<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 28日
旧北吸浄水場配水池
京都府舞鶴市の近代建築その9

舞鶴湾の自衛隊桟橋を見下ろす高台に2棟の煉瓦建物が建っています。
ここはかつて旧海軍によって設置された軍事水道の浄水場があった場所で、現在その跡地には配水池と上屋が当時の姿で残されています。
f0116479_13494037.jpg



舞鶴の軍事水道は軍港設営と平行して進められ、明治34年に完成します。
北吸浄水場は与保呂川の水源地から導いた源水を浄化し配水する施設として設置されたもので、高台の高度差を利用して海軍施設と艦艇に給水を行いました。
この浄水場は戦後舞鶴市に移管されて昭和39年まで使用されましたが、その後浄水施設は取り払われ、配水池とその上屋が残されました。
f0116479_13501863.jpg
f0116479_14063304.jpg
f0116479_13510266.jpg

配水池は開設時の明治34年に設置された第一配水池と大正10年に増設された第二配水池からなり、それぞれの配水池は大正15年に建てられた煉瓦造、鉄骨小屋組の上屋で覆われています。
f0116479_13513193.jpg

f0116479_13514722.jpg
f0116479_13575572.jpg
f0116479_13594399.jpg

f0116479_13535339.jpg

アーチが組まれた入口上部。壁面上部は板張なのでアーチ構造にする必要はないのですが、意匠的な拘りでこのような形になったと思われます。
f0116479_13541689.jpg
f0116479_13542772.jpg


日本の近代水道の歴史は明治20年の横浜市に始まり、各地の主要都市に広まっていきますが、舞鶴の軍事水道が完成した明治34年当時近代水道を保有していたのは全国で9都市のみで、舞鶴の水道は大正1年に完成した京都市よりも11年早く設置された事になります。
舞鶴のみならず鎮守府が置かれた他の3軍港も明治中期に水道を設置しており、多くの将兵や艦艇に大量の安全な水を供給する事がいかに重要だったかが計られます。
f0116479_13552462.jpg
f0116479_14095667.jpg
f0116479_13553516.jpg
f0116479_13555222.jpg
f0116479_13582833.jpg
f0116479_13591517.jpg

普段は内部に立入る事はできませんが、定期的に行われるイベント開催時に配水池内部が公開されます。以下は27年10月のイベント時に撮影したものです。
f0116479_14142251.jpg
f0116479_14135718.jpg

池の内部は幾層もの煉瓦壁が迷路のように連なります。
浄水が澱まない為の構造との事です。
f0116479_14151410.jpg
f0116479_14153783.jpg
f0116479_14155988.jpg
f0116479_14161860.jpg
f0116479_14164239.jpg
f0116479_14170326.jpg
f0116479_14171410.jpg


by sunshine-works | 2016-01-28 14:09 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 22日
舞鶴要塞 葦谷砲台
京都府舞鶴市の近代建築その8

前3回にて舞鶴湾西岸に配置された3つの砲台を取り上げましたが、今回は湾の東側に設置された砲台の一つ、葦谷砲台を紹介します。
f0116479_10275765.jpg

葦谷砲台は舞鶴湾の湾口部、国見山の頂上近くに明治32年に設置されました。
最も北に配置されたこの砲台は舞鶴湾に接近する敵艦隊に対して最初に砲門を開き、湾口の狭い水路に侵入した敵艦には対岸の砲台群と共同して挟撃する重要な役割を担います。備砲は舞鶴の各砲台の中で最大口径の28cm榴弾砲6門が据えられました。
f0116479_10552574.jpg
f0116479_10571284.jpg

この砲台も他の砲台と同様に2砲一組で砲座が組まれ、それぞれに煉瓦の砲測庫や弾薬庫を備えます。
これらは山腹の手前から奥へ、さらに横手へと通路に沿って複雑に連なっています。
f0116479_10441477.jpg
f0116479_10451473.jpg
f0116479_10460749.jpg
f0116479_10392811.jpg
f0116479_10371785.jpg
f0116479_10382417.jpg
f0116479_10310444.jpg
f0116479_10502842.jpg
f0116479_13014791.jpg

奥に進んで隣の掩蔽へ。
舞鶴の各砲台はほぼ同時期に着工、完成していますが、構造物は必ずしも統一した規格とも言えず、各砲台毎に微妙に異なります。この葦谷砲台は他の砲台に見られる礎石の使用比率が少なく煉瓦が多用され、角にアールが付けられているのも他に無い特徴です。
f0116479_10532912.jpg
f0116479_10493217.jpg
f0116479_10512063.jpg
f0116479_10524466.jpg
f0116479_10474369.jpg
f0116479_01193447.jpg
f0116479_01220862.jpg
f0116479_01241387.jpg
f0116479_01231138.jpg


日露戦争の際に危惧されたロシア艦隊の日本本土来襲はありませんでしたが、日本船舶がロシア軍艦に襲撃される事件は実際に起こっており、日本海沿岸は緊迫した状況に置かれていました。
この脅威は日本海軍によるロシア太平洋艦隊の制圧とその後の日本海海戦の大勝により一掃されますが、逆の結果となっていた場合にはこの舞鶴湾が真っ先に攻撃目標とされていた筈で、効果の程はともかく備えとしては妥当なものだったと思えます。
f0116479_11120355.jpg
f0116479_10241760.jpg
f0116479_11055075.jpg
f0116479_11052465.jpg
f0116479_11063627.jpg
f0116479_12574472.jpg






by sunshine-works | 2016-01-22 13:09 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 14日
舞鶴要塞 建部山砲台
京都府舞鶴市の近代建築その7

舞鶴湾西岸に設置された3つの砲台の中で最も湾の奥部に位置する建部山砲台。12cmカノン砲4門を備えるこの砲台は明治34年に完成しました。
f0116479_11103898.jpg

市街地の外れから山道を登って小一時間、標高313メートルの建部山山頂に到達します。周辺の木立の中に煉瓦造の弾薬庫が、その背後にコンクリート造の砲側庫と砲座跡が残されています。
f0116479_13224788.jpg
f0116479_11140935.jpg
f0116479_11122135.jpg
f0116479_13201633.jpg
f0116479_14504024.jpg


弾薬庫の入口周り詳細。
f0116479_13494647.jpg
f0116479_13512720.jpg
f0116479_13521191.jpg
f0116479_13541096.jpg
f0116479_13503375.jpg
f0116479_13531141.jpg
f0116479_01290490.jpg


各庫内は荒らされた様子も無く、良好な状態。壁の白色は煉瓦に漆喰を塗ったものです。
f0116479_13550105.jpg
f0116479_14003850.jpg
f0116479_13483394.jpg
f0116479_13564707.jpg
f0116479_13575015.jpg
f0116479_13583612.jpg
f0116479_14043518.jpg
f0116479_14020646.jpg


弾薬庫の脇には砲座へ繋がる石段が積まれています。
f0116479_13214469.jpg
f0116479_13254365.jpg
f0116479_13263474.jpg
f0116479_13271956.jpg
f0116479_13285834.jpg


分厚くコンクリートで補強された弾薬庫。
f0116479_13345905.jpg
f0116479_14483779.jpg
f0116479_13355916.jpg
f0116479_13391692.jpg
f0116479_13400033.jpg
f0116479_13433725.jpg
f0116479_13451022.jpg


砲座跡。4門の備砲は2門を一組として2基の砲座に据えられていました。
f0116479_13322652.jpg
f0116479_13330957.jpg


建部山砲台に配備されたカノン砲の最大射程は約7km。この位置からは舞鶴湾の外側には弾丸は届かず、砲口は上陸部隊の予想進路である由良川方向へ向けられていました。
この砲台は、舞鶴軍港に向けて進行する敵軍を迎え撃つ、正に最後の砦となるべきものでした。
f0116479_13341231.jpg
f0116479_13372957.jpg
f0116479_13364499.jpg

確かに、高所に据えられた大型砲が大きな脅威となる事は旅順攻防戦でも実証されましたが、この建部山砲台が砲門を開く場面は湾口の各砲台が壊滅し、日本艦隊も撃破されて制海権を失った状況であり、大挙押寄せる敵軍に対して僅か4門の砲は殆ど無力に思えます。一時の足止めを図るのが精一杯だったのではないでしょうか。
f0116479_13381619.jpg



by sunshine-works | 2016-01-14 11:30 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 07日
舞鶴要塞 金岬砲台
京都府舞鶴市の近代建築その6

舞鶴湾西岸に配置された3つの砲台の一つ、舞鶴要塞金岬砲台は前回紹介した槙山砲台の北方、金ヶ岬を見下ろす山中に明治33年に設置されました。
f0116479_14312406.jpg

崩れかけた獣道を草木を掻き分けひたすら進んだ先に一群の煉瓦構造物が見えてきます。舞鶴湾の入口を守るこの要塞には21cmと15cmのカノン砲各4門が備えられました。
f0116479_14361268.jpg
f0116479_14351607.jpg
f0116479_14370811.jpg
f0116479_14374017.jpg
f0116479_14383812.jpg
f0116479_14391103.jpg
f0116479_14402681.jpg
f0116479_14394451.jpg
f0116479_14405899.jpg

明治30年代初頭に相次いで設置された舞鶴湾岸の砲台の中で、この金岬砲台のみが昭和9年に廃止され、代わって沿岸沿いに2基の砲台が設置されます。
この金岬砲台に限らず舞鶴湾周辺に配備されていたのはどれも19世紀に開発された旧式砲で、砲力と防御力が格段に進化した大型艦艇と撃合うには全くの力不足でした。
どの道、圧倒的な火力と航空支援の元で行われる要地攻撃や上陸作戦に対して沿岸要塞が有効な戦力となる時代は終焉しており、もっと早い時期に見切りを付けるべきものでした。
f0116479_14412851.jpg
f0116479_14443670.jpg
f0116479_14453291.jpg
f0116479_14424190.jpg
f0116479_14460075.jpg
f0116479_14513574.jpg
f0116479_14461381.jpg

この金岬砲台も他の要塞と同様に分散して砲が据えられ、砲座毎に煉瓦とコンクリートの砲側庫を構えます。
f0116479_14431850.jpg
f0116479_14501566.jpg
f0116479_14493188.jpg


さらに奥へ進むと現れる半地下式の区画。弾薬庫と思われます。
f0116479_14470982.jpg
f0116479_14472622.jpg
f0116479_14474987.jpg
f0116479_14480733.jpg
f0116479_14483235.jpg

それぞれの掩蔽部の背後には砲座や指令所跡が、また周辺部には井戸や貯水槽らしき施設が残されています。
f0116479_11304003.jpg
f0116479_11264403.jpg
f0116479_11255863.jpg
f0116479_11280819.jpg
f0116479_11283575.jpg
f0116479_11290278.jpg
f0116479_11291641.jpg
f0116479_11300094.jpg
f0116479_11311904.jpg
f0116479_11293274.jpg
f0116479_11311904.jpg
f0116479_14445932.jpg


by sunshine-works | 2016-01-07 11:07 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)