西の近代建築その2

能勢電鉄を更に北へ進み、終点妙見口駅で下車します。大阪から高々1時間足らずの場所ですが、周囲はすっかり山里の風景に変わっています。駅から歩く事数十分、田畑が広がる長閑な一角に古びた木造校舎が残されています。現在は公民館として使われているこの建物は、黒川尋常小学校の校舎として明治37年に建てられました。
f0116479_10473066.jpg

日蓮宗の古刹・能勢妙見山にも近いこの一帯は、現在も豊かな自然の中で農業中心の暮らしが営まれています。周囲を田畑に囲まれた小高い台地に建てられたこの黒川小学校は、かつて全国どこにでも見られた地方の小学校校舎の姿を今に留めています。
f0116479_10485355.jpg

緩やかな斜面に南北2棟の校舎が並んでいます。明治37年に建てられた北側の建物が元々の校舎でしたが、戦後の生徒数増加に対応する為、昭和22年に南側校舎が増築されています。
*詳細はこちらをご覧ください。
こちらが北側校舎。寺院を思わせる和風意匠の建物です。
f0116479_1050132.jpg

f0116479_10502415.jpg

f0116479_10503767.jpg

f0116479_10511570.jpg

f0116479_10521147.jpg

f0116479_1053461.jpg

極めて和風の玄関周り
f0116479_10551974.jpg

こちらは裏側。
f0116479_10592971.jpg

f0116479_10595424.jpg

f0116479_11094.jpg

一段低い南側に建てられた増築棟。明治築の北側校舎ほどの貫禄はありませんが、戦後の木造校舎の典型的なスタイルです。
f0116479_11121347.jpg

f0116479_11111687.jpg

f0116479_11113629.jpg

f0116479_11125167.jpg

現在公民館として使われているこの校舎は校内見学が可能です。(南側校舎のみ)
f0116479_11151948.jpg

f0116479_11154364.jpg

f0116479_11162419.jpg

過疎化と少子化が同時に進む農村部には、学校の統廃合によって使われなくなった校舎が数多く残っています。都市部のように跡地が再開発される事もなく、放置され荒れるに任せたままの所も少なくありません。
地域の公民館に再生されたこの黒川小学校のように、もっと積極的な活用が図られても良いのではないでしょうか。
f0116479_11212450.jpg


by sunshine-works | 2010-08-08 12:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 19日
旧遷喬尋常小学校校舎
岡山県真庭市の近代建築その4

久世駅から町の中心部へ向かう道の左手、グランドの奥に優美な木造建物が見えてきます。遷喬尋常小学校として明治40年に建てられたこの校舎は、この地で平成2年まで現役小学校として使われていました。設計:江川三郎八
f0116479_22204894.jpg

岡山県内各地で数多くの木造校舎を手掛けた県の技官、江川三郎八を代表する作品です。
ルネッサンス様式を基本に独特の表現を加えた江川式と呼ばれる一連の作品の中でも、とりわけ装飾性に富むこの建物は、とても小学校校舎とは思えない風格を備えています。
f0116479_1738629.jpg

二つの三角破風をマンサード屋根で繋ぎ、中央に校章を記した丸いドーマー窓を飾ります。
大きな屋根の内部、2階部分には講堂が設けられています。
(建物の特徴については、この建物を管理する財団のホームページに詳しい紹介記事があります。)
f0116479_17393750.jpg

f0116479_1740994.jpg

f0116479_17384255.jpg

f0116479_1832126.jpg

煉瓦の基礎の上に御影石を積み、縦方向の羽目板の上部に下見板が張られます。
f0116479_17452991.jpg

f0116479_17464010.jpg

f0116479_17472960.jpg

f0116479_17474410.jpg

f0116479_17483789.jpg

胴蛇腹を挟んで2階部分も縦羽目板と下見板の順に張られます。窓の上部の壁面はハーフティンバー式に筋交いを露出させています。
f0116479_17555174.jpg

f0116479_17565661.jpg

f0116479_1833337.jpg

f0116479_17572792.jpg

f0116479_17575816.jpg

中央の玄関から校舎内部へ。公開されている館内を自由に見て回ることが出来ます。
f0116479_17405637.jpg

f0116479_1814422.jpg

f0116479_1805779.jpg

f0116479_1811259.jpg

f0116479_1812954.jpg

2階に設けられた講堂。昔の木造校舎にはこの様に2階を講堂とした物が多くありました。
f0116479_1834864.jpg

f0116479_184225.jpg

f0116479_1841925.jpg

中央部が一段高くなっている折上げ天井。地元産の高級木材が用いられています。
f0116479_1865346.jpg

f0116479_1873475.jpg

f0116479_1881019.jpg

一部の窓には、板硝子が一般的となる前の古い手吹き硝子が残っています。厚さが不均一で景色が歪んで映っています。
f0116479_18124914.jpg

古くから商業が栄えた久世の町ではありましたが、これだけの校舎を建てるに際しては大変な財政負担が伴ったそうです。100年を超えて伝わるこの素晴らしい校舎からは、小さな地方の町にして県都岡山にもない豪華な小学校を建てた地域の人々の教育にかけた熱意を偲ぶことが出来ます。
f0116479_1815628.jpg


by sunshine-works | 2010-07-19 22:10 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 05日
宝塚音楽学校旧校舎
宝塚の近代建築その4

大正3年に始まる宝塚歌劇団の長い歴史の中で、多くの生徒が学んだ音楽学校の旧校舎。昭和12年から平成10年まで使われていた建物が宝塚市の文化施設として再利用されています。昭和10年築。
f0116479_13164199.jpg

箕面有馬電気軌道が温泉リゾートとして開発した宝塚には多くの娯楽施設が設けられていきます。同社によって建てられた宝塚新温泉で公演されるレビューショーの養成機関がその後の宝塚音楽学校の前身となりました。
このモダンな建物は、宝塚音楽歌劇学校時代の昭和10年に建てられています。
f0116479_13171450.jpg

f0116479_1320512.jpg

f0116479_13175168.jpg

鉄筋3階建て、玄関ホールの両脇に階段室を配し、その奥に教室やレッスンルーム、職員室が繋がる構造となっています。モダニズム様式による内外装は、華やかな近代娯楽の養成所にふさわしい洗練された意匠で統一されています。
f0116479_1318659.jpg

f0116479_13182462.jpg

f0116479_13185473.jpg

南側に設けられた玄関。丸柱には正方形の飾りタイルが貼られています。
f0116479_13204015.jpg

f0116479_13205476.jpg

f0116479_13211278.jpg

f0116479_14352923.jpg

側面から裏面の様子。いかにもモダニズム建築らしく整然と窓が並びます。
f0116479_13224281.jpg

f0116479_1323420.jpg

f0116479_13232290.jpg

f0116479_13235150.jpg

館内の景色。階段室に設けられた丸窓の内側です。
f0116479_14235153.jpg

f0116479_14254991.jpg

f0116479_142643.jpg

新校舎の完成により平成10年に役目を終えたこの建物は、当初取り壊されて宅地となる予定でしたが、中心市街地の再生拠点として活用される事となります。改修に際しては、極力本来の姿に復す事とされ、修復されずに当時そのままの状態で残された箇所もあります。
f0116479_14263569.jpg

f0116479_14265529.jpg

階段の壁面寄りが磨り減っていますが、これは予科生(下級生)が先輩の本科生の妨げにならないように壁際を駆け足で通行した為と説明板に書かれています。
f0116479_14473795.jpg

f0116479_14274349.jpg

f0116479_14285153.jpg

当初は温泉リゾート地で興を添える程度の出し物だった少女レビューは、やがて大きく発展し、「宝塚」の名は一躍全国に知られる事となります。その後の宝塚の繁栄は、温泉地としてよりも歌劇団の本拠地として多くの人を惹き付ける文化都市に比重を移していきます。
「宝塚歌劇文化を礎とした新たな宝塚文化の創造」の場として文化イベントや教室が開かれているこの旧校舎は、町の発展に歌劇団が果たした役割を伝える貴重な歴史遺産でもあります。
f0116479_14232098.jpg


by sunshine-works | 2010-05-05 15:28 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 11日
旧田浦尋常小学校(旧苗羽小学校田浦分校)
小豆島の近代建築その2

小豆島出身の小説家、壺井栄の代表作「二十四の瞳」で描かれた岬の分教場。モデルとなった田浦尋常小学校は明治35年に建てられました。
f0116479_22154796.jpg

内海湾に突き出た岬の先端に位置する田浦集落に建てられた小さな学舎です。木造平屋の簡素な建物は三つの教室と教員室からなっています。
f0116479_222428100.jpg

f0116479_2346739.jpg

f0116479_23491015.jpg

この小さな玄関から中へ入ります
f0116479_23515379.jpg

昭和46年に本校に統合される形でこの分校はその役目を終えます。廃校から40年を経た今も、建物内は当時そのままの状態が保たれています。
f0116479_083091.jpg
f0116479_045220.jpg

f0116479_051964.jpg

f0116479_061885.jpg

f0116479_053974.jpg

f0116479_0645100.jpg

f0116479_08029.jpg

f0116479_072563.jpg

再び外へ出て裏側へ
f0116479_093342.jpg

f0116479_095727.jpg

全国各地に明治期の木造校舎が現存していますが、この様な小さな分校が残っている事例は極めて珍しいと思います。観光施設として保存活用されているこの旧分教場ですが、明治期の地方に於ける学校建築の実例として貴重な存在ともなっています。
f0116479_0111776.jpg


by sunshine-works | 2010-04-11 00:49 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 15日
鉾立小学校校舎(旧鉾立尋常高等小学校)
岡山県玉野市の近代建築その1

児島半島を南へ進み、市境を越えて玉野市に歩を進めます。瀬戸内海に程近い、山間の小さな村に昭和7年に建てられた木造校舎が残っています。鉾立尋常高等小学校時代に建てられたこの校舎は、築70年を経た今も現役施設として使われています。
f0116479_2248162.jpg

下見板張の木造平屋建。中央玄関周りの凝った造作に特徴があります。いわゆる偽洋風建物ですが、洋瓦を葺いた屋根や玄関の柱頭飾り等、「洋」の要素が目立っています。
f0116479_22483878.jpg

f0116479_22491939.jpg

f0116479_22493822.jpg

f0116479_22495818.jpg

f0116479_22502235.jpg

f0116479_23121691.jpg

f0116479_2251564.jpg

f0116479_22572720.jpg

f0116479_22512594.jpg

f0116479_22515147.jpg

f0116479_22521382.jpg

洋風の玄関ポーチの奥にある扉。至って和風の趣きです。
f0116479_22534938.jpg

玄関の両側に長く建物が伸びます。
f0116479_22584614.jpg

f0116479_22592473.jpg

f0116479_2305416.jpg

f0116479_22561830.jpg

f0116479_22575012.jpg

側面の出入口
f0116479_2302622.jpg

数多くの木造校舎が残されている岡山ですが、これらの中で、今も現役で使われている校舎は全体の半分もありません。
過疎化や生徒数の減少によって学校の統廃合が進んでいる中、歴史ある校舎を大切に使い続ける事には大きな意義があると思います
f0116479_23164690.jpg


by sunshine-works | 2010-03-15 23:55 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)
2010年 02月 16日
ノートルダム清心女子大学 本館・東館(旧清心高等女学校校舎)
岡山県岡山市の近代建築その21

岡山駅の北側、静かな住宅街の中にノートルダム清心女子大学のキャンパスが広がります。この大学には前身の清心高等女学校時代に建てられた2棟の鉄筋コンクリート校舎が現存しています。設計:アントニン・レーモンド
f0116479_22493514.jpg

大正末期にライトの下から独立したレーモンドは、個人住宅から商業ビル、公共建物、宗教施設等々、多様なジャンルの作品を手掛けましたが、学校建築に於いても日本の建築史に残る優れた校舎を数多く設計しました。星商業学校を手始めに、東京の聖心女学院、小林聖心女学院、代表作の東京女子大学等の校舎を次々に生み出していきます。この旧清心高等女学校校舎もこれら一連の学校建築の一つとして昭和4年に竣工します。
f0116479_22501012.jpg

f0116479_2251929.jpg

岡山最初の私立女学校として明治19年に設立された岡山女学校は、その後清心高等女学校と改称、大正13年にノートルダム修道会に経営が引き継がれます。昭和4年に現在地に移転、新校舎として建てられたのがこれらの建物です。
f0116479_225353.jpg

レーモンドが得意とする、平面と直線で構成されるディ・スティル様式のモダニズム建築です。
聖心女学院や小林聖心女学院と同様、中庭を囲む口の字型に校舎が配置されています。
f0116479_22522630.jpg

f0116479_22533219.jpg

f0116479_22535851.jpg

f0116479_22543676.jpg

f0116479_22554237.jpg

f0116479_22551156.jpg

f0116479_22561194.jpg

こちらが東館。建物内に礼拝堂が組み込まれているのはレーモンド設計の校舎に共通する特徴です。
f0116479_23182913.jpg

f0116479_2385230.jpg

f0116479_2392281.jpg

f0116479_23105663.jpg

f0116479_23112759.jpg

礼拝堂の正面にはステンドグラスの窓が整然と並びます。
f0116479_23163078.jpg

f0116479_2315622.jpg

f0116479_23154319.jpg

f0116479_2317048.jpg

f0116479_23173465.jpg

f0116479_23175581.jpg

礼拝堂内部です。
f0116479_23193921.jpg

f0116479_23201385.jpg

f0116479_23203588.jpg

f0116479_23205694.jpg

館内を奥へ進みます。
f0116479_23223449.jpg

f0116479_23225366.jpg

f0116479_2323154.jpg

f0116479_23335113.jpg

f0116479_23234288.jpg

本館の内部。
f0116479_23244494.jpg

f0116479_23251974.jpg

f0116479_23312445.jpg

f0116479_23315573.jpg

廊下と教室の間の壁には奇妙な丸窓が開けられています。
f0116479_23281892.jpg

f0116479_23284392.jpg

f0116479_2329825.jpg

階下へ進みます。
f0116479_2330671.jpg

四角く仕切られた枠にガラス窓がびっしりと並ぶこの意匠はレーモンドの他の建築にも良く使われています。
f0116479_23341180.jpg

f0116479_23344249.jpg

f0116479_23395788.jpg

同じ窓を外側から
f0116479_23411480.jpg

本館の玄関から外へ
f0116479_23461426.jpg

f0116479_23431529.jpg

f0116479_23435025.jpg

f0116479_23445999.jpg

f0116479_23443035.jpg

この建物が建てられた昭和初期、時代の先端を行くモダニズム建築は東京や阪神間などの先進地域で広まりかけていましたが、地方に本格的な波が及ぶのは戦後の事となります。地方都市岡山にあって、この時代の最先端の建築様式で建てられたこの校舎は、極めて物珍しいものだったと思います。
f0116479_011092.jpg


by sunshine-works | 2010-02-16 23:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 12日
小林聖心女子学院
宝塚の近代建築その1

宝塚市の西部、阪急小林(おばやし)駅から坂を登って程なく進むと小林聖心女子学院のキャンパスに行き着きます。この小林聖心女子学院では昭和2年に建てられた鉄筋コンクリートのモダンな校舎が現在も使われています。設計:アントニン・レーモンド
f0116479_2063862.jpg

カトリック聖心会の教育機関として大正12年に現在の神戸市東灘区で設立された住吉聖心女子学院がこの学院の起源となります。大正15年に現在地へ移転し校名を改称、昭和2年にアントニン・レーモンド設計の本館が竣工します。因みに、同じ聖心会の学校である東京の聖心女子学院(現在の聖心女子大)もアントニン・レーモンドが手掛けています(大正15年築)。
f0116479_2072650.jpg

帝国ホテルの設計の為にF.L.ライトの助手として来日し、その後も日本を拠点に活躍したレーモンドがライトの下を離れ独立間もない頃の作品です。水平・垂直に伸びやかに連なる柱や梁、平面の組み合わせで構成されるモダニズム建築ですが、所々に局面を用いて変化を付けています。
f0116479_208965.jpg

f0116479_2094119.jpg

f0116479_20122253.jpg

最近の学校建築と見紛う程のモダニズムに徹した建物です。今日の感覚では一般的な学校建築に見えますが、昭和初期の段階でここまで従来の概念を排した校舎は大阪や神戸にも無かったと思います。
f0116479_20135435.jpg

f0116479_20141695.jpg

f0116479_20144728.jpg

f0116479_20241261.jpg

f0116479_20442114.jpg

この部分のコーナーには局面が用いられています。瓦屋根が葺かれている下の張出部分は後年の増設なのでしょうか。
f0116479_20191824.jpg

校庭側の窓の一部は弧を描く庇が掛けられています。
f0116479_20211413.jpg

f0116479_20212733.jpg

f0116479_20215546.jpg

f0116479_2022738.jpg

ここもコーナーにアールが付けられています。
f0116479_20231474.jpg

普段は立入出来ませんが、学園祭のこの日は館内を自由に見学する事が出来ました。
f0116479_20332950.jpg

f0116479_20341322.jpg

f0116479_20343460.jpg

f0116479_20345996.jpg

f0116479_20351584.jpg

f0116479_20353271.jpg

f0116479_20355111.jpg

f0116479_20361069.jpg

建具や手摺、窓枠等、殆どが当時のままです。
f0116479_20413753.jpg

f0116479_20415378.jpg

f0116479_2042491.jpg

f0116479_20421839.jpg

f0116479_20423178.jpg

再度外に出て外周の景色です。
f0116479_2045573.jpg

f0116479_2047059.jpg

f0116479_20471923.jpg

f0116479_20473228.jpg

戦前・戦後の両時期に、関東・東日本を中心に活躍し、日本のモダニズム建築の先駆者だったレーモンドの数少ない関西での作品です。
大正から昭和初期にかけては、阪神間にモダニズム文化が花開いた頃でした。この校舎は当時の阪神間の先進性を象徴するような建物だったと思います。
f0116479_20463076.jpg


by sunshine-works | 2010-02-12 21:54 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)