<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 27日
旧八束銀行本店(ごうぎんカラコロ美術館)
島根県松江市の近代建築その2

松江市の中心部、大橋川の北側の官公庁や企業ビルが並ぶ一角に大正期の銀行建物が残されています。
現在は美術館として使われているこの建物は、大正15年に旧八束銀行本店として建てられました。
f0116479_14444532.jpg

鉄筋コンクリート2階建、正面にジャイアントオーダーを並べ、軒蛇腹の上にパラペットを立ち上げます。古典様式を取り入れたスタイルですが、明治期の銀行建築に比べて厳粛さは薄れ、時代の流れに沿った意匠と思えます。
f0116479_11375828.jpg
f0116479_11404493.jpg
f0116479_11384878.jpg
f0116479_11392985.jpg

正面の入口は中央の1個所のみ。1階外周は腰周りの高さに花崗岩の基礎を積みます。
f0116479_11420440.jpg
f0116479_11412077.jpg
f0116479_11415052.jpg


正面に並ぶ6本のオーダー。柱頭に飾りが無く、柱にフルーティングを持たないトスカナ風。上部に格子状の筋を刻みます。
f0116479_11425586.jpg
f0116479_11441238.jpg
f0116479_11433216.jpg
f0116479_11435220.jpg




by sunshine-works | 2015-06-27 15:35 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 19日
美保関灯台
島根県米子市の近代建築その1

島根県の東端、日本海に突き出た岬の先端に石造の灯台が据えられています。
山陰で最も古いこの美保関灯台は明治31年に建てられました。
f0116479_17454711.jpg

展望台から続く遊歩道の終端、日本海を見下ろす高台に白く塗られた灯台と赤瓦を葺いた石造の建屋が並びます。
島根産の切岩を積み上げた灯台の高さは約14メートル、海面からの高さは83メートルに達します。
f0116479_17511072.jpg
f0116479_17540329.jpg
f0116479_17570127.jpg
f0116479_18012090.jpg
f0116479_13441557.jpg
f0116479_14343776.jpg


外周からの眺め。敷地を囲む石塀や門柱も開設当時のままで残されています。
f0116479_1347613.jpg
f0116479_1345133.jpg
f0116479_14272749.jpg
f0116479_14274188.jpg
f0116479_14275455.jpg
f0116479_13461832.jpg


敷地の東側に建つ灯台。明治期の灯台としては後期の築となりますが、基本的には明治初期に各地に建てられたブラントン設計の近代灯台を踏襲しており、同年に建てられた京丹後の経ケ崎灯台とは規模も構造も良く似た造りとなっています。
f0116479_13484785.jpg
f0116479_13492624.jpg
f0116479_14164662.jpg
f0116479_13514665.jpg
f0116479_13501944.jpg
f0116479_1352711.jpg
f0116479_14192367.jpg
f0116479_13531435.jpg
f0116479_14174189.jpg
f0116479_13533019.jpg
f0116479_13534643.jpg
f0116479_14225681.jpg


灯台の西側、フェンスを介して退息所として建てられた石造平屋の建屋が並びます。
f0116479_15155258.jpg
f0116479_15173402.jpg
f0116479_15144109.jpg
f0116479_15221156.jpg
f0116479_15163520.jpg
f0116479_15171559.jpg
f0116479_15182091.jpg
f0116479_15183834.jpg
f0116479_15224281.jpg
f0116479_15200960.jpg

f0116479_15192100.jpg
f0116479_15202474.jpg
f0116479_15205411.jpg
f0116479_15212348.jpg
f0116479_15234934.jpg
f0116479_15240248.jpg



by sunshine-works | 2015-06-19 21:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 10日
島根の近代建築
島根の近代建築

西日本の近代建築探訪、中国地方については岡山と鳥取を紹介しましたが、新たな探訪先に島根県を加えます。
中国地方の北西部、日本海に沿って東西に連なる島根は古代に始まる長い歴史を有し、各地方に豊かな文化を育みました。
明治以降、松江・出雲の主要都市にはいち早く近代建築が建てられ、各地方の町村にも様々な西洋建築や土木遺産が建てられていきます。

山陰の拠点として商工施設が数多く建てられた松江。旧日銀松江支店は観光スポットとして再生されました。
f0116479_14363095.jpg

県内各地に建てられた明治大正期の役場建物。現存数の多さは全国屈指と思えます。
津和野町の旧鹿足郡役所は大正8年の築。
f0116479_14374315.jpg

現存する島根県内の洋風建築として最古のこの建物は明治18年に周吉外三郡役所として建てられ、その後隠岐支庁舎として使われました。
現在は隠岐郷土館として公開されています。
f0116479_14381834.jpg


旧松江城址に建つ興雲閣は明治36年の築。天皇御幸の施設に使われました。
f0116479_14324939.jpg


地方都市にも数多くの洋風建築が現存します。
出雲横田に残るこの教会建物は大正12年に建てられています。
f0116479_14400533.jpg


小さな町に残された旧郵便局舎の数々。奥出雲町の旧八川郵便局。
f0116479_10584265.jpg

温泉街の奥手に佇む大正期のモダン建築。喫茶店として利用されています。
f0116479_14403596.jpg


木造の学校建築も数多く現存します。
元吉田村尋常高等小学校は大正12年築。
f0116479_15111511.jpg

出雲の古い町並みに並ぶ銀行建築。現在も現役の店舗として使われています。
f0116479_14413053.jpg

各地に残る木造駅舎や鉄道橋梁。
廃止された旧大社駅は当時の姿のまま保存されています。
f0116479_14420597.jpg


県内の幾つもの河川を横切る山陰本線には古い橋梁が数多く現存します。江津市の郷川橋梁は大正期のワーレントラス橋。
f0116479_14424100.jpg


松江のシンボル松江大橋は昭和12年の築。
f0116479_14433518.jpg

取水堰堤として昭和2年に設置された神戸堰。近代土木の貴重な資料として残されています。
f0116479_14441163.jpg


日本海側で最も高い日御碕灯台は明治36年の築。
f0116479_14445282.jpg


今尚現役の古い水力発電所の数々。島根県最古となる窪田発電所。
f0116479_14452738.jpg


by sunshine-works | 2015-06-10 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)