タグ:事務所ビル ( 39 ) タグの人気記事

2013年 05月 25日
専門大店ビル
鳥取県米子市の近代建築その4

米子駅の北西、商店や事業所が並ぶ一角に大正期に建てられた商業ビルが現存しています。
事務所ビルとして米子で最も古い歴史を持つこの建物は大正13年頃の築とされています。
f0116479_018187.jpg

角地に建てられた鉄筋コンクリート3階建。地方都市には珍しいネオルネサンス様式で建てられています。
f0116479_0192214.jpg

アールを描くコーナー中央に玄関を設け、入口扉周囲をアーチ型で囲みます。
バランス良く配された縦長窓、明確なコーニス、コーナー頂部に立ち上がる破風、軒下に並ぶディンティル、上下の窓間を飾る枠型、3階壁面の四方に張られた菱形のオーナメント等々、当時東京や大阪に建てられた近代ビルディングに引けを取らない優れた意匠表現が見て取れます。
f0116479_0512851.jpg

f0116479_0521557.jpg

f0116479_05240100.jpg

f0116479_0532176.jpg
f0116479_0531086.jpg

窓枠や扉が取り替えられている以外は概ね当時のまま。90年前の状態が保たれています。
f0116479_0534723.jpg

f0116479_054528.jpg

f0116479_0545264.jpg

f0116479_0551276.jpg

3階建ての小さなビルですが周囲の建物の中でも抽んでた存在感があり、見た目は相当大きく写ります。
f0116479_0553243.jpg

f0116479_056181.jpg
f0116479_0555099.jpg

大正期に建てられた商業ビルが今も現役で使われている事例は、東京や京阪神でも僅かなものしかありません。
今尚現役のこの建物は、当時の米子の繁栄を今に伝えます。
f0116479_0542599.jpg


by sunshine-works | 2013-05-25 23:12 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 20日
旧浅越商店社屋
岡山県岡山市の近代建築その22

岡山市の中心部から南へ2駅、妹尾の駅前に洋風意匠の古い事務所ビルが建っています。畳表製造業の浅越商店の本社屋として昭和2年に建てられました。
f0116479_2012753.jpg

かつて藺草の生産高で日本一を占めていた岡山では、藺草を材料とする茣蓙や畳表の製造が重要な産業でした。岡山市から倉敷市にかけての一帯に大小様々なメーカーが競う中、この浅越商店は藺草製品の製造・販売から茣蓙織機の開発まで手掛ける、業界最大手の会社でした。
f0116479_234516100.jpg

鉄筋コンクリート風の建物ですが、木造モルタルの2階建てです。裏側を除く三面をピラスターやコリント式柱頭、レリーフで飾り、本格的なビルに引けを取らない風格を備えています。
f0116479_23454712.jpg

f0116479_23462257.jpg

f0116479_23463895.jpg

f0116479_2348222.jpg

f0116479_2346583.jpg

f0116479_23473846.jpg

玄関ポーチや腰周りには石を貼っています。
f0116479_23515395.jpg

f0116479_23531810.jpg

f0116479_23503785.jpg

f0116479_23505831.jpg

f0116479_23511765.jpg

現在、この建物は浅越商店の織機部門から発展した浅越機械製作所の社屋となっていますが、長らく使われていないようです。裏手に回ると各部に老朽箇所が散見されます。
f0116479_2355870.jpg

f0116479_23552674.jpg

f0116479_23554158.jpg

この時代の事務所ビルの典型として、良好に姿を留めているこの建物ですが、半ば放置されてしまっているのが気がかりです。地域の発展を支えた地場産業の遺構として保存活用が望まれます。
f0116479_23561337.jpg


by sunshine-works | 2010-02-20 00:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 24日
旧龍野醤油醸造組合本館(うすくち龍野醤油資料館別館)
龍野の近代建築その2

うすくち龍野醤油資料館(旧菊一醤油本社建物)の近くに、同資料館別館が建っています。この建物は大正13年に旧龍野醤油醸造組合の事務所として建てられたものです。
f0116479_2035640.jpg

木造モルタル造、外壁には煉瓦タイルが貼られています。石柱で飾られた玄関ポーチや軒のテラコッタ、2階の大きなアーチ窓、垂直ラインの強調表現等、手の込んだ装飾が美しい建物です。
f0116479_2043787.jpg

f0116479_2045160.jpg

f0116479_206777.jpg

f0116479_20545.jpg

f0116479_2051791.jpg

f0116479_20232940.jpg

f0116479_20264461.jpg

f0116479_2063581.jpg

f0116479_2064819.jpg

敷き詰められたタイルが美しい玄関部分。
f0116479_2082881.jpg

f0116479_207261.jpg

f0116479_2073811.jpg

f0116479_2075194.jpg

f0116479_208470.jpg

f0116479_2081741.jpg

f0116479_2083837.jpg

玄関の上部はスクラッチタイル貼りです。後年に増築された部分なのでしょうか?
f0116479_2091480.jpg

f0116479_209291.jpg

f0116479_2085965.jpg

装飾豊かな正面と比べると、裏面はこのようにまったく飾り気がありません。まるで別の建物のようです。
f0116479_2094976.jpg

f0116479_2095928.jpg

f0116479_20101110.jpg

館内には醤油に関する資料や器具が展示されています。
f0116479_20102918.jpg

f0116479_20105781.jpg

f0116479_20104279.jpg

f0116479_20111532.jpg

f0116479_20112868.jpg

f0116479_20114292.jpg

f0116479_20115636.jpg

f0116479_2012103.jpg

古い町並みに建てられたモダンな醤油醸造組合の建物は、長い間、醤油の町龍野のシンボル的存在でした。昭和48年に組合事務所が移転した後は醤油資料館別館として使われています。町の発展を支えてきたこの由緒ある建物にとって、まさにうってつけの利用方ではないでしょうか。
f0116479_20122791.jpg


by sunshine-works | 2009-06-24 21:10 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2009年 06月 20日
旧菊一醤油本社(うすくち龍野醤油資料館)
龍野の近代建築その1

姫路からJR姫新線で北西へ25分、旧龍野藩の城下町だった本竜野は現在も古い町家や武家屋敷が残る歴史ある街です。播磨の小京都と呼ばれる龍野は醤油の産地としても有名で、関西特有のうすくち醤油発祥の地とされています。現在も多くの醤油工場が残るこの龍野の古い町並みに旧醤油会社の建物を利用した資料館が開かれています。この建物は、ヒガシマル醤油の前身である菊一醤油造合資会社の社屋として昭和7年に建てられました。
f0116479_17294121.jpg

煉瓦造りに見えますが、木造モルタルに石とタイルを貼っています。1階に並ぶ二つの大きなアーチや軒のメダリオンが印象的なセッセション風のデザインです。
f0116479_17422971.jpg

f0116479_17424388.jpg

f0116479_17425610.jpg

f0116479_1750374.jpg

f0116479_18162118.jpg

f0116479_1743255.jpg

大きな窓の内側です。柔らかな日差しが注ぎます。
f0116479_1873946.jpg

f0116479_1882185.jpg

f0116479_1875571.jpg

f0116479_188984.jpg

この建物の向かい側にも同社の旧社屋が建っています。意匠は異なりますがこれも昭和初期の築と思われます。
f0116479_18104566.jpg

f0116479_18114119.jpg

f0116479_1811869.jpg

f0116479_18112342.jpg

全国に小京都と呼ばれる古い城下町は数多くありますが、中でも龍野の町並みは他を抜きん出てすばらしいものがあります。コンビ二もファストフード店も無く、古い日本家屋が並ぶ中に異彩を放つ洋風建物ですが、しっくり馴染んでいるように見えるのも不思議な気がします。
f0116479_18124355.jpg


by sunshine-works | 2009-06-20 19:20 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 22日
ユアサ食料ビル
神戸兵庫区の近代建築その15

運河周辺から区の中心部へ戻る途中に現在ユアサ食糧の社屋となっている古びたビルが建っています。データによると昭和2年築、設計者:高松吉三郎とされています。元々は銀行だったとの資料もありますが詳細は不明です。
f0116479_21524343.jpg

この建物がある本町周辺は兵庫区の中でも古くから栄えた場所でした。江戸時代に多くの寺が置かれたこの界隈には明治以降 多くの銀行や事業所が進出していました。この建物が建てられた昭和初期、神戸の経済の中心はすでに東へ移っていましたが、この周辺は地場の商業拠点としてまだまだ活気のある場所だったようです。
f0116479_220173.jpg

正面の外壁は薄茶色の地味な色合いの石が貼られています。大通りから1本裏側、しかも敷地の奥に建っていて本来は目立ち難い建物なのですが、クラシカルなスタイルが遠目からも人目を惹きます。玄関の大きなアーチ、細部に施された手の込んだ装飾、重厚な石の質感等、単なる事務所ビルとは思えない只ならぬ雰囲気が漂ってきます。
f0116479_2242672.jpg

f0116479_2213299.jpg

f0116479_221288.jpg

f0116479_2213385.jpg

f0116479_221525.jpg

f0116479_2221641.jpg

f0116479_2225931.jpg

f0116479_2232433.jpg

現在どのような用途で使われているのかは不明ですが、保存状態は芳しくありません。
入り口扉も常時出入りがあるようには見えず、現用施設ではない可能性もあります。
f0116479_227174.jpg

f0116479_2274878.jpg

f0116479_2252893.jpg

f0116479_2255879.jpg

玄関ホールの床に貼られたタイル。床面は波打っており一部の床板は抜けた状態です。
f0116479_2285482.jpg

建物北面の非常階段。腐食が激しく危険な状態です。
f0116479_229245.jpg

f0116479_2295478.jpg

f0116479_22121022.jpg

海岸通りや旧居留地に残る同時代のビルは立地条件と景観を活かしてさまざまに再生・転用が図られています。
しかし、このような周辺部に位置するビルの再活用についてはなかなか有効な策が出てこないのが現状のようです。旧市街地の活性化には格好の素材とも思われるのですが「費用対効果」と言う大きなハードルの前には如何ともしがたいのでしょうか。
f0116479_22105584.jpg


by sunshine-works | 2008-10-22 22:29 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 18日
加藤海運ビル
神戸兵庫区の近代建築その14

旧東京倉庫兵庫出張所の裏手には小規模な事業所や倉庫、工場が並んでいます。一昔ほど前迄この界隈には戦前に建てられたと思われる建物が数棟残っていたのですが、現在はほとんどが建て替えられてしまいました。唯一戦前の築と思われる建物がこの加藤海運ビルです。詳細データ不詳
f0116479_20221429.jpg

加藤海運は瀬戸内海を基盤とした内航運輸の中堅企業で古い歴史がありますが、この建物を竣工時から使用していたかは不明です。現在の同社の本社は中央区に移っていますので以前の本社あるいは営業所だったとも思われます。(傍らに「加藤梱包㈱倉庫」の看板が置かれている所を見るとその後に関連会社の施設となったようです。)
現在は使用されていない様子で各部に傷みが目立ちます。窓は破れ鉄部は錆でボロボロの状態です。おそらく近年の内に取り壊されてしまうのでしょうが、壊してしまうには惜しいモダンなデザインの建物です。
f0116479_20253792.jpg

f0116479_20245945.jpg

f0116479_20322526.jpg

f0116479_20325072.jpg

f0116479_20463531.jpg

防潮堤から道1本隔てて建てられたこのビルはアールを付けたコーナーが見晴らしの良い大きな窓となっており、そこから港が一望できる様になっています。コーナーの大きなアールはこの時代のモダンデザインによく見られる特色です。港や川辺に建てられたビルにこのデザインが多いのは船をイメージさせるからなのでしょうか。
f0116479_20294652.jpg

f0116479_20284756.jpg

f0116479_20291540.jpg

f0116479_20301176.jpg

f0116479_20303948.jpg

f0116479_20305621.jpg

水平方向に連なる窓を囲む縁取りも当時流行のデザインです。建物を取り巻く1階部分の庇、軒の張り出しと合わさって何層も重なる水平方向のラインの表現が特徴的です。
f0116479_20262540.jpg

f0116479_20235674.jpg

神戸港の風景としては中央区の新港地区や中央突堤、ポートアイランド等が思い浮かびますが、兵庫埠頭の周辺には古き時代の港の風情が色濃く残っています。最盛期には多くの小船や艀(はしけ)が行きかい、荷役人や船員達で賑やかだったこの場所もコンテナ船が主流となった今日では寂れた一角となってしまいました。当時建てられた中で唯一残ったこのモダンなビルも時代の移り変わりとともに消え去る運命にあるようです。
f0116479_20421813.jpg


by sunshine-works | 2008-10-18 21:07 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 14日
旧東京倉庫兵庫出張所
神戸兵庫区の近代建築その13

新川運河の東端、兵庫埠頭に近いこのあたりは海運会社や船舶関連の小規模な工場が集まり港町ならではの雰囲気が漂います。この一角の大通り沿いに赤レンガ造の建物が建っています。この建物は三菱倉庫の前身会社・東京倉庫の兵庫出張所として明治38年に建てられました。設計:曾禰達蔵。
f0116479_20553061.jpg

後に三菱倉庫へと発展する東京倉庫は日本の倉庫業の草分けとも言える会社です。東京で創業した同社ですが、国際貿易港神戸は重要な拠点に位置づけられ、兵庫区和田と現在ハーバーランドとなっている中央区高浜に倉庫を築いていました。
f0116479_212211.jpg

赤レンガの上に三角の屋根を乗せた姿は規模は異なりますが、なんとなく現東京駅を連想させます。
f0116479_212336.jpg

f0116479_21241010.jpg

日本の近代建築の創生期を代表する建築家の一人である曾禰達蔵は後に三菱に技師として入社し、三菱系企業の多くの建物を設計します。内外交易の拠点として商業が発達した神戸には三菱系企業が早くから進出しており、曾禰の手になる建物としてはこの東京倉庫の兵庫出張所の他に旧三菱銀行神戸支店日本郵船神戸支店が現存しています。
f0116479_22423187.jpg

100年以上前に建てられたとは思えないほど良好な状態に維持されています。窓はサッシ窓に換えられてしまっていますが煉瓦や石材は当初の物のようです。補修され、磨き込まれた壁面は美しいのですが、綺麗すぎて年月の深みを感じないのがやや残念なところです。
f0116479_2258772.jpg

f0116479_23132321.jpg

f0116479_23181182.jpg

f0116479_22562169.jpg

f0116479_2305442.jpg

f0116479_22565355.jpg

f0116479_22573861.jpg

f0116479_22591477.jpg

神戸には現存する煉瓦建築が少ないのですが、代表的な煉瓦建物がこの場所にあるのは意外な気がします。
現在は市街の中心地域から離れ寂れた一角となってしまいましたが、この建物からは当時の運河や埠頭を中心とした賑わいを偲ぶ事が出来ます。
f0116479_2315920.jpg


by sunshine-works | 2008-10-14 23:45 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 06日
三菱重工神戸造船所本館
神戸兵庫区の近代建築その11

和田岬駅の南には三菱重工神戸造船所の工場施設が連なります。広大な敷地の入口に位置するこの大きなビルは昭和13年に本館として建てられ、今も現役施設として使われています。設計:三菱造船所。
f0116479_2271499.jpg

現在は神戸港の一部となっている兵庫港ですが、元々は兵庫津、その前は大輪田の泊と呼ばれ、瀬戸内海の海運の要衝でした。兵庫津の南側に突き出た和田岬は幕末には沿岸防備の砲台が置かれ、明治初年には灯台の設置場所となっていました。
この和田岬周辺を埋め立てて明治38年に開設されたのがこの造船所です。長崎に継ぐ三菱2番目の造船所として操業を開始した神戸造船所は数々の大型船舶・艦艇の建造を手掛け、同社の主力造船所として発展していきます。工場事務所としては非常に大きく立派なこの建物からしてもこの造船所の規模や位置付けが伺えます。
f0116479_229078.jpg

f0116479_2219265.jpg

緩やかにカーブを描く壁面に縦長窓が整然と並びます。装飾はほとんどありませんが曲面のラインと窓の配列のバランスが美しい建物です。
f0116479_2145162.jpg

f0116479_2152039.jpg

f0116479_2165360.jpg

f0116479_2154366.jpg

f0116479_2161757.jpg

塔屋に設けられた時計台が印象的です。この高さなら広い敷地のどこからでも見える事でしょう。
f0116479_2174710.jpg

f0116479_218738.jpg

f0116479_2184258.jpg

工場敷地の付近にある4号館と名のある付属施設。本館と同時期に建てられたものと思われます。
f0116479_21255599.jpg

f0116479_21282449.jpg

f0116479_21291955.jpg

全面に豆タイルが貼られています。
f0116479_2126501.jpg

f0116479_21272381.jpg

f0116479_21274335.jpg

国際貿易港として商業中心に栄えた神戸ですが、工業分野でも日本有数の出荷額を誇る都市として発展しました。とりわけ日本の基幹を成す大企業が多く集まり、工業に於いても日本の先端地域となっていました。優美で堂々としたこの三菱重工神戸造船所の本館は、造船が基幹産業と呼ばれていた時代の風格を感じさせる建物です。
f0116479_21325236.jpg


by sunshine-works | 2008-10-06 23:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 28日
旧川西機械製作所本社(富士通テン)
神戸兵庫区の近代建築その9

兵庫駅の南側から臨海部にかけての一帯は明治以降工業地帯として発展した地域です。三菱、川崎の2大工場を中心に大小さまざまな工場が建てられ、阪神工業地帯の中核を形成していきます。
兵庫駅と臨海部を結ぶJR和田岬線に沿って多くの工場が並ぶその中ほどに富士通テンの建物が見えてきます。この建物は前身の川西機械製作所の社屋として建てられたものです。
f0116479_22345985.jpg

川西機械製作所は日本毛織から発展した川西財閥の創業者、川西清兵衛が起こした会社です。親会社に由来する繊維機器の製造と新規事業として着目した航空機製造を2つの柱として操業を始めた同社は、その後も事業を拡大しラジオや通信機、真空管等で日本有数の技術を持つ会社となりました。(川西機械製作所から分社独立したのが川西航空機、後の新明和工業です。)
f0116479_22363656.jpg

敷地内には4棟の建物が確認できます。それぞれ築年が異なっているらしく、デザインや風合いがまちまちになっています。この地に最初の工場が建てられた大正末期の建物が残っている可能性もありますが、判別できません。ひょっとすると一番古そうなこの建物かも知れません。
f0116479_2238249.jpg

f0116479_22383359.jpg

f0116479_2239394.jpg

f0116479_22392667.jpg

f0116479_2240032.jpg

f0116479_22405761.jpg

f0116479_22402037.jpg

f0116479_22403721.jpg

f0116479_22412037.jpg

この建物も比較的初期に建てられた棟と思われます。ほとんど装飾要素はありませんが入口部分に時代を感じさせる意匠が施されています。以前の正面玄関だったのかも知れません。
f0116479_23362243.jpg

f0116479_2337083.jpg

f0116479_23372465.jpg

f0116479_23374950.jpg

f0116479_23394388.jpg

f0116479_2340742.jpg

f0116479_2341660.jpg

この棟もそこそこに年期を感じさせる建物ですが、やや時代は下ると思われます。
f0116479_23433711.jpg

裏側からの眺めはこのような感じです。
f0116479_23465074.jpg

正面入口を持つこの建物は最後に建てられたか、あるいは近年に補修を施された棟と思われます。昭和初期風のデザインですが、雰囲気を模して戦後建てられた可能性もあります。
f0116479_2352428.jpg

f0116479_2357486.jpg

f0116479_23551529.jpg

f0116479_23542075.jpg

f0116479_23544948.jpg

川西機械製作所の後身である神戸工業は昭和43年に富士通と合併、やがて車載音響機器のメーカーとして独立し社名を富士通テンとします。この「テン」の名は「天」を意味し、旧川西機械製作所時代にラジオのブランド名として使われていました。

かって神戸で隆盛を誇った川西財閥の中枢企業 川西機械製作所の名は今はありませんが、商標名は社名として引き継がれました。同様にこの旧社屋も創業の地で同社の歴史を今に伝えています。
f0116479_23484416.jpg


by sunshine-works | 2008-09-28 23:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 12日
旧神戸瓦斯本社(神戸ガスビル)
神戸中央区の近代建築その39

神戸駅の西側に位置する新開地は、かって神戸最大の歓楽街でした。この新開地の入口に美しいアールを描いて建つこのビルは神戸瓦斯株式会社の本社として昭和12年に建てられました。関西で数々の名建築を手掛けた渡辺節の設計です。
f0116479_2340235.jpg

新開地は湊川の付替えに伴って河川敷を埋め立てて開かれた街です。後背地に福原遊郭を控え、演芸場や飲食店が軒を並べる東京の浅草や大阪の新世界に相当する庶民の娯楽の中心地でした。
f0116479_23412066.jpg

f0116479_23414645.jpg

f0116479_23452965.jpg

神戸を中心とした兵庫県を供給エリアとした神戸瓦斯ですが、昭和20年に大阪ガスと合併します。現在は大阪ガスの事業所として使われています。
f0116479_23462259.jpg

現在は2階以上の外壁にパネルが貼られていますが、当初は化粧タイルが貼られていたようです。
f0116479_2344675.jpg

f0116479_23451057.jpg

歓楽街だった新開地の入口にはこの神戸瓦斯の本社と、ライバルにあたる神戸電燈の本社が並んで建てられていました。近代都市を支えるインフラ供給者である両社は神戸で最も賑やかだった場所に居を構える事となりました。需要拡大に利用者への啓発が欠かせない両社にとって、この場所は最良の場所だったのかも知れません。本社機能と併せて館内はショールーム機能や料理教室を開くPRスペースとなっていました。
f0116479_23553063.jpg

裏側は4階部分に張り出し窓がある以外は特徴の無い、あっさりしたデザインです。
f0116479_2351195.jpg

f0116479_23495194.jpg

f0116479_2350102.jpg

f0116479_23504981.jpg

f0116479_23514221.jpg

定礎には皇紀で竣工年が記されています。
f0116479_23543090.jpg

渡辺節の代表作である綿業会館、大ビル、大阪商船ビル等と比較すると、このビルはやや趣を異にします。外観はモダ二ズムのスタイルでまとめられ、館内はアールデコ風にデザインされています。
f0116479_23561050.jpg

市松模様に配色された床や当時では珍しいステンレスフレームのガラスドアが配された廊下は現在の感覚でも斬新なデザインです。
f0116479_23555386.jpg

f0116479_23565091.jpg

f0116479_23571266.jpg

f0116479_23573592.jpg

f0116479_2358599.jpg

f0116479_23582466.jpg

磨き上げたステンレスが美しいエレベータ扉。
f0116479_23592145.jpg

神戸一の歓楽街として栄えた新開地ですが、繁華街が三宮に移った今では街の様相はすっかり様変わりしてしまいました。演劇場や映画館はマンションに姿を変え、沿道の店舗も今は数える程になってしまいました。このビルはモダンな建物が立ち並んでいた往時を偲ばせる唯一残された遺構になっています。
f0116479_00315.jpg


by sunshine-works | 2008-04-12 01:44 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)