2006年 12月 16日
尼崎信用組合旧本店

尼崎の近代建築その8
以前紹介した尼崎信用組合旧本部事務所から建物一つ隔てた位置にあります。レンガ造りの旧本部事務所の次の2代目本店事務所として昭和5年に建てられました。地元兵庫県を中心に活躍した古塚正治の設計です。
f0116479_135223.jpg


昭和5年当時は新しい建築の流れが地方都市にも波及しだした頃ですが、銀行建築は依然として様式建築が主流を占めていました。この建物は従来の荘厳な銀行建物のイメージから離れ、流行のモダニズム様式を取り入れた設計となっています。
f0116479_1353362.jpg

f0116479_136346.jpg

f0116479_1363970.jpg


あっさりとしたデザインですが平面とカーブが巧みに組み合わされています。
f0116479_12471197.jpg

f0116479_1372789.jpg

f0116479_1375034.jpg


外壁の最上部には緩やかな反り返えしがつけられています。
f0116479_1393211.jpg


その後の改修で竣工当時とはエントランス部や窓等が変更されています。外壁も最初は黄土色に近い色合いだったようです。
竣工時の外壁の色を再現してみました。(館内に飾られている当時の絵を参考にしました)

f0116479_1385622.jpg


新本店ビルの建設に伴い、この建物は「世界の貯金箱博物館」として余生を送っています。
f0116479_1394870.jpg


# by sunshine-works | 2006-12-16 13:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 11日
金井重要工業旧工場施設

尼崎の近代建築その7
元は繊維機械の工場建物でした。現在は中古車展示場の施設として使用されています。詳しい建築年度や設計施工データは不明ですが、終戦直後の米軍の空撮写真にはこの建物が写っていますので戦前の築と思われます。
f0116479_18314350.jpg

現在中古車センターとなっている広大な敷地に工場が広がっていました。工場移転後にこの建物と事務所棟のみが残されて転用されました。

ドーム屋根が3つ横に繋がった構造となっています。広い敷地の中でユニークな形が目を引きます。
f0116479_18321273.jpg

正面からの図。屋根頂部の形が力士の髷や仮面ヒーロを思わせます。
f0116479_1832381.jpg

各ドームの繋ぎ目にある雨樋も非常に特徴的です。
f0116479_1833780.jpg

f0116479_1833254.jpg

正面中央の拡大。
f0116479_1835943.jpg

裏側。こちらの面には看板が無いので往時のイメージが想像しやすいと思います。
f0116479_18352829.jpg

内部は休憩所、イベントスペース、車両整備所として使われています。
f0116479_18355381.jpg


オフィスビルや銀行と違って工場建築が転用して残される事例は稀です。構造が特殊で規模が大きすぎる点や敷地全体が再開発される事が多い為でしょうか。この建物は中古車展示場という用途故に生き残ることが出来たのでしょう。外観のユニークさも壊さずに残された一因かもしれません。

細部にあまり手を加えた跡は無く、原形がよく残されています。
f0116479_18361525.jpg


少し離れた所にある事務所棟。こちらはごく普通の建物といった感じです。
f0116479_1836361.jpg


# by sunshine-works | 2006-12-11 12:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 07日
旧尼崎警察署

尼崎の近代建築その6

尼崎警察署の庁舎として大正15年に建てられました。各地で庁舎や公共建築を数多く手がけた置塩章の設計です。
f0116479_16432469.jpg

f0116479_16435782.jpg


長く警察署として使われた後は児童館として利用されていました。現在は空家となっています。
f0116479_16444392.jpg


外装のあちこちに傷みが目立ちます。銘版や照明具も無くなっています。
内部は大幅に改修されているとの事ですが地下の留置所だけはそのまま残されているそうです。
f0116479_1645346.jpg


白い塗装はおそらく児童館時代に塗り替えられたものと思われます。
f0116479_16453451.jpg


正面入口上部のレリーフと飾柱
f0116479_1646355.jpg

f0116479_16472778.jpg


エントランス部分の装飾
f0116479_16475030.jpg


現在空家となっているこの建物の今後が気になるところです。管理している尼崎市は再利用を模索しているようで先日は同館を使ったイベントを行っていました。(残念ながら行けませんでした)
撮影したこの日も内部では業者が補修工事らしき作業をしており、現時点では解体取り壊しの予定は無いと思いますが利用法が見つからない限りは何とも不安な状況です。

忘れられているような建物ですが花壇には花が植えられていました。
f0116479_12414014.jpg


入口脇の窓。サッシがオリジナルかどうかは判断できません。(後年の物のようにも思えます)
f0116479_16481218.jpg


正面の階段から見上げた図。
f0116479_16482643.jpg


# by sunshine-works | 2006-12-07 12:57 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 02日
尼崎信用組合旧本部事務所(尼崎信用金庫記念館)
尼崎の近代建築その5

現在の尼崎信用金庫の前身である尼崎信用組合創業時の本部事務所として使われていました。現在は記念館となっています。

f0116479_16105682.jpg

f0116479_16115052.jpg


前から見ても横から見ても小さな建物です。
f0116479_16121284.jpg


アーチ窓が良い感じ。窓は上げ下げ式になっています。
f0116479_161338.jpg


f0116479_16132843.jpg


f0116479_16165991.jpg



1階正面の窓と飾り格子。
f0116479_16171478.jpg


この建物は初代理事長の邸宅の一部として建てられたもので銀行創設時に本部事務所に転用されました。建築年代は定かではありませんが明治30年代とも言われています。


記念館だけあって保存状況は良好。綺麗に手入れされています。

f0116479_1617315.jpg

f0116479_16174861.jpg


軒蛇腹、胴蛇腹が良いアクセントになっています。

f0116479_1618892.jpg



 

# by sunshine-works | 2006-12-02 15:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)