タグ:住宅 ( 75 ) タグの人気記事

2016年 10月 22日
旧田中写真館
広島県三次市の近代建築その1

三次市東部、宿場町として栄えた吉舎町の町並みに、一際目を惹く洋風建築が残されています。
この建物は写真館として昭和3年に建てられました。
f0116479_13491743.jpg

街道沿いの橋詰めに建つ木造モルタル3階建、陸屋根造り。地元の大工吉川惣一朗が大阪の洋風建築を参考に設計施工しました。
f0116479_15051771.jpg

掻き落としの外壁や切石風の柱形や窓枠、陸屋根の屋上に配したパラペット等、コンクリート造を思わせる意匠。斬新な玄関庇の装飾と相まって強い存在感を示します。
f0116479_13522913.jpg
f0116479_13520438.jpg
f0116479_13513398.jpg
f0116479_13564679.jpg

一風変わった庇妻面の意匠。当時流行のカイゼル髭をモチーフとしています。
f0116479_13574060.jpg
f0116479_13585969.jpg
f0116479_13581641.jpg
f0116479_14002640.jpg

玄関庇を支える柱頭飾り付きのオーダー風円柱。石積の基礎が支えます。
f0116479_13593467.jpg
f0116479_15242929.jpg
f0116479_15260346.jpg
f0116479_15264733.jpg

縦長窓が並ぶ南側の側壁。
f0116479_15305829.jpg

北側から裏側の景色。瓦屋根の建屋部分は増設されたものでしょうか。
f0116479_15393923.jpg
f0116479_15275829.jpg
f0116479_15284266.jpg


by sunshine-works | 2016-10-22 12:11 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 01日
ヤマモトロックマシン自治寮②
広島県庄原市の近代建築その2

前回に引き続いてヤマモトロックマシン自治寮を紹介します。
f0116479_1695889.jpg


敷地の東に位置する独身寮。家族寮が建てられた2年後の昭和14年に建てられました。
f0116479_1612617.jpg
f0116479_16122719.jpg

木造2階建、切妻屋根。学校建築を思わせる横長の建物。家族寮と同様の大きな窓が特徴です。
f0116479_1617684.jpg
f0116479_16174743.jpg
f0116479_1618954.jpg


建物裏側、中庭からの眺め。
f0116479_1620417.jpg
f0116479_16194499.jpg
f0116479_16212264.jpg


廊下が設けられた西面にも採光を考慮した大きな窓が並びます。
f0116479_16215325.jpg
f0116479_16224998.jpg
f0116479_16233265.jpg
f0116479_1624231.jpg
f0116479_16244223.jpg

この独身寮には家族寮と違って大きな玄関がありません。通用口の様なこの小さな入口から内部へ。
f0116479_16242319.jpg

入ってすぐの小部屋に下駄箱が並びます。
f0116479_1624589.jpg

2箇所に設けられた階段。
f0116479_16251353.jpg
f0116479_16252378.jpg
f0116479_16253238.jpg
f0116479_16254360.jpg


室内は10畳程の広さ。最大8名が生活していました。プライベートな空間は無く、作り付けの物入れがそれぞれに割り当てられていました。
f0116479_14073918.jpg
f0116479_1628278.jpg
f0116479_16281779.jpg
f0116479_1628286.jpg

館内は板貼廊下が通され、各部屋とは障子・襖で仕切られます。
f0116479_16284583.jpg
f0116479_16285858.jpg
f0116479_16291037.jpg
f0116479_16292213.jpg
f0116479_16293690.jpg
f0116479_1629517.jpg
f0116479_1630396.jpg


こちらは前回紹介した家族寮の部屋。基本的には独身寮と同じ造り。居室一間のみで台所や風呂便所はありません。
f0116479_16302652.jpg
f0116479_16303582.jpg
f0116479_16304656.jpg


by sunshine-works | 2016-10-01 13:45 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 24日
ヤマモトロックマシン自治寮①
広島県庄原市の近代建築その1

古くからたたら製鉄が栄えた庄原市東城町の中心部に、昭和初期に建てられた工場施設が今も現役で操業しています。
この工場に隣接する敷地には、かつて従業員の宿舎として使われていた数棟の建物が残されています。これらは前身の山本鉄工所時代の昭和12年から14年にかけて建てられました。
f0116479_14534199.jpg


敷地の西側に位置する家族寮。昭和12年築。木造3階建て、洋瓦を葺いた切妻屋根にドーマー屋根を乗せたモダンな意匠。
この敷地内の一連の寮施設と隣の工場に現存する戦前築の建物のすべては地元の棟梁曽田敏郎が設計施工を手掛けました。
f0116479_15112202.jpg
f0116479_15131499.jpg


地元の小さな鋳物工場から出発した山本鉄工所は、大正期に始まった帝釈ダムの工事で使われる削岩機の修理を請け負い、やがて自社で削岩機の製造を手掛けます。
日本各地で土木事業が活況を呈した昭和初期、削岩機メーカーに転じて発展を続ける同社の従業員寮としてこの敷地に家族寮、独身寮、食堂、その他施設が建てられていきました。
f0116479_15110830.jpg
f0116479_14524748.jpg
f0116479_16065936.jpg


正面側に並ぶ大きな窓。各部屋は和室となっており、座る姿勢に合わせて窓は低い位置に据えられています。
f0116479_15521563.jpg
f0116479_15485761.jpg
f0116479_15492352.jpg

右手前に建つ2階建ての建物は同年代に建てられた食堂・娯楽棟。
f0116479_15203437.jpg
f0116479_15242807.jpg


建物右手の平屋部分は食堂従業員の宿舎として使われました。
f0116479_15234907.jpg
f0116479_15475742.jpg
f0116479_15244968.jpg
f0116479_15255952.jpg
f0116479_15263773.jpg
f0116479_15462642.jpg
f0116479_15455983.jpg
f0116479_15285690.jpg

食堂の西側。張り出した部分は厨房施設に使われました。

f0116479_18315279.jpg



隣に建つ付属施設。倉庫と思われます。
f0116479_15422423.jpg

左が食堂・娯楽棟、右に並ぶ家族寮。
f0116479_15313845.jpg
f0116479_15322692.jpg
f0116479_16075411.jpg

食堂の2階は娯楽室に充てられており、卓球台や囲碁将棋の卓が並べられていました。
f0116479_15343167.jpg
f0116479_15370125.jpg
f0116479_15372689.jpg

2階からの眺め。向い側の建物は昭和14年築の独身寮。
f0116479_15393798.jpg

こちらは家族寮の正面。
f0116479_15395686.jpg
f0116479_15403186.jpg

天井は一見すると左官仕上げの様ですが、金属板を貼ったものとの事。
f0116479_15411914.jpg
f0116479_15412801.jpg
f0116479_15414628.jpg

家族寮の南面から西面の景色
f0116479_15510378.jpg
f0116479_15525744.jpg
f0116479_15532472.jpg
f0116479_15542596.jpg

家族寮の入口。扉は近年の改修と思われます。
f0116479_16124394.jpg

家族寮の玄関天井。この先に続く各部屋室内と独身寮の様子は次回紹介します。
f0116479_16133476.jpg



by sunshine-works | 2016-09-24 13:32 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 02日
福寿会館
広島県福山市の近代建築その4

福山駅の北、福山城址の一角に昭和初期に建てられた洋館が残されています。現在は福山市の施設として利用されているこの建物は昭和10年代前半に建てられました。
f0116479_15114094.jpg

昭和12年から14年にかけて地元の海産物商が建てた別荘の一部。
庭園を伴った広い敷地には洋館の他に入母屋造り平屋建ての日本家屋、茶室、土蔵が建てられました。
f0116479_15120889.jpg
f0116479_15131657.jpg
f0116479_15140549.jpg


木造モルタル2階建て、切妻屋根にドーマーを配しています。各面破風のオーナメント、窓を飾る付柱やアーチ、モールディング、3箇所の出窓、オーダー柱が庇を支える玄関等々、多彩な装飾が施されています。
f0116479_15170281.jpg
f0116479_15145315.jpg
f0116479_15163883.jpg
f0116479_15142978.jpg

庭園に面した南側の眺め。その先に和風の本館が繋がります。
f0116479_15193685.jpg
f0116479_15153590.jpg
f0116479_15161557.jpg
f0116479_15182955.jpg
f0116479_15202945.jpg
f0116479_15221663.jpg
f0116479_15195969.jpg

北面に設けられた玄関。コリント式の柱が庇を支えます。
f0116479_15242234.jpg
f0116479_15235426.jpg
f0116479_15252329.jpg
f0116479_15253640.jpg
f0116479_15262887.jpg
f0116479_15265831.jpg


by sunshine-works | 2016-07-02 11:02 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 18日
旧舞鶴鎮守府長官邸(東郷邸)
京都府舞鶴市の近代建築その16

東舞鶴港の西側、造船所横手の高台の一角に旧舞鶴鎮守府長官官舎として建てられた木造家屋が残されています。
現在は海上自衛隊舞鶴地方総監部会議所として使われているこの建物は明治34年に建てられました。
f0116479_13540946.jpg

木々に囲まれた広い敷地に建つ木造平屋。主屋の日本家屋に洋館が連なります。
舞鶴鎮守府開丁に合わせて建てられたこの建物は初代の東郷平八郎以降代々の司令官の邸宅として昭和20年の終戦まで使用されました。
f0116479_14250775.jpg
f0116479_14331914.jpg
f0116479_14262660.jpg
f0116479_14271450.jpg

玄関から内部へ。海上自衛隊の管理施設となっていますが、日時を限定して一般公開されています。
f0116479_14275921.jpg
f0116479_14285950.jpg
f0116479_14294431.jpg

奥へ進んで主屋の中庭から洋館を望みます。
f0116479_14304266.jpg

応接間として使われた洋館部分。当時建てられた洋館併設の家屋の殆どは日本家屋が普段の生活の場、洋館は応接や書斎に充てられていました。
f0116479_14434104.jpg
f0116479_14445522.jpg
f0116479_14454072.jpg
f0116479_14462525.jpg
f0116479_14465576.jpg
f0116479_14474959.jpg

洋館部の外観。壁は下見板貼り、当時のままの木枠の窓が使われています。
f0116479_14503474.jpg
f0116479_14561165.jpg
f0116479_14571612.jpg
f0116479_14534817.jpg
f0116479_14521102.jpg
f0116479_14531841.jpg





by sunshine-works | 2016-03-18 23:20 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 31日
旧制松江高校外国人宿舎(島根大学旧奥谷宿舎)
島根県松江市の近代建築その5

松江城の北東、静かな住宅地の一角にモダンな洋風住宅が残されています。この建物は大正13年に島根大学の前身、松江高等学校の官舎として建てられました。
f0116479_13574847.jpg

木造2階建て、大きな勾配の中折れ屋根、玄関上部に張り出しを設けます。1階外壁を下見板貼り、2階をモルタル投げ塗り仕上げ。各面に並ぶ縦長窓、窓下に添えられた小さな手摺、玄関ポーチの柱飾り等、意匠に優れ見所の多い建物です。
f0116479_13591212.jpg
f0116479_13582380.jpg
f0116479_13594361.jpg

旧制松江高等学校開校の4年後に建てられたこの官舎は、外国人教師とその家族の住居として使われ、戦後島根大学へ移行された後も昭和30年代まで多くの外国人教師が居住しました。(当初は隣接してもう1棟が建てられていましたが、火災により失われています。)
その後も島根大学の施設として利用されましたが、平成21年に竣工当時の姿に復元し、資料館、観光案内所として公開されています。
f0116479_14002389.jpg
f0116479_14001071.jpg
f0116479_14005444.jpg
f0116479_14320119.jpg

側面から裏へ廻ります。
f0116479_14084466.jpg
f0116479_14094679.jpg
f0116479_14102107.jpg
f0116479_14103245.jpg

改装前の写真を見ると各部に改装された形跡がありましたが、竣工当時に近い姿に複されました。
館内の手摺や窓も当初のまま保たれています。
f0116479_14303551.jpg
f0116479_14310646.jpg
f0116479_14311992.jpg


by sunshine-works | 2015-07-31 14:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 25日
旧室住医院
徳島県徳島市の近代建築その1

徳島市の西部、鮎喰駅南の静かな住宅街の一角に、目を惹く洋風住宅が建っています。
この建物は医院兼住宅として昭和2年に建てられたものです。
f0116479_19131089.jpg

木造2階建(一部3階建)、複雑に重なるマンサード屋根に洋瓦を葺き、妻面をハーフティンバー風に飾ります。
化粧タイル貼りの玄関廻り、1階2階の縦長窓、葉脈を思わせる3階窓枠、通風口の格子等々、当時流行の意匠を盛り込んだモダンな医院建築です。
f0116479_19133326.jpg

f0116479_19135113.jpg

f0116479_1914885.jpg

f0116479_19143626.jpg

f0116479_19145354.jpg

f0116479_19151261.jpg

f0116479_19152959.jpg

徳島には、大正~昭和初期に建てられた旧医院が数多く現存しますが、当時の東京や京阪神の医院建物に劣らぬモダンな意匠のこの室住医院は、徳島の医院建築の水準の高さが伺えます。
f0116479_19162776.jpg

f0116479_19154536.jpg

f0116479_1916062.jpg

タイル貼りの玄関廻り詳細です。
f0116479_19172189.jpg

f0116479_1925587.jpg

f0116479_19181583.jpg

f0116479_19182939.jpg

f0116479_19183933.jpg

f0116479_1919759.jpg

f0116479_19191532.jpg

側面、裏側から。
f0116479_19201598.jpg

f0116479_19202533.jpg

建物から南へ進んだ旧道沿いに建つ石柱。医院への案内として使われたものでしょうか。
f0116479_19222157.jpg

f0116479_1922303.jpg


by sunshine-works | 2014-05-25 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 10日
旧山瀬郵便局
徳島県吉野川町の近代建築

徳島線山瀬駅の西方、旧道沿いに商店が点在する一角に、大正期に建てられた洋風建築が残されています。
この建物は、大正2年に郵便局として建てられ、平成6年まで使われていました。
f0116479_13142747.jpg

木造2階建て下見板貼り、玄関部分を前方に突き出し、寄棟屋根には桟瓦を葺きます。
正面左右に配置した上げ下げ窓、中央上部に建ち上がる入母屋破風、軒を飾るパージボード等、モダンな外観を示します。
f0116479_13151737.jpg

f0116479_1554847.jpg

軒飾り、上げ下げ窓、玄関廻り詳細。入口扉が替えられている意外は良好に竣工時の姿を留めています。
f0116479_13153866.jpg

f0116479_13155456.jpg

f0116479_13164651.jpg

f0116479_13162296.jpg

移転した現在の山瀬郵便局前から旧局舎を眺めます。
f0116479_13171510.jpg

f0116479_13173176.jpg

旧郵便局舎の裏手には、この特定郵便局を設置し、局長を務めた富本家の邸宅が建っています。
昭和6年に建てられた洋館と昭和8年に建てられた離れが現在も住居として使われています。
f0116479_13295177.jpg

f0116479_133013.jpg

f0116479_13301234.jpg

敷地内に並ぶ土蔵。
f0116479_13303480.jpg

南側からの眺め。この面が建物正面となります。
f0116479_13342835.jpg

f0116479_13344789.jpg

f0116479_13332173.jpg

f0116479_13333740.jpg

f0116479_13335140.jpg

f0116479_133409.jpg


by sunshine-works | 2014-05-10 23:59 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 28日
旧中江種造別邸
豊岡の近代建築その12

豊岡市の中心部から南西へ。長閑な郊外の景色の中に瀟洒な木造洋館が建っています。
現在は豊岡カトリック教会として使われているこの建物は、豊岡出身で銀山王と呼ばれた中江種造の別荘として建てられました。
大正11年築。
f0116479_1512578.jpg

木立に囲まれた広い敷地に建つ、木造2階建て、寄棟造り。装飾を抑え、平面・直線を基調としたセセッション風の意匠です。
f0116479_15141640.jpg

f0116479_15134071.jpg

f0116479_15135328.jpg

3方をアーチで囲んだ玄関ポーチを東面に張り出します。
f0116479_1515961.jpg

f0116479_15161132.jpg

f0116479_15145881.jpg

f0116479_15154392.jpg

f0116479_15171221.jpg

f0116479_15152314.jpg

f0116479_15162790.jpg

f0116479_15165273.jpg

f0116479_15184312.jpg

南側面です。
f0116479_151845.jpg

f0116479_15181742.jpg

f0116479_15191266.jpg

f0116479_15194422.jpg

f0116479_1520574.jpg

中江家の別荘として昭和26年まで使われた後、豊岡市に譲渡され、その翌年にカトリック豊岡教会の所有となって現在に至ります。
この旧中江種造別邸は、但馬に現存する数少ない本格的な洋館建築で、兵庫県内でも希少な大正期の木造洋館として貴重な建物となっています。
f0116479_15201891.jpg

f0116479_15203279.jpg

f0116479_15205126.jpg

f0116479_15211723.jpg


by sunshine-works | 2014-02-28 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 15日
旧江木歯科医院
岡山県倉敷市の近代建築その19

玉島の旧市街の一角、伝統家屋が並ぶ中に、モダンな洋館造りの医院兼住宅が残されています。
詳細は不明ですが、昭和初期の築と思われます。
(歯科医院の看板が掲げられていますが、閉院したようです。)
f0116479_9385513.jpg

木造モルタル造、玄関を構える建物左手が2階建て、右半分に平屋の診療室が繋がります。
上げ下げ式の縦長窓や側面の丸窓、大きく張り出した玄関庇、入口周りや門柱を飾る切石、屋根は洋瓦葺き。
昭和初期のモダンな都市型住宅の姿を伝ます。
f0116479_9443888.jpg
f0116479_953177.jpg

f0116479_9453694.jpg

門から玄関のアプローチ。ほぼ直線のみのシンプルな構成です。
f0116479_940426.jpg

f0116479_941197.jpg

f0116479_9411291.jpg

f0116479_9415884.jpg

側面から奥手。一部の窓以外は木製枠が保たれています。
f0116479_952295.jpg

f0116479_943167.jpg

f0116479_943559.jpg

使われなくなった診察室には機材がそのまま残されていました。
f0116479_942574.jpg

f0116479_9475488.jpg


by sunshine-works | 2013-10-15 17:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)