<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 31日
旧口大野村役場
京都府京丹後市の近代建築その5

旧大宮町の中心街の北に木造の古い役場建物が残されています。昭和4年、旧口大野村役場として建てられました。
f0116479_0462593.jpg
戦後に5村が合併して誕生した旧大宮町の中心に位置するこの建物は、元々は口大野村役場として建てられました。大宮町発足後は同町の役場として使われ、役場移転後は公民館、銀行支店、商工会館等に使われましたが、その後は長く空家となっているようです。
f0116479_0484660.jpg
f0116479_0474477.jpg
角地に建てられた木造2階建て。羽目板貼りの外壁、屋根に和瓦を葺いた儀洋風建物。
コーナーに設けた玄関、その上部に付け柱を飾り、屋根に三角破風を立ち上げます。
長く張り出した庇、交互に塗り分けらた外壁羽目板、大きな窓が並ぶ壁面等々、昭和初期のモダンな木造庁舎の姿を伝えます。
f0116479_047460.jpg
f0116479_0515311.jpg
f0116479_0584695.jpg
f0116479_059315.jpg
f0116479_053227.jpg
背面はドイツ下見板貼り仕上げ。2階の窓は省かれています。手前に見える門柱は隣接して建てられていた旧小学校の遺構です。
f0116479_055347.jpg
コーナーに設けられた玄関。シャッタに置き換えられてしまっているのが残念です。
f0116479_058116.jpg
f0116479_0572184.jpg
f0116479_0593555.jpg
f0116479_0594769.jpg
f0116479_102289.jpg
f0116479_103822.jpg
玄関上部の破風には旧大宮町の徽章を飾ります。
f0116479_113780.jpg



by sunshine-works | 2015-01-31 22:02 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 24日
峰山小学校
京都府京丹後市の近代建築その4

前回は峰山町の北丹後震災記念館 を紹介しましたが、同町内には同じ設計者が手掛けた学校建築が現存します。昭和4年築。設計:一井九平
f0116479_09194119.jpg

峰山町中心部から県道を北へ。緩やかな坂の途中にアーチ窓を巡らせた鉄筋コンクリートの大きな建物が見えてきます。
京丹後市立峰山小学校の玄関を構えるこの校舎は、昭和4年に建てられました。
f0116479_09210630.jpg
f0116479_09213587.jpg

昭和2年に発生した北丹後地震によって峰山町中心部にあった峰山小学校は校舎が倒壊、200名を越える死者を出しました。
町の復興と共に再建された小学校校舎は耐震性に優れた最新の鉄筋コンクリート造のモダンな外観、北丹後震災記念館と共通する意匠で建てられました。
f0116479_09251615.jpg
各面に巡らせた縦長窓、上部に連なる半円アーチ。
中央に三方にアーチを組んだ車寄せを配し、張り出した庇の下にはロンバルジア帯を飾ります。
大正期から昭和初期にかけて京都市内にはこのような意匠の鉄筋コンクリート造の学校建築が数多く建てられますが、京都市から遠く離れた府下の地方都市の校舎としては希少なものとなります。
f0116479_09265128.jpg
f0116479_09494860.jpg
f0116479_09311584.jpg
f0116479_10224275.jpg
玄関周り。車寄せのアーチ形状が異なるものの、震災記念館とそっくりです。
f0116479_09433922.jpg
f0116479_09531326.jpg
f0116479_09520563.jpg
f0116479_09444063.jpg
f0116479_10082874.jpg
f0116479_10091182.jpg
f0116479_09505983.jpg
f0116479_09371264.jpg
f0116479_09414327.jpg
f0116479_09422099.jpg
f0116479_09455017.jpg
f0116479_09424568.jpg
f0116479_09481780.jpg
f0116479_10001118.jpg
f0116479_09484534.jpg
校舎裏側です。
f0116479_10061725.jpg
f0116479_10063338.jpg
f0116479_10064901.jpg


by sunshine-works | 2015-01-24 23:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 10日
丹後震災記念館
京都府京丹後市の近代建築その3

峰山町の中心街の北方、小高い丘の上に鉄筋コンクリート造の古い建物が残されています。
この建物は昭和4年に丹後震災記念館として建てられました。設計は京都府技師の一井九平。
f0116479_11400688.jpg
丹後半島沖を震源として昭和2年3月7日に発生した北丹後地震は、およそ3,000人と言われる死者・行方不明者を出した大災害でした。特に大きな被害を受けたのが峰山町で、中心部の殆どの建物が失われ、死者は1,000名あまりに及びました。
震災による犠牲者の慰霊と記録資料の保存、地震に関する学術研究を目的に建てられたのがこの丹後震災記念館で、町を見下ろす台地の上に耐震性に優れた当時最新の鉄筋コンクリート造で建てられました。
f0116479_11411132.jpg
f0116479_13444315.jpg
f0116479_11425991.jpg
鉄筋コンクリート2階建て、東西の附室に事務所や倉庫を置いていますが、中央に設けた吹き抜けの大きな講堂を主体とした構造です。
半円アーチの多用や軒や玄関庇に巡らせたロンバルジア帯等、ロマネスク建築の要素を採り入れた当時主流の意匠を盛り込んでいます。
f0116479_11434782.jpg
f0116479_11450056.jpg
f0116479_11454964.jpg
f0116479_11463313.jpg
f0116479_11465481.jpg
f0116479_11471854.jpg
f0116479_11475897.jpg
f0116479_11482613.jpg
f0116479_11490753.jpg
f0116479_13491565.jpg
f0116479_13540304.jpg
f0116479_17202989.jpg
各面に並ぶ縦長窓。頂部に半円アーチが配されます。
f0116479_11492461.jpg
f0116479_13522197.jpg
f0116479_13502503.jpg
f0116479_11494899.jpg
f0116479_13554355.jpg
東面に設けられた玄関。三方にアーチを巡らせた車寄せを張り出します。
f0116479_14040622.jpg
f0116479_14042655.jpg
f0116479_14080391.jpg
f0116479_14060806.jpg
f0116479_14070429.jpg
f0116479_17260967.jpg
f0116479_14094347.jpg
f0116479_17274671.jpg
f0116479_14100819.jpg
f0116479_14085228.jpg
f0116479_14152436.jpg
明治以降、各地に発生した自然災害の慰霊や記録を目的とする施設が数多く建てられました。
この丹後震災記念館は西日本に建てられたこの種の建物としては最も規模が大きく、建築意匠的にも優れた遺産として往時の姿を今に伝えています。
f0116479_14154162.jpg


by sunshine-works | 2015-01-10 17:30 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)