2017年 06月 17日
旧住友銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その3

新居浜市の臨海部、背後に住友系列の工場が連なる一角、住友化学工業の敷地の外れに明治期の銀行建物が残されています。現在は同社の資料館として使われているこの建物は明治34年に住友銀行新居浜支店として建てられました。
f0116479_14581169.jpg

新居浜の町の臨海部は明治中期に別子銅山の精錬所設置に伴って開発され、鉱山機械の工場や二次製品の工場が建てられていきました。周辺には従業員社宅や福利厚生施設も整備され、惣開と呼ばれたこの一帯は近代工業地帯に変貌します。
この銀行は別子鉱業所本部の隣に建てられ、付近には郵便局や住友系列の病院が並ぶ住友別子鉱業の企業城下町の中核を成していました。
f0116479_14584567.jpg
f0116479_14593575.jpg
f0116479_15000371.jpg

小さな建物ですが、各所に本格的な洋風意匠が用いられています。設計は住友本店臨時建築部と推測されており、後の住友工作部、長谷部竹腰建築事務所へ発展する「住友営繕」の最初期の作品の現存例となります。
f0116479_10375353.jpg
f0116479_10333640.jpg
f0116479_10342192.jpg
f0116479_10352121.jpg

モルタル壁面は溝が刻まれた石造風の仕様。上げ下げ式の縦長窓は竣工時のままに木枠が使われています。
f0116479_10384519.jpg
f0116479_10413224.jpg
f0116479_10415300.jpg

建物北側に並ぶ煉瓦造の蔵。同時期に建てられ金庫として使われていたようです。
f0116479_10422987.jpg
f0116479_10424981.jpg



# by sunshine-works | 2017-06-17 21:38 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 10日
新居浜武徳殿
愛媛県新居浜市の近代建築その2

新居浜市の中心部、市役所や公共機関が並ぶ一角に目を惹く大きな和風建築物が建っています。
現在も新居浜市の武道場として使われているこの建物は昭和14年に建てられました。
f0116479_12433003.jpg

石塀で囲まれた敷地に南面して建つ重厚な近代和風建築。漆喰壁の壁面に格子窓を並べ、中央に2重の破風を配した玄関と車寄せを設けます。石積みの基壇、2層に重なる瓦屋根、屋根を飾る鬼瓦や鯱鉾等々、寺院や武家屋敷を思わせる意匠です。
f0116479_12435983.jpg
f0116479_12441856.jpg

武徳殿は明治中期から戦前期にかけて財団法人日本武徳会によって全国主要都市に建てられた武道場で、戦後はその多くが各自治体に引き継がれ、幾つかは現在も現役で使われています。各地に建てられた武徳殿の多くは概ねこの建物に類似の和風意匠で建てられていました。
f0116479_12464694.jpg
f0116479_12471132.jpg
f0116479_12462628.jpg
f0116479_12502332.jpg
f0116479_12493104.jpg
f0116479_12451416.jpg
f0116479_12473494.jpg

妻面の意匠。虹梁や束、蟇股、懸魚を配した本格的な寺院風の造りです。
f0116479_12511454.jpg


広い空間が取られた内部。4面に廻らせた格子窓と高窓から日差しが注ぎます。

f0116479_12504101.jpg







# by sunshine-works | 2017-06-10 15:33 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 03日
旧芸備銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その1

新居浜市中心部の北方、臨海部の町並みの一角にかつての銀行店舗が残されています。現在は医院として使われているこの建物は旧芸備銀行新居浜支店として建てられました。昭和6年築。
f0116479_12515227.jpg

商店街の裏手、静かな住宅街の中に建つ木造モルタル造2階建て。元々は吹き抜けを設けた平屋でしたが医院への改装時に床を張って2階を設けたものと思われます。
f0116479_12523750.jpg
f0116479_12532253.jpg

正面に並ぶアーチ型の窓型、何層にも重なる軒蛇腹、アールを付けたコーナー、三角形状に張り出した柱形、中央に設けた入口庇。小さな建物ですが当時流行の意匠を盛り込んだモダンな建物です。
f0116479_12570117.jpg
f0116479_12544462.jpg
f0116479_12551895.jpg
f0116479_12575122.jpg
f0116479_12581801.jpg
f0116479_12555802.jpg
f0116479_12562130.jpg
f0116479_12584746.jpg



# by sunshine-works | 2017-06-03 19:28 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 27日
松風橋

愛媛県四国中央市の近代建築その3

予讃線伊予土居駅の南東、旧街道に沿った家並みの途中に小さな煉瓦橋が架けられています。
県下で唯一の道路煉瓦アーチ橋となるこの松風橋は明治30年代の築と伝わります。
f0116479_11312502.jpg

四国山地から北流する古子川を渡る小さな一連アーチの煉瓦橋。路上からは境目が判り難く、うっかり見落としてしまいますが、河原に下りて側面に周ると煉瓦アーチならではの美しい姿を現します。
f0116479_11295558.jpg
f0116479_11293391.jpg


渇水期には殆ど枯れ川となり、ごつごつした丸石が転がる河原。旧土居村松之木と旧小富士村風留を跨ぐ橋として松風橋と名付けられました。

f0116479_11321012.jpg


f0116479_11322855.jpg
f0116479_11334500.jpg
f0116479_11413498.jpg
f0116479_11342981.jpg

この時代の殆どの煉瓦構造物に用いられたイギリス積み。小規模なアーチ橋ですが4重に巻かれた迫石、上縁部の張り出し、切石を積んだ基礎等細部に拘った意匠が伺えます。
f0116479_11392747.jpg
f0116479_11394880.jpg
f0116479_11402070.jpg



# by sunshine-works | 2017-05-27 19:41 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)