<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 12月 25日
旧久美浜県庁舎玄関棟/旧久見谷町役場
京都府京丹後市の近代建築その2

京都府の北西部、兵庫県との境に位置する久美浜一帯は日本海航路の要衝として栄え、天領となった江戸時代には代官屋敷を中心とした町並みが築かれていました。
その後、久美浜代官所の管轄区域は幕末に設置された久美浜県に移行され、京都・兵庫の中北部から生る大きな県域を治めましたが、程なく明治4年に廃止され、生野、豊岡両県に分割されます。
行政の中心としての役割を失ったものの、久美浜はその後も地域の拠点としてその地位を保ち、明治期から昭和初期に幾つもの近代建築が建てられました。
京丹後市探訪の2回目は、久美浜町中心部に残る旧久美浜県庁舎の旧玄関棟と昭和7年築の旧久美谷町役場を紹介します。
f0116479_14315295.jpg

旧久美浜県役場は明治元年に久美浜代官所敷地内に初代庁舎が置かれましたが、明治3年に近接地に新築されます。この庁舎も翌4年には久美浜県が廃された事により新設された豊岡県庁舎として移築されますが、大正後年に玄関部分が再び久美浜に戻され、神社の社務所として使用されました。
f0116479_14322883.jpg

現存するのは玄関棟として建てられた木造平屋、漆喰壁、瓦葺きの和風建物。
中央玄関部分に切妻の破風を張り出す、寺社や武家屋敷風の意匠です。
f0116479_14371739.jpg
f0116479_14375199.jpg
f0116479_14421209.jpg

明治期の庁舎の多くは儀洋風と呼ばれる和洋折衷様式で建てられましたが、幕末から明治初年に設置されたこれら初期の役所建物には洋風の意匠は用いられず、江戸時代の代官屋敷や武家屋敷に倣った造りでした。
f0116479_14383280.jpg
f0116479_14384768.jpg
f0116479_14390706.jpg
f0116479_14401877.jpg

明治初期の庁舎建物は各地に残されていますが、廃藩置県以前の三冶制と呼ばれる行政制度に於いて設置された庁舎の現存例は極僅かです。
この旧久美浜県庁舎は当時の姿を伝える資料として貴重な建物となります。
f0116479_14393375.jpg




久美浜駅から駅前通りを進んで程なく、通りに面して木造2階建ての洋風建築が見えてきます。
この建物は、昭和7年に久美谷町役場として建てられ、戦後に周辺合併で誕生した久美浜町の庁舎として使われました。
f0116479_01430177.jpg
f0116479_01431978.jpg

木造2階建て、和瓦を葺いた寄棟屋根、外壁は下見板貼り、軒下を漆喰壁で仕上げます。
各部はその後に張替えられ、窓もサッシに代えられた為に古さを感じませんが、地方役場に多用された儀洋風意匠の姿を良く伝えています。
f0116479_10585757.jpg
f0116479_01440441.jpg
f0116479_11004011.jpg

正面入口に張り出した切妻屋根の玄関庇。儀洋風の役場建物や校舎に用いられた様式ですが、上掲の旧久美浜県庁舎に見られる武家屋敷の意匠を引き継いだものと思えます。
f0116479_10571399.jpg
f0116479_11011698.jpg
f0116479_01443855.jpg
f0116479_11013744.jpg


by sunshine-works | 2014-12-25 19:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 17日
経ケ岬灯台
京都府京丹後市の近代建築その1

日本海に突き出た京丹後半島の北端、険しい崖の上に白塗りの石積灯台が建てられています。この経ケ岬灯台は明治31年に設置されました。
f0116479_13453809.jpg

丹後半島の北端、県道から分岐した道の終端にある公園から山道を歩いて20分程、岬を見下ろす丘に白塗りの灯台が見えてきます。石積の塀に囲まれた敷地には竣工時に建てられた灯台と付属建物が残されています。
f0116479_13543320.jpg
f0116479_13471279.jpg
f0116479_13474690.jpg
f0116479_13480803.jpg
f0116479_13483127.jpg

明治初期、英国から招いたブラントンを中心として各地に建てられた近代灯台の多くは当時の主要航路であった太平洋沿岸と瀬戸内海に設置されていました。
明治中期、急速な産業発展に伴って交易ルートが拡大する中で各地に多くの港湾が整備され、日本海側にも国内外を結ぶ航路が結ばれていきます。
このような時代背景を受け、敦賀、舞鶴の重要港湾を抱える敦賀湾の要として経ケ岬灯台が建てられました。
f0116479_13485871.jpg
f0116479_13491232.jpg
f0116479_11081016.jpg
f0116479_11084774.jpg

灯台の高さはおよそ12メートル、規模としては然程大きなものでは在りませんが、海面からの高さは148メートルに達します。当時最新のレンズを備え、灯光到達距離の最も長い第一級灯台の一つとして建てられました。
f0116479_13504305.jpg
f0116479_13520779.jpg

花崗岩を積み上げた半円形の基礎の上に塔を載せた構造は、ブラントンの手掛けた一連の近代灯台の形状そのまま。
以前紹介した江崎灯台鍋島灯台と良く似た外観です。
f0116479_13530594.jpg
f0116479_11002174.jpg
f0116479_11512127.jpg
f0116479_11010543.jpg
f0116479_10591846.jpg
f0116479_11021804.jpg
f0116479_11055730.jpg
f0116479_11063354.jpg

岬の先に日本海を望みます。
f0116479_11042340.jpg
f0116479_11045115.jpg
f0116479_11051137.jpg
f0116479_11521247.jpg
f0116479_11070214.jpg
昭和34年に自動化が図られ、居住施設は廃されましたが、倉庫として残されています。
f0116479_11130367.jpg
f0116479_11132057.jpg
f0116479_11133405.jpg
f0116479_11140539.jpg



by sunshine-works | 2014-12-17 23:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 10日
京都の近代建築
京都の近代建築

兵庫県からスタートして岡山、香川、鳥取、徳島の近代建築を紹介して来ましたが、今回より京都府を新たな探訪先に加えていきます。
長い間文化の中心地として栄えた京都府は、明治以降いち早く近代化が進められ、商工業、学術文化、インフラ、その他様々な施設建物が欧米の技術技法によって各地に築かれて行きます。
古都京都を中心に伝統文化を受け継ぐ京都府ですが、明治以降に建てられたこれら近代建築の数々は、今尚その多くが古い町並みの中や、のどかな自然風景の中にその姿を留めます。


京都市役所は昭和2年の竣工。現役の市庁舎としては日本屈指の歴史を持ちます。
f0116479_13495935.jpg

京都の近代化を支えた産業施設の数々。京都駅前に建つ旧京都電燈本社。
f0116479_13575811.jpg

琵琶湖疎水による水力発電が京都電燈の母体の一つとなりました。南禅寺水路閣。
f0116479_13594446.jpg

各地に残る煉瓦造の水力発電所。大河原発電所は大正8年築の現役施設です。
f0116479_14105966.jpg

東山区の蹴上浄水場。明治45年開設時の施設が残されています。
f0116479_11223988.jpg

産業の発達に伴い、大小様々な金融機関が建てられました。
三井住友銀行京都支店旧壁面。
f0116479_14215004.jpg

全国に知られる数多くの企業を育んだ京都。所縁の建物が随所に残ります。任天堂旧本社建物。
f0116479_14131598.jpg

情報・文化の中心としての役割は近代化以降も受け継がれていきます。
商業ビルとして再生された旧毎日新聞社京都支局。
f0116479_14295082.jpg

京都府立図書館は明治42年築。外壁を活かして再生されています。
f0116479_14340729.jpg

多くの寺社で知られる京都ですが、明治初期には各派のキリスト教会が各地に建てられて行きます。
ヴォーリズ設計の御幸町教会は大正2年築。
f0116479_14492067.jpg

小学校から大学に至るまで、様々な教育関連施設が各地に現存します。
龍谷大学大宮学舎。
f0116479_14412916.jpg

大きな戦禍を免れた京都市内には、戦前に建てられたモダンな鉄筋校舎が数多く現存します。旧銅駝尋常小学校校舎
f0116479_14464756.jpg

地方都市にも優れた学校建築が現存しています。昭和4年に建てられた京丹後市立峰山小学校は今尚現役で使われています。
f0116479_14453161.jpg

様々な様式の住宅建築も各地に見出せます。現在は美術館として使われている大山崎山荘は昭和8年築。
f0116479_10482735.jpg

同志社大学アーモスト館。寄宿舎として建てられました。
f0116479_10475635.jpg

日本で4箇所の鎮守府の一つだった舞鶴、歩兵連隊が置かれた福知山。
当時の施設が現在も受け継がれています。

舞鶴の煉瓦倉庫群。
f0116479_11130363.jpg

福知山市の旧歩兵20連隊。現在は自衛隊基地となっています。
f0116479_11164442.jpg

大阪~京都間の鉄道開通は明治9年。その後は官民併せて幾つもの路線が伸ばされます。日本最初の路面電車が敷かれ、山陰と結ぶ幹線の基点ともなった京都には鉄道遺産が数多く現存します。

東海道本線桂川橋梁は大正初期のトラス橋。橋脚の一部は開通時の姿を留めます。
f0116479_11063981.jpg

県北部に点在する開設時の石積、煉瓦積の鉄道橋梁。
宮津線水戸谷川橋梁
f0116479_11271818.jpg

僅か15年で用途を終えた愛宕山鋼索鉄道山頂駅跡。
f0116479_11284205.jpg

県内各地に残る各種近代土木遺産。八木町の大堰橋は現在では数少ないゲルバートラス橋です。
f0116479_11303930.jpg



by sunshine-works | 2014-12-10 23:45 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)