タグ:兵庫県阪神地区 ( 57 ) タグの人気記事

2011年 04月 09日
旧山本家住宅(旧近藤寿一朗邸)
西宮の近代建築その34

阪急夙川駅の北方、静かな住宅街の一角に和洋折衷様式の2階建て住宅が建っています。昭和13年、鉄山や化学工業の経営者だった近藤寿一朗の邸宅として建てられました。設計は武田五一の弟子・岡田孝男です。
f0116479_1955396.jpg

塀で仕切られた400坪の敷地に中庭を囲んで部屋が繋がり、南の日本庭園には茶室が置かれています。
洋間が続く玄関から南東側の外壁は柱を壁面に露出させたハーフティンバー式となっており、正面側が洋風、裏側は和風を主とした意匠で纏められています。
f0116479_1859525.jpg

f0116479_1902238.jpg

切石を積んだ門柱に重厚な木の扉が取り付けられています。
f0116479_1962811.jpg

f0116479_196534.jpg

f0116479_19121485.jpg

f0116479_1972855.jpg

門を潜って玄関へ進みます。
f0116479_1982859.jpg

f0116479_19133610.jpg

玄関上部はこのようなハーフティンバーで仕上げられています。
f0116479_19485116.jpg

f0116479_2261770.jpg

玄関の脇を抜けて前庭へ。
f0116479_19434581.jpg

f0116479_19331229.jpg

f0116479_19334121.jpg

f0116479_19341377.jpg

f0116479_19343348.jpg

f0116479_19352550.jpg

f0116479_19354093.jpg

f0116479_1938226.jpg

f0116479_19383887.jpg

f0116479_1945365.jpg

f0116479_1946105.jpg

f0116479_19525756.jpg

玄関へ戻って館内に入ります。
f0116479_19563534.jpg

f0116479_1951930.jpg

昭和13年に建てられたこの邸宅はその後何代か所有者が変わり、最後は飲料会社を営む山本清氏の邸宅となりました。現在は山本清財団が受け継いで美術品の展示や文化教室の場として使われています。
f0116479_1957878.jpg

f0116479_19573547.jpg

f0116479_1958301.jpg

上の写真に見えるステンドグラスの裏側の部屋です。各窓も美しいステンドグラスが嵌められています。
f0116479_21334982.jpg

f0116479_20472650.jpg

f0116479_20474447.jpg

f0116479_20475947.jpg

裏側に和室が続きます。
f0116479_20563138.jpg

f0116479_2057985.jpg

f0116479_20575320.jpg

2階へ登る階段。手摺には手の込んだ細工が施されています。
f0116479_2141134.jpg

f0116479_2143397.jpg

2階の各部屋です。
f0116479_21204145.jpg

f0116479_21213568.jpg

f0116479_21223222.jpg

f0116479_21215362.jpg

f0116479_21233063.jpg

f0116479_2123491.jpg

f0116479_21235122.jpg

f0116479_21241884.jpg

洗面所には竣工当時からの湯沸かし器が残されていました。
f0116479_21274898.jpg

f0116479_2128662.jpg

f0116479_21283032.jpg

この建物が建てられた昭和初期、夙川は阪神間モダニズムを代表する高級住宅地として開発されていきました。当時の高級住宅の佇まいが良好に保たれているこの建物は、昭和初期の都市近郊住宅の貴重な現存例として登録有形文化財に指定されています。
f0116479_19492873.jpg


by sunshine-works | 2011-04-09 23:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 05日
神戸水道橋
西宮の近代建築その33

福知山線廃線跡を抜けて武田尾駅へ向かう道の途中、大きな水道橋が武庫川を渡ります。この水道橋は神戸市北区の千苅ダムから神戸市内へ上水を送る武庫川導水路の一部として架けられました。大正6年築。
f0116479_22474433.jpg

千苅ダムから西宮市の上ヶ原浄水場までおよそ15キロメートル、その殆どは地下の埋設管で結ばれていますが、武庫川を跨ぐ数箇所はこのように水道橋が川を渡って行きます。
f0116479_2258222.jpg

f0116479_22583563.jpg

f0116479_2259220.jpg

f0116479_22592015.jpg

f0116479_22594444.jpg

開港後の急速な神戸の発展に伴い新たな水源地として大正期に六甲山北側の千苅貯水池が開発されて行きますが、この水を彼方の神戸市内へ送る導水路の建設も平行して行われました。深い山の中に水道管を敷設していく工事は長期に及び、大正3年の着工から17年の歳月を経て昭和6年に全通します。
f0116479_23275845.jpg

石積の橋台から川中の橋脚を経て対岸の橋台へトラスが渡っていきます。
f0116479_23314933.jpg

f0116479_2344222.jpg

f0116479_23333187.jpg

f0116479_23325644.jpg

f0116479_23335158.jpg

f0116479_23342348.jpg

f0116479_2334434.jpg

f0116479_23442161.jpg

f0116479_2345944.jpg

f0116479_23472373.jpg

f0116479_2345406.jpg

f0116479_23455863.jpg

f0116479_23465585.jpg

f0116479_23475649.jpg

福知山線廃線跡の途中、旧武庫川第二鉄橋の近くにも武庫川を渡る水道橋が渡されています。
f0116479_23505412.jpg

f0116479_2351958.jpg

生瀬駅の東側、武庫川第一橋梁の近くにも同様な水道橋が架けられています。
f0116479_2356483.jpg

f0116479_23563893.jpg

f0116479_23565968.jpg

f0116479_23572366.jpg

f0116479_23575624.jpg

f0116479_23581644.jpg

f0116479_23583458.jpg
f0116479_23584697.jpg

f0116479_2359523.jpg

人々の生活の基盤である水道は近代都市に欠くことの出来ないものとして明治以降急速に整備され、人目に触れる事のないこのような地味な施設の数々が都市の繁栄を影で支えていました。
明治から大正にかけて築かれた神戸の三大貯水池は近代水道ダムの先駆けとして知られていますが、この武庫川道水路も当時の技術を窺い知る土木遺産として重要な現存例となっています。
f0116479_23592261.jpg


by sunshine-works | 2011-04-05 23:41 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 08日
濱甲子園倶楽部会館
西宮の近代建築その32

阪神甲子園駅の南側、甲子園浜にかけての一帯に昭和初期に阪神電鉄が開発した郊外住宅地が広がっています。
現在も戦前の名残を留める古い住戸が点在するこの一角に、当時の販売事務所兼モデルルームだった建物が残されています。昭和7年に建てられたこのモダンな洋風住宅はその後地域の自治会館に転用され、今日も現用施設として使われています。
f0116479_20192698.jpg

阪急資本が山の手に多くの住宅地を開発していった大正後期から昭和初期、武庫川の支流跡地の払い下げを受けた阪神電鉄はこの地を都市近郊のリゾート地とすると共に、その周辺に住宅地を造成していきます。山の手に対して海の手と呼ばれたこの一帯も阪急沿線と並んで阪神間モダニズムの時代を代表する近代住宅地として開発されていきました。
f0116479_21262673.jpg

f0116479_21264560.jpg

一見すると周囲の家屋と見分けのつかない現代風の建物ですが、当時最先端のモダニズム住宅の要素が各部に盛り込まれています。80年を経た今も全く古さを感じさせません。
f0116479_21571947.jpg

f0116479_21573663.jpg

f0116479_2157558.jpg

f0116479_22364690.jpg

f0116479_2238447.jpg

f0116479_22371493.jpg

f0116479_22384294.jpg

f0116479_23272957.jpg

正面入口部分は大幅に改修されています。
f0116479_2240665.jpg

f0116479_23104835.jpg

f0116479_23252826.jpg

切妻屋根の印象は純和風の色合いが強いのですが、洋風意匠を随所に取り込んだ近代和風とも言うべき垢抜けた仕様となっています。
f0116479_22573559.jpg

f0116479_2257328.jpg

この建物の特徴として、野趣に富んだ表現が各部に盛り込まれている事があげられます。それらの多くは内装に見て取れますが、2階の手摺や窓枠からも同種の趣が感じられます。
★室内の様子はこちらのサイトに詳しい紹介があります。
f0116479_2395692.jpg

f0116479_23101434.jpg

昭和初期にこれ程の先進的な住宅が建てられていた事に驚かされます。現在の戸建て住宅の原型として極めて貴重で資料価値の高い建物と思います。
f0116479_233015100.jpg


by sunshine-works | 2011-03-08 23:47 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 04日
旧武庫川高等女学校本館(武庫川女子大記念館)
西宮の近代建築その31

西宮市の東南部にある武庫川女子大学は日本最大規模の女子大として知られています。このキャンパスの一角に前身の武庫川高等女学校の旧校舎が残されています。昭和14年、この地に建学された時に本館として建てられました。
f0116479_21425633.jpg

木造2階建て、正面入口に大きな切妻屋根のファサードを構え、三角ペディメントに校章を象ったオーナメントを飾ります。時局が切迫していた時期の建物ですが、風格を備えた堂々たる意匠です。
f0116479_21434534.jpg

記念館として保存されているのは旧校舎の中央部分です。この地域は近くに軍需工場があった事で戦時に激しい空襲を受けました。武庫川高等女学校の校舎も空襲により多くの被害を受けた様ですが、奇跡的に焼け残った中央部が残されたと思われます。
f0116479_21443645.jpg

f0116479_2145122.jpg

正面玄関。両脇に石柱が添えられ、床にも石が張られています。この時期の建物としては相当に贅を尽くした意匠と思えます。
f0116479_21525060.jpg

f0116479_2153534.jpg

f0116479_21534775.jpg

側面は途中で切られているようで、断面は違和感の無い様に下見板で仕切られています。
f0116479_21572360.jpg

この校舎は表と裏が殆ど同じ造りになっています。南側が裏面と思われますが、玄関上部にバルコニーがあるのとペディメントのオーナメントが異なる以外はほぼ同じでしょうか。
f0116479_22532921.jpg

f0116479_2254265.jpg

南面からの眺め。玄関はやや小さめとなっていますが、基本的な造りはほぼ共通の仕様に見えます。
f0116479_2303470.jpg

f0116479_2305420.jpg

f0116479_2312359.jpg

f0116479_231448.jpg

f0116479_232590.jpg

f0116479_2322917.jpg

f0116479_233011.jpg

f0116479_2345182.jpg

f0116479_2335282.jpg

広いキャンパスの中に残る小さな建物ですが、周囲に並び建つ現代建築の校舎に引けを取らない存在感を示しています。この武庫川女子大記念館は兵庫県内に残る数少ない旧制女学校の校舎として極めて貴重な現存例と言えるでしょう。
f0116479_2351596.jpg


by sunshine-works | 2011-03-04 23:42 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 08日
阪神間の各線駅舎2
阪神間に残る戦前築の駅舎探訪その2は西宮市と芦屋市の4駅を紹介します。

**********************************************************************

東海道本線甲子園口駅

武庫川橋梁を越えて1駅目、西宮市の東端に位置する東海道本線甲子園口駅は昭和9年に開設されました。南側の駅舎とホーム上屋はその後に改築されていますが北側駅舎は竣工当時の姿で残されています。

f0116479_1639444.jpg

f0116479_16402100.jpg

f0116479_16404424.jpg

f0116479_16431639.jpg

小さな建物ですが庇の持ち送りや入口の周り縁の飾り等に凝った意匠が見られます。
f0116479_16433814.jpg

f0116479_1644394.jpg

f0116479_16442550.jpg

f0116479_1644383.jpg



**********************************************************************

阪急今津線阪神国道駅

阪急の支線、今津線が阪神国道(国道2号線の別称)を跨ぐ位置に設置された橋上駅として昭和2年に開業しました。
f0116479_1813991.jpg

f0116479_1842495.jpg

f0116479_1843716.jpg

駅舎と言うよりは橋脚や橋の構造部そのものと言った方が適切かもしれません。
f0116479_1863687.jpg

f0116479_187356.jpg

f0116479_1871653.jpg

現在では一般的な高架駅の景色ですが、竣工した昭和2年当時は全国でも数少ない存在でした。
f0116479_1894765.jpg

f0116479_18105146.jpg

f0116479_18101693.jpg

ホームの南に国道2号線の架道橋、北に東海道本線の架線橋が見えます。*詳しくはこちら
f0116479_18112599.jpg

f0116479_18114085.jpg



**********************************************************************

阪急甲陽園線甲陽園駅

阪急夙川駅から僅か3駅を結ぶ短い支線の終点が阪急甲陽園駅です。阪神間を代表する高級住宅街の玄関駅として大正13年に設置されました。
f0116479_1956384.jpg

f0116479_19565674.jpg

f0116479_19572029.jpg

駅舎本屋は竣工時の状態で残されています。
f0116479_19574392.jpg

f0116479_19575970.jpg

改札を抜けてホームへ。
f0116479_19583299.jpg

f0116479_207250.jpg

f0116479_2071686.jpg

f0116479_2074138.jpg

f0116479_2075766.jpg

f0116479_208112.jpg

現在は1面1線のみ使われているホーム。つい最近まで竣工当時のホーム上屋が現存していました。
f0116479_20112947.jpg

石を積み上げたホームの基盤が今もそのまま使われています。
f0116479_20134220.jpg

f0116479_2014144.jpg


**********************************************************************

阪神電鉄本線芦屋駅

阪神電鉄本線芦屋駅は芦屋の中心部を流れる芦屋川の橋上駅として明治38年に開設されています。現在の駅舎は昭和15年に建てられました。
f0116479_20272393.jpg

f0116479_20273745.jpg

f0116479_20283010.jpg

f0116479_2029222.jpg

f0116479_20312882.jpg

f0116479_20303739.jpg

f0116479_2029595.jpg

f0116479_2030152.jpg

2面2線のホーム。その後に手を加えられていると思われますが、側壁と上屋を支える柱に竣工時の姿を留めています。
f0116479_20354196.jpg

f0116479_20364046.jpg

f0116479_2037212.jpg


by sunshine-works | 2011-02-08 21:05 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 04日
阪神間の各線駅舎1
大阪と神戸に挟まれた「阪神間」と呼ばれる地域は明治38年の阪神電鉄開通と大正9年の阪急神戸線の開通以降、先発の旧国鉄を交えた3社による激しい競争を繰り広げてきました。関西の大動脈とも言うべきこの区間にはまた戦前の名残りを留める多くの駅舎が点在しています。今回から3回に亘ってこれら線区に残る古い駅舎を紹介していきます。

**********************************************************************

阪急伊丹線新伊丹駅

阪急神戸本線の支線の一つ伊丹線の新伊丹駅。阪急電鉄は沿線に多くの支線を延ばして宅地開発を行いましたが、大阪から至近のこの伊丹も高級住宅地として発展しました。昭和10年築。
f0116479_2127451.jpg

f0116479_2127760.jpg

f0116479_21284353.jpg

f0116479_2129666.jpg

f0116479_21295488.jpg

f0116479_21292976.jpg

f0116479_21301965.jpg

f0116479_21351435.jpg

外観だけでなく構内も昔の姿のままで残っています。
f0116479_21321963.jpg

f0116479_21323887.jpg

f0116479_21331297.jpg

f0116479_21334715.jpg

f0116479_2134764.jpg

f0116479_21342015.jpg

**********************************************************************
阪急伊丹線稲野駅

同じく伊丹線の猪名野駅。前面に庇が新設されていますが駅舎本屋は竣工当時のままです。大正10年築。
f0116479_2145935.jpg

f0116479_21453132.jpg


**********************************************************************

阪急神戸線武庫之荘駅

尼崎市の北部に阪急資本によって開発された武庫之荘住宅地。武庫之荘駅は整然と区割りされた町並みが広がる分譲地の入口に昭和12年に開設されました。
f0116479_2229466.jpg

f0116479_22304893.jpg

f0116479_2231980.jpg

f0116479_2231433.jpg

f0116479_22315793.jpg


**********************************************************************

阪神電鉄本線武庫川駅

尼崎市と西宮市の境を流れる武庫川を跨ぐ橋上駅として設置されている武庫川駅。明治38年に始まる歴史を持ちますが現在の駅舎はその後数度に亘って改修されました。ホーム上屋の一部と橋桁部分に昭和初期の名残りが伺えます。
f0116479_22393292.jpg

f0116479_2240612.jpg

f0116479_22402183.jpg

f0116479_22403755.jpg

f0116479_2241153.jpg

f0116479_22412360.jpg

f0116479_22414554.jpg


*次回は西宮~芦屋の駅舎を巡ります。

by sunshine-works | 2011-02-04 22:56 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 07日
阪急電鉄神戸線藻川橋梁/住吉川橋梁
大阪・梅田から神戸を結ぶ阪急電鉄神戸本線は大正9年、十三~神戸(上筒井)間で開通し、その後は並走する阪神・国鉄と激しく競いながら日本の都市間鉄道を代表する路線へと発展を遂げます。
90年に及ぶ歴史を持つ同線には開設時やその後の延伸時に設置され、今尚現役で使われている鉄道施設が幾つも残されていますが、今回紹介する二つの橋梁も昭和8年と昭和14年に架けられています。

**********************************************************************
藻川橋梁(尼崎市)

大阪から神崎川を越えて尼崎に入って間もない地点、藻川を渡るこの橋は昭和8年に架けられました。
以前紹介した阪急今津線の跨線橋や次に紹介する住吉川橋梁と同形式のトラス橋です。
f0116479_213151.jpg

両側のプレートガーダを介して中央に1連のプラットトラスを繋ぎます。
f0116479_2281764.jpg

f0116479_2284216.jpg

f0116479_21314635.jpg

類似の橋梁は阪急線の他区間や他の鉄道会社線にも見られ、同時期のトラス橋としては標準的な物の一つと思われます。
f0116479_21523320.jpg

f0116479_21525460.jpg

f0116479_21533191.jpg

f0116479_21534861.jpg

f0116479_21545213.jpg

約80年を経た風合いを感じさせる色褪せたコンクリート製橋脚やリベット接合の橋桁。
f0116479_2213492.jpg

f0116479_22249.jpg

f0116479_2222191.jpg

f0116479_2291554.jpg

f0116479_2223955.jpg


**********************************************************************
住吉川橋梁(神戸市東灘区)

六甲山系から播磨灘へ注ぐ住吉川に渡されたこの橋梁は昭和13年の阪神大水害で被災した旧橋に代わって架け替えられました。元々は梅田駅の手前に架けられていた阪急宝塚線の橋梁で、路線の地上化に伴って解体保存されていました。
f0116479_2229188.jpg

f0116479_22273733.jpg

f0116479_2323153.jpg

藻川橋梁に比べると一回り程大きな橋です。道路や住宅地に近接して架けられており、間近に迫るトラスは尚更大きく感じます。
f0116479_22393649.jpg

f0116479_2240017.jpg

f0116479_22412321.jpg

f0116479_22403694.jpg

f0116479_22423111.jpg

f0116479_22425974.jpg

f0116479_225317100.jpg

f0116479_22432734.jpg

f0116479_2244290.jpg

梅田から移築された橋桁部分。この場所に架けられて70余年、最初の場所に架けられてからは90年を越える年月を経ています。
f0116479_22502270.jpg

f0116479_22505982.jpg

f0116479_22513431.jpg

f0116479_2252464.jpg

f0116479_22535842.jpg

f0116479_22523435.jpg

この二つの橋以外にも同線には古くからの路盤や築堤、高架が数多く残されており、山手の住宅街の沿線風景にその趣きのある姿を添えています。
f0116479_040631.jpg


by sunshine-works | 2011-01-07 23:44 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 06日
阪急電鉄今津線の橋梁・高架軌道
西宮の近代建築その30

宝塚から西宮市今津を結ぶ阪急電鉄今津線は大正15年に始まる長い歴史を持つ線区です。現在は西宮北口駅で今津北線と今津南線の二つの線に分けられていますが、かつては全区間が一本の線路で繋げられていました。
この今津南線の途中区間、東海道本線と国道2号線を跨ぐ箇所には同線開業時に架設された高架桁、架道橋、跨線橋が現役施設として使われています。
f0116479_20571546.jpg

西宮北口駅を出て最初に差し掛かる東海道本線を渡る跨線橋。線路と側道を大きなトラスで跨ぎ、前後にプレートガーダーの高架桁を繋ぎます。橋の長さに比べて背の高いトラスが特徴的です。
f0116479_2058167.jpg

f0116479_205841100.jpg

f0116479_20591742.jpg

f0116479_210131.jpg

f0116479_2103658.jpg

f0116479_211373.jpg

f0116479_212447.jpg

f0116479_2124234.jpg

f0116479_2133618.jpg

ビール工場のタンクの脇を抜けて連なる高架桁。次の阪神国道駅へ繋がります
f0116479_213565.jpg

f0116479_2154721.jpg

f0116479_21111395.jpg

高架桁はそのまま南へ続き、橋上に設けられた阪神国道駅に至ります。
f0116479_21195710.jpg

f0116479_21201490.jpg

f0116479_21203612.jpg

f0116479_21211148.jpg

f0116479_21213453.jpg

阪神国道駅はその名の通り阪神国道(国道2号線の通称)に面した駅で、昭和2年開業時の駅舎が現在も使われています。
この駅の南側、国道2号線を渡る架道橋も同線開通時に架けられたものです。
f0116479_21304944.jpg

f0116479_21285036.jpg

f0116479_21291259.jpg

f0116479_21293280.jpg

f0116479_21295075.jpg

f0116479_21301121.jpg

f0116479_21374781.jpg

表面にびっしりと打ち込まれたリベット。この時代の橋ならではの趣です。
f0116479_21351653.jpg

f0116479_21353199.jpg

f0116479_21354796.jpg

f0116479_21364521.jpg

f0116479_23374470.jpg

開業時に架設された高架橋部分は橋の南詰で終わり、この先の築堤の上を緩やかに地上へと下りて行きました。(現在は終点の今津まで全区間が高架となっています)
f0116479_21445950.jpg

f0116479_21451499.jpg

f0116479_21454197.jpg

各地の都市部に残る古い高架桁の中でも、このように鋼桁と鉄橋が連続する高架区間は珍しく、竣工当時のまま現存している例として希少な物と言えます。
f0116479_21462837.jpg


by sunshine-works | 2010-12-06 23:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 02日
東海道本線武庫川橋梁
尼崎の近代建築その16/西宮の近代建築その29

兵庫県の近代建築探訪、前回は福知山線の廃線跡を紹介しましたが、この後しばらく鉄道に関連した近代化遺産を巡っていきます。

日本で2番目に開通した大阪神戸間の開通に始まり、大手私鉄が競って路線を伸ばしたこの地域には数多くの鉄道遺産が残されています。今回紹介する東海道本線武庫川橋梁も開業以来今日まで、長い歴史を刻んで来ました。
f0116479_22174621.jpg

明治7年の大阪神戸間の開通時に日本最初の鉄橋として架けられた武庫川鉄橋は、その後に架け替えと改修を重ね、現在の橋は明治期~平成に至る各時代の部材が組み合わされた物となっています。
上り線に使われている煉瓦橋脚は明治末~大正中期頃、その他のコンクリート橋脚は同区間が複々線化された昭和12年の築、プレートガーダーの橋桁は大正から現代までの物が混在していると推測されます。
f0116479_22194862.jpg

f0116479_22213984.jpg

f0116479_22222466.jpg

この付近は地面より水位が上にある「天井川」となっている為、線路は築堤で嵩上げされた路盤上から橋に入ります。河川敷を低い高さで渡り、川面に狭い間隔で並ぶ橋脚の上へ運ばれていきます。
f0116479_22291497.jpg

f0116479_22244722.jpg

f0116479_2225261.jpg

f0116479_2226052.jpg

f0116479_2226511.jpg

f0116479_23475936.jpg

f0116479_22344540.jpg

f0116479_2235495.jpg

f0116479_22333769.jpg

f0116479_22351790.jpg

f0116479_2236339.jpg

f0116479_0164765.jpg

6基の橋脚で川を越え、対岸へ渡ります。
f0116479_22432852.jpg

f0116479_22472662.jpg

f0116479_2221652.jpg

f0116479_2252238.jpg

f0116479_22522183.jpg

鉄板と支材をリベットで組んだだけの単純な構造ですが、複雑に鋼材が組み合わさったトラス橋の美しさとはまた異なる、力強い迫力を感じます。
f0116479_22541864.jpg

f0116479_22544571.jpg

f0116479_22572098.jpg

f0116479_22575068.jpg

f0116479_225551100.jpg

f0116479_041192.jpg

上流側に並ぶ重厚な煉瓦橋脚。
f0116479_2345324.jpg

f0116479_23452145.jpg

f0116479_23313931.jpg

f0116479_23311551.jpg

f0116479_23321917.jpg

f0116479_2333050.jpg

f0116479_23333420.jpg

f0116479_2334246.jpg

f0116479_23342864.jpg

f0116479_23352642.jpg

f0116479_23345218.jpg

武庫大橋から望む武庫川橋梁。背景の山並みや川面の景色に美しいシルエットが浮かびます。
f0116479_23465347.jpg


by sunshine-works | 2010-12-02 23:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 01日
国鉄福知山線 生瀬~武田尾間の旧鉄道施設その1
西宮の近代建築その28

尼崎から北摂地域まで巡ってきた兵庫県の近代建築探訪の旅。残る丹波・但馬地区へと歩を進める前に、これまで巡った地域に幾つか追加を加えます。
まずは宝塚と西宮の境に残る鉄道遺産、武田尾廃線跡の紹介です。
f0116479_20301621.jpg

JR宝塚駅から北へ向かう福知山線は、生瀬駅を出ると道場駅までの3駅間を連続するトンネルで結んでいますが、同線開業時から昭和61年までは現在よりも北寄りの武庫川に沿ったルートに配線されていました。複線化に伴って廃止された同区間は、レールこそ撤去されているものの、四半世紀を過ぎた今も当時のままの姿で隧道や橋梁が残り、軌道敷跡を武田尾まで往時の姿を辿りながら行き着く事が出来ます。
f0116479_21113877.jpg

鉄道廃線跡として有名な武田尾廃線は、生瀬駅の北方、中国道の高架を抜けて斜面を下った武庫川河川敷から始まりますが、駅を北側に出て平行する県道を進んだ先、現在の線路が旧線から分岐する地点にもかつての路線跡が埋もれています。その後に新設された道路の整備に伴ってこの辺りの旧路盤の多くは取り壊されていますが、断片的に残るこれらの遺構にもかつての姿を垣間見る事が出来ます。
f0116479_21293790.jpg

f0116479_21311319.jpg

f0116479_0321011.jpg

武田尾旧廃線跡を巡るメインルートの最初に現れるプレートガーダーの橋梁。
この橋を渡り武庫川に沿って敷かれた路線跡をおよそ7キロ、約1時間半の行程を辿ります。
f0116479_03131.jpg

f0116479_033309.jpg

f0116479_0335344.jpg

横手に武庫川を眺めながら、路線跡をひたすら進んで行きます。大阪から30分足らずの場所とは思えない雄大な渓谷の景色が続きます。
f0116479_0343627.jpg

f0116479_0363390.jpg

f0116479_0365192.jpg

f0116479_0371286.jpg

見張台の跡。所々にこのような施設が残されています。
f0116479_0345364.jpg

f0116479_035743.jpg

f0116479_0355227.jpg

この鉄扉の中は途中まで掘削されたトンネルの跡地との事です。
f0116479_0382281.jpg

f0116479_0384347.jpg

スタート地点から20分程、最初のトンネルが現れます。コースに6つあるトンネルの中でこの北山第一トンネルが大正12年の築、他は明治32年の同区間開通時に竣工しています。
f0116479_0372721.jpg

f0116479_21222611.jpg

f0116479_21225371.jpg

f0116479_2123138.jpg

f0116479_212489.jpg

f0116479_21242857.jpg

f0116479_21572299.jpg

写真では比較的明るく写っていますが、実際のトンネル内部は真っ暗闇、懐中電灯が無いと進めません。
f0116479_21274287.jpg

f0116479_22201577.jpg

トンネルを抜けた反対側の坑口。
f0116479_21292533.jpg

f0116479_21294664.jpg

更に進むと区間で最長の北山第二トンネルに至ります。
f0116479_2133050.jpg

f0116479_21333253.jpg

f0116479_21275815.jpg

これは落石覆いでしょうか。
f0116479_2137091.jpg

煉瓦を積んで補強した側壁。
f0116479_21385371.jpg

三つめのトンネル、横溝尾トンネルの入口。
f0116479_21404985.jpg

トンネル出口の先に朱色に塗られた鉄橋が見えてきます。この区間の最大の橋、武庫川第二橋梁は戦後の昭和29年に初代の橋から架け替えられました。(次回に続きます。)
f0116479_21423016.jpg


by sunshine-works | 2010-11-01 22:03 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)