<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 16日
旧阿波農工銀行本店(みずほ銀行徳島支店)
徳島県徳島市の近代建築その5

前回紹介した高原ビルの近くに、昭和初期に建てられた銀行建物が現存します。
みずほ銀行徳島支店として使われているこの建物は、阿波農工銀行本店として昭和4年に建てられました。設計:国枝博
f0116479_1022681.jpg

合併と統合を繰り返してメガバンクに成長した現在のみずほ銀行の前身、勧業銀行の下部銀行だった各地の農工銀行の一つとして設立されたのが旧阿波農工銀行です。
昭和4年に阿波農工銀行本店として建てられた後、昭和12年に同行を吸収した勧業銀行の徳島支店として使われ、その後は勧業銀行の変遷と共に名を変えながら現在も銀行店舗として使われています。
f0116479_1023982.jpg

f0116479_10243539.jpg

鉄筋コンクリート2階建。腰周りや窓枠に花崗岩の切石を貼ります。全面に6本のコリント式ジャイアントオーダーを並べ、柱間にアーチを連ねる当時の銀行建築の典型的な意匠です。
f0116479_10251466.jpg

f0116479_10254449.jpg

f0116479_1026572.jpg

f0116479_102776.jpg

建物の規模に比べると小さな主入口。この入口もアーチ型で飾られます。
f0116479_1029380.jpg

f0116479_103049.jpg

f0116479_10293137.jpg

f0116479_10295192.jpg

オーダー柱のクローズアップ。四国に現存する戦前の銀行建築の中で、コリント式の列柱が並ぶ銀行店舗として希少な例です。
f0116479_10282090.jpg

f0116479_10283585.jpg

f0116479_10302776.jpg


by sunshine-works | 2014-09-16 23:58 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 06日
高原ビル
徳島県徳島市の近代建築その4

徳島市の中心街の一角に昭和初期に建てられた鉄筋3階建てのビルが残されています。
この建物は昭和7年に徳島で石油卸業を営む高原商店が建てた商業ビルで、1階に同社の本社が置かれ、上階は住居として使われていました。
*当初の掲載内容に誤りがありましたので記述を一部修正いたします。
f0116479_12424095.jpg

全面に貼られたスクラッチタイル、上げ下げ式の縦長窓、1階角の丸窓、アールを付けたコーナー、窓間を飾る付柱、テラコッタの軒飾り等々、昭和初期のモダンな商業ビルの姿を今に伝えます。
f0116479_1243745.jpg

f0116479_12431562.jpg

f0116479_1243412.jpg

f0116479_12434913.jpg

商店街の裏手、人通りが途切れた辺りに位置します。赤いタイルが貼られた1階の通り抜け部分が改修されているようですが、正面側外壁は竣工当時の状態が保たれています。
f0116479_12453758.jpg

f0116479_12444169.jpg

f0116479_1245396.jpg

f0116479_12462666.jpg

一部の窓を丸窓とする意匠は、当時の商業建築に良く使われていました。
f0116479_1246859.jpg

f0116479_12463480.jpg

全面に貼られたスクラッチタイル。基礎部分は花崗岩の切石を積みます。
f0116479_12561461.jpg

f0116479_1247327.jpg

f0116479_12471345.jpg

f0116479_1252967.jpg

f0116479_1255554.jpg

f0116479_12472669.jpg

f0116479_12473590.jpg

窓間や軒下をテラコッタで飾ります。
f0116479_12475698.jpg

f0116479_1248584.jpg

f0116479_124814100.jpg

ガラス窓越しに写した2階室内。
f0116479_1248298.jpg

f0116479_12483875.jpg


by sunshine-works | 2014-09-06 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)