タグ:住宅 ( 77 ) タグの人気記事

2010年 01月 07日
奥野家住宅(秋景楼)
三田の近代建築その1

兵庫県の中東部、三田市から猪名川町に至る4市1町と県境を跨いだ大阪府北西部は、旧国名に因んで北摂地域と称されます。この地域は大阪や神戸の近代化の影響を受けて早くから先進文化が取り入れられ、近郊住宅地、リゾート地、文教地区として発展していきました。
尼崎から神戸を経て播磨を巡ってきた近代建築Watch 、今回よりこの兵庫北摂地区の探訪です。初回は長閑な田園の中に建つ洋館を紹介します。
f0116479_23122864.jpg

三田市の中心街から遠く離れた山間いの集落にテラスを備えた木造の洋館が建っています。この建物は地元の大庄屋だった奥野家の離れとして明治18年に建てられました。
f0116479_23131239.jpg

f0116479_2314310.jpg

f0116479_23145528.jpg

いわゆる偽洋風住宅なのですが、まだ誰も洋館を見たこともない明治初期の小さな農村の一角に、これだけ見事な建物が建てられた事に驚かされます。神戸新聞の紹介記事によると神戸の大工が大阪の洋館を手本に建てたとの事です。
f0116479_23532844.jpg

f0116479_23543142.jpg

f0116479_081138.jpg

正面は洋風そのものですが、側面は和洋折衷のスタイル、後ろに繋がる建物は完全な和風建築となっています。
f0116479_23592964.jpg

f0116479_00109.jpg

f0116479_23585255.jpg

f0116479_23575355.jpg
f0116479_23581552.jpg

f0116479_011224.jpg

f0116479_004862.jpg

この様な偽洋風住宅は、都市部よりも地方都市や農村に建てられる例が結構多かったようです。
先取の気鋭に富んだ地場の名士達が、旺盛に近代文化を取り込んで行った、当時の様子を今に伝える貴重な遺構となっています。
f0116479_02287.jpg


by sunshine-works | 2010-01-07 01:59 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 09日
旧永井歯科医院(永井家住宅)
岡山県和気町の近代建築その1

備前市の西に位置する和気町は古代から続く歴史のある町です。近世には吉井川の高瀬舟水運の船着場として発達し、水陸の物流拠点となりました。この和気町の中心部、山陽本線和気駅から旧市街にかけての道沿いに、一際目を惹く1軒の洋館が建っています。この建物は大正5年に歯科医院兼住宅として建てられました。
f0116479_21594946.jpg

岡山では数少ない現存する洋館建ての住宅です。県東部で2番めに古い歴史を持つ歯科医院として平成10年まで開業していました。
*建物の概要については和気町の公式サイトが参考になります。
f0116479_2252968.jpg

f0116479_2255166.jpg

1階が住宅、2階に診療所が儲けられていました。
f0116479_226898.jpg

f0116479_22182844.jpg

この近辺には結構古い建物が残っていて新旧の建物が隣り合って建っているのですが、それでも角を曲がってこの建物が突然現れる光景は非常にインパクトがあります。木造洋館としては中規模の部類ですが、大きさ以上に存在感のある建物です。
f0116479_22154579.jpg

f0116479_2263535.jpg

道路に面し、医院として多くの人が出入りした建物ですが、傷みはあまり見られません。各部ともほぼ建築当初の状態が保たれています。
f0116479_22164122.jpg

f0116479_22181363.jpg

f0116479_22175364.jpg

f0116479_22184179.jpg

f0116479_2219195.jpg

f0116479_22194515.jpg

f0116479_222058.jpg

f0116479_22202325.jpg

f0116479_2221106.jpg

正面の入口はこの1ヶ所のみ。医院と住居の玄関を兼ねていたと思われます。
f0116479_22114790.jpg

f0116479_2212818.jpg

岡山で明治・大正期に建てられた洋風住宅はそれほど多くはありません。和気の町は当時も地方の小さな町でしたが、この洋館は早期に都市化の進んだ岡山市や倉敷市でもあまり見る事のなかった本格的な洋館でした。
築後90年を経た今もこの美しい建物は町のランドマークとして存在感を示しています。
f0116479_2265763.jpg


by sunshine-works | 2009-08-09 01:54 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 27日
ダイセル異人館(旧日本セルロイド人造絹糸 技師住宅)2
姫路の近代建築その12

ダイセル化学網干工場敷地には前回紹介した建物の他に、もう1棟の旧外国人技師住宅が現存しています。
現在は衣掛クラブの名称で社員施設として使われているこの建物も工場設立時に建てられたものです。
f0116479_23514097.jpg

前回の建物と同様、深い軒を持つコロニアル風の洋館です。鮮やかなピンクで塗られている為に異なった印象に感じますが、基本的には共通したデザインの建物です。
f0116479_0114780.jpg

f0116479_0125611.jpg

f0116479_0253728.jpg

この建物も南面にピロティが設けられています。
f0116479_0175495.jpg

f0116479_0181128.jpg

f0116479_0182597.jpg

f0116479_0184145.jpg

広々とした芝生の庭からの眺め。日本とは思えない景色です。
f0116479_0214988.jpg

f0116479_0221045.jpg

f0116479_0222753.jpg

こちらは裏側の景色
f0116479_0232424.jpg

f0116479_0235288.jpg

f0116479_0422315.jpg

前回と今回にダイセル異人館として現存する2棟の洋館を紹介しましたが、この2棟に隣接して同じようなコロニアルスタイルの建物が1棟建っています。こちらについては案内板もなく詳細は不明です。同時期に建てられた住居あるいは事務館だったのでしょうか。
f0116479_0492680.jpg

f0116479_050624.jpg

f0116479_0505572.jpg

平屋建てで、屋根が和瓦で葺かれているのが他の2棟と異なりますが、南側に大きな庇を伸ばしたコロニアルスタイルは共通しています。
f0116479_0542859.jpg

f0116479_0545773.jpg

f0116479_0552130.jpg

f0116479_0555171.jpg

f0116479_057248.jpg

f0116479_0562477.jpg

f0116479_19382.jpg

f0116479_0573636.jpg

裏側には別棟が繋がっています。
f0116479_0584672.jpg

明治後期に開かれたこの工場により、それまで小さな漁港だった網干は工業都市として発展していきます。のどかな海辺に現れた最新式の工場建物や洋館群は網干の景色を一変させ、周辺の海岸部にはその後多くの企業が進出する事となります。次回は網干を大きく変えるきっかけとなったこの日本セルロイド人造絹糸の工場建物本体について紹介します。
f0116479_1494570.jpg


by sunshine-works | 2009-05-27 23:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 23日
ダイセル異人館(旧日本セルロイド人造絹糸 技師住宅)1
姫路の近代建築その11

揖保川の豊富な工業用水が得られる網干の臨海部は、明治以降工業地帯として開発されて行きました。中でも明治42年に操業を開始した日本セルロイド人造絹糸は網干地区最大の工場として地元の経済発展に大きく寄与しました。現在のダイセル化学工業網干工場(日本セルロイド人造絹糸の後身)の広大な敷地の一角には工場創設時に建てられた2棟の洋館が残されています。今回と次回の2回に亘りこの美しい建物を紹介していきます。
f0116479_17162355.jpg

明治期に創業した他の近代産業と同様、日本セルロイドは工場開設に際してヨーロッパから数人の技師を招いて技術指導にあたらせました。これら技師達の宿舎として建てられたのがこの建物です。当時数棟が建てられたと思われますが、その内の2棟が現存しています。今回は現在同社の資料館として使われているこちらの建物を紹介します。
f0116479_17182997.jpg

f0116479_17185559.jpg

説明板に拠れば「・・・19世紀のイギリスのコテージに類似している建物で、コロニアルスタイルと共通点がある・・・」との事です。軒を深く取り通風に配慮した亜熱帯地域に多く見られるベランダコロニアル風の建物です。同社の工場も手掛けた設楽貞雄が設計しています。
f0116479_17201623.jpg

f0116479_17203652.jpg

f0116479_17205126.jpg

神戸北野の異人館も同様なコロニアルスタイルの建物が多いのですが、この建物は南側に長く伸びた庇に特徴があります。神戸の異人館の多くがピロティをガラス窓で囲っているのと異なり、本来の開放式のままなのでトロピカルな雰囲気があります。
f0116479_1723529.jpg

f0116479_17232040.jpg

f0116479_17233368.jpg

f0116479_17234670.jpg

下見板と羽目板貼の組み合わせの外壁、スレート葺きの折屋根、窓の上と切妻のペディメント部分にそれぞれ装飾を施すなど各部も凝った意匠です。
f0116479_17391589.jpg

f0116479_17393133.jpg

f0116479_17394423.jpg

f0116479_1740364.jpg
f0116479_17403818.jpg

f0116479_1740534.jpg

建物裏側です。北面の2階に小さなベランダがあります。
f0116479_17492235.jpg

f0116479_17495131.jpg

f0116479_1750984.jpg

緑豊かで広々とした敷地に建つこの洋館は、町中で目にする洋館とはまた違った趣があります。当時は周辺に数棟が並び、異国情緒豊かな景色が広がっていました。
遥か遠い東洋の地方都市で暮らす外国人技師達にとって、故国と変わらぬ住環境を得る事は、なによりも大事な事だったと思います。
f0116479_18343765.jpg


by sunshine-works | 2009-05-23 18:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2009年 04月 27日
旧陸軍第10師団長官舎
姫路の近代建築その6

姫路に残る旧軍関連建物のもう一つが今回紹介する第10師団司令官舎です。旧師団司令部の隣に建てられたこの建物は現在カトリック淳心会の施設として使用されています。昭和4年築。
f0116479_2211393.jpg

第10師団の歴代司令官(通常は中将)の官舎として終戦まで使用されました。軍隊の官舎と聞けば無骨で重厚な建物を想像しますが、大きな屋根が特徴の非常にモダンな建物です。
f0116479_2212810.jpg

近郊住宅風でもあり、カントリーハウス的にも見えます。当時の先進高級住宅と言った趣の建物ですが、大きな庇を持つ正面側には公館らしさも窺えます。
f0116479_22125157.jpg

f0116479_22134727.jpg

f0116479_22221470.jpg

f0116479_22225748.jpg

側面から東側の庭へ回ってみます。大きな屋根は別の角度から見るとまた違った印象を受けます。
f0116479_22174080.jpg
f0116479_22151051.jpg

f0116479_22153845.jpg

f0116479_22163956.jpg

f0116479_2217628.jpg

f0116479_345347.jpg

大きな屋根裏の一部は部屋として使われています。とは言え小さな窓しかないので納戸か倉庫なのでしょうか。
f0116479_22144034.jpg

全周を取り巻く基礎の石貼部分。
緩やかにテーパーを描くラインや石の貼目の模様は姫路城の石垣を思わせます。
f0116479_22174842.jpg

f0116479_22181838.jpg

この屋根の折れ方も城郭を意識した物に思えてきます。
f0116479_2221853.jpg

f0116479_22212711.jpg

終戦により旧第10師団の施設はその役目を終えますが、この建物は進駐軍の宿舎として接収された後、教会施設として利用される事となります。
旧軍施設が民間利用される事例は多々ありますが、このような転用例は極めて珍しいケースかもしれません。
f0116479_2472895.jpg


by sunshine-works | 2009-04-27 03:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 22日
片岡医院
高砂の近代建築その3

高砂の中心市街の裏手に1軒の医院兼住宅が建っています。設計施工データは不詳ですが、昭和初期頃の築と思われます。
f0116479_1732487.jpg

高砂銀行から前回紹介した三菱製紙魚町倶楽部へ向かう途中の住宅街に建つ開業医院です。商店街や大通りの賑わいから少し離れたこの一角は高砂の中でも早くから開かれた街区で、閑静な町並みの中に大きな家々が並びます。戦前に建てられたと思われるこの医院は高砂では珍しいモダン建築の洗練されたデザインで、通りからもよく目立ちます。
f0116479_17354177.jpg

手前に診療施設、奥に住居が繋がる典型的な開業医院の構えです。壁面全体に張られた化粧タイル、水平を強調した軒と庇のライン、各窓と玄関扉に共通する縦長格子のレイアウト等、当時の先進住宅のエッセンスが随所に盛り込まれています。
f0116479_17335344.jpg

f0116479_17341481.jpg

f0116479_1735744.jpg

f0116479_17362168.jpg

この建物の雰囲気を支える大きな要素がこの窓と玄関扉です。これがサッシ窓に変ってしまうと全く異なる印象となってしまいます。
f0116479_17364641.jpg

f0116479_1737765.jpg

f0116479_17372549.jpg

f0116479_1739736.jpg

f0116479_17392361.jpg

この建物も高砂市のライトアップイベントの日に公開されます。
f0116479_17554865.jpg

f0116479_1756730.jpg

かつて、住居併設のいわゆる町医者と呼ばれる医療施設がどこの町にも普通に見られました。裕福で時代感覚にも敏感なこれら開業医達はそれぞれの地域で先進の建築意匠を取り込んだ医院を建てて行きます。現在も地方都市に残る近代建築には戦前に建てられた医院或いは旧医院だったこれらの建物が数多く見られます。
f0116479_17325262.jpg


by sunshine-works | 2009-03-22 18:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 17日
三菱製紙 魚町倶楽部
高砂の近代建築その2

市内に多くの工場を抱える高砂市の中でも、三菱製紙高砂工場は今も明治期の煉瓦建物が残る歴史のある工場です。今回は、この工場の関連施設として建てられた洋館を紹介します。
f0116479_19434669.jpg

三宮にあった神戸製紙所(後の三菱製紙)は明治34年、工業用水に恵まれた高砂の地に移転します。この時代の近代産業の例に漏れず、この工場も外国人技師が招かれて技術指導にあたっていました。この建物は外国人技師の居住施設として建てられたものです。
f0116479_19453146.jpg

当時の木造洋館の標準的な造りです。神戸北野の異人館街に建てられた洋館とは年代的に同時期でデザインも共通するものがあります。薄い緑色で塗られた下見板貼りの壁面とハーフティンバー式の壁が組み合わされ、煉瓦の煙突、ガラスで囲われた2階のバルコニー、各窓に付けられた鎧戸、玄関の柱飾り、アーチ型の入口等々当時の木造洋館の装飾意匠がふんだんに駆使されています。
f0116479_19461771.jpg

f0116479_19464048.jpg

f0116479_19471672.jpg
f0116479_19465481.jpg

f0116479_2041128.jpg

f0116479_20235336.jpg

f0116479_20242878.jpg

f0116479_20244890.jpg

f0116479_2040192.jpg

f0116479_20403599.jpg

f0116479_20253798.jpg

f0116479_20255857.jpg

f0116479_20261652.jpg

当初は工場敷地内に建てられていたこの建物ですが、外国人技師宅としての用を終えると中心市街地に移設されて同社の厚生施設に転用されます。移転先の町名に因んだ魚町倶楽部の名が付けられ、高砂随一の洋館として親しまれています。
f0116479_20281459.jpg

f0116479_20283613.jpg

f0116479_20285456.jpg

f0116479_20293061.jpg

f0116479_2030120.jpg

f0116479_20301845.jpg

f0116479_20304627.jpg

館内は改修されていますが柱や建具に当時の雰囲気が残されています。
f0116479_20335817.jpg

f0116479_2034215.jpg

f0116479_20343941.jpg

f0116479_20345779.jpg

f0116479_203543100.jpg

f0116479_20351716.jpg

f0116479_2036271.jpg

創業時の本社ビルや工場施設が今も現役で使われている例はよく見られますが、このような社員施設の中にも古い歴史を持つ建物が少なからず存在します。会社資産として大切に扱われ、しっかりと維持管理されるので一般の建物より良好な状態が保たれる事や、社の記念碑的な意味を持つが故に安易に取り壊せない事がその理由なのでしょうか。欲を言えばもう少し一般公開の機会を増やしていただくと嬉しいのですが。(この建物も秋のライトアップイベント時だけ公開されているようです)
f0116479_20453347.jpg


by sunshine-works | 2009-03-17 21:25 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 09日
神田家洋館
加古川の近代建築その7

日本毛織加古川工場敷地の南側に連なる古い商店街の一角に一軒の小さな洋館が建っています。
この建物は当地で瀬戸物商を営んでいた神田家の応接施設兼倉庫として建てられたものです。築年は大正期と推測されています。
f0116479_19222355.jpg

宿場町の名残を留めるこの通りは工場が活況を呈していた当時、日本毛織で働く多くの従業員で賑わう繁華街でした。現在は商業の中心が駅前に移り人通りも少なくなってしまいましたが、今でもこの周辺には当時を偲ばせる古い建物が残っています。
少し前までこの建物の場所にも戦前築の陶器店が建っていたのですが、平成15年に老朽化により取り壊される事となりました。この解体工事で取り払われた前面の建物の奥から現れたのが今回紹介する小さな洋館です。
f0116479_1925432.jpg

前面が洋館、その奥に倉庫兼作業場が繫がっています。
この建物は修復保存される際に3階より上を解体し、危険箇所の幾つかを撤去しています。
裏庭に散乱する瓦礫はこの時解体されたものと思われます。
f0116479_19271150.jpg

f0116479_19283832.jpg

f0116479_19274086.jpg

f0116479_19363379.jpg

残念ながら内部は撮影禁止です。室内は8帖程度の広さしかなく、水周りも有りません。前面にあった店舗の離れとして接待用に使われていたと思われます。
*詳細はこちらをご覧下さい。
f0116479_1929297.jpg

f0116479_19301643.jpg

2階へ上がる急傾斜の階段。2階は見学できなかったので内部はわかりません。この階段は予備的な物で、普段は前面にあった建物の2階部分と結ばれた通路から出入りしていたとの事です。
f0116479_19313171.jpg

f0116479_2025798.jpg

f0116479_1932975.jpg

小さな建物ながら、アーチ窓や上げ下げ式の窓を備えた洋館の造りです。建築様式として特定の様式に則ったものではなく、設計者あるいは施主の嗜好で自由にデザインされた印象を受けます。
f0116479_19325574.jpg

f0116479_19333934.jpg

f0116479_19341935.jpg

f0116479_19351845.jpg

f0116479_19353545.jpg

加古川工場の敷地を囲う煉瓦壁と路地を一本隔てて建っています。現在は崩れかけていますが、この建物の裏庭も煉瓦壁で囲われており、一体となって景観を成しています。
f0116479_1936877.jpg

小さな地下室が設けられています。倉庫として使われていたようです。現在はカフェーとして利用されています。
f0116479_19585481.jpg

f0116479_19592351.jpg
f0116479_195933100.jpg

f0116479_2011085.jpg

小さいながらも独特の存在感で人目を強く惹き付けるこの建物は国の有形登録文化財に登録されています。有形登録文化財としては最も小さな建物かもしれません。
f0116479_2081231.jpg


by sunshine-works | 2009-03-09 20:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 03月 04日
ニッケ社宅倶楽部
加古川の近代建築その6

加古川の近代建築探訪、今回も日本毛織関連の建物を紹介します。
日本毛織加古川工場の南側に同社の社宅が並ぶ区画が広がります。この区画の中心に建つ2棟の洋館は、その昔外国人技術者の居住施設として建てられたものです。
f0116479_1914986.jpg

加古川工場は明治32年に同社初の工場として操業を開始しましたが、当時の日本には毛織物の専門技術者は少なく、欧米から招いた技師がその指導にあたりました。これは毛織物に限らず明治期に近代産業として興された多くの工場に共通するもので、それぞれの事業所の近くには専用の外国人住宅が建てられていました。おそらく、これらの工場が進出した地方都市にとっては始めて目にする本格的な洋風住宅だった事と思います。
f0116479_192425.jpg

f0116479_1955274.jpg

f0116479_1961321.jpg

2棟あるうちの1棟は工場開設と同時期に建てられたもの、その隣の1棟は明治末あるいは大正期に建てられたものです。建てられた年代は異なりますが、窓枠や屋根の仕様等共通するデザインで統一感を持たせています。
f0116479_1964272.jpg

こちらが最初に建てられた棟です。
f0116479_1919265.jpg

f0116479_19212819.jpg

f0116479_19215994.jpg

後に建てられた棟は前に別棟が建っているので正面側からは2階部分しか見えません。
f0116479_19251779.jpg

あまり手を加えられた形跡が無く、当時の状態が良く残されています。木製の窓枠も当初のままと思われます。
f0116479_1927048.jpg

f0116479_19272377.jpg

f0116479_192246100.jpg

入口のすぐ脇に2階へ上がる階段が見えます。
f0116479_1939033.jpg

建物に沿って反対側に回ってみます。
f0116479_19283928.jpg

玄関はこの面にも設けられています。こちらが本来の玄関かも知れません。
f0116479_1934489.jpg

f0116479_19405245.jpg

f0116479_19393453.jpg

f0116479_1940580.jpg

f0116479_19415463.jpg

f0116479_1945063.jpg

f0116479_1944156.jpg

f0116479_19442020.jpg

f0116479_19452930.jpg

f0116479_19455730.jpg

f0116479_1946942.jpg

f0116479_19472539.jpg

操業が軌道に乗り、外国人技師がその役割を終えると、この建物は同社の宿舎や地区の中心施設に利用されます。現在も社宅倶楽部の名称で公民館や集会所の用途で使われているようです。
f0116479_194713.jpg

f0116479_19475799.jpg

この建物周辺は、同社の社宅街として大正期に造成されました。区割りされた街区には板塀や煉瓦塀が張り巡らされ、未舗装の路地の両脇に住居が整然と並んでいます。建坪や建物のデザインは職位に応じて異なっていると思われ、平屋の和風住宅に混ざって2階建ての大きな洋風建物も確認できます。
この社宅街のほとんどの建物は建てられた当時の状態が保たれており、戦前の町並がそのまま残る、町全体が近代化遺産と言った趣があります。
f0116479_1949532.jpg

日本毛織の工場は加古川を大きく発展させましたが、これを支えたのは工員達の生活の場であったこの町並みでした。
加古川の町は日本毛織の規模縮小によって、企業城下町の色合いがだいぶ薄れてしまいました。この建物や戦前の雰囲気を残す社宅街がやがては失われてしまうとしたら何とも残念です。
f0116479_2041488.jpg


by sunshine-works | 2009-03-04 20:48 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 17日
多木浜洋館(あかがね御殿)
加古川の近代建築その2

別府川が海へ注ぐ多木浜にあかがね御殿と呼ばれる大きな洋館が建っています。この建物は前回紹介した多木製肥所の迎賓館として昭和8年に建てられました。
f0116479_19245487.jpg

木造3階建て(一部4階建)の巨大な建物です。外壁にびっしりと張られた銅板、長く突き出した各窓の庇、複雑に重なり合う屋根、洋とも和ともつかない独特の意匠等々、今まで見て来た洋館とは趣を異にする何ともユニークな外観です。
f0116479_19253592.jpg

f0116479_19261842.jpg

f0116479_19271454.jpg

f0116479_19282023.jpg

f0116479_1928385.jpg

f0116479_1929554.jpg

現在壁面の銅板は緑青が噴いていますが、竣工時はその名の通りあかがね(銅)色に光輝いていました。
日本一の肥料会社の創業者として大成功を収めた多木久米次郎が、威信を掛けて築いたこの建物は、地域の人々にも来訪者にも相当にインパクトを与えた建物だった事は想像に難くありません。
周囲に大きな建物が無かった当時、別府の駅や山陽電鉄の車窓からその威容が望めただけでなく、沖を行く船舶からも日を浴びて煌く巨大な楼閣がその目に映った事でしょう。
f0116479_19295794.jpg

デザイン的には均整や洗練といった形容と無縁の、「奇想建築」と言える建物です。どこにも類を見ない独創的なその姿は異界の御殿を連想させます。
f0116479_19325439.jpg

f0116479_19331899.jpg

f0116479_1938440.jpg

f0116479_1935022.jpg

敷地の北側には石造りの門が煉瓦壁に連なります。
f0116479_19433039.jpg

f0116479_1944221.jpg

f0116479_19443345.jpg

f0116479_1945923.jpg

f0116479_19465085.jpg

f0116479_1947886.jpg

f0116479_19472875.jpg

広い敷地の外から眺めた建物東面。敷地は多木化学の系列法人が運営する幼稚園として使われています。
f0116479_19555293.jpg

同じく建物南面の遠景
f0116479_19563665.jpg

建物の西隣に建つ大きな石碑。元々は多木久米次郎の銅像が建っていたのですが、戦時中に供出されてしまいました。碑文には肥料王ならぬ肥料主の文字が刻まれています。さすがに自ら王と称するのには遠慮があったのでしょうか。
f0116479_2045544.jpg

f0116479_2051923.jpg

f0116479_2075463.jpg

功成り名を遂げた多木久米次郎はこの建物を15年の歳月と莫大な建造費を費やして完成させます。成功を収めた実業家が巨費を投じて豪邸を構えるのは世の倣いですが、ここまで独創的な建物は例がありません。
竣工当時は特異な姿で注目されたこの建物も、築70年以上(起工からは80年以上)経た今は浜の名物としてすっかり風景に溶け込んでいます。
f0116479_2082465.jpg


by sunshine-works | 2009-02-17 21:47 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(9)