<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 10月 30日
山陰合同銀行根雨支店(旧雲陽実業銀行根雨支店)
鳥取県日野郡の近代建築その2

出雲街道の宿場として栄えた日野郡根雨町の中心部に、昭和初期に建てられた銀行建物が今尚現役で使われています。
この建物は、現在の山陰合同銀行の前身の一つ、雲陽実業銀行の店舗として昭和4年に建てられました。
f0116479_2085687.jpg

旧街道に面して建つ木造モルタル2階建て。
玄関の両側に窓1面の幅を加えた、間口10メートル足らずの建物です。
壁面は全面化粧タイル貼り、玄関庇から2階の軒下に付柱を通し、中央のペディメントにオーナメントを飾ります。
庇の持送りや四方の軒下に飾られる半球を連ねたレリーフ、コーニス下に並ぶディンティル、上下の窓間の装飾等々、小さな建物ですが、当時流行の建築様式が各部に盛り込まれています。
f0116479_20404490.jpg

鳥取県内で同時代に建てられた小規模銀行店舗の現存例として、旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店が在りますが、正面側の意匠には多くの類似点があります。
f0116479_2039059.jpg

f0116479_20392355.jpg

f0116479_20394240.jpg

f0116479_8395138.jpg

f0116479_20432474.jpg

f0116479_20403447.jpg

建物側面
f0116479_20475555.jpg

f0116479_8401250.jpg

f0116479_2049134.jpg

現在は山陰合同銀行根雨支店として使われているこの建物は、戦前に建てられた鳥取県内の銀行店舗の中では現役で使われている唯一の事例です。
このように小規模な古い銀行店舗は老朽化や支店の統廃合によって閉鎖される例が多く、全国的にも数少ない現存例です。
f0116479_20493091.jpg


by sunshine-works | 2013-10-30 23:53 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 25日
旧北室医院
徳島県つるぎ町の近代建築その2

徳島線阿波半田駅の西方、線路と国道に挟まれた敷地に木造の洋風建築が残されています。
明治期より続く外科医院の建物として大正12年に建てられました。
f0116479_815080.jpg

木造2階建て寄棟造り、桟瓦葺き。
建物中央に車寄せを突き出し、2階正面上部に三角破風を立ち上げます。
施工に際しては前回紹介した同町の逢坂医院を参考にしたとの事で、規模の違いは在るものの多くの類似点があります。
f0116479_9134348.jpg

f0116479_816466.jpg

f0116479_8184249.jpg

敷地の目の前を渡る線路。玄関へは専用の踏み切りを渡って進みます。
f0116479_8325950.jpg

f0116479_8331082.jpg

f0116479_16181411.jpg

逢坂医院同様に寄棟屋根中央に三角破風を設けます。
装飾はこちらの方がやや控えめな印象です。
f0116479_8171890.jpg

f0116479_8173570.jpg

f0116479_8175348.jpg

玄関周りの装飾も同様に控えめ。彫刻や柱飾りは殆どありません。
f0116479_8191738.jpg

f0116479_820717.jpg

f0116479_8201816.jpg

f0116479_8264852.jpg

f0116479_8272237.jpg

f0116479_8274734.jpg

f0116479_827245.jpg

f0116479_8281281.jpg

f0116479_8291274.jpg

f0116479_8303267.jpg

敷地の横手には、土手の下を通る国道を結ぶ坂道が通じます。
f0116479_830525.jpg

f0116479_831482.jpg

f0116479_8312986.jpg

f0116479_8314044.jpg

徳島県内に残る木造の近代建築物の数は然程多くありませんが、この様な医院建築については各地に現存例が見られます。
残念ながらその殆どは閉院していますが、どれも当時の姿を良く保つ優れた建築資料として残っています。
f0116479_8335944.jpg


by sunshine-works | 2013-10-25 22:59 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 20日
旧逢坂医院
徳島県つるぎ町の近代建築その1

徳島線阿波半田駅の南、山間いの小さな町の一角に、木造の旧医院が残されています。
この逢坂医院は、地域初の医院として大正期に開業、昭和24年まで使われていました。正確な記録はありませんが、大正10年頃の築とされています。
f0116479_13263285.jpg

町のほぼ中央部、狭い道路に沿って家々が並ぶ中に建つ2階建ての木造洋館。
玄関を中心にシンメトリーに棟を構えた寄棟造り。張り出した2階上部には三角破風を飾ります。
和洋折衷のいわゆる儀洋風建築ですが、玄関周りやペディメントを始め各部に意匠が凝らされ、当時の地方医院建築の貴重な実例として伝わります。
f0116479_13265870.jpg

f0116479_1328116.jpg

f0116479_13284665.jpg

門から玄関までのアプローチ。
f0116479_1329449.jpg

f0116479_13301775.jpg

f0116479_13303978.jpg

f0116479_1331411.jpg

f0116479_13312648.jpg

この逢坂医院は昭和24年に当主が亡くなり、1代限り、開業後30年足らずで廃業となります。
その後は取り壊されること無く、長い期間を往時の姿のまま保たれています。
f0116479_13315783.jpg

f0116479_13314672.jpg

建物は敷地の奥に長く伸びています。後方には別棟が併設されています。
f0116479_13334611.jpg

f0116479_13335473.jpg


f0116479_1333910.jpg


by sunshine-works | 2013-10-20 23:40 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 15日
旧江木歯科医院
岡山県倉敷市の近代建築その19

玉島の旧市街の一角、伝統家屋が並ぶ中に、モダンな洋館造りの医院兼住宅が残されています。
詳細は不明ですが、昭和初期の築と思われます。
(歯科医院の看板が掲げられていますが、閉院したようです。)
f0116479_9385513.jpg

木造モルタル造、玄関を構える建物左手が2階建て、右半分に平屋の診療室が繋がります。
上げ下げ式の縦長窓や側面の丸窓、大きく張り出した玄関庇、入口周りや門柱を飾る切石、屋根は洋瓦葺き。
昭和初期のモダンな都市型住宅の姿を伝ます。
f0116479_9443888.jpg
f0116479_953177.jpg

f0116479_9453694.jpg

門から玄関のアプローチ。ほぼ直線のみのシンプルな構成です。
f0116479_940426.jpg

f0116479_941197.jpg

f0116479_9411291.jpg

f0116479_9415884.jpg

側面から奥手。一部の窓以外は木製枠が保たれています。
f0116479_952295.jpg

f0116479_943167.jpg

f0116479_943559.jpg

使われなくなった診察室には機材がそのまま残されていました。
f0116479_942574.jpg

f0116479_9475488.jpg


by sunshine-works | 2013-10-15 17:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 10日
旧小出医院
養父の近代建築その4

養父市の北部、円山川近くの静かな集落に大正期の医院建築が残されています。
大正7年に建てられたこの小出医院は、平成10年まで現役で使われていました。
f0116479_1438655.jpg

集落の外れ、角地に面して建てられた木造平屋建て。
建物中央に車寄せを設け、左右シンメトリーに部屋を配置、大きな寄棟屋根には和風の桟瓦を葺きます。
施工を担当した地元の大工に当時の東京帝国大学付属病院を実見させたとの事で、地方小村の医院ながら本格的な洋風技法を取り入れた折衷様式で建てられています。
f0116479_14383168.jpg

f0116479_14385192.jpg

f0116479_14394923.jpg

基礎に布積みの礎石、壁面は黄褐色の漆喰壁、軒下はモルタル仕上げ。
窓枠や玄関扉は当時と変わらぬ木製のままです。
f0116479_14414378.jpg

f0116479_1441345.jpg

f0116479_14402474.jpg

f0116479_1443693.jpg

閉院して10年以上を経過、各部の劣化が進んでいます。
木部の表面は乾き、壁面の剥離やひび割れが目立ちます。
f0116479_14441419.jpg

f0116479_14443690.jpg

f0116479_14475928.jpg

f0116479_14481637.jpg

建物右手に繋がる付属棟。こちらの状態も芳しくありません。
f0116479_1449991.jpg

中庭から建物裏側の眺め。隣に並ぶ萱葺き屋根は出石藩主の御座所として建てられた由緒ある建物です。
f0116479_14464093.jpg

f0116479_14465461.jpg

f0116479_14471682.jpg

明治期以降各地の町村に開業した個人医院の多くは、このような洋風意匠で建てられ、地域の近代建築の先駆けとなりましたが、建物の老朽化や医療環境の変化に伴ってその殆どは昭和末期から平成にかけて姿を消して行く事となります。
往時の姿を良好に留めるこの旧小出医院は、これら地方医院の貴重な資料として残ります。
f0116479_14392913.jpg


by sunshine-works | 2013-10-10 20:54 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 05日
上垣医院
朝来の近代建築その11

和田山駅南側の中心街を東へ進んで程なく、道路に面して木造2階建ての大きな建物が見えてきます。
和田山を代表する洋館建築として知られるこの上垣医院は80年を超えて今尚現役で使われています。
f0116479_12293520.jpg

この上垣医院の竣工は昭和5年。地元出身の上垣新吾医学博士を招いて開設されました。
公設医療機関が無かった朝来地区では最も大きな医院で、モダンな洋館の病院として親しまれました。
f0116479_12305037.jpg

上部にバルコニーを乗せた玄関ポーチを中央に配し、左右両翼を手前に張り出すシンメトリー構造の木造2階建て。外壁はモルタル塗り、寄棟屋根には和風の桟瓦を葺いた和洋折衷様式です。
f0116479_1230307.jpg

f0116479_1231153.jpg
f0116479_1233254.jpg

玄関ポーチおよび庇上部のバルコニー。
2階の屋根上に設けられた通気用のドーマー窓が良いアクセントとなっています。
f0116479_12383520.jpg

f0116479_12321477.jpg

f0116479_12341240.jpg

4本の石柱が支える玄関庇。その奥の入口扉は建物規模に比べて小さな造りです。
f0116479_12344728.jpg

f0116479_1235613.jpg

各面に並ぶ上げ下げ式窓。木製の枠が当時のまま使われています。
f0116479_12315560.jpg

f0116479_12363668.jpg

f0116479_12352386.jpg

f0116479_12354576.jpg

f0116479_12374536.jpg

2階の窓は引き違い窓もしくは外開き窓でしょうか。
f0116479_1236269.jpg

建物側面。小さな出入り口が設けられています。
f0116479_12365978.jpg

f0116479_12371940.jpg

敷地奥手の建物。かつて隔離病棟として使われていたとの事です。
f0116479_1243402.jpg

現役で使われている昭和初期の医院建築の現存例は兵庫県内でも数少なく、個人医院では最も古いものでしょう。
竣工当時の姿を良く留め、当時の医院建築を伝える貴重な遺産となっています。
f0116479_12441774.jpg


by sunshine-works | 2013-10-05 23:28 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)