タグ:学校建築 ( 95 ) タグの人気記事

2015年 10月 19日
旧吉田村尋常高等小学校講堂
島根県雲南市の近代建築その2

雲南市の南西部、山間に開けた吉田地区の中心に古い木造建造物が残されています。
現在は町の施設として使われているこの建物は、旧吉田村尋常高等小学校の講堂として建てられました。昭和12年築。
f0116479_22345355.jpg

木造平屋、板貼り、切妻屋根の大きな建物。三角形のバットレスが側面に並ぶ特徴的な意匠です。
f0116479_22350869.jpg
f0116479_22363706.jpg
f0116479_22370320.jpg

東側の妻面。こちら側は二つの切妻が段違いに連なります。
f0116479_22375474.jpg
f0116479_22361788.jpg

側面から。中央に小さな入口を設けます。
f0116479_22382188.jpg

反対側の側面。
f0116479_22385082.jpg
f0116479_22391115.jpg

各面の入口と窓。当時と変わらず木枠の窓が保たれています。
f0116479_22401660.jpg
f0116479_22411886.jpg
f0116479_22402719.jpg
f0116479_22405498.jpg
f0116479_22413796.jpg
f0116479_22424794.jpg
f0116479_22430678.jpg
f0116479_22432052.jpg
f0116479_22440961.jpg
f0116479_22444263.jpg
f0116479_22460654.jpg


by sunshine-works | 2015-10-19 10:43 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 21日
旧宍道尋常小学校校舎(旧松江南高校宍道分校)
島根県松江市の近代建築その11

松江市の西部、JR宍道駅の南の古い町並みに木造2階建ての旧校舎が残されています。
平成25年まで松江南高校宍道分校の校舎として使われたこの建物は、旧宍道尋常小学校本館として大正初期に建てられました。
f0116479_22480507.jpg


宍道小学校の沿革は明治6年に遡り、県内でも最初期に設置された小学校の一つでした。
明治期に建てられた校舎は数回増改築を重ね、大正3年に現存する本館部分が竣工します。
同校は昭和36年に道を挟んだ向い側に新校舎を建てて移転、空いた校地と校舎に松江南高校宍道分校が移りました。
この松江南高校の分校も平成25年に閉校となり、現在は空家。建物・土地共に今後の再利用は未定のようです。
f0116479_22490149.jpg
f0116479_10085090.jpg
f0116479_22492154.jpg


中央に設けた小さな入口を挟んでシンメトリーに建物が配置されます。
窓枠がサッシに変更されている以外は切妻屋根の玄関庇をはじめ竣工時の姿を良く留めています。
f0116479_22502516.jpg
f0116479_22515535.jpg
f0116479_22524697.jpg
f0116479_22531399.jpg
f0116479_10112129.jpg
f0116479_22540953.jpg
f0116479_22542972.jpg
f0116479_23012823.jpg
f0116479_23005868.jpg

渡り廊下の向こう側に繋がる別棟。後年の増築と思われます。
f0116479_22554854.jpg
f0116479_22551455.jpg
f0116479_10054233.jpg
f0116479_22561915.jpg
f0116479_22564029.jpg
f0116479_22571233.jpg


線路沿いの土手から建物裏手を眺めます。
f0116479_22584780.jpg
f0116479_22590473.jpg
f0116479_22592018.jpg
f0116479_22594335.jpg
f0116479_23000451.jpg


by sunshine-works | 2015-09-21 10:24 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(2)
2015年 09月 12日
旧島根農林学校校舎(湯町公民館)
島根県松江市の近代建築その10

松江市の西部、玉造温泉駅の近くに小さな公民館が建っています。この建物は明治期に建てられた島根県立農林学校の校舎の一部を移築したものです。明治36年築、移築:昭和10年頃。
f0116479_19393861.jpg
駅北側の住宅街の外れ、線路脇の一角に建つ木造平屋、下見板貼り、寄棟屋根に和瓦を葺いた儀洋風建築。
農学校校舎の本館部分とありますが、玄関が置かれた中央部分ではなく事務所か教室棟と推測されます。
f0116479_19402552.jpg
f0116479_19403711.jpg
f0116479_19404847.jpg
正面側の小さな入口。切妻瓦葺の庇を張り出します。
f0116479_19413923.jpg
f0116479_19422997.jpg
f0116479_19443714.jpg
f0116479_19430536.jpg
f0116479_19432935.jpg
f0116479_19420988.jpg



明治期の建物らしさが伺える軒下の意匠。
f0116479_19450300.jpg

側面から裏側の様子。窓枠や腰周りに改修の跡が見られますが、概ね往時の姿が保たれています。
f0116479_19415023.jpg
f0116479_19454852.jpg
f0116479_19460047.jpg
f0116479_19461527.jpg


by sunshine-works | 2015-09-12 23:03 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 10日
旧口大野小学校雨天体操場
京都府京丹後市の近代建築その6

前回紹介した旧口大野村役場の裏手には、かつてこの地にあった旧小学校の建物の一部が残されています。この建物は旧口大野小学校雨天体操場として昭和3年に建てられました。
f0116479_23124406.jpg
現存するのは下見板貼りの階高の高い木造平屋建物。切妻屋根に和瓦を葺きます。
途中で絶ち切られた現在の姿は小さな倉庫の様ですが、元々は体育館(当時の呼称で雨天体操場)として使われた建物でした。
f0116479_23140297.jpg
f0116479_23164685.jpg
f0116479_23151416.jpg
f0116479_23173979.jpg
小さな入口を設けた裏面。改変の痕跡がある表側に比べ、この面は往時の姿のままと思われます。
f0116479_23181134.jpg
f0116479_23194089.jpg
f0116479_23202983.jpg
f0116479_23220692.jpg
f0116479_23212851.jpg
かつての校庭側から眺めた正面。校舎跡地には公民館が建てられています。
f0116479_23234103.jpg
f0116479_23242828.jpg
f0116479_23255549.jpg
f0116479_23250346.jpg


by sunshine-works | 2015-02-10 01:41 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 24日
峰山小学校
京都府京丹後市の近代建築その4

前回は峰山町の北丹後震災記念館 を紹介しましたが、同町内には同じ設計者が手掛けた学校建築が現存します。昭和4年築。設計:一井九平
f0116479_09194119.jpg

峰山町中心部から県道を北へ。緩やかな坂の途中にアーチ窓を巡らせた鉄筋コンクリートの大きな建物が見えてきます。
京丹後市立峰山小学校の玄関を構えるこの校舎は、昭和4年に建てられました。
f0116479_09210630.jpg
f0116479_09213587.jpg

昭和2年に発生した北丹後地震によって峰山町中心部にあった峰山小学校は校舎が倒壊、200名を越える死者を出しました。
町の復興と共に再建された小学校校舎は耐震性に優れた最新の鉄筋コンクリート造のモダンな外観、北丹後震災記念館と共通する意匠で建てられました。
f0116479_09251615.jpg
各面に巡らせた縦長窓、上部に連なる半円アーチ。
中央に三方にアーチを組んだ車寄せを配し、張り出した庇の下にはロンバルジア帯を飾ります。
大正期から昭和初期にかけて京都市内にはこのような意匠の鉄筋コンクリート造の学校建築が数多く建てられますが、京都市から遠く離れた府下の地方都市の校舎としては希少なものとなります。
f0116479_09265128.jpg
f0116479_09494860.jpg
f0116479_09311584.jpg
f0116479_10224275.jpg
玄関周り。車寄せのアーチ形状が異なるものの、震災記念館とそっくりです。
f0116479_09433922.jpg
f0116479_09531326.jpg
f0116479_09520563.jpg
f0116479_09444063.jpg
f0116479_10082874.jpg
f0116479_10091182.jpg
f0116479_09505983.jpg
f0116479_09371264.jpg
f0116479_09414327.jpg
f0116479_09422099.jpg
f0116479_09455017.jpg
f0116479_09424568.jpg
f0116479_09481780.jpg
f0116479_10001118.jpg
f0116479_09484534.jpg
校舎裏側です。
f0116479_10061725.jpg
f0116479_10063338.jpg
f0116479_10064901.jpg


by sunshine-works | 2015-01-24 23:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 10日
笠岡小学校講堂(貫閲講堂)
岡山県笠岡市の近代建築その3

笠岡市役所の向い側に建つ笠岡小学校の敷地に、昭和16年に建てられた講堂が残されています。
今尚現役で使われているこの建物は、前身の笠岡町男子・女子国民学校の講堂として建てられました。
f0116479_23484483.jpg

校地の北西、校舎の並びに建てられた木造平屋、モルタル仕上げ。寄棟屋根には南欧風の洋瓦を葺きます。
正面ファサードの意匠や階高いっぱいまで取られた各面の大きな窓、装飾表現の排除等、モダニズムの影響を強く受けており、戦前築の小学校講堂としては極めて先進的なものとなっています。
f0116479_23491829.jpg

f0116479_23492698.jpg

f0116479_2349483.jpg

この講堂を特徴付ける玄関周辺の意匠。2本の付柱がポーチを貫きます。
f0116479_2350572.jpg

f0116479_23503656.jpg

f0116479_23504649.jpg

f0116479_23513033.jpg

f0116479_23571626.jpg

少し角度を変えて左右からの眺め。
f0116479_23523526.jpg

f0116479_2353333.jpg

f0116479_23531131.jpg

f0116479_23535623.jpg

f0116479_2353289.jpg

建物側面です。大きな窓が並びます。
f0116479_23544192.jpg

f0116479_23551469.jpg

f0116479_23555899.jpg

f0116479_2356956.jpg

ガラス越しに写した内部の様子。木造のトラス構造が天井を支えます。
f0116479_23562536.jpg


by sunshine-works | 2014-08-10 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 15日
板野東小学校講堂
徳島県板野町の近代建築

高徳線板野駅の北方に連なる古い町並みの外れに、大正末期に建てられた鉄筋コンクリート造の学校建築が現存します。今も現役で使われているこの建物は、旧板西尋常小学校講堂として建てられました。
f0116479_12255.jpg

大正15年に建てられた鉄筋コンクリート造の講堂。尋常小学校のものですが、規模が大きく、造りも本格的なもの。徳島に現存するRC造の学校施設では最古と思われます。
f0116479_13241.jpg

f0116479_132345.jpg

f0116479_135839.jpg

敷地の外からの眺め。門柱や塀は当時の状態で保たれています。
f0116479_143613.jpg

f0116479_144869.jpg

f0116479_151270.jpg

f0116479_152920.jpg

f0116479_162986.jpg

f0116479_165059.jpg

こちらは西面から。東面と殆ど同じ造りで裏表がありません。
f0116479_154976.jpg

f0116479_16143.jpg

f0116479_17365.jpg

f0116479_171760.jpg

f0116479_173170.jpg

f0116479_174357.jpg

f0116479_184764.jpg


by sunshine-works | 2014-05-15 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 31日
金光学園講堂
岡山県浅口市の近代建築その1

前回、前々回に引き続いて江川三郎八の手掛けた学校建築の紹介。
浅口市の私立金光学園には明治37年に建てられた小さな講堂が現存しています。
f0116479_100142.jpg

木造平屋・寄棟造。下部を羽目板、中間に下見板、上部の漆喰壁は筋交いを露出させたハーフティンバー式。
屋根上に大きなドーマー屋根を乗せています。
前回紹介した矢掛高校明治記念館と同規模の小ぶりな建物ですが、こちらも江川式建築の特徴を随所に表しています。
f0116479_1004214.jpg

当初この建物は金光学園の前身、金光教会学問所内に建てられていました。
昭和29年に金光学園が現在の校地へ移転。講堂は2年後の昭和31年に移築されています。
f0116479_10195929.jpg

f0116479_10202251.jpg

f0116479_1021476.jpg

f0116479_10225025.jpg

f0116479_10232100.jpg

こちらは裏面。玄関が無い以外は正面とほぼ同じ造りです。
f0116479_10222046.jpg

f0116479_10223772.jpg

f0116479_95957.jpg

裏面を敷地の外側から眺めます。
f0116479_10233462.jpg

f0116479_10235786.jpg


by sunshine-works | 2014-03-31 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 26日
矢掛高校明治記念館
岡山県矢掛町の近代建築その2

前回は岡山県井原市の興譲館高校旧講堂を紹介しましたが、隣の矢掛町にも同じ江川三郎八が手掛けた学校建築が現存しています。
現在は部室として使われているこの建物は、旧制矢掛中学時代の大正4年に建てられました。
f0116479_13134079.jpg

木造平屋寄棟造、下見板貼りの上部を漆喰壁で仕上げた小さな建物。
南面入口に切妻屋根の庇を張り出し、東西両面には上げ下げ式の縦長窓を等間隔に並べます。
小規模な建物ですが、一連の江川作品に共通する意匠が随所に見られます。
f0116479_13135976.jpg

f0116479_13141213.jpg

f0116479_13225035.jpg

f0116479_13142622.jpg

f0116479_13214711.jpg

玄関廻り。
f0116479_131888.jpg

f0116479_13182582.jpg

f0116479_13184710.jpg

f0116479_1319585.jpg

f0116479_13191775.jpg

f0116479_13192878.jpg

窓の上下には凝った装飾が添えられています。
f0116479_132022.jpg

f0116479_1320145.jpg

f0116479_13203135.jpg


by sunshine-works | 2014-03-26 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 21日
興譲館高等学校旧講堂
岡山県井原市の近代建築その2

前回は井原市の興譲館高等学校武徳殿を紹介しましたが、同校には昨年まで大正5年に建てられた木造校舎が現存していました。
老朽化と耐震強度不足を理由に取り壊されてしまいましたが、旧講堂として建てられた校舎は江川三郎八の手掛けた学校建築の一つとして長くその姿を留めました。
f0116479_14381575.jpg

木造2階建て、下見板貼り、寄棟造り。屋根上に換気用のドーマー窓を乗せ、中央の三角破風には校章を飾ります。
ルネッサンス様式を基調とした和洋折衷の意匠は、現存する江川三郎八設計の旧遷喬小学校旧閑谷中学校校舎と多くの共通点を持ちます。
f0116479_13525433.jpg

f0116479_14343577.jpg

f0116479_14385265.jpg

講堂として建てられたとありますが、当時の木造校舎では1階を教室や職員室とし、2階を講堂とした例が多く、おそらくこの建物も2階に講堂が充てられていたものと思われます。
f0116479_14463092.jpg

広い窓が並ぶ正面側。斜めに交差する筋交いや三角形の壁面飾りがアクセントとなります。
f0116479_14503254.jpg

f0116479_14504297.jpg

f0116479_1451244.jpg

f0116479_14512424.jpg

f0116479_14514992.jpg

側面、裏側の眺め。不思議な事に、玄関らしきものがどこにも見当たりません。後年に塞がれてしまったのでしょうか。
f0116479_14533967.jpg

f0116479_14535031.jpg

f0116479_1454265.jpg

敷地の西側には昭和5年に建てられた書庫が現存しています。モルタル2階建て、和風の桟瓦を葺いた和洋折衷様式。
f0116479_1455218.jpg

f0116479_14555018.jpg

f0116479_14551662.jpg

f0116479_14552649.jpg

f0116479_14553780.jpg


by sunshine-works | 2014-03-21 22:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)