タグ:兵庫県播磨地区 ( 57 ) タグの人気記事

2009年 04月 03日
旧魚橋郵便局
高砂の近代建築その6

旧山陽道(西国街道)沿いの古い集落である魚橋には現在も当時の雰囲気を伝える旧家が並んでいます。集落の中央、旧街道に面して建つこの洋館は90年以上に亘って当地で郵便局舎として使われてきました。
f0116479_2011875.jpg

JR線の北側の丘陵地帯に位置する旧阿弥陀村魚橋地区は、海沿いの高砂や荒井とは成り立ちも交易路も異なり、明治以降に工業地帯として発展する臨海部のような大きな変化は見られませんでした。旧印南郡の中枢として役場や行政機関が置かれますが、旧街道沿いに古い家々が残る風情ある景色が現在まで保たれて来ました。
f0116479_2012130.jpg

この地に郵便局を設置するにあたり当時の地方郵便局の多くがそうであったように、地元の名士に事業を委託し、その土地家屋の提供を受けて業務を行いました。魚橋郵便局は土田家の家屋の一部を局舎として明治7年に開設され、明治37年にこの洋館造りの2代目局舎に建て替えられました。
f0116479_20151559.jpg

狭い街道に面して建つ、一際目立つ下見板貼の洋館です。各窓に付けられた鎧戸や切妻屋根の玄関庇、玄関ペディメントの門灯(複製ですが)、コーナーに貼られた地元の竜山石の淵飾り等、小さな建物ですが当事の洋館の意匠が豊富に盛り込まれた内容となっています。
f0116479_20155063.jpg

f0116479_20161393.jpg

f0116479_20164332.jpg

f0116479_20165938.jpg

f0116479_20172987.jpg

コーナーを飾る竜山石。高砂の竜山で産するこの石は古くから建築材料に用いられました。明治以降に建てられた近代建築にも数多く使用されています。
f0116479_20175244.jpg

f0116479_20182316.jpg

残念ながら正面入口は塞がれています。どのような扉が付いていたのでしょうか。
f0116479_2019122.jpg

この局舎は新局舎の完成により1990年に任を終えます。当初老朽化の為取り壊される予定だった建物は、存続要望を受けて保存される事となり、2004年には登録文化財に指定されます。
今では修復を終え美しい薄緑色にペイントされた優美な姿が街道筋の古い家並みに溶け込んでいます。
f0116479_20193382.jpg

このような古い歴史を持つ地方の郵便局舎の多くは、その役割を終えた後解体されてしまいます。元々が民間の土地家屋を利用したものなので、個人の負担で修繕維持していくには大きなコストが必要となるのがその理由でしょう。今後失われていく町や村の郵便局の一つでも多くがこの魚橋郵便局のように残されて行く事を願いたいものです。
f0116479_20194812.jpg


by sunshine-works | 2009-04-03 20:30 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 30日
キッコーマン高砂工場
高砂の近代建築その5

山陽電鉄高砂駅から西へ1駅、多くの工場が並ぶ荒井駅の南側に広がるキッコーマン高砂工場には昭和5年の創建時に建てられた工場施設が残っています。これら一連の建物は渡辺静の設計により建てられました。
f0116479_19454034.jpg

醤油の主産地千葉県野田市のトップメーカだったキッコーマンが全国規模の会社に発展する契機となったのがこの高砂工場の建設でした。薄口醤油中心の関西に関東の醤油会社として始めて進出を図った同工場は単一工場では日本一(世界一)の規模を誇る大工場で、全国展開を目指す同社の重要な生産拠点となりました。
f0116479_191302.jpg

敷地の中央に位置するこの建物は近年まで事務棟として使用されていました。
一見するとコンクリート建築に見えますが、モルタル壁の木造2階建。大正後期から昭和にかけて流行した表現主義によるデザインです。
f0116479_1944750.jpg

f0116479_1984951.jpg

古い歴史を誇る伝統産業の社屋ですが、古典様式ではなく当事の先進デザインで設計されました。社運を賭けた新鋭工場に相応しい洗練と重厚さを併せ持つスタイルです。
f0116479_19111629.jpg

f0116479_19115194.jpg

庇や窓台によって強調された水平方向のライン、左右非対称の建物配置、曲面で飾られる玄関周りの装飾、アクセント的に添えられた小さなアーチ窓等、工場事務所としてはかなり凝ったデザインです。
f0116479_19142584.jpg

f0116479_19135326.jpg

f0116479_1931267.jpg

f0116479_19303848.jpg

f0116479_1931859.jpg

f0116479_19315119.jpg

f0116479_19322674.jpg

f0116479_19331583.jpg

時代を感じさせる木製扉。玄関ポーチの表現も凝った造りです。
f0116479_19365275.jpg

f0116479_19362590.jpg

f0116479_19371664.jpg

f0116479_19373819.jpg

築後80年を経過したこの建物は随所に劣化が目立ちます。モルタルの罅割れや木部の腐食が進行しており、早急に補修が必要な状況です。現在空家となっているこの建物の今後は未定とのことでしたが、広い敷地の一角に移してでも保存活用を図る価値のある建物と思います。
f0116479_1947834.jpg


見学ルートの最初に案内される講堂。
f0116479_19421860.jpg

f0116479_19412573.jpg

この講堂も玄関の装飾に特色があります。
f0116479_19495486.jpg

f0116479_19501796.jpg

f0116479_19503494.jpg

この工場建物も創建時のものでしょう。多くの施設は段階的に取り壊され、新しい建物に建替えられています。
f0116479_19444792.jpg

門衛所と門柱も当時のままです。
f0116479_1944363.jpg

f0116479_19445884.jpg

f0116479_19455860.jpg

f0116479_1903513.jpg

今日程には発酵や醸造の仕組みが解明されていなかった当事、風土や水の異なる地での操業は大きな賭けでしたが、高砂工場の成功によって同社は全国規模の醤油製造会社となり、やがて総合食品会社へと発展していきます。今や世界的なブランドとなった同社の基盤を築いたのがこの工場でした。
f0116479_19463241.jpg


by sunshine-works | 2009-03-30 20:09 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 25日
出汐館
高砂の近代建築その4

高砂に進出した近代産業の中で三菱製紙と並ぶ大きな事業所だったのが鐘淵紡績及び関連会社の鐘紡人絹工業の工場でした。加古川が日本毛織の企業城下町であったように、高砂に於ける鐘紡の工場は町の経済のみならず生活全般に大きく関わる存在となっていました。
今回紹介する出汐館は明治41年に操業を開始した鐘淵紡績高砂工場の迎賓施設として建てられたものです。昭和11年築。
f0116479_1830914.jpg

高砂市の南部、埋立地に広がる工場地帯に面して建てられています。北側は鐘紡の社宅街(戦前の風情がそのまま残っています)となっており、日本毛織の社宅倶楽部とよく似た立地環境になっています。
大きなアールを持つ階段室、ステンドグラスの階段窓が特徴的なこの建物は、現在は鐘紡人絹工業の後身であるカネカの社員厚生施設として使用されています。2階建てですが軒高があり、見た目以上に大きな建物です。
f0116479_18313470.jpg

f0116479_183256.jpg

なんといっても一番の特徴はこの階段室とステンドグラスです。建物本体はごく一般的な洋館の造りですが、この部分が際立った印象を受けます。
f0116479_1856170.jpg

f0116479_18562477.jpg

f0116479_18571717.jpg

f0116479_18574059.jpg

f0116479_19114718.jpg

この建物は東西それぞれの棟が中央で結ばれて一つの施設となっています。西側の棟の入口に出汐館の銘が掲げられていますので、出汐館の呼称はこちら側だけなのかも知れません。
f0116479_19102949.jpg

f0116479_19105860.jpg

f0116479_1911454.jpg

東棟の入口
f0116479_19233797.jpg

南面です。植込みと建物の間が庭になります。
f0116479_19121460.jpg

f0116479_19212561.jpg

東側の棟には三角に張り出した出窓が設けられています。採光の都合なのかデザイン上のアクセントなのかわかりませんが、ちょっと唐突な感じです。
f0116479_19144357.jpg

f0116479_1919972.jpg

f0116479_19192818.jpg

高砂の発展を支えた鐘淵紡績高砂工場ですが、戦後の繊維産業の構造変化に伴って昭和50年代に撤退してしまいます。しかし、関連会社の鐘淵化学は埋立地に新工場を建て、その後カネカと名を変えて今に至っています。この建物もカネカの社員施設として引き継がれ、行事や文化活動の場となっています。
f0116479_20163210.jpg

f0116479_20172167.jpg

f0116479_20165822.jpg

f0116479_20175053.jpg

日本最大の繊維メーカーだった鐘淵紡績が各地に建てた工場や関連施設の名残りは、現在も相当数を確認する事ができます。会社としての名は無くなってしまいましたが、これらの建物は日本の近代産業の中で重要な役割を果たした同社の功績を後年に残す貴重な遺産となっています。
f0116479_20353029.jpg


by sunshine-works | 2009-03-25 20:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 22日
片岡医院
高砂の近代建築その3

高砂の中心市街の裏手に1軒の医院兼住宅が建っています。設計施工データは不詳ですが、昭和初期頃の築と思われます。
f0116479_1732487.jpg

高砂銀行から前回紹介した三菱製紙魚町倶楽部へ向かう途中の住宅街に建つ開業医院です。商店街や大通りの賑わいから少し離れたこの一角は高砂の中でも早くから開かれた街区で、閑静な町並みの中に大きな家々が並びます。戦前に建てられたと思われるこの医院は高砂では珍しいモダン建築の洗練されたデザインで、通りからもよく目立ちます。
f0116479_17354177.jpg

手前に診療施設、奥に住居が繋がる典型的な開業医院の構えです。壁面全体に張られた化粧タイル、水平を強調した軒と庇のライン、各窓と玄関扉に共通する縦長格子のレイアウト等、当時の先進住宅のエッセンスが随所に盛り込まれています。
f0116479_17335344.jpg

f0116479_17341481.jpg

f0116479_1735744.jpg

f0116479_17362168.jpg

この建物の雰囲気を支える大きな要素がこの窓と玄関扉です。これがサッシ窓に変ってしまうと全く異なる印象となってしまいます。
f0116479_17364641.jpg

f0116479_1737765.jpg

f0116479_17372549.jpg

f0116479_1739736.jpg

f0116479_17392361.jpg

この建物も高砂市のライトアップイベントの日に公開されます。
f0116479_17554865.jpg

f0116479_1756730.jpg

かつて、住居併設のいわゆる町医者と呼ばれる医療施設がどこの町にも普通に見られました。裕福で時代感覚にも敏感なこれら開業医達はそれぞれの地域で先進の建築意匠を取り込んだ医院を建てて行きます。現在も地方都市に残る近代建築には戦前に建てられた医院或いは旧医院だったこれらの建物が数多く見られます。
f0116479_17325262.jpg


by sunshine-works | 2009-03-22 18:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 17日
三菱製紙 魚町倶楽部
高砂の近代建築その2

市内に多くの工場を抱える高砂市の中でも、三菱製紙高砂工場は今も明治期の煉瓦建物が残る歴史のある工場です。今回は、この工場の関連施設として建てられた洋館を紹介します。
f0116479_19434669.jpg

三宮にあった神戸製紙所(後の三菱製紙)は明治34年、工業用水に恵まれた高砂の地に移転します。この時代の近代産業の例に漏れず、この工場も外国人技師が招かれて技術指導にあたっていました。この建物は外国人技師の居住施設として建てられたものです。
f0116479_19453146.jpg

当時の木造洋館の標準的な造りです。神戸北野の異人館街に建てられた洋館とは年代的に同時期でデザインも共通するものがあります。薄い緑色で塗られた下見板貼りの壁面とハーフティンバー式の壁が組み合わされ、煉瓦の煙突、ガラスで囲われた2階のバルコニー、各窓に付けられた鎧戸、玄関の柱飾り、アーチ型の入口等々当時の木造洋館の装飾意匠がふんだんに駆使されています。
f0116479_19461771.jpg

f0116479_19464048.jpg

f0116479_19471672.jpg
f0116479_19465481.jpg

f0116479_2041128.jpg

f0116479_20235336.jpg

f0116479_20242878.jpg

f0116479_20244890.jpg

f0116479_2040192.jpg

f0116479_20403599.jpg

f0116479_20253798.jpg

f0116479_20255857.jpg

f0116479_20261652.jpg

当初は工場敷地内に建てられていたこの建物ですが、外国人技師宅としての用を終えると中心市街地に移設されて同社の厚生施設に転用されます。移転先の町名に因んだ魚町倶楽部の名が付けられ、高砂随一の洋館として親しまれています。
f0116479_20281459.jpg

f0116479_20283613.jpg

f0116479_20285456.jpg

f0116479_20293061.jpg

f0116479_2030120.jpg

f0116479_20301845.jpg

f0116479_20304627.jpg

館内は改修されていますが柱や建具に当時の雰囲気が残されています。
f0116479_20335817.jpg

f0116479_2034215.jpg

f0116479_20343941.jpg

f0116479_20345779.jpg

f0116479_203543100.jpg

f0116479_20351716.jpg

f0116479_2036271.jpg

創業時の本社ビルや工場施設が今も現役で使われている例はよく見られますが、このような社員施設の中にも古い歴史を持つ建物が少なからず存在します。会社資産として大切に扱われ、しっかりと維持管理されるので一般の建物より良好な状態が保たれる事や、社の記念碑的な意味を持つが故に安易に取り壊せない事がその理由なのでしょうか。欲を言えばもう少し一般公開の機会を増やしていただくと嬉しいのですが。(この建物も秋のライトアップイベント時だけ公開されているようです)
f0116479_20453347.jpg


by sunshine-works | 2009-03-17 21:25 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 13日
旧高砂銀行本店
高砂の近代建築その1

加古川市の南に接する高砂市は面積的に狭い市ですが、加古川市と同じように明治以降多くの工場が進出し工業都市として栄えました。市内にはこれらの施設に関連した近代化遺産が数多く残っています。
高砂の近代建築その1は工業都市高砂の発展を支えた地元の銀行建物を紹介します。
f0116479_1902056.jpg

山陽電鉄高砂駅から南へ伸びる幹線沿いに2本のオーダー柱を持つ、重厚な銀行建築が建っています。現在は高砂商工会議所として使われているこの建物は旧高砂銀行の本店として建てられました。昭和7年築。
f0116479_1903794.jpg

統合を繰り返しメガバンクとなった現在の主要銀行ですが、日本に銀行が誕生した明治期は地域毎に地場の銀行が設立され、大小さまざまな規模の銀行が乱立していました。特に兵庫県はその数が多く、日本一銀行の多い県でした。
市や郡単位を営業エリアとするこれら地域銀行は預金量が少なく経営基盤も不安定だったこともあって、徐々に吸収・合併が進められ、やがて現在の都市銀行や地方銀行の基礎となっていきます。新興工業都市として発展を続ける高砂の経済力を背景に設立された高砂銀行も、この建物が建てられた4年後には県下の6行と合併し神戸銀行へと発展していきます。
f0116479_18581369.jpg

銀行建築としてオーソドックスなスタイルですが、財閥系の大手銀行ではない地方銀行の建物としては非常に豪華な造りです。
f0116479_1995097.jpg

f0116479_19101316.jpg

f0116479_1911056.jpg

f0116479_19111885.jpg

f0116479_19115695.jpg

f0116479_19113313.jpg

f0116479_19123850.jpg

f0116479_19141099.jpg

2本のジャイアントオーダーに挟まれて銀行らしい重厚な入り口が設けられています。
f0116479_191744.jpg

f0116479_19174352.jpg
f0116479_1918169.jpg
f0116479_1918470.jpg

f0116479_19223871.jpg

f0116479_1922979.jpg

f0116479_19163980.jpg

高砂銀行、神戸銀行、太陽神戸銀行と移り変ったこの建物は昭和55年に銀行としての役目を終え、その後は高砂商工会議所の建物として使用される事となります。
毎年秋に行われる高砂市のライトアップイベントでは夜空に浮かび上がる美しい姿を見る事が出来ます。
f0116479_19331885.jpg

f0116479_1933299.jpg

歴史のある街並みの中心街に位置し、遠くからも目を惹きます。工業都市として発展を続けたかつての高砂の隆盛を象徴する建物として、強くその存在を示しています。
f0116479_19334289.jpg


by sunshine-works | 2009-03-13 20:28 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2009年 03月 09日
神田家洋館
加古川の近代建築その7

日本毛織加古川工場敷地の南側に連なる古い商店街の一角に一軒の小さな洋館が建っています。
この建物は当地で瀬戸物商を営んでいた神田家の応接施設兼倉庫として建てられたものです。築年は大正期と推測されています。
f0116479_19222355.jpg

宿場町の名残を留めるこの通りは工場が活況を呈していた当時、日本毛織で働く多くの従業員で賑わう繁華街でした。現在は商業の中心が駅前に移り人通りも少なくなってしまいましたが、今でもこの周辺には当時を偲ばせる古い建物が残っています。
少し前までこの建物の場所にも戦前築の陶器店が建っていたのですが、平成15年に老朽化により取り壊される事となりました。この解体工事で取り払われた前面の建物の奥から現れたのが今回紹介する小さな洋館です。
f0116479_1925432.jpg

前面が洋館、その奥に倉庫兼作業場が繫がっています。
この建物は修復保存される際に3階より上を解体し、危険箇所の幾つかを撤去しています。
裏庭に散乱する瓦礫はこの時解体されたものと思われます。
f0116479_19271150.jpg

f0116479_19283832.jpg

f0116479_19274086.jpg

f0116479_19363379.jpg

残念ながら内部は撮影禁止です。室内は8帖程度の広さしかなく、水周りも有りません。前面にあった店舗の離れとして接待用に使われていたと思われます。
*詳細はこちらをご覧下さい。
f0116479_1929297.jpg

f0116479_19301643.jpg

2階へ上がる急傾斜の階段。2階は見学できなかったので内部はわかりません。この階段は予備的な物で、普段は前面にあった建物の2階部分と結ばれた通路から出入りしていたとの事です。
f0116479_19313171.jpg

f0116479_2025798.jpg

f0116479_1932975.jpg

小さな建物ながら、アーチ窓や上げ下げ式の窓を備えた洋館の造りです。建築様式として特定の様式に則ったものではなく、設計者あるいは施主の嗜好で自由にデザインされた印象を受けます。
f0116479_19325574.jpg

f0116479_19333934.jpg

f0116479_19341935.jpg

f0116479_19351845.jpg

f0116479_19353545.jpg

加古川工場の敷地を囲う煉瓦壁と路地を一本隔てて建っています。現在は崩れかけていますが、この建物の裏庭も煉瓦壁で囲われており、一体となって景観を成しています。
f0116479_1936877.jpg

小さな地下室が設けられています。倉庫として使われていたようです。現在はカフェーとして利用されています。
f0116479_19585481.jpg

f0116479_19592351.jpg
f0116479_195933100.jpg

f0116479_2011085.jpg

小さいながらも独特の存在感で人目を強く惹き付けるこの建物は国の有形登録文化財に登録されています。有形登録文化財としては最も小さな建物かもしれません。
f0116479_2081231.jpg


by sunshine-works | 2009-03-09 20:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 04日
ニッケ社宅倶楽部
加古川の近代建築その6

加古川の近代建築探訪、今回も日本毛織関連の建物を紹介します。
日本毛織加古川工場の南側に同社の社宅が並ぶ区画が広がります。この区画の中心に建つ2棟の洋館は、その昔外国人技術者の居住施設として建てられたものです。
f0116479_1914986.jpg

加古川工場は明治32年に同社初の工場として操業を開始しましたが、当時の日本には毛織物の専門技術者は少なく、欧米から招いた技師がその指導にあたりました。これは毛織物に限らず明治期に近代産業として興された多くの工場に共通するもので、それぞれの事業所の近くには専用の外国人住宅が建てられていました。おそらく、これらの工場が進出した地方都市にとっては始めて目にする本格的な洋風住宅だった事と思います。
f0116479_192425.jpg

f0116479_1955274.jpg

f0116479_1961321.jpg

2棟あるうちの1棟は工場開設と同時期に建てられたもの、その隣の1棟は明治末あるいは大正期に建てられたものです。建てられた年代は異なりますが、窓枠や屋根の仕様等共通するデザインで統一感を持たせています。
f0116479_1964272.jpg

こちらが最初に建てられた棟です。
f0116479_1919265.jpg

f0116479_19212819.jpg

f0116479_19215994.jpg

後に建てられた棟は前に別棟が建っているので正面側からは2階部分しか見えません。
f0116479_19251779.jpg

あまり手を加えられた形跡が無く、当時の状態が良く残されています。木製の窓枠も当初のままと思われます。
f0116479_1927048.jpg

f0116479_19272377.jpg

f0116479_192246100.jpg

入口のすぐ脇に2階へ上がる階段が見えます。
f0116479_1939033.jpg

建物に沿って反対側に回ってみます。
f0116479_19283928.jpg

玄関はこの面にも設けられています。こちらが本来の玄関かも知れません。
f0116479_1934489.jpg

f0116479_19405245.jpg

f0116479_19393453.jpg

f0116479_1940580.jpg

f0116479_19415463.jpg

f0116479_1945063.jpg

f0116479_1944156.jpg

f0116479_19442020.jpg

f0116479_19452930.jpg

f0116479_19455730.jpg

f0116479_1946942.jpg

f0116479_19472539.jpg

操業が軌道に乗り、外国人技師がその役割を終えると、この建物は同社の宿舎や地区の中心施設に利用されます。現在も社宅倶楽部の名称で公民館や集会所の用途で使われているようです。
f0116479_194713.jpg

f0116479_19475799.jpg

この建物周辺は、同社の社宅街として大正期に造成されました。区割りされた街区には板塀や煉瓦塀が張り巡らされ、未舗装の路地の両脇に住居が整然と並んでいます。建坪や建物のデザインは職位に応じて異なっていると思われ、平屋の和風住宅に混ざって2階建ての大きな洋風建物も確認できます。
この社宅街のほとんどの建物は建てられた当時の状態が保たれており、戦前の町並がそのまま残る、町全体が近代化遺産と言った趣があります。
f0116479_1949532.jpg

日本毛織の工場は加古川を大きく発展させましたが、これを支えたのは工員達の生活の場であったこの町並みでした。
加古川の町は日本毛織の規模縮小によって、企業城下町の色合いがだいぶ薄れてしまいました。この建物や戦前の雰囲気を残す社宅街がやがては失われてしまうとしたら何とも残念です。
f0116479_2041488.jpg


by sunshine-works | 2009-03-04 20:48 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 28日
旧日本毛織加古川工場6番倉庫
加古川の近代建築その5

前回紹介した日本毛織加古川工場の北側に広がる商業エリアに1棟の煉瓦建物が建っています。この建物は倉庫として同工場の開設時に建てられたものです。
f0116479_16521872.jpg

日本毛織加古川工場は明治32年の開設以来100年以上に亘り同社の主力工場として操業を続けていますが、段階的に隣の印南工場にラインが集約され、徐々にその規模を縮小してきました。跡地の再開発に伴って工場施設の多くは取り壊されてしまいましたが、この大きな建物だけは残されて「カラオケレンガ館」として利用されています。
f0116479_16525636.jpg

天井を高く取った3階建ての巨大な煉瓦倉庫です。コンクリート建築が普及する前の倉庫としては最大級の規模ではないでしょうか。開口部が少ない構造とは言え、内部空間を大きく取る必要のある倉庫では限界に近い大きさかもしれません。
f0116479_16541483.jpg

f0116479_16544955.jpg

f0116479_1655671.jpg

f0116479_16553173.jpg

倉庫だけに全く装飾要素はありません。玄関らしき物も無く、煉瓦壁に小さな窓が並ぶだけのシンプルなデザインですが、程よく風化した煉瓦の色合いが何とも言えない味わいを出しています。
f0116479_17101263.jpg

f0116479_17103483.jpg

f0116479_1711014.jpg

f0116479_17112746.jpg

3階の壁面に書かれている6の数字は6番倉庫を表しています。
この様な巨大な倉庫が多数並んでいた当時の眺めは、さぞや壮観だった事と思います。
f0116479_17115814.jpg

f0116479_17121672.jpg

f0116479_17123799.jpg

f0116479_17124812.jpg

建物内部の様子。コンクリートの柱で補強されています。改修時に加えられた物でしょうか。オリジナルの外観を保ちながら内側は大幅に改装されています。
f0116479_17194251.jpg

旧工場建物の再利用方としてこのような転用事例は他にも数多く見られます。使い勝手に難がありそうな煉瓦建物ですが、独特の雰囲気は商業施設には最適の様です。
f0116479_17372049.jpg


by sunshine-works | 2009-02-28 17:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 25日
日本毛織加古川工場・印南工場
加古川の近代建築その4

JR加古川駅の南西に煉瓦塀で囲まれた広大な工場敷地が広がります。明治32年に操業を開始したこの日本毛織加古川工場は、後年に川の対岸に建てられた印南工場と共に加古川が近代工業都市として大きく発展するきっかけとなりました。
f0116479_19222732.jpg

日本毛織は明治29年に大阪で創設され、創業者の川西清兵衛はこの会社を土台として川西財閥を築きあげます。今日ほど洋服が普及していなかった当時 日本毛織は軍需によってシェアを伸ばし、やがて日本一の毛織物製造会社に成長していきます。加古川に造られた二つの工場は同社の中でも規模が大きく、主力工場として位置付けられていました。
f0116479_1923058.jpg

線路の南側、加古川の土手に沿って敷地が続いています。いかにも明治期に造られた工場と言った風情の煉瓦建物が並んでいます。
f0116479_19265347.jpg

f0116479_1925065.jpg

f0116479_19235333.jpg

f0116479_192943100.jpg

工場を取り囲む煉瓦の壁。複雑に屈曲しながら延々と伸びています。
f0116479_19323955.jpg

f0116479_1933086.jpg

f0116479_19331623.jpg

f0116479_19334421.jpg

敷地内には煉瓦建物に混ざってコンクリートの建物も見えます。大正または昭和初期の築でしょうか。
f0116479_19431260.jpg

この門衛所も相当古い建物です。
f0116479_19442616.jpg

敷地の北側にある大きな建物。汽缶室(ボイラー室)と思われます。(旧鐘渕紡績洲本工場にも良く似た建物がありました)
f0116479_19404534.jpg

f0116479_19393018.jpg

f0116479_20275144.jpg

f0116479_20285190.jpg

この加古川工場の生産体制は時代と共に隣の印南工場へとシフトされ、工場規模も段階的に縮小されて来ました。かつて北側に広がっていた敷地は商業施設に再開発されています。この建物の手前も整地が進んでおり、やがて何らかの施設が建つと思われます。
f0116479_1939012.jpg

加古川を挟んで西岸に位置する印南工場です。印南工場は大正8年に操業を開始しています。
f0116479_2071666.jpg

f0116479_20312714.jpg

f0116479_20321143.jpg

こちらの工場も同じように鋸屋根を持つ煉瓦の建物が並びます。
f0116479_20335238.jpg

f0116479_20341620.jpg

f0116479_20343938.jpg

毛織物が主要な輸出品に成長し、生産高が順調に伸びていく中、二つの工場は加古川の町を大きく潤して行きます。
産業構造の変化で往時の勢いを失ってしまった繊維産業ですが、日本の近代産業の牽引役として全国各地にこのような企業城下町を育み、地域を発展させた功績は多大なものがありました。
f0116479_20544038.jpg


by sunshine-works | 2009-02-25 21:12 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)