<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 28日
旧中江種造別邸
豊岡の近代建築その12

豊岡市の中心部から南西へ。長閑な郊外の景色の中に瀟洒な木造洋館が建っています。
現在は豊岡カトリック教会として使われているこの建物は、豊岡出身で銀山王と呼ばれた中江種造の別荘として建てられました。
大正11年築。
f0116479_1512578.jpg

木立に囲まれた広い敷地に建つ、木造2階建て、寄棟造り。装飾を抑え、平面・直線を基調としたセセッション風の意匠です。
f0116479_15141640.jpg

f0116479_15134071.jpg

f0116479_15135328.jpg

3方をアーチで囲んだ玄関ポーチを東面に張り出します。
f0116479_1515961.jpg

f0116479_15161132.jpg

f0116479_15145881.jpg

f0116479_15154392.jpg

f0116479_15171221.jpg

f0116479_15152314.jpg

f0116479_15162790.jpg

f0116479_15165273.jpg

f0116479_15184312.jpg

南側面です。
f0116479_151845.jpg

f0116479_15181742.jpg

f0116479_15191266.jpg

f0116479_15194422.jpg

f0116479_1520574.jpg

中江家の別荘として昭和26年まで使われた後、豊岡市に譲渡され、その翌年にカトリック豊岡教会の所有となって現在に至ります。
この旧中江種造別邸は、但馬に現存する数少ない本格的な洋館建築で、兵庫県内でも希少な大正期の木造洋館として貴重な建物となっています。
f0116479_15201891.jpg

f0116479_15203279.jpg

f0116479_15205126.jpg

f0116479_15211723.jpg


by sunshine-works | 2014-02-28 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日
旧但馬貯蓄銀行本店
豊岡の近代建築その11

前々回の宵田通りの復興建築群の中で紹介しましたが、昭和初期に豊岡貯蓄銀行本店として建てられた建物が残されています。
銀行店舗を経て労働基準監督所として使われていましたが、現在は画廊と診療所に使われています。
f0116479_13411145.jpg

木造2階建、漆喰壁と和瓦の和風建築に洋風建築を組み込んだ折衷様式。
隣接する日本家屋と調和させながら、縦長窓や入口横の付柱、軒下の意匠等で銀行らしい重厚感を持たせています。
f0116479_13414658.jpg

f0116479_13421691.jpg

f0116479_13425167.jpg

f0116479_13432182.jpg

切石を廻らせた腰周り。入口両側の付柱はギリシア風の意匠。
扉の横枠にも飾りが刻まれています。
f0116479_13434824.jpg

f0116479_13441314.jpg

f0116479_13445986.jpg

f0116479_13453825.jpg

f0116479_13454887.jpg

長らく空家のまま放置されていたこの建物ですが、手直しされて2012年より現在のテナントが入居します。
竣工当時の状態が良く保たれており、折衷様式銀行店舗の姿を今に伝えています。
f0116479_13442518.jpg

f0116479_13444064.jpg

f0116479_13455849.jpg


by sunshine-works | 2014-02-21 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 16日
豊岡復興建築 その2
豊岡の近代建築その10

前回に引き続いて、豊岡の中心街に残る北但馬震災の復興建築群の紹介。今回はメインストリート、大開通りの建物を紹介します。
f0116479_192672.jpg

通りの中心部近くに建つ3棟並んだ店舗建物。
f0116479_194164.jpg

f0116479_1104387.jpg

縦長窓と柱形が特徴的な建物。
f0116479_102172.jpg

f0116479_1121176.jpg
f0116479_1122079.jpg

こちらも3棟繋がりの店舗。窓周りやコーニスの意匠がそれぞれに異なります。
f0116479_1191647.jpg

f0116479_1193017.jpg

f0116479_1232842.jpg

f0116479_1234233.jpg

f0116479_121889.jpg

その隣にも2棟の復興建築が並びます。
手前側は但馬銀行の店舗として建てられたものです。
f0116479_1202590.jpg

f0116479_121417.jpg

f0116479_122651.jpg

銀行建築らしく石で飾った重厚な玄関。
f0116479_1215427.jpg

f0116479_1302899.jpg

パラペットが特徴的な建物。
f0116479_118832.jpg

f0116479_1183065.jpg

近くに建つ2棟の小さな建物。飾りが剥がれてしまったかの様にも見えます。
f0116479_1124713.jpg

和風意匠の建物も耐火性を踏まえた造りで建てられています。
f0116479_1131647.jpg

f0116479_1133234.jpg

f0116479_1135231.jpg

その他にも数多くの復興建築が点在します。
これら昭和初期に建てられた商業建築は48棟におよび、43棟が現存しています。
f0116479_1141426.jpg

f0116479_1144367.jpg

f0116479_114521.jpg

f0116479_115141.jpg


by sunshine-works | 2014-02-16 23:54 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 11日
豊岡復興建築 その1
豊岡の近代建築その9

豊岡の中心部には、大正末期から昭和初期に建てられた近代建築が数多く残されています。
その殆どは大正14年の北但馬地震で大きな被害を被った中心市街地の再建時に建てられたもので、前3回で紹介した公共建築の他に、商店街に並ぶ多くの商業建築が耐火性に優れたコンクリート造や看板建築で建てられました。
今回と次回に亘ってこれら一連の復興建築群を紹介します。
f0116479_10125596.jpg

中心街の大開通りの南に平行する生田通りに建つ小さなコンクリート建築。
元々は店舗あるいは事務所だったと思われます。
f0116479_10193246.jpg

f0116479_1019492.jpg

f0116479_102014.jpg

同じく生田通りの建物。
f0116479_10203267.jpg

東へ進んだ場所に建つこの建物も、当初事務所ビルとして建てられたと思われます。
f0116479_1021991.jpg

f0116479_10212042.jpg

f0116479_10213735.jpg

f0116479_10215155.jpg

f0116479_1022293.jpg

f0116479_10221273.jpg

豊岡の中心市街地の東を南北に通じる宵田通りにも多くの復興建築が現存します。
f0116479_10225576.jpg

f0116479_10231354.jpg

f0116479_10232597.jpg

f0116479_10235161.jpg
f0116479_10234199.jpg

f0116479_1024594.jpg

メダリオン、テラッコッタで飾られた建物。
f0116479_10251740.jpg

f0116479_10252996.jpg

交差する大開通りを渡って北へ。
銀行店舗として建てられた建物。この建物については後日改めて紹介します。
f0116479_23172730.jpg

コンクリート造、あるいは看板建築という括りからは外れますが、存在感のある和風建築です。
f0116479_102764.jpg

f0116479_10271841.jpg

f0116479_10272993.jpg

f0116479_10273934.jpg

通りを更に北へ。
結納用品店舗として今も使われている建物です。
f0116479_1028418.jpg

f0116479_10282078.jpg

現在は個人宅として使われているこの建物も、事務所または店舗として建てられたと思われます。
f0116479_0282928.jpg

宵田通りから東へ抜けた地点に残る旧豊岡劇場。最後は映画館として使われましたが、近年閉鎖されました。
f0116479_10344932.jpg

f0116479_10335270.jpg

f0116479_1035428.jpg

f0116479_10351834.jpg

f0116479_10353127.jpg

次回は大開通りの復興建築を廻ります。

by sunshine-works | 2014-02-11 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 06日
旧兵庫県農工銀行豊岡支店(豊岡市役所南庁舎別館)
豊岡の近代建築その8

前回紹介した旧豊岡郵便局の向かいに、昭和9年に建てられた銀行建物が現存します。
兵庫県農工銀行豊岡支店として建てられたこの建物は、その後幾つかの銀行の店舗を経て、平成17年から平成24年までは豊岡市役所南庁舎別館として使われました。
設計は関西を拠点に活躍した渡辺節です。
f0116479_144532.jpg

大開通りを挟んで旧豊岡郵便局と向き合います。モダニズム建築の豊岡郵便局とは対照的な復興ルネッサンス様式、全面に貼られた化粧タイル、アーチ窓や付柱、四方の隅石等、銀行建築らしい重厚な造りです。
f0116479_144355.jpg

大開通りに面した正面側。中央に4本の付柱が並びます。
f0116479_1442219.jpg

f0116479_1454059.jpg

f0116479_146347.jpg

f0116479_1462722.jpg

f0116479_1464713.jpg

側面側。1階は4連のアーチ窓、2階が縦長窓。南側に増築されたと思われる棟が繋がります。
f0116479_14102829.jpg

f0116479_1411254.jpg

f0116479_14112893.jpg

美しい弧を描く4連のアーチ。
f0116479_14114574.jpg

f0116479_14115620.jpg

f0116479_14122146.jpg

f0116479_14123056.jpg

f0116479_142096.jpg

f0116479_1413201.jpg

大開通りを挟んで旧豊岡郵便局を眺めます。
f0116479_141322.jpg

建物裏手は駐車場として使われています。
両翼に増築部分が伸ばされ、コの字方に建物が配置されています。
f0116479_1414133.jpg

f0116479_14143037.jpg

f0116479_14144238.jpg

f0116479_14145457.jpg


by sunshine-works | 2014-02-06 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)