タグ:増田淳 ( 6 ) タグの人気記事

2014年 11月 07日
那賀川橋
徳島市阿南市の近代建築その1

吉野川水系を跨ぐ橋梁の数々をこれまで紹介してきましたが、徳島南部を流れる1級河川那賀川にも古い歴史を持つ橋梁が現存しています。
今回と次回では昭和初期に架けられた那賀川下流を渡る二つの橋梁を紹介します。
f0116479_13531387.jpg

阿南市市街地の西、国道が上中島~羽ノ浦間で那賀川を渡ります。
この地点に架けられている那賀川橋は昭和3年に竣工しました。設計:増田淳
f0116479_1181664.jpg

f0116479_13541022.jpg

300メートルを超える川幅を、4連の下路ワーレントラスとこれに繋がるコンクリート桁が渡ります。
トラス桁は昭和3年竣工時のもの、コンクリート桁は昭和17年の拡幅時に追加されています。
f0116479_13554199.jpg

f0116479_13551011.jpg

f0116479_13561490.jpg

f0116479_1464451.jpg


f0116479_13563017.jpg

f0116479_135781.jpg

f0116479_14105920.jpg

この那賀川橋と吉野川橋は共に増田淳の設計で同年に架けられています。
双方のトラス桁部分は径間長が異なるものの、部材の組み方や太さ、曲弦の傾斜角は殆ど同じ。共通した規格が用いられたと思えます。
f0116479_1358547.jpg

f0116479_1358712.jpg

f0116479_13592171.jpg

f0116479_1134649.jpg

f0116479_13593087.jpg

f0116479_1401726.jpg

f0116479_140317.jpg

f0116479_1404074.jpg

f0116479_1495262.jpg

f0116479_1404821.jpg

f0116479_1433435.jpg

この時代の鉄骨構造物らしく無骨なリベットが各部を繋ぎます。
f0116479_141215.jpg

f0116479_1413097.jpg

f0116479_1414084.jpg

f0116479_1415937.jpg

支柱に取り付けられた大きな銘板。橋の要目と工事関係者の名前が記されています。
f0116479_1421298.jpg

この橋も吉野川と同様にバイパスの開通によって主要道の役割を新橋に譲りますが、補修を重ね今尚現役で使われています。
f0116479_1423170.jpg


by sunshine-works | 2014-11-07 23:37 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 05日
吉野川橋
徳島県徳島市の近代建築その3

徳島市街地の北方、吉野川の広い川幅を17連の連続トラス橋が渡ります。
架橋当時東洋一の規模を誇った吉野川橋は昭和3年に架けられました。設計:増田淳
f0116479_12481226.jpg

河口から約5キロの地点、1000メートルを超える対岸まで、延々とトラスが連なります。
当時既に連続トラス橋は各地に架けられていましたが、1000メートル超の道路橋として日本で始めてのものとなりました。
f0116479_12584783.jpg

f0116479_12593980.jpg

f0116479_1374383.jpg

f0116479_12491083.jpg

f0116479_12492383.jpg

f0116479_1250297.jpg

f0116479_12493532.jpg

県北部を結ぶ重要な交通路として渡された吉野川橋ですが、片側1車線と狭く、耐加重も限られる為、昭和47年に下流側に吉野川大橋が架けられました。
以降は幹線の役割を譲る形となりましたが、補修を重ねながら、現在も現役で使われています。
f0116479_12521976.jpg

f0116479_12514179.jpg

f0116479_23164164.jpg

f0116479_23205230.jpg

f0116479_23184511.jpg

複雑に組み合う鉄骨、びっしりと打たれたリベット。洗練された現在の橋とはまた違った味わいがあります。
f0116479_12523874.jpg

f0116479_12531210.jpg

f0116479_12533636.jpg

f0116479_12534799.jpg

f0116479_12542593.jpg

f0116479_12562179.jpg

f0116479_12551660.jpg

f0116479_12545369.jpg

f0116479_12553921.jpg


by sunshine-works | 2014-06-05 23:33 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 15日
三好橋
徳島県三好市の近代建築その1

三好市の西部、三縄駅の北で吉野川を渡る地点に架けられている三好橋は昭和2年に竣工しました。設計:増田淳。
f0116479_20153682.jpg

川幅は約250メートル。東側から2連のプレートガーダー桁を渡しますが、対岸までの距離140メートルを残します。
当時の国産鋼材の強度や架橋技術では径間長は100メートルが限界とされていましたが、三好橋は吊橋とすることでこの距離を克服します。
f0116479_20161461.jpg

当時既に鋼製の吊橋は実用化されていましたが、コストや工期が嵩む為に施工例は少なく、橋長200メートルを超える吊橋は他に一例のみ。多くは地方道に架かる小規模な橋梁で、国道に架かる橋梁としてはこの三好橋が最初のものとなります。
f0116479_20163788.jpg

f0116479_20172250.jpg

三好橋の竣工後60年を経た昭和末期、ケーブルの劣化が判明します。
設置環境や構造上の問題によりケーブルの交換は困難とされましたが、桁自体の強度には問題がなかった為、桁本体を残して下部をアーチで支える上路式ローゼ橋へ改築する案が採用されます。
竣工時には困難とされた長大アーチ橋が60年を経て実現する事となり、平成元年より現在の姿へ生まれ変わります。
f0116479_20175468.jpg

f0116479_2018946.jpg

f0116479_20184071.jpg

f0116479_2019153.jpg

f0116479_20192417.jpg

f0116479_20194797.jpg

f0116479_2020728.jpg

f0116479_20202988.jpg

200メートルを超える橋ですが現在の技術を用いた改修後の三好橋は大規模な構造物とならず、長さを感じさせないスッキリとした印象に映ります。
f0116479_2022962.jpg
f0116479_20215518.jpg

f0116479_20223839.jpg

f0116479_20225336.jpg

f0116479_20232090.jpg

斜面に据えられた橋脚。隣には吊橋当時の名残と思われる構造物が残されています。
f0116479_20235170.jpg

f0116479_20241258.jpg

f0116479_203084.jpg

当時の日本の橋梁技術は欧米に大きく差を付けられており、日本では100メートル台が限界だった長径間のアーチやトラスも既に500メートルを超すものが実現されていました。
更に吊橋に至っては、東洋一とされたこの三好橋の中央径間140メートルを遥かに凌ぐ1000メートルを超える長大橋が架けられていました。
この三好橋を始めとして、欧米の先進技術の移植に勤めた当時の施工経験は、やがて世界最高水準へと発展する日本の橋梁技術の礎として重要な役割を果たしました。
f0116479_20243027.jpg


by sunshine-works | 2013-03-15 21:36 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 07日
霞橋
岡山県倉敷市の近代建築その11

水源の鳥取県境から南流を続けた高梁川は、倉敷市西部で水島灘へ注ぎます。
この河口近くに7つのトラスが連なる美しい橋が架けられています。
現在は人道橋として使われているこの橋は、増田淳の設計により昭和3年に架けられました。
f0116479_145326100.jpg

高梁川河口まで約4キロの地点、600メートルを超える広い川幅を渡ります。
中央に7つの曲弦トラスが7連、その前後にプレートガーダーが繋げられ、橋全体の長さは616メートル。
岡山県内に現存する戦前築の道路橋としては最長のもの、昭和9年の室戸台風の災禍を免れた鋼橋としても数少ない現存例です。
f0116479_1456479.jpg

f0116479_14564788.jpg

f0116479_14581083.jpg

f0116479_1458479.jpg

f0116479_1555942.jpg

下流側に昭和43年に架けられた新橋が並びます。その後暫くは新旧の霞橋が道路橋として併用されますが、昭和60年からは人道橋として利用されています。
f0116479_1551976.jpg

桁の基部に貼られた銘板。製造元は「日本橋梁・大阪」と確認出来ます。
f0116479_15192330.jpg

橋上の様子。東詰めから西へ進みます。
f0116479_1575835.jpg

f0116479_15105818.jpg

f0116479_15103086.jpg

f0116479_15573987.jpg

狭い間隔でぎっしり並ぶ鉄骨。びっしり打たれたリベット。現在の橋には無い無骨な趣です。
f0116479_15481943.jpg

f0116479_15144317.jpg

f0116479_15522215.jpg

f0116479_15162753.jpg

f0116479_15165035.jpg

f0116479_15543677.jpg

f0116479_1517159.jpg

設計者の増田淳は、アメリカから帰国した後の僅か十余年の間に50以上の橋梁設計を手掛けます。
中でもこの橋が架けられた昭和3年前後は白髭橋や吉野川橋、三好橋、千住大橋等の大規模橋梁を相次いで竣工させており、最も多忙を極めた時期だったようです。
氏の円熟期の作の一つとして残るこの霞橋はその美しい姿を今も川面に映しています。
f0116479_15173252.jpg


by sunshine-works | 2013-03-07 18:15 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 12日
中川橋
岡山県真庭市の近代建築その5

これまで数回に亘り岡山県内の古い橋を紹介しましたが、久世の旧市街にも戦前に架けられた橋が残っています。旭川に架けられたこの中川橋は昭和9年の室戸台風の災禍を免れて現存する数少ない橋の一つです。昭和5年築。設計:増田淳
f0116479_2239155.jpg

中央の鋼桁の両側に鉄筋コンクリート橋が渡されて一つの橋となります。左右のコンクリート橋は戦後に架け直されており、中央の鋼桁部分が昭和5年の竣工事の物となります。
f0116479_22393443.jpg

f0116479_2241999.jpg

室戸台風後に架けられた橋の多くは、桁長を伸ばすのに適したトラス構造の橋となりましたが、室戸台風の4年前に架けられたこの中川橋は橋脚の上に単純桁が並ぶ従前の橋の姿を留めています。
f0116479_22404890.jpg

f0116479_22414466.jpg

f0116479_22434447.jpg

中央の鋼桁部分は橋の全長のおよそ5分の2を占めます。鋼板を組んで繋いでいくこの形式は、構造が簡単で経済性にも優れた為、各地に架けられていました。
桁の上部に床を張って路面とする上路プレートガーダーと桁の底面を橋床とする下路プレートガーダーに分類されますが、この中川橋に見られる下路プレートガーダーは橋桁の厚みが抑えられる為、桁下を広く取れる利点があります。
f0116479_22401662.jpg

f0116479_2244673.jpg

f0116479_22442638.jpg

f0116479_22443895.jpg

f0116479_2245977.jpg

f0116479_2394155.jpg

補修はされていますが、鋼桁部分の橋脚は当時のままと思われます。
f0116479_2248517.jpg

f0116479_22493536.jpg

f0116479_22495878.jpg

f0116479_239572.jpg

アングルを変えて、河川敷から眺めます
f0116479_2253449.jpg

f0116479_22523623.jpg

f0116479_2254379.jpg

f0116479_2254307.jpg

f0116479_22554870.jpg

県内に残る初期のプレートガーダー橋としては、津山線や因美線の鉄道橋が良く知られていますが、道路橋での現存例は少なく、下路式のプレートガーダー橋となると極めて珍しい物となります。
全国で数多くの橋を手がけた増田淳の作品の中でもこの形式は少なく、貴重な現存例となっています。
f0116479_22552648.jpg


by sunshine-works | 2010-08-12 00:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 01日
武庫大橋
尼崎の近代建築その15/西宮の近代建築その1
尼崎の近代建築シリーズ最後は西宮市との境、武庫川に架かる美しい橋を紹介します。
f0116479_23191492.jpg

f0116479_23192715.jpg

昭和2年築。設計は橋梁設計のスペシャリスト増田淳。
*神戸新聞のコラムに参考記事があります。
f0116479_1227843.jpg

阪神間の大動脈 国道2号線の橋です。専門用語ではRC開腹アーチ橋と言うそうです。
f0116479_12292189.jpg

f0116479_1243885.jpg

f0116479_0382747.jpg


f0116479_12304488.jpg

f0116479_12322966.jpg

f0116479_12401362.jpg

f0116479_1233344.jpg

f0116479_1233559.jpg

こちらは上流側からの眺め
f0116479_1235271.jpg

f0116479_123673.jpg

f0116479_12363396.jpg

両側にバルコニー(見晴らし台)が付けられています。
f0116479_1237943.jpg

f0116479_12373699.jpg

橋の東詰、尼崎側の親柱
f0116479_12384797.jpg

f0116479_1239435.jpg

f0116479_12391877.jpg

橋上の様子
f0116479_12461812.jpg

f0116479_12463843.jpg

f0116479_12471150.jpg

f0116479_12482778.jpg

f0116479_020135.jpg

f0116479_0204589.jpg

バルコニーは片面2箇所、計4箇所に設けられています。
f0116479_0235594.jpg

f0116479_0242256.jpg

f0116479_0244149.jpg

f0116479_0251151.jpg

欄干越しに見えるのは甲子園ホテル(設計:遠藤新)
f0116479_0264100.jpg

f0116479_0262757.jpg

f0116479_0265122.jpg

橋の西詰、西宮側です。
f0116479_031226.jpg

f0116479_03265.jpg

f0116479_0323121.jpg

f0116479_028413.jpg


尼崎の近代建築シリーズは今回で一先ず終了。次回より武庫大橋を渡って西宮の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-02-01 00:31 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)