<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年 09月 30日
オーエム製作所宍道工場建物(旧出雲製織工場)
島根県松江市の近代建築その12

前回紹介した旧宍道尋常小学校から南へ程なく、塀で囲まれた工場敷地の中に古い木造建物が残されています。現在オーエム製作所の施設として使われているこの建物は、前身の出雲製織宍道工場時代に建てられました。昭和9年築。
f0116479_11311386.jpg

正門から真直ぐ進んだ敷地のほぼ中央、木造2階建寄棟屋根の建物。
正面に立派な玄関を備えた和瓦葺きの儀洋風建築で事務所棟として使われたと思われます。
f0116479_11313739.jpg
f0116479_11320459.jpg

玄関廻り。現在は事務所としては使われていないそうで、正門傍の新しい社屋が本館となっていました。
f0116479_11334689.jpg
f0116479_11331824.jpg
f0116479_11342684.jpg

ちなみに、オーエム製作所はダイワボウグループの工作機器会社で、出雲製織が昭和16年の合併によって大和紡績となった後に紡績機器の製造所に転じた宍道工場を受け継いでいます。
f0116479_11363737.jpg

建物右側に平屋の棟が繋がっています。
f0116479_11355518.jpg
f0116479_11373608.jpg
f0116479_11370834.jpg
f0116479_11375756.jpg

側面からの眺めは和風の趣です。
f0116479_11384565.jpg
f0116479_11390457.jpg

奥手に見える工場施設。
f0116479_11393025.jpg



by sunshine-works | 2015-09-30 09:51 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 21日
旧宍道尋常小学校校舎(旧松江南高校宍道分校)
島根県松江市の近代建築その11

松江市の西部、JR宍道駅の南の古い町並みに木造2階建ての旧校舎が残されています。
平成25年まで松江南高校宍道分校の校舎として使われたこの建物は、旧宍道尋常小学校本館として大正初期に建てられました。
f0116479_22480507.jpg


宍道小学校の沿革は明治6年に遡り、県内でも最初期に設置された小学校の一つでした。
明治期に建てられた校舎は数回増改築を重ね、大正3年に現存する本館部分が竣工します。
同校は昭和36年に道を挟んだ向い側に新校舎を建てて移転、空いた校地と校舎に松江南高校宍道分校が移りました。
この松江南高校の分校も平成25年に閉校となり、現在は空家。建物・土地共に今後の再利用は未定のようです。
f0116479_22490149.jpg
f0116479_10085090.jpg
f0116479_22492154.jpg


中央に設けた小さな入口を挟んでシンメトリーに建物が配置されます。
窓枠がサッシに変更されている以外は切妻屋根の玄関庇をはじめ竣工時の姿を良く留めています。
f0116479_22502516.jpg
f0116479_22515535.jpg
f0116479_22524697.jpg
f0116479_22531399.jpg
f0116479_10112129.jpg
f0116479_22540953.jpg
f0116479_22542972.jpg
f0116479_23012823.jpg
f0116479_23005868.jpg

渡り廊下の向こう側に繋がる別棟。後年の増築と思われます。
f0116479_22554854.jpg
f0116479_22551455.jpg
f0116479_10054233.jpg
f0116479_22561915.jpg
f0116479_22564029.jpg
f0116479_22571233.jpg


線路沿いの土手から建物裏手を眺めます。
f0116479_22584780.jpg
f0116479_22590473.jpg
f0116479_22592018.jpg
f0116479_22594335.jpg
f0116479_23000451.jpg


by sunshine-works | 2015-09-21 10:24 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(2)
2015年 09月 12日
旧島根農林学校校舎(湯町公民館)
島根県松江市の近代建築その10

松江市の西部、玉造温泉駅の近くに小さな公民館が建っています。この建物は明治期に建てられた島根県立農林学校の校舎の一部を移築したものです。明治36年築、移築:昭和10年頃。
f0116479_19393861.jpg
駅北側の住宅街の外れ、線路脇の一角に建つ木造平屋、下見板貼り、寄棟屋根に和瓦を葺いた儀洋風建築。
農学校校舎の本館部分とありますが、玄関が置かれた中央部分ではなく事務所か教室棟と推測されます。
f0116479_19402552.jpg
f0116479_19403711.jpg
f0116479_19404847.jpg
正面側の小さな入口。切妻瓦葺の庇を張り出します。
f0116479_19413923.jpg
f0116479_19422997.jpg
f0116479_19443714.jpg
f0116479_19430536.jpg
f0116479_19432935.jpg
f0116479_19420988.jpg



明治期の建物らしさが伺える軒下の意匠。
f0116479_19450300.jpg

側面から裏側の様子。窓枠や腰周りに改修の跡が見られますが、概ね往時の姿が保たれています。
f0116479_19415023.jpg
f0116479_19454852.jpg
f0116479_19460047.jpg
f0116479_19461527.jpg


by sunshine-works | 2015-09-12 23:03 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 03日
千本堰堤/忌部浄水場
島根県松江市の近代建築その9

松江市中心部から南へ、山並みに向かう県道の傍らに松江市近代水道開設時に設けられた施設が配置されています。今尚現役で使われているこれらは大正7年から8年にかけて竣工しました。
f0116479_14552902.jpg

山陰の拠点として近代化が進められた松江市は、他の主要都市と同様に近代水道設置を検討します。明治中期、松江市は全国の近代水道を指導した技師バルトンを招聘し、当時の忌部村を水源とするプランを立てますが予算が折り合わず実現されませんでした。
その後の人口増と陸軍駐屯地の配置で再び必要に迫られた松江市はほぼ原案通りで水道開設を決定、5年の歳月を掛けて大正8年に全国37番目の近代水道の給水を開始します。
f0116479_14564545.jpg

県道から斜面を下ると見えて来る石積み堰堤。周辺施設を含めてほぼ当時の姿を留めます。
構造は重力式の礎石コンクリートダム。堰堤高16メートル、幅110メートル、貯水量は38万立方メートルで開設時は市域の5万人に給水しました。
f0116479_14572556.jpg
f0116479_14575083.jpg
f0116479_14584845.jpg
f0116479_14591527.jpg
f0116479_14595464.jpg

コンクリートで固めた礎石の表面に花崗岩を積んだ堰堤。左岸側が越流部、右岸側には取水塔を繋ぐ通路が設けられています。
f0116479_13214810.jpg
f0116479_13204848.jpg
f0116479_13224856.jpg


麓からの眺めです
f0116479_13231726.jpg
f0116479_13240913.jpg
f0116479_13234763.jpg


三連アーチの管理橋も当時のまま残ります。
f0116479_13245817.jpg
f0116479_13250941.jpg

ダムから少し離れた場所に設けられた忌部浄水場。開設時の4つの緩速濾過池や調整井、集合井の上屋が現役で使われています。
f0116479_13255243.jpg
f0116479_13264727.jpg
f0116479_13270432.jpg
f0116479_13271438.jpg


by sunshine-works | 2015-09-03 23:48 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)