<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 25日
旧大社駅
島根県出雲市の近代建築その11 

全国から参拝客が集まる出雲大社には、明治45年から約80年に亘って旧国鉄~JRが運行した参詣路線の大社線が敷かれていました。平成2年の廃線後、旧大社線の殆どの鉄道施設は撤去されてしまいましたが、門前駅として建てられた終点の大社駅が保存施設として残されました。
f0116479_11232163.jpg

伝統的な寺社建築を思わせる木造平屋建ての大きな建物。
大正13年に2代目駅舎として建てられました。設計は鉄道管理局の技官丹羽三雄です。
f0116479_11355638.jpg
f0116479_11380501.jpg

中央の大きな区画にコンコースと三等待合室、前方に突出した左右両翼は事務室と一等二等客の待合室に使われました。
f0116479_11382173.jpg

f0116479_11384076.jpg
f0116479_11394679.jpg

風格を備えた玄関周り。
f0116479_11420113.jpg
f0116479_11451469.jpg
f0116479_11453433.jpg

高い天井の下、広い空間に往時のままの姿を保つ構内の造作。
f0116479_11505801.jpg
f0116479_11501443.jpg
f0116479_11520901.jpg
f0116479_11530246.jpg
f0116479_11531919.jpg
f0116479_11543075.jpg

駅舎の横に並ぶ改札口。団体客や臨時改札に使われたものでしょうか。
f0116479_11561485.jpg
f0116479_11562867.jpg

ホームは2面3線。錆付いたレールがそのまま残されています。
f0116479_12085514.jpg
f0116479_12122241.jpg
f0116479_12093809.jpg
f0116479_12095553.jpg

裏側から駅舎上屋を眺めます。
f0116479_12103188.jpg
f0116479_12110906.jpg
f0116479_12112459.jpg

長いホームに沿ってガラス窓が並びます。
f0116479_12133556.jpg
f0116479_12165391.jpg
f0116479_12210506.jpg
f0116479_12172526.jpg
f0116479_12143352.jpg
f0116479_12140425.jpg
f0116479_12151113.jpg
f0116479_12152828.jpg



by sunshine-works | 2017-03-25 21:13 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日
大社高校いなさ会館


島根県出雲市の近代建築その10

出雲市中心部から出雲大社へ向かう道の途中、県立大社高校の敷地内に明治期に建てられた木造建築が残されています。この建物は明治34年に建てられた同校の全身の旧制島根県立第三中学校の講堂及び本館玄関を移築したものです。
f0116479_11252880.jpg


校舎と校庭の間に建つ木造平屋下見板貼り。正面に八角形の玄関ポーチを張り出します。この玄関部分は元々本館の玄関に設置されていたもので、講堂の移設保存時に繋ぎ合わせたものです。
f0116479_11320349.jpg
f0116479_11315121.jpg
f0116479_11324387.jpg
f0116479_11330394.jpg
f0116479_14331071.jpg


上げ下げ窓が並ぶ側面。入母屋屋根には和瓦を葺きます。
f0116479_14142769.jpg
f0116479_14160922.jpg
f0116479_14231810.jpg
f0116479_14224078.jpg

側面2箇所に添えられたバットレス。
f0116479_14262043.jpg

大きく張り出した入口庇。破風、柱頭、軒下に施された装飾、中央に灯具を吊るす庇天井の意匠。明治期の学校建築ならではの風格を伝えます。
f0116479_14281731.jpg
f0116479_11345438.jpg
f0116479_14293665.jpg








by sunshine-works | 2017-03-18 23:56 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 11日
旧簸川銀行本店
島根県出雲市の近代建築その9

出雲市の中心街の古い町並みに、大正期に建てられた銀行店舗が残されています。現在は地元のNPO法人の施設として使われているこの建物は簸川銀行の本店として大正9年に建てられました。設計:木小七郎。
f0116479_14071353.jpg


木造2階建て寄棟造。化粧煉瓦が貼られた外壁や前面に並ぶ縦長窓、コーニス等の洋風意匠を備えますが、全体の印象は日本の古い商家や土蔵を思わせる造り。軒先や入口庇に葺いた和瓦等も古い町並みに沿わしたものと思えます。
f0116479_11354449.jpg
f0116479_14045124.jpg
f0116479_14055314.jpg

玄関は当時の姿から改変されていますが、張り出した庇はそのまま活用されています。
f0116479_14103391.jpg
f0116479_14154071.jpg

和風の趣を印象付ける軒下の造作。
f0116479_14193286.jpg
f0116479_14202058.jpg
f0116479_14210156.jpg
f0116479_14225041.jpg


by sunshine-works | 2017-03-11 18:17 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 04日
旧加藤写真館
島根県出雲市の近代建築その8

出雲市駅の北東、高瀬川沿いの古い町並みの一角に、かつて写真館として建てられた洋風建築が残されています。この旧加藤写真館は大正12年に建てられました。
f0116479_10454873.jpg

角地に建つ木造3階建て。壁面は水平に板を貼った下見板と垂直方向に並べた羽目板の組み合わせ。各窓や入口に廻らせたアーチ、コーナーを飾る付柱、窓枠や軒周りの柱形等々、各部に意匠を凝らしています。東側の屋根は鉄板の大きな折屋根葺き。スタジオに自然光を採り入れる当時の写真館の仕様の名残りと思えます。
f0116479_10482101.jpg
f0116479_01565364.jpg
f0116479_02003750.jpg
f0116479_10494676.jpg
f0116479_10544466.jpg
f0116479_10553205.jpg
f0116479_10521736.jpg
f0116479_10530002.jpg
f0116479_10531800.jpg

コーナーの見上げ。各階にアーチ窓が重なります。
f0116479_10561227.jpg
f0116479_10562679.jpg

高瀬川の対岸からの眺め。大きな折屋根が見て取れます。
f0116479_10571379.jpg







by sunshine-works | 2017-03-04 23:44 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)