<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 30日
若宮谷ダム/一宇水力発電所
徳島県三好市の近代建築その7

徳島県の南部から高知県北部に跨って深い山々が連なる四国山地一帯は、四国で早期に電源開発が行われた地域でした。
中でも現在の三好市祖谷地方は利用可能な水系に恵まれ、秘境と呼ばれた険しい自然環境の中に数多くの水力発電所が築かれていきます。
徳島県三次市の近代建築探訪の最後は、旧西祖谷村に残る昭和初期の発電用ダムを紹介します。
f0116479_19442314.jpg

集落の奥手、中学校の裏山を登って程なく進むと、山間いに開けた湖面が見えてきます。
この若宮谷ダムは祖谷川水系で4番目に開かれた一宇発電所の用水ダムとして、昭和10年に設置されました。
f0116479_19454033.jpg

f0116479_19455772.jpg

f0116479_19474649.jpg

ダムの形式としてはこの時代の一般的な重力式コンクリートダム。
9,400平米の貯水量は然程大きなものではありませんが、30メートルを超える堰堤高は戦前に県内に築かれたダムの中で最大規模のものとなりました。
f0116479_19461972.jpg

堰堤長はおよそ90メートル。越流ゲートを設けないシンプルな造りです。
f0116479_19465677.jpg

f0116479_19483845.jpg

f0116479_19481993.jpg

天端の上部に両側を結ぶ通路が渡されています。
f0116479_19503732.jpg

f0116479_1950351.jpg

f0116479_19494412.jpg

f0116479_19502341.jpg
f0116479_1956375.jpg

f0116479_1951579.jpg

f0116479_19512533.jpg

天端から覗き込んだ堤底。
f0116479_19523992.jpg

f0116479_19525362.jpg

堰堤から少し離れた位置に据えられた施設。取水口でしょうか?
f0116479_195454.jpg

f0116479_19542925.jpg

若宮谷ダムから取水した発電用水は山を下り、深い谷底に築かれた発電所へ送られます。
この一宇発電所も現用施設として昭和11年当時の姿を今日に留めています。
f0116479_19551147.jpg
f0116479_19553462.jpg


f0116479_19552342.jpg


by sunshine-works | 2013-09-30 21:56 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 25日
旧海軍米子航空基地掩体壕
鳥取県米子市の近代建築その8

中海に突き出した半島の突端、米子市と境港市に跨って米子空港の敷地が広がっています。
航空自衛隊美保基地と共用する米子空港は、旧海軍の航空隊基地がその前身となりますが、この空港周辺には旧軍時代に設けられた数基の掩体壕(航空機用の壕)が今も残されています。
f0116479_19105816.jpg

空港に面した道路脇に残る壕。現存する米子空港周辺の掩体壕の中では最も規模が大きく、また内部の様子が良く伺えます。
f0116479_191122100.jpg

掩体壕とは航空機を空襲から守る為に飛行場周辺に築かれた施設で、その多くは半地下式のコンクリート壕に土盛をしただけの簡易なものでした。
本土空襲が激しくなった戦争末期の旧軍の航空基地にはこのような壕が数多く造られますが、使われているコンクリートの厚さからすると爆弾の直撃に絶え得るものとは思えず、機体の隠蔽と銃撃や爆風からの保護が主な目的だったのでしょう。
f0116479_19131820.jpg

f0116479_19122688.jpg

内部は奥が狭く、高さも奥側が低く造られています。
当時の軍用機は尾輪式だったので低い後ろ側から収容し、機首が手前側になります。
入口上部にはプロペラの高さギリギリに切り欠きが設けられています。
f0116479_19133970.jpg

f0116479_19141886.jpg

f0116479_19145279.jpg

f0116479_19143362.jpg

f0116479_1915974.jpg

f0116479_19151850.jpg

f0116479_1916736.jpg

暫らく進んだ集落の中程に残る壕。先ほどに比べると小型な壕です。
f0116479_1917692.jpg

f0116479_19173764.jpg

奥行きも短く、入口も両翼が収まる形状となっていません。
この規模では機体全体(単発戦闘機で縦・横最大10メートル程)を格納するには足らず、機体の後ろ半分のみを収めて前部は土塁等で防護したものとも思われます。
f0116479_19174619.jpg

f0116479_19175873.jpg

こちらは美保基地の中に残る数基の壕。
土盛りがそのまま残され、当時の状況が良くわかります。
f0116479_1920671.jpg

f0116479_19201485.jpg

f0116479_19203376.jpg

f0116479_19204224.jpg

f0116479_19211967.jpg

f0116479_19214017.jpg

少し離れた場所の小ぶりな壕。
飛行機の壕ではなく、通信施設が収められていたようです。
f0116479_19222092.jpg

f0116479_19225242.jpg

戦時中に各地の航空基地に築かれたこれらの壕の多くは農業倉庫や資材庫としてその後も使い続けられましたが、周辺の開発や老朽化を理由に大半が取り壊されてしまいました。
僅かに残されたこれら幾つかの壕跡が貴重な歴史を伝えています。
f0116479_19221294.jpg


by sunshine-works | 2013-09-25 18:03 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日
旧江尾水力発電所
鳥取県日野郡の近代建築その1

鳥取県の南東部、岡山県境に近い江府町江尾の川沿いに、大正期に建てられた古い水力発電所が残されています。
旧山陰電気によって建てられたこの旧江尾発電所は、大正8年に建てられ昭和52年まで現役で使われていました。
f0116479_19543460.jpg

石造一部2階建て、ルスティカ積みに切石を組み、アーチ窓と縦長窓を配置。
軒下のコーニスや側面のバットレス、キングポストトラスを用いた屋根組み等、本格的な西洋建築技法が取り入れられています。
f0116479_19551991.jpg

右手に発電機が置かれた2層の建屋、左手に平屋の付室が並びます。
f0116479_19553375.jpg

f0116479_1956712.jpg

現在の中国電力は、山陰・山陽に設立された地場の電力会社がその前身となりますが、現存するこれら旧電力会社の発電施設の中で石造で建てられたのは江尾発電所が唯一のものです。
他の発電所の殆どが簡素な造りとなっている中で、この発電所は意匠の面でも特異な存在です。
f0116479_19565145.jpg

f0116479_19563871.jpg

f0116479_19571735.jpg

f0116479_19573810.jpg

f0116479_19575046.jpg

f0116479_2001697.jpg
f0116479_19595828.jpg

竣工後94年、廃止されてからも36年が経過していますが、状態は極めて良好に保たれ、窓枠も当時のままの木製のものが使われています。
f0116479_19581397.jpg

f0116479_19582855.jpg

f0116479_19583978.jpg

f0116479_19585344.jpg

f0116479_1959402.jpg
f0116479_19592043.jpg

建屋の裏側。水圧鉄管の跡が金属板で塞がれています。
f0116479_2003637.jpg

川の対岸からの遠望。
この旧江尾発電所は山陰地方に残る古い水力発電所の中でも大正期に遡るものとして、また全国的にも11例のみが現存する石造発電所建物の一つとして貴重な土木遺産となっています。
f0116479_2014949.jpg


by sunshine-works | 2013-09-20 18:59 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 15日
登山橋
鳥取県西伯郡の近代建築その1

伯耆溝口駅から北東方向、狭い山道の途中に鉄筋コンクリート造のアーチ橋が架けられています。
昭和9年に架けられたこの登山橋は、竣工当時、鳥取県内で最大規模のコンクリート橋となりました。
f0116479_9395562.jpg

この橋が架かる町道は、現在では交通量も少ない地方道となっていますが、近くに新道ができるまでは大山の登山道として賑わった道でした。
橋の名称も大山の登山道に架けられた事に由来しています。
f0116479_9403458.jpg
f0116479_9404338.jpg

f0116479_9405129.jpg

日野川水系の大江川が流れる深い谷間を渡る上路式開腹コンクリートアーチ橋。60メートルを超えるスパンを途中に橋脚を設けず一跨ぎします。
f0116479_9414049.jpg
f0116479_9414947.jpg

f0116479_9425613.jpg

美しい弧を描くコンクリートアーチが対岸に渡ります。
f0116479_9423396.jpg
f0116479_9422391.jpg
f0116479_942014.jpg

深い谷底で80年に亘って橋を支え続けるアーチ基部。
f0116479_9431619.jpg
f0116479_943720.jpg

この橋が架けられた昭和初期、鉄筋コンクリート橋は既に実用化されていましたが、地方に於いてはまだまだ少数で、山合いに架けられた長大橋の多くは鋼製のトラスやアーチ橋が主流でした。
現在では一般化されているこの形式のコンクリート橋の先駆例の一つとなります。
f0116479_9432969.jpg


by sunshine-works | 2013-09-15 20:13 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 10日
日芳橋
岡山県井原市の近代建築その1

矢掛宿から栄橋を渡り、山陽道を西へ。国道486号線となった旧街道は井原市の中心部の手前で小田川を渡ります。
この地点には大正15年に掛けられたトラス橋が今も現役で使われています。
f0116479_17213292.jpg

川幅約100メートルを渡る3連のダブルワーレントラス。
半円を描く上弦部分のボウ(弓)とストリング(弦)にあたる下弦が結合されたボウストリングと呼ばれるトラス橋で、初期の橋梁に多く使われました。
f0116479_17214818.jpg

f0116479_17221798.jpg

f0116479_17225058.jpg

トラスの両側には竣工当時の親柱が残っています。
f0116479_1750583.jpg
f0116479_17492920.jpg

f0116479_18111194.jpg

f0116479_17501710.jpg

外側・内側両面から眺めたトラス桁。
錆や塗装の剥がれはありますが、築80年を超えて健在です。
f0116479_17235492.jpg

f0116479_17242520.jpg

f0116479_17532580.jpg

f0116479_1725944.jpg

f0116479_17262873.jpg

f0116479_1732173.jpg

f0116479_1882767.jpg

f0116479_17313364.jpg

f0116479_17571370.jpg

f0116479_1747376.jpg

f0116479_17353958.jpg

複雑に組み合う上弦材と横桁。
f0116479_17331290.jpg

f0116479_17332258.jpg

f0116479_17333642.jpg

f0116479_17342631.jpg

側面の眺め。曲弦と下弦が描く弓形が良くわかります。
f0116479_1735080.jpg

f0116479_17351354.jpg

f0116479_17514251.jpg

f0116479_1752974.jpg

この日芳橋は近くに新道が開かれた後に主要幹線の橋としての役割を終えますが、地域の橋として残され、岡山県内の多連式鋼橋としては大正11年の京橋に次ぐ古い橋としてその姿を留めています。
f0116479_1813592.jpg


by sunshine-works | 2013-09-10 20:15 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 05日
栄橋
岡山県矢掛町の近代建築その1

古くからの宿場町矢掛の西方に朱色も鮮やかな古いトラス橋が渡ります。
この栄橋も岡山各地に掛けられた室戸台風からの復興橋の一つとして、昭和14年に掛けられました。
f0116479_1632989.jpg

矢掛宿を西へ進んで程なくの地点、旧山陽道が小田川の支流を渡る地点に掛けられます。
橋長約70メートル、2連のワーレントラスには櫻田機械製作所製の橋銘が確認出来ます。
f0116479_16345677.jpg
f0116479_16373178.jpg
f0116479_16341668.jpg

f0116479_16351644.jpg
f0116479_16342368.jpg
f0116479_16352715.jpg
f0116479_16354382.jpg

f0116479_16355864.jpg

橋床と高欄は鉄筋コンクリート造。鉄骨トラス橋がコンクリート橋を抱えているようにも見えます。
f0116479_16335345.jpg

f0116479_16334479.jpg

同年代に高梁川水系に掛けられたワーレントラス橋としては、他に中井橋広石橋が現存します。
この3つの橋はどれも中規模の2連式トラスで、極めて似通った外観をしています。
f0116479_16331657.jpg

川原から橋の裏側を眺めます。
f0116479_1636549.jpg
f0116479_16364893.jpg
f0116479_16363487.jpg
f0116479_16362114.jpg

f0116479_1637548.jpg

かつては主要幹線として賑わった旧山陽道ですが、交通量の増大に伴って各地に新道が築かれ、現在は生活道路に転じて往時の姿を留めます。
築80年を越えて現用橋として使われるこの栄橋は、旧街道に残る数少ない近代化遺産として貴重な存在となっています。
f0116479_16353638.jpg


by sunshine-works | 2013-09-05 19:53 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)