<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 30日
坂口合名ビル
鳥取県米子市の近代建築その5

米子の中心街の裏手、古い町並みが続く一角に2階建て石造の洋風建築が建っています。
この建物は米子を基盤とした地方財閥坂口家の中核会社の建物として昭和6年に建てられました。
f0116479_23504551.jpg

江戸時代に米子で木綿商を営んでいた坂口家は、明治期になると醤油醸造や製糸業、石油卸、林業等の多角化を図り、やがて銀行経営や電力事業、倉庫海運までを手掛ける地方財閥に成長します。
後身の坂口合名会社に引き継がれて今尚現存するこの建物は、近代の米子発展の基となった旧坂口商店本社として建てられたものです。
f0116479_2352699.jpg

f0116479_2353629.jpg

f0116479_23514319.jpg

f0116479_23524620.jpg

f0116479_23533751.jpg

主要な通りから一段奥まった狭い街路に面します。
隆盛を誇った坂口財閥のヘッドオフィスが建てられた場所ですが、現在は人通りも少なくひっそりとした一角となっています。
元々この一帯は坂口家の本家が置かれていた場所で、この建物も坂口家の敷地の一角に建てられていました。
f0116479_005448.jpg

f0116479_2354398.jpg

f0116479_23555124.jpg
f0116479_2355266.jpg

正面にジャイアントオーダー風の付柱を飾る石張りの重厚な建物。当時の銀行建物に類した意匠です。
f0116479_23594127.jpg

f0116479_23564216.jpg

f0116479_23562593.jpg
f0116479_23561863.jpg

f0116479_23561194.jpg

f0116479_024769.jpg

米子に残る近代建築の中で、竣工以来現在まで同一用途で使われている数少ない建物です。
近代の米子が商業都市として発展する基礎を築いた坂口財閥の隆盛を伝える遺構として貴重なものとなっています。
f0116479_013960.jpg


by sunshine-works | 2013-05-30 23:58 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 25日
専門大店ビル
鳥取県米子市の近代建築その4

米子駅の北西、商店や事業所が並ぶ一角に大正期に建てられた商業ビルが現存しています。
事務所ビルとして米子で最も古い歴史を持つこの建物は大正13年頃の築とされています。
f0116479_018187.jpg

角地に建てられた鉄筋コンクリート3階建。地方都市には珍しいネオルネサンス様式で建てられています。
f0116479_0192214.jpg

アールを描くコーナー中央に玄関を設け、入口扉周囲をアーチ型で囲みます。
バランス良く配された縦長窓、明確なコーニス、コーナー頂部に立ち上がる破風、軒下に並ぶディンティル、上下の窓間を飾る枠型、3階壁面の四方に張られた菱形のオーナメント等々、当時東京や大阪に建てられた近代ビルディングに引けを取らない優れた意匠表現が見て取れます。
f0116479_0512851.jpg

f0116479_0521557.jpg

f0116479_05240100.jpg

f0116479_0532176.jpg
f0116479_0531086.jpg

窓枠や扉が取り替えられている以外は概ね当時のまま。90年前の状態が保たれています。
f0116479_0534723.jpg

f0116479_054528.jpg

f0116479_0545264.jpg

f0116479_0551276.jpg

3階建ての小さなビルですが周囲の建物の中でも抽んでた存在感があり、見た目は相当大きく写ります。
f0116479_0553243.jpg

f0116479_056181.jpg
f0116479_0555099.jpg

大正期に建てられた商業ビルが今も現役で使われている事例は、東京や京阪神でも僅かなものしかありません。
今尚現役のこの建物は、当時の米子の繁栄を今に伝えます。
f0116479_0542599.jpg


by sunshine-works | 2013-05-25 23:12 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 20日
旧味野郵便局
岡山県倉敷市の近代建築その14

前回紹介した旧第一合同銀行味野支店の並びに、旧郵便局舎として建てられた建物が残っています。
詳細は不明ですが昭和初期の築と思われます。
f0116479_14562022.jpg

野崎家旧宅の向い側に建つ白塗りの木造2階建て。
平面を基調にシンメトリーに配置されたモダンな局舎で当時の地方都市の郵便局としては先進的な意匠です。
f0116479_14364587.jpg

f0116479_14463914.jpg

f0116479_14161748.jpg

f0116479_14173724.jpg

f0116479_14175525.jpg

郵便局としての用途は意外と短く、昭和30年代に廃止されています。その後幾つか変遷があったようですが、現在は地元のジーンズブランド「桃太郎ジーンズ」の本店として使われています。
f0116479_14184234.jpg

正面側からは判り難いのですが、北側から眺めると大きな寄棟屋根が確認できます。
同じ街区の旧第一合同銀行味野支店も同規模の寄棟屋根を載せており、両端の建物は良く似たシルエットとなっています。
f0116479_1420015.jpg
f0116479_14195363.jpg
f0116479_14194389.jpg

この建物が建てられた昭和初期は味野の町が最も隆盛を極めた時期でした。
当時の姿を良好に留めるこのモダンな旧郵便局舎は往時の町の賑わいを今に伝えています。
f0116479_14213357.jpg


by sunshine-works | 2013-05-20 23:18 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 15日
旧第一合同銀行味野支店
岡山県倉敷市の近代建築その13

前回紹介した旧安田銀行児島支店から通りを更に奥へ進んで行くと、商店街の外れにもう一軒の旧銀行建物が現存していました。
この建物は大正13年に第一合同銀行味野支店として建てられています。
f0116479_2302686.jpg

立ち並ぶ商店が途切れた先の開けた景色の中に、寄棟屋根2階建ての建物が視界に入ってきます。
一見すると銀行建物には見えないこのモダンな建物は岡山県内に数多くの作品を残した薬師寺主計の設計に拠るもの。
大原家と繋がりの深い薬師寺主計は大原孫三郎が設立者の一人となっていた第一合同銀行の倉敷支店を手掛けていました。
倉敷支店の竣工2年後に建てられたこの支店も同様な経緯で薬師寺主計が設計者となったと思われます。
f0116479_2341746.jpg

f0116479_23351387.jpg

f0116479_23363568.jpg

f0116479_23273396.jpg

商店街の外れとなるこの場所ですが、隣には同時期に建てられた旧郵便局が並び、正面には塩田経営で財を成した野崎家の旧宅が位置します。
この一角はかつては賑やかな町の中核だったと思われます。
f0116479_2338348.jpg

f0116479_23385440.jpg

f0116479_23414130.jpg

正面道路が狭く全貌が収まりませんが、大正期の銀行店舗としては非常にモダンな建物です。
当時の地方都市の銀行店舗としては先進的なセセッション風意匠が取り入れられています。
f0116479_015555.jpg

f0116479_2351983.jpg

f0116479_22121615.jpg

f0116479_2346134.jpg

f0116479_23503398.jpg

向い側の野崎家旧宅からの眺め。
f0116479_23583350.jpg

f0116479_23573544.jpg

f0116479_23564844.jpg

薬師寺主計の作品としては同じ第一合同銀行の倉敷支店と並ぶ銀行建築の現存例となります。
当時の姿が良く保たれているこの建物は、氏の幅広い作風の一環を伝えるものとして貴重な資料です。
f0116479_23262839.jpg


by sunshine-works | 2013-05-15 22:50 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 10日
旧安田銀行児島支店
岡山県倉敷市の近代建築その12

JR児島駅の南西、駅から続く街路に沿って商店街が長く伸びています。
この商店街の一角に石造の古い銀行建物が残されています。
この建物は安田銀行児島支店として昭和初期に立てられました。築年は昭和7年頃とされています。
f0116479_22311658.jpg

外壁は当時の銀行建物に良く使われた花崗岩を積んだもの。
児島周辺は花崗岩を始めとする石材の産地であり、石工の技量に優れていました。
f0116479_2216423.jpg

f0116479_11169.jpg

f0116479_22362062.jpg
f0116479_22225414.jpg

正面側に6本のオーダー柱を並べ、縦長窓の上部には方形のオーナメントを配置、建物上部を重層的なコーニスとパラペットで飾ります。
銀行建物の典型的な建築表現を用いていますが、明治大正期のものと比べると重厚さは薄れ、時代の流れに沿った意匠となっています。
f0116479_22351922.jpg

f0116479_22432074.jpg
f0116479_22433212.jpg

旧安田銀行の支店として建てられたこの建物は後身の富士銀行に引き継がれますが、昭和40年代半ばに廃店となります。一時期医院として使われていた様ですが、その後の長い期間は空家同然の状態でした。
この為もあって大きく手を加えられた形跡が見られず、銀行店舗時代の姿が良好に保たれています。
現在は当時の建物を活かしたアンティークショップとして使われています。
f0116479_2239543.jpg
f0116479_22343053.jpg

f0116479_22253344.jpg

f0116479_22381423.jpg
f0116479_2235866.jpg

北面からの眺め。
f0116479_22372869.jpg

f0116479_22371269.jpg

部材の多くは当時のものがそのまま使われています。鉄部は錆が浮いてボロボロの状態です。
f0116479_22373581.jpg

製塩業と綿花の集積地として栄えた味野の町は産業の衰退とともに賑わいが薄れ、この商店街も寂しいものとなってしまいました。
小さな町に建てられたこの本格的な銀行店舗は、往時の町の繁栄を偲ぶ象徴として今に伝わります
f0116479_22383998.jpg


by sunshine-works | 2013-05-10 22:44 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 05日
旧養父合同銀行大屋支店
養父の近代建築その1

養父市大屋町市川の集落の一角に鉄筋2階建ての洋風建築が建っています。
この建物は、旧養父合同銀行の店舗として建てられ、その後但馬銀行大屋支店を経て民間の事務所として使われています。
築年は昭和7年頃とされています。
f0116479_910660.jpg

木造の伝統建築が並ぶ道路を進んで程なく、民家の間に重厚な造りのコンクリート建物が現れます。
江戸期より養蚕業が栄えた養父の中でも市川地区は地域の中心となっていたようで、大屋川に沿ったこの辺りには古くから続く民家や商家が並び、学校や郵便局が置かれています。
f0116479_9105989.jpg

f0116479_9321221.jpg

現在は建築事務所として使われていますが、外観は銀行店舗時代の姿を良く留めます。
窓枠や面格子、入口扉等も当時のものを補修して使っているようです。
f0116479_9114146.jpg

f0116479_915567.jpg

f0116479_914529.jpg

f0116479_9163363.jpg

f0116479_9184739.jpg

間口は6間程、銀行店舗としては小規模な部類ですが、腰周りを切石のルスティカ積みとし、左右対称に配したアーチ窓や上下階の中間を飾るオーナメント、周囲に縁石を添えた中央の窓等、装飾表現が豊かで強い存在感を示します。
f0116479_9165613.jpg

f0116479_9171128.jpg

f0116479_9173145.jpg
f0116479_9202343.jpg


f0116479_9195879.jpg
f0116479_9215128.jpg
f0116479_9214293.jpg

f0116479_9223910.jpg

背面を遠方から。和風の建屋が増築されています。
f0116479_9234571.jpg

f0116479_9232843.jpg

この建物は但馬銀行大屋支店として長く使われていましたが、平成17年にその役目を終えます。
戦前に建てられた兵庫県内の銀行建物の中で今尚使われているのは淡路島の旧農工銀行支店只一行のみ。
養父合同銀行のこの支店は神戸市の大正銀行支店に次いで直近まで使われていた店舗でした。
兵庫県内に残る古い銀行建物の中でも往時の姿を良く留めるこの建物は、地方の小規模銀行の現存資料として貴重なものとなります。
f0116479_924676.jpg


by sunshine-works | 2013-05-05 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)