タグ:兵庫県阪神地区 ( 57 ) タグの人気記事

2007年 02月 12日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)2
西宮の近代建築その3
前回に引き続いて旧甲子園ホテルを紹介します。

ダンスホール・宴会場だった西ホールの内部です。
f0116479_23303263.jpg

f0116479_22464440.jpg


「滴」をモチーフにした石膏のレリーフが張られています。
f0116479_21593173.jpg

f0116479_23211274.jpg

f0116479_23323192.jpg

拡大するとこうなっています。打出の小槌を振って迸る水滴を意味しているそうです。
f0116479_2202353.jpg

ホール入口の欄間飾りには大きな打出の小槌が。
f0116479_2241724.jpg

ホールからの眺め。正面の列柱の向こうに見えるのは東ホール。
f0116479_2275779.jpg

f0116479_23231553.jpg



上階から各部の眺め。
f0116479_22134073.jpg

f0116479_2224618.jpg

f0116479_2226841.jpg

f0116479_22265468.jpg

f0116479_22273979.jpg

ここにも打出の小槌が。
f0116479_22213192.jpg



屋上の煙突廻り
f0116479_2233498.jpg

f0116479_2242795.jpg


美しい前庭の景色
f0116479_22474243.jpg


by sunshine-works | 2007-02-12 23:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 09日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)1
西宮の近代建築その2
前回紹介した武庫大橋のすぐ傍にある素晴らしい建物です。見所が多く、とても1回では紹介し切れませんのでシリーズでお伝えします。

関西随一の高級リゾートホテルとして昭和5年に建てられました。設計はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新です。

*武庫川学院 甲子園会館のHP

正面の眺め。左右のウイングにホールと食堂を振り分け1対の煙突を配したシンメトリー構造となっています。
f0116479_095798.jpg

同じ面を池の畔から。昔は船遊びが出来る大きな池だったそうです。
f0116479_01036100.jpg

西側のウイング。ダンスホールや宴会場として利用されていました。
f0116479_0111669.jpg

ウイングの背後がかって客室だった場所です。
f0116479_012512.jpg

正面の詳細。
f0116479_0295470.jpg

特異なレリーフや柱。「打出の小槌」をモチーフにしたレリーフが随所にあります。
f0116479_0144336.jpg

f0116479_0151936.jpg

f0116479_0181978.jpg

インカやマヤ風にも見える不思議な光景。
f0116479_0392681.jpg


整然と並ぶ列柱のデザインは波を表しているそうです。
f0116479_015591.jpg

f0116479_0274783.jpg

f0116479_0163412.jpg

f0116479_0185572.jpg


f0116479_0191629.jpg
f0116479_0195010.jpg

f0116479_0174398.jpg

f0116479_0205663.jpg


帝国ホテルと並び評された甲子園ホテルですがホテルとしてはわずか15年ほどでその使命を終え、海軍病院、進駐軍宿舎を経て武庫川学院の施設となりました。現在は同学院の建築学科(女子大の建築科は珍しいです)が使用しています。こんな素晴らしい校舎で建築を学べるなんて最高の環境ではないでしょうか。

f0116479_0212930.jpg


*次回へ続く

by sunshine-works | 2007-02-09 01:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 01日
武庫大橋
尼崎の近代建築その15/西宮の近代建築その1
尼崎の近代建築シリーズ最後は西宮市との境、武庫川に架かる美しい橋を紹介します。
f0116479_23191492.jpg

f0116479_23192715.jpg

昭和2年築。設計は橋梁設計のスペシャリスト増田淳。
*神戸新聞のコラムに参考記事があります。
f0116479_1227843.jpg

阪神間の大動脈 国道2号線の橋です。専門用語ではRC開腹アーチ橋と言うそうです。
f0116479_12292189.jpg

f0116479_1243885.jpg

f0116479_0382747.jpg


f0116479_12304488.jpg

f0116479_12322966.jpg

f0116479_12401362.jpg

f0116479_1233344.jpg

f0116479_1233559.jpg

こちらは上流側からの眺め
f0116479_1235271.jpg

f0116479_123673.jpg

f0116479_12363396.jpg

両側にバルコニー(見晴らし台)が付けられています。
f0116479_1237943.jpg

f0116479_12373699.jpg

橋の東詰、尼崎側の親柱
f0116479_12384797.jpg

f0116479_1239435.jpg

f0116479_12391877.jpg

橋上の様子
f0116479_12461812.jpg

f0116479_12463843.jpg

f0116479_12471150.jpg

f0116479_12482778.jpg

f0116479_020135.jpg

f0116479_0204589.jpg

バルコニーは片面2箇所、計4箇所に設けられています。
f0116479_0235594.jpg

f0116479_0242256.jpg

f0116479_0244149.jpg

f0116479_0251151.jpg

欄干越しに見えるのは甲子園ホテル(設計:遠藤新)
f0116479_0264100.jpg

f0116479_0262757.jpg

f0116479_0265122.jpg

橋の西詰、西宮側です。
f0116479_031226.jpg

f0116479_03265.jpg

f0116479_0323121.jpg

f0116479_028413.jpg


尼崎の近代建築シリーズは今回で一先ず終了。次回より武庫大橋を渡って西宮の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-02-01 00:31 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 01月 28日
尼崎 病院・医院
尼崎の近代建築その14

元医院2物件を紹介します。

旧向井眼科
旧開明小学校の隣にある元医院。現在は建具店。
f0116479_21504292.jpg

木造モルタル造。道路に面した2面にタイルが貼られています。
f0116479_21513313.jpg

f0116479_2251251.jpg

縦長窓の配置が1階と2階で互い違いになっています。
f0116479_2253627.jpg

旧開明小学校がすぐ隣にあります。
f0116479_2361623.jpg


***********************************************************

旧H医院
元内科医院跡。廃墟のようになっています。
f0116479_22205080.jpg

f0116479_22182989.jpg

同じ敷地内にある建物。診療室として使われていた様です。
f0116479_23143373.jpg

腰壁の黒いタイルや玄関周りのデザインに特色のある建物です。何れ取り壊されてしまうのでしょうがなんとも惜しい気がします。
f0116479_22191922.jpg

f0116479_22185275.jpg


by sunshine-works | 2007-01-28 22:51 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2007年 01月 27日
旧上村盛治邸(日本キリスト教団尼崎教会)
尼崎の近代建築その13
昭和4年築。尼崎市長だった上村盛治氏の邸宅として建てられました。
f0116479_22565338.jpg

f0116479_22371290.jpg

f0116479_22373679.jpg

f0116479_2259383.jpg

尼崎市では珍しいスパニッシュスタイルの建物です。
f0116479_22485539.jpg

f0116479_22404822.jpg

f0116479_22412383.jpg
f0116479_22424189.jpg

f0116479_22571991.jpg


持主が代わり昭和39年からは教会の建物となっています。
f0116479_22444229.jpg

f0116479_231311.jpg

f0116479_22482641.jpg


*2008年解体されました。

by sunshine-works | 2007-01-27 23:19 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)
2007年 01月 14日
東洋精機本館事務所

尼崎の近代建築その12
昭和16年築、設計は古塚正治。
国の登録文化財に指定されています。
f0116479_1034770.jpg


古塚正治は尼崎信用組合旧本店や宝塚ホテル、六甲山ホテル、多聞ビルディング 等兵庫県を中心に多くの作品を残した「阪神間モダニズム」を代表する建築家です。

平面と直線の組み合わせを基調として左右非対称にデザインされています。窓下の張出しがアクセントとなっています。
f0116479_10343680.jpg


良く手入れされた庭に小ぶりな建物が映えます。
f0116479_10351031.jpg

f0116479_1035332.jpg


残念ながら門衛の脇から奥へは立ち入り不可。許可された範囲からの撮影となりました。
内部は建築当時の状態が良く残されているそうです。期間を限定してでも公開していただければ嬉しいのですが・・・・・。


玄関廻り
腰壁にスクラッチタイルが貼られています。
f0116479_20331192.jpg


道路側から見た側面
f0116479_10355750.jpg

f0116479_10361894.jpg


裏側
f0116479_10363488.jpg


by sunshine-works | 2007-01-14 02:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 07日
尼崎の学校建築2

尼崎の近代建築その11

尼崎市に現存する戦前の学校建築その2

旧開明小学校

昭和12年築。藩校に起源を持つ尼崎市で最も古い小学校でした。統合により廃校となった後は市の分庁舎として使われています。
f0116479_23304934.jpg


半円形の階段室と屋上の時計が特徴的です。
f0116479_23421484.jpg

f0116479_2343256.jpg

f0116479_23433525.jpg


南側玄関脇の階段室が目を引きます。
f0116479_2344932.jpg


各所に配された丸窓
f0116479_1301820.jpg



***********************************************************

城内高校(旧尼崎高等小学校)

昭和13年築。現在は高校の校舎となっていますが最初は高等小学校校舎、後に尼崎市役所庁舎として使われました。
f0116479_2044365.jpg


この旧尼崎高等小学校と開明小学校、次に紹介する旧尼崎女学校は近接した地域に建っています。この一帯が昭和9年の室戸台風で大きな被害を受け木造校舎が被災したのを期に相次いで鉄筋コンクリート校舎に建て替えられました。同時期の施工の為か丸窓のデザインや細部に共通点が見られます。

市の資料館として使用されている北側の棟。デザイン的な見所はこちら側が豊富です。
f0116479_206968.jpg

f0116479_206476.jpg

f0116479_2072091.jpg

f0116479_20103461.jpg

f0116479_2011894.jpg



***********************************************************

成良中学校(旧市立尼崎高等女学校)
昭和13年築。高等女学校の後は中学校校舎として現在も使われています。
f0116479_20115588.jpg


f0116479_20122474.jpg

f0116479_20125969.jpg


***********************************************************
尼崎にはこの他にも戦前に建てられた学校建築が多数あります。人口40万人程度の都市としてはかなりの数だと思います。恵まれていた財政事情や室戸台風の被災を契機として戦前に多くが鉄筋コンクリート化されていたようです。
近年、尼崎市でも少子化の影響から学校の統廃合が進んでいます。開明小学校の様に転用されて残されて行けば良いのですが・・・…。

by sunshine-works | 2007-01-07 15:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 01日
尼崎の学校建築1

尼崎の近代建築その10

尼崎市内に残る戦前に建てられた学校建築の特集です。

大庄小学校(旧大庄村立大庄小学校)

昭和8年築。旧大庄村役場と道路1つ隔てた位置にあります。村野藤吾作の村役場も名建築ですが、この村立小学校も素晴らしい建物です。

f0116479_20182455.jpg


小学校建築では珍しい独特のアーチ窓が特徴です。
f0116479_2019441.jpg

当時主流となりつつあったモダニズム様式ではなく表現主義のスタイルを取り入れています。
f0116479_20212928.jpg


周囲に大きな建物が無かった時代、村役場と並び建つこの小学校は日本一の大村と言われた旧大庄村のランドマークだったことでしょう。
f0116479_2022495.jpg


校舎は南棟と北棟の2棟あります。北棟の様子。
垂直柱のラインの処理がアクセントとなっています。
f0116479_20223744.jpg


***********************************************************

尼崎西小学校(旧大庄村立第二尋常小学校)

昭和14年築。大庄小学校から6年後の築ですが垂直柱の表現に同じ手法を取り入れています。
f0116479_20231766.jpg

大庄小学校に比べるとあっさりとしたデザインです。6年を隔てた時代背景の違いなのでしょうか。
f0116479_20233549.jpg


***********************************************************

長洲小学校(旧小田村立第二尋常小学校)

大庄村と同様に尼崎市と合併した旧小田村の村立小学校です。
四方に大きく張出した庇と軒蛇腹に特色があります。
f0116479_2024963.jpg

f0116479_20254042.jpg

窓の開口部が非常に大きく取られているのもこの建物の特徴です。
f0116479_202615100.jpg

f0116479_20264920.jpg


by sunshine-works | 2007-01-01 17:28 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 24日
尼崎紡績旧本社事務所(ユニチカ記念館)

尼崎の近代建築その9
ユニチカの前身である尼崎紡績の本社事務所として明治33年に建てられました。
設計者については不明ですが日本人の設計と言われています。
f0116479_12285458.jpg

f0116479_12292443.jpg


尼崎市で最初の西洋建築と言われています。全てイギリスから取寄せたレンガで造られています。
f0116479_12295744.jpg

工場施設(事務所)ですがバルコニーを配した邸宅風の造りとなっています。
f0116479_12302887.jpg


尼崎紡績は尼崎が工業都市として発展する基盤となった工場です。かってはこのあたり一面に同社の工場建物、関連施設が広がっていましたが昭和20年の空襲で壊滅状態となり、その後工場施設も移転、事務所だったこの建物だけが残りました。現在はユニチカ記念館として同社の資料が展示されています。

f0116479_12305969.jpg


アーチ窓の連なり、面格子の造形、レンガの退色具合等どこを見ても美しい建物です。
f0116479_12312764.jpg

f0116479_12464570.jpg

f0116479_12322474.jpg

f0116479_12325673.jpg

f0116479_12333027.jpg


会社の旧施設が記念館として残された一例です。商業ビルやオフィスビルに比べると企業施設は記念館として保存される余地が残されています。敷地に余裕があること、創業時・発展期を支えた企業のモニュメントとして保存する意味合いが強いことが理由でしょうか。但し、会社、工場が存続し続けることが条件となりますが。

イギリスから輸入したレンガ 工法もイギリス積みです。
f0116479_12334762.jpg


裏側の様子
f0116479_123463.jpg


正門越しの眺め
f0116479_12342921.jpg


by sunshine-works | 2006-12-24 20:38 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 16日
尼崎信用組合旧本店

尼崎の近代建築その8
以前紹介した尼崎信用組合旧本部事務所から建物一つ隔てた位置にあります。レンガ造りの旧本部事務所の次の2代目本店事務所として昭和5年に建てられました。地元兵庫県を中心に活躍した古塚正治の設計です。
f0116479_135223.jpg


昭和5年当時は新しい建築の流れが地方都市にも波及しだした頃ですが、銀行建築は依然として様式建築が主流を占めていました。この建物は従来の荘厳な銀行建物のイメージから離れ、流行のモダニズム様式を取り入れた設計となっています。
f0116479_1353362.jpg

f0116479_136346.jpg

f0116479_1363970.jpg


あっさりとしたデザインですが平面とカーブが巧みに組み合わされています。
f0116479_12471197.jpg

f0116479_1372789.jpg

f0116479_1375034.jpg


外壁の最上部には緩やかな反り返えしがつけられています。
f0116479_1393211.jpg


その後の改修で竣工当時とはエントランス部や窓等が変更されています。外壁も最初は黄土色に近い色合いだったようです。
竣工時の外壁の色を再現してみました。(館内に飾られている当時の絵を参考にしました)

f0116479_1385622.jpg


新本店ビルの建設に伴い、この建物は「世界の貯金箱博物館」として余生を送っています。
f0116479_1394870.jpg


by sunshine-works | 2006-12-16 13:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)