<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 30日
旧川口郵便局
徳島県三好市の近代建築その5

徳島県の西部、高知県境に近い土讃線川口駅の駅前通りに明治期に建てられた旧郵便局舎が現存します。
現在は写真館となっているこの建物は、旧川口郵便局として明治38年に建てられ、昭和末期まで使用されました。
f0116479_23103443.jpg

線路と平行して続く駅前通りの真中付近、小さな商店が並ぶ中に建つ木造2階建ての洋風建築。
当時の郵便局舎に良く見られる下見板貼り、寄棟屋根、和洋折衷様式の建物ですが、軒下や庇に添えられたパージボードや留蓋や鴟尾を飾った桟瓦屋根、銅板葺きの玄関庇等、個性的な意匠を各所に取り入れた見所豊富な局舎です。
f0116479_23105929.jpg

f0116479_2311853.jpg

f0116479_23122216.jpg

四方の軒下には半円形や鋸刃形のパージ、玄関庇下には櫛形のパージを飾ります。
これらはアメリカで発達した木造ゴシックに見られる技法で、明治期の木造洋館、特に駅舎や郵便局にこのような形状の軒飾りが多く使われました。
f0116479_23125616.jpg

f0116479_23132596.jpg

f0116479_23133836.jpg

和風意匠そのままの寄棟屋根。
f0116479_23143257.jpg

当初は上げ下げ窓が設けられていたと思われる箇所はショウウインドウに改装されています。
上部には入口玄関に倣った窓庇が添えられています。
f0116479_23145442.jpg

資料によると、旧川口郵便局は当時四国で最大規模の特定郵便局だったそうです。
山あいの小さな町に残るモダンなこの建物は、往時の繁栄を今に伝える資料として貴重な存在となっています。
f0116479_2312672.jpg


by sunshine-works | 2013-06-30 20:34 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 25日
旧三縄郵便局
徳島県三好市の近代建築その4

土讃線三縄駅の東側、吉野川沿いに広がる三縄の町に木造2階建ての洋風建築が残されています。
当地の郵便局として建てられ、新局舎に移転するまで半世紀以上使われました。
f0116479_7395746.jpg

中心通りから枝道を曲がって程なく、民家が並ぶ静かな一角に目を惹く洋風意匠の建物が姿を現します。
現在は住居として使われているこの建物は昭和7年に建てられました。
f0116479_7424543.jpg

f0116479_758399.jpg

f0116479_7443440.jpg

木造2階建て下見板貼り。中央に立ち上げた三角破風に紋を飾り、上下階の窓間にもオーナメントを配します。
その他にも、縦長窓の上部を飾る採光窓、アーチを構えた玄関ポーチ、玄関庇の軒蛇腹、マンサード屋根等、各所に意匠表現が凝らされた見所の多い建物です。
f0116479_7441262.jpg

f0116479_7445926.jpg

f0116479_7412569.jpg

f0116479_744506.jpg

前に張り出した玄関ポーチ。地方の郵便局舎には珍しい意匠です。
f0116479_7454431.jpg
f0116479_7431451.jpg

f0116479_7433266.jpg

側面の様子。奥行きは深く、後方は住居として使われたと思われます。
f0116479_752457.jpg
f0116479_751624.jpg
f0116479_7512040.jpg
f0116479_7504661.jpg
f0116479_7522073.jpg

マンサード屋根の勾配に合わせて階段状に下見板を貼る細かな拘り。
f0116479_7515363.jpg

正面側からは目に付かない側面にもオーナメントを飾ります。
f0116479_7514259.jpg

古い木造郵便局舎が数多く残る徳島の中でも特に意匠性に優れ、また当時の状態が良く保たれた建物として重要な存在です。
f0116479_7465592.jpg


by sunshine-works | 2013-06-25 20:29 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 20日
旧角盤郵便局
鳥取県米子市の近代建築その6

米子市の中心街の裏手に昭和初期の下見板貼りの建物が残されています。
現在は書店として使われているこの建物は旧角盤郵便局として昭和10年に建てられました。
f0116479_16224636.jpg

木造2階建て寄棟造り、外壁は下見板を廻らせ、軒下を漆喰壁で仕上げます。
中央入口と2階の各窓に小さな庇を張り出す以外は殆ど装飾表現がありません。
幅が異なる2階の二つの窓や中心から外した入口等、あえてアシンメトリーとしたようにも思える造りです。
f0116479_162335100.jpg
f0116479_16232872.jpg

f0116479_1624396.jpg

f0116479_16292243.jpg

1階正面の窓。採光用としては小さなサイズです。もう片側の窓は板で塞がれています。
f0116479_16243361.jpg

f0116479_16254145.jpg

f0116479_16255629.jpg

このような木造の旧郵便局舎は都市周辺部での現存例が多いものの、都心部においては年々その数を減じています。
築70余年を経て伝わるこの旧郵便局舎は米子市内に残る数少ない戦前築の木造洋風建築として貴重な存在です。
f0116479_1625736.jpg


by sunshine-works | 2013-06-20 15:31 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 15日
呼松郵便局
岡山県倉敷市の近代建築その17

高梁川河口の港町として栄えた呼松の古い町並みに一軒の洋風建築が残されています。
昭和10年に建てられたこの建物は築後70年を過ぎて今尚使われている現役の郵便局舎です。
f0116479_22165643.jpg

狭い道幅で細長く続く街路のほぼ中央に建つ木造白壁の2階建洋館。
2階中央にボウウインドウを張り出し、その両脇にステンドグラスを嵌めたアーチ窓を配置、アーチ形状のマンサード屋根を葺きます。
化粧タイルで飾られた玄関周りや半円形の階段ステップ、水平ラインを際立たせる玄関庇等々、最新のアールデコ様式の建築表現が随所に盛り込まれ、当時の地方郵便局舎の中でも類を見ない洗練された意匠となっています。
f0116479_2218393.jpg

f0116479_073233.jpg

f0116479_2261954.jpg

f0116479_21594454.jpg

玄関庇の上には半円形の庇を2段に配置、その上部にボウウインドウを廻らせた小部屋を張り出します。
f0116479_2202020.jpg

f0116479_2203661.jpg

f0116479_22134960.jpg

f0116479_2235920.jpg

f0116479_0101167.jpg

f0116479_2284277.jpg

庇を支える円柱に貼られたタイル。
釘で引っかいた様な従来のスクラッチタイルとは異なり、三角に溝を刻む独特の形状をしています。
f0116479_2205445.jpg

f0116479_2223612.jpg

f0116479_2215279.jpg

f0116479_817995.jpg

f0116479_2213078.jpg

f0116479_2221954.jpg

東側面の眺め。間口に比べて奥行きは長く取られています。
f0116479_2211914.jpg

f0116479_223539.jpg

呼松港は大正から昭和初期に児島地区で最も賑わった港でしたが、高梁川が付け替えられた事で河川水運の集積地としての役割を終えます。
その後周辺海域の干拓や埋め立てが進行するにつれて漁港も衰退し、現在は寂れた港町となってしまいました。
古い町並みに残るこの郵便局舎は、隆盛を誇った港町の繁栄を今に伝えます。
f0116479_225190.jpg


by sunshine-works | 2013-06-15 22:23 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 10日
玉島信用金庫玉島西支店(旧安田銀行玉島支店)
岡山県倉敷市の近代建築その16

前回は玉島の古い町並みに建つ旧銀行店舗を紹介しましたが、そこから小さな川を渡った先の通りにも大正期に建てられた銀行店舗が現存します。地場の銀行だった旧第22国立銀行を吸収した安田銀行の玉島支店として建てられ、現在は玉島信用金庫玉島西支店として使われている現役店舗です。大正12年築。
f0116479_2125072.jpg

木造2階建、腰周りに花崗岩を積み、壁面は煉瓦タイル貼り。
小さな店舗ですが、当時流行のセセッション様式を取り入れたモダンな建物です。
f0116479_2132921.jpg

f0116479_2163578.jpg

f0116479_2135882.jpg

f0116479_2165482.jpg

f0116479_2144063.jpg

築後90年を経て現役の店舗。窓枠がサッシに変えられていますが、その他はほぼ当時の状態を保ちます。
県内に現存する戦前築の現役店舗は他に中国銀行倉敷支店出張所を数えるのみとなります。
f0116479_2172613.jpg

f0116479_2151738.jpg

f0116479_2154267.jpg

パラペット中央に立ち上がる小さなペディメント。全体的に意匠表現は控えめです。
f0116479_218594.jpg

f0116479_15153188.jpg

高梁川河口に栄えた港町玉島は、明治以降も交易の要衝として発展を遂げ、この銀行店舗が建てられた当時に最盛期を迎えます。
現在は往時の賑わいも薄れ人通りも疎らな裏通りとなってしまいましたが、旧市街の一角に残るこの建物は玉島の歴史を伝える遺構の一つとして貴重なものとなっています。
f0116479_2110169.jpg


by sunshine-works | 2013-06-10 22:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 05日
旧玉島信用組合事務所
岡山県倉敷市の近代建築その15

江戸期より海運の拠点として栄えた倉敷市玉島地区。
古い家並みが続く旧市街の一角にスクラッチタイルを貼った元銀行建物が残っています。
現在は民間企業の事務所に使われているこの建物は、昭和10年に玉島信用組合の店舗として建てられました。
f0116479_22173513.jpg

現在の中心市街から南西方向、狭い路地が交わる角地に建つ木造2階建て。
階高が高く取られているようで2階建てとしては背が高く、垂直ラインを強調した意匠の為に尚更大きな建物に見えます。
f0116479_063256.jpg
f0116479_462396.jpg

江戸期の風情が残る阿賀崎地区の入口、伝統建築が並ぶ中に異質な西洋建築が姿を現します。
この建物は玉島信用組合本店として昭和20年代まで使われ、その後富士銀行の店舗を経た後、現在は建設会社の事務所となっています。
f0116479_2216315.jpg

f0116479_0171682.jpg

f0116479_22155392.jpg

コーナーに設けられた入口。
ファサード全体を一段前に張り出し、入口両脇の壁面中央を狭いアーチ形に窪ませます。
建物全体は平面を組み合わせた構成に縦横のラインでアクセントを沿えるモダンな意匠表現ですが、表面に貼られたスクラッチタイルが銀行建築らしい重厚な雰囲気を醸しています。
f0116479_22124460.jpg

f0116479_0184293.jpg

f0116479_0181228.jpg
f0116479_0191680.jpg

縦長の窓枠は当時のままの木製。タイルや基礎の人造石も当初の状態が残されています。
f0116479_22132041.jpg

f0116479_0194721.jpg

f0116479_22201033.jpg

f0116479_22151051.jpg

個性的な近代建築が数多く残る玉島地区の中でも、この旧銀行店舗は地域を代表する近代化遺産として良く知られた存在となっています。
古い町並みの中に建てられたこのモダンな旧銀行店舗は、周囲の景観に違和感無く溶け込み、旺盛を極めた往時の玉島を今に伝えます。
f0116479_42579.jpg


by sunshine-works | 2013-06-05 23:50 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)